Paskel's room

プロフィール
パスケルさん
 Paskel’s room
 八幡の学びの森パスカルの
 塾長パスケルのブログです。
 趣味はリコーダー・オカリナ
 演奏、落語・音楽鑑賞、
 日曜大工などです。

 下のプレーヤーで
 "Paskels"による
 多重録音のリコーダー演奏を
 お楽しみ下さい。 一人で全
 パートを吹いています。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2302264
Today:24
Yesterday:237
リコーダー立て(リコーダースタンド)
リコーダー立て(リコーダースタンド)を自作しました。

これまでも何度も作ろうと思ったのですが、板にドリルで正確に垂直の穴を空けることが難しくて断念していました。
今回、知り合いの方に工作機をお借りして、やっと実現しました。



台にした木材は、実家の近くのお寺が再建されたときに父が端材をもらってきたものです。たしか「アフリカケヤキ」と言っていました。厚みが5cmあります。
もちろん正式な樹種の名前ではありません。アフリカケヤキは通称で、ジャケツイバラ科アフゼリア属の
学名
 : Afzelia africana、Afzelia pachyloba、Afzelia bipindensis
と思われます。

ここにホームセンターで買ってきた丸棒を差し込みます。
塗装はワトコオイルのオイルフィニッシュです。
台はナチュラル、丸棒はチェリーを使用しました。

この素晴らしい色合いを見て下さい。



さて、長さや太さの異なる丸棒が並んでいますが、こんな風に使います。

演奏前
ソプラニーノ、ソプラノ、アルト(2本)、テナー、バスの6本のリコーダーを立てることができます。



前列 左から
・アルト メック ロッテンブルグ エボニー
・アルト モーレンハウエル デンナー ペアーウッド
・ソプラノ モーレンハウエル デンナー ローズウッド
・キュング ソプラニーノ ボックスウッド
後列 左から
・全音 バス チェリー
・YAMAHA テナー メィプル

このブログで編成SATBとあれば、上の
・ソプラノ モーレンハウエル デンナー ローズウッド
・アルト モーレンハウエル デンナー ペアーウッド
・テナー YAMAHA メイプル
・バス 全音 チェリー
の組み合わせが多いです。

さて、ここからが私のオリジナルです。

演奏後、管内の水分をふき取った後、分解して立てることができます。
頭部管は、2cm浮いています。



台にケヤキやナラ、ウォールナットなどの分厚い板を用いたら、色合いの異なる素敵なものができそうです。
いくつか作ったら、販売にも挑戦してみたいと思っています。
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=97464