魂の所在~今あること。そして未来へ

プロフィール
ぺくさんさん
どうも。
ちょっと年はいってますが、
年取ってますます元気です!!

ふるさとへUターンして、ようやく調子を取り戻しました。

都市生活で疲弊していた身体が、長良川と森の精霊によってリライブしています。

このかけがえのない地域を未来の子供達に残していくために、まだまだがんばる所存です。

流域のみなさんよろしく!!!



QRコード
アクセスカウンタ
Total:983594
Today:68
Yesterday:65
奈良での志賀さんの講演会

志賀勝さんをお招きして
「万葉集」などを中心に月信仰を考える講演会です。
古の人々の月夜に対する想いを感じながら
奈良の町屋「月眠」で楽しいひとときをお過ごしください。

月暦のお話 
「月信仰の聖地を語る」
お話  
志賀勝(月と太陽の暦制作室) 
    1949年東京生まれ。
    日本読書新聞編集長を経て著述業。
    1997年から「月と太陽の暦制作室」を開いて、
    月暦を毎年発行、月と季節の復権と発見に努めている。
    著書「魔女の素顔」「病気は怖くない」
      「月的生活」「月曼陀羅」など
    ↓ 「月と太陽の暦制作室」のホームページ
    http://tsukigoyomi.jp/index.html

日時  
2016年8月10日(水曜日) 18時~
場所  
月眠(ギャラリーと学びの町屋)
奈良市高畑町1042番地
0742-22-7180
↓ 「月眠」のホームページ
https://www.facebook.com/getsumin
参加費
1000円 

問合せ
主催 men at work
090-8752-3307
menat@nifty.com
担当 関山
c0103137_02024256.jpg


http://menat.exblog.jp/25852277/
馬喰町バンド ライブin郡上八幡

馬喰町バンド ライブin郡上八幡

日本各地のわらべ歌、民謡、踊り念仏、アフロビート、ケルト、世界各地の民謡が"まるで大昔からそうであったかのように"自然に融合する音楽を生みだし、各地で注目されている三人組。

2014年4月25日(金)
開場/Cafe eBANATAw (エバナタウ)
入場料(1drink込み)/ 予約2,000円 当日2,300円 定員25名

時間/19時~
住所/岐阜県郡上八幡島谷769-2
予約・問い合わせ/ inouegabi@docomo.ne.jp 井上

タグ: 馬喰町バンド
9月28日29日 白鳥DAY




9月28日29日の両日は、白鳥のイベントが満載です。

9月28日は
白鳥神社の秋の祭礼の試楽日、神社から街中へ獅子神楽が打ち出しです。
ふれあい創造館では「金澤翔子書展と国際絵画展」が開催されます。
午後1時からは円覚寺でお寺でイスラム文化を学ぶ会」が開催
夜は、白鳥駅前通りで変装おどりコンクールが開催されます。
最後はふるさと白鳥夢花火です。

9月29日は
白鳥神社の秋の例祭本祭りです。
9時から白山文化博物館では「白鳥神社の円空秘仏」の公開が行われます。
午後1時からは白鳥文化ホールで秘仏公開記念シンポジウムです
ふれあい創造館では午後2時から「金澤翔子席上揮毫」が開催されます。
午後3時頃から白鳥神社で獅子神楽奉納が行われます。
午後5時頃からは白鳥神社で大演芸会。
午後8時頃から白鳥神社で拝殿踊りがおどられる予定です。

小さな町の中のイベントなので両日ともすべて見て回ることも可能です。

是非白鳥へ。




井上博斗ライブin嘉利(郡上白鳥)
郡上の唄人・井上博斗が本日、オーガニックカフェ嘉利で郡上の唄を歌います。

知らない人もいると思うのでプロフィールを紹介します。

香川県出身現在30歳

2006年に音楽家・桃山晴衣と土取利行に出会い、両氏が拠点とする郡上八幡・立光学舎に通い学ぶ。
2010年より学舎スタッフとして「伝統を踏まえた創造」をテーマに企画・プロデュースを行う。
これまでに炉辺座会「いろりわ」、「立光学舎音楽会2011・2012」、「地の声ライブシリーズcafe eBANATAw」、今年5月の「郡上八幡音楽祭2013」をプロデュース。

昨日は、カンカラ三味線の歌師・岡大介君の歌を聞かせてくれました。

-----------------------------------------
井上博斗のうた ~ 地の声・ときの声 ~

地声をフルに使って唄う日本の唄者たちをもっと知りたいという
積年の私の思いは、まずは自分がそうあるべきではないのか、
という問いを含んでいます。
そして、土地の唄よりも、誰かの歌が圧倒的に多様に見え
現代の中で、私の「うた」への衝動は、
土から生れた唄の根を愚直に探ってみたいというものです
今はただ、
それが好きで気持ちがよいから唄うというだけのものですが、
それがいつかは、根をはり芽を出すこともあるかもしれません…。
今回は、あしもと郡上の古謡を中心に唄ってみようと思います。
ぜひご参集いただければ幸いです。

*とき: 6月22日(土)18:30開演
*参加費: 1オーダー + 投げ銭(自由料金)
19時30分からは、5月6日開催された「土取利行・ノルムマチ公演」のビデオ上映会もあります。


〒501-5114 岐阜県郡上市白鳥町那留1498番地200
夏休み福島親子疎開プロジェクト
以前ムスブ掲示板でもお知らせした、高山市清見町での「福島の親子疎開」プロジェクトの活動開始が近づいてきました。

高山といっても、郡上八幡からせせらぎ街道を走って30分程度の市境にある場所です。(道の駅パスカル清見手前)

郡上からのボランティア参加もしやすい場所です。


今週末の、
7/16(土)~18(月)の3日間現地清見で受け入れ準備の作業等が行われます。

18(月)PM2:00~は『スペース光の帯』にて地元清見や高山、岐阜のボランティアスタッフの全体ミーティングも行われます。

つながり隊(サポーター)大募集♪

**現地で**

◎ 子供たちに食事を作ってあげられるとんとんシェフ
◎ 子供と一緒に遊ぶことが好きなにこにこプレーヤー
◎ 何かイベントができるわくわくエンターテイナー

**現地に行けなくても**

◎ 事前準備の話し合いに参加することができる陰の仕掛け人
◎ 必要なお金や物資・食材などを支援できるきらきらサポーター
◎ 支援金や物資などを集めるよう動くいきいきサポーター

支援金振込先:郵便振込口座 00810-5-143115
口座名義:この夏 みんな青空の下 つながろう会

募集物資(7月12日現在)

子供用ビデオ・DVD(往復道中および滞在中観賞用DV

D、幼児から中学生あたりまでが対象のもの)

洋服ラック(ポールで組み立てる簡単なモノ、2~3個)

洗濯ばさみ(通常サイズとふとん用サイズ、あるだけ募集)

飛び出し防止用の子供看板(1枚)

カラーボックス(3段、2段モノ、数個)

 タオル、バスタオル(あるだけ募集)

タオルケット(あるだけ募集)

懐中電灯(交換電池つきならベター、2~3個、電池のみ

も歓迎)

包帯、三角布(数枚)

虫除けスプレー(数本)

 ボックスティッシュ(あるだけ募集)

子供用スプーン(数十個)

ブルーシート、レジャーシート、銀マット(それぞれ数枚)

水枕、アイスノン、熱さまシート(それぞれ数個)

薪、炭(バーベキュー用、数十人を3回転ぶん)

 ラジカセ(電池に対応して運べるタイプ)

庭ほうき、竹ほうき(それぞれ2~3本)

洗濯ネット(大型のもの 10枚以上)

掃除機(1台)

トイレットペーパー(数十ロール)

 うちわ(あるだけ)

扇風機(2台)

スポーツ用品(縄跳び、バドミントン、フリスビー、ドッジボールなど)

室内おもちゃなど(トランプ、UNO、将棋、囲碁、お手玉など)

トング(食材扱いよう、2~3本)

キャンプ用折りたたみ椅子(十数脚)

火ばさみ(バーベキュー用、2~3本)


・・・など、あなたができることから関わって、つながってくださったらとても嬉しいです。
何か活動いただける方は、是非「つながり隊申込書」にてお申し込みをよろしくお願いいたします。

つながり隊申込書.psd


ご支援いただける方は上記申込書にご記入の上、FAXいただきますようお願いいたします。


この夏 みんな青空の下 つながろう会
facebookにホームページが出来ました。
下記リンクからリアルタイムな情報が得られます。


-------------------------------------------

以下 岐阜新聞WEB転載記事
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20110706/201107060928_14344.shtml
------------------------------------------------

◆県内の有志が受け入れ準備

 県民有志のグループが、福島第1原発事故で放射線被ばくにさらされている福島県内の子どもらに夏休み期間中、夏でも涼しい高山市清見町大原(おっぱら)へ「疎開」してもらうプロジェクトの準備を進めている。政府の対応が後手に回る中、子どもを放射能汚染から守ることを最優先すべき、と立ち上がり、支援の輪が草の根で広がっている。

 このプロジェクトは有志による実行委員会「この夏みんな青空の下つながろう会」が企画。福島市などでは放射能汚染を最小限にするため、子どもたちは休み時間などを屋内で過ごしている。放射能のストレスから解放し自然体験をしてもらう狙いで、6月から準備を進めてきた。

 会の代表で主婦安田洋子さん(64)=岐阜市中大桑町=が、自ら所有する大原の研修施設(定員25人)で被災者を受け入れようと、友人知人らに呼び掛けたのがきっかけ。地元清見町や高山市、郡上市などでも支援者が増えている。

 疎開定者は、福島市やいわき市の乳幼児親子や小中学生たち約40人。25日から最大1カ月間滞在する。費用は交通費1万円のみの予定。会がマイクロバスをチャーターし福島―大原間を送迎する。

 受け入れ施設は約40人のボランティアが交代で運営。会では食費や電気代、ガス代など被災者の滞在費を無料にするため、滞在を支援する募金や物資提供を広く呼び掛ける。

 4日夜、安田さん宅で3回目の会議が開かれ、趣旨に賛同した15人が参加。現段階での課題は、食事が作れる平日のボランティアスタッフやみそやしょうゆなど調味料を含めた食材、それに夏布団の確保という。

 「東北へは行けないが近くに来るならぜひ手伝いたい、と言ってくださる人がたくさんいて驚いている」と安田さん。中には移住も視野に入れて滞在する親もいるといい「1回限りで終わらず受け入れ支援は継続したい」と話している。

 問い合わせは安田さん、電話080(1553)4207。


【告知】地域の元気・連携フォーラム in 岐阜
表題のイベントが岐阜駅前じゅうろくプラザで開催されます。
「コミュニティビジネスで地域を丸ごと元気にする」というサブテーマとなっています

都市でも田舎でも今後大きな問題となってくる地域経済と地域の暮らしを持続するために、コミュニティ課題のビジネスが必要です。

テーマごとに分科会に分かれて開催されます。

郡上からも、NPO法人、リアライズ和、メタセコイアの森の代表がパネラーとして参加されるようです。

副業起業、コミュニティビジネスに興味あるみなさん、ぜひ参加してみてください。


以下、詳細です
---------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
地域の元気・連携フォーラム in 岐阜
  ~コミュニティビジネスで地域を丸ごと元気にする~
---------------------------------------------------------------------------
 日 時:1月28日(金)13:30~17:00(17:00~交流会)
 会 場:じゅうろくプラザ5階大会議室(JR岐阜駅北口すぐ)
 参加費:無料/主催:東海・北陸 コミュニティビジネス推進協議会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年「コミュニティビジネス」「ソーシャルビジネス」と呼ばれるような、
地域にある資源を活用しながら、地域課題の解決に取り組む事業に
注目が集まるようになりました。

このたび、私ども東海・北陸コミュニティビジネス推進協議会では、
この東海・北陸でそんな「地域想い」の事業に取り組む皆さまに一堂に結集いただき、
「地域を丸ごと元気にする」というテーマでフォーラムを企画いたしました。

基調講演あり、4分野での分科会ありと、盛りだくさんの内容で準備しております。
→すでに「地域想い」な事業に取り組まれている方
→これから取り組みたいと考えている方
→今の事業をもっと「地域想い」なものにしていきたいとお考えの方
→そんな事業を支援・応援したいとお考えの方

みなさまお誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください!


◆基調講演 ~「かしも」に生きる~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
株)中島工務店 代表取締役 中島紀于 氏
(第3回CSR対象東海地区予選1位獲得)

 東濃檜の産地として有名な山間の小さな村、中津川市加子母。ここに、地域
になくてはならない中小企業「中島工務店」はあります。地域で産出する良質
な木材を使った住宅建築を主力事業として、加子母の山林と雇用を守り、地域
に生きる中小企業としての役割を果たしています。

 しかし、この工務店はそれだけではありません。なんと、人口の減少で撤退
に追いやられた地域のスーパーの経営を引き継ぎ、買い物・雇用の場を維持し
ているのです。「加子母のために会社がある」こんな社長の想いをよく表す出
来事だと言えるでしょう。

 生まれ育った加子母が「大好きで大好きでたまらない!」「地域の困りごと
は放っておけない!」そんな社長ご本人から、地域に生きる企業のあり方につ
いて、じっくりとお話を伺います。

◆分科会セッション(いずれかの分科会にご参加ください)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<分科会1> 地域丸ごと【総論】
 今回のフォーラムのテーマにもなっている「地域丸ごと」。地域の困り事に
 どのように応え、地域に眠る魅力をいかに引き出すか。そのためにそれぞれ
 がどんな取り組みすればいいか…みんなで考えます。
 ◆ゲストスピーカー:
   中島紀于氏(株式会社中島工務店代表取締役)
   北村隆幸氏(NPO法人せき・まちづくりNPOぶうめらん 代表理事)
   萩原喜之氏(豊森実行委員会 副委員長)

<分科会2> 地域における生活インフラ
 買い物・交通・医療・介護…地域で暮らしていくためになくてはならない生
 活インフラが、いま徐々にほころび始めています。地域の生活の生命線を維
 持するための、新たな取り組みに注目です。
 ◆ゲストスピーカー:
   山口佐織氏(NPO法人りあらいず和 代表理事)
   高橋綾太氏(NPO法人HOMIES 代表理事)
   白井善男氏(JA愛知厚生連足助病院)

<分科会3>異業種・他業界連携
 一企業、一個人の取り組みが、それぞれに地域を輝かせています。でも、得
 意分野を持ち寄って連携すれば、それが何倍にもなる。思いもよらなかった
 組み合わせが、地域に新たな魅力を生み出します。
 ◆ゲストスピーカー:
   北川雄史氏(社会福祉法人いぶき福祉会)
   山川晃生氏(山川醸造株式会社)
   大橋博行氏(有限会社大橋量器)
   稲波伸行氏(名古屋デザインウィーク)

<分科会4>地域資源発掘・再発見
 地域に眠る資源を新たな視点から見つめ直し、再編集すれば、きっと地域の
 暮らしを支え、地域を輝かせるものになる。各地で繰り広げられる新たな取
 り組みから、みんなで学びましょう。
 ◆ゲストスピーカー:
   伊東将志氏(株式会社夢古道おわせ)
   興膳健太氏(NPO法人メタセコイアの森の仲間たち)
   安本知子氏(白山商工会 白山百膳プロジェクト)

◆開催概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日 時:2011年1月28日(金)13:30~17:00(13時開場)
会 場:じゅうろくプラザ5階大会議室(JR岐阜駅北口すぐ)
参加費:無料/交流会(ワンコインパーティ):17:00~実費¥500
主 催:東海・北陸 コミュニティビジネス推進協議会(中部経済産業局委託事業)
後 援:岐阜県/協力:東海若手起業塾

◆お申込・お問合せ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
⇒メール aile@npo-kigyo.net
⇒FAX

東海・北陸 コミュニティビジネス推進協議会
事務局(NPO法人起業支援ネット)担当:森

以下ご明記の上お申し込みください。

お名前:
ご所属:
お電話:
メール:
交流会(ライトパーティ)出欠:参加する・参加しない

詳細
http://blog.canpan.info/magti_cb/
ムスブほっこり祭り
いゃー 天気も良く 季節も良く 子供たちの笑顔が輝いた一日でしたね!!

参加された皆様 ありがとー。







































ブックパーカーに参加させてもらいました。


itocoさんプロデュースのブックパッカーin郡上に参加してきました。(開催案内はここ)
会場になった大和「篠脇山荘」周辺の山々も色づき始め、玄関にも飾られています。

この取り組みの提唱者であるゴーサンも奥さんともども松本から駆けつけて来てくださいました。

ブックパッカーという聞きなれない言葉は、ゴーサンの生み出した造語です。
「本を媒介にそれぞれの地でそれぞれの人と出会う」というコンセプトのようです。(詳細はここを見てください)



会場にはitocoさんお手製のお菓子と秋のスイーツ、はるばる東京から参加されたまめさん持参のキッシュ(むちゃ美味しかった!!)が並べられた中、手で引いたブラジル産コーヒーの濃厚な香りが漂う茶室でゆるりと始まりました。



参加者が一人ひとり持ち寄った本を手に、その本との出会いや、今日もってきた理由、好きなわけなど自由に話していきます。

もちろん、それぞれ持ち寄った本も多種多様で興味深いのですが、それを語るその人そのものの人生や個性が垣間見え、それがこの取り組みの醍醐味のようです。



私が紹介した本は中里介山著「大菩薩峠」。

本の内容を紹介するのは大変困難でした。
(そんな本を持ってこなきゃいいのですが)
でも、誰かに話せてとても良かったです。

そんなことを改めて話ができる機会って考えたら少ないですから。

それと、グレコさんの話してくれた「黒かばん」の移動図書館の話はとてもメルヘンで、そのままエッセーになりそうな
素敵な内容でした。(詳細はご本人に聞いてください)

itocoさん、グレコさん、みなさん ありがとうございました。