Paskel's room

プロフィール
パスケルさん
 Paskel’s room
 八幡の学びの森パスカルの
 塾長パスケルのブログです。
 趣味はリコーダー・オカリナ
 演奏、落語・音楽鑑賞、
 日曜大工などです。

 下のプレーヤーで
 "Paskels"による
 多重録音のリコーダー演奏を
 お楽しみ下さい。 一人で全
 パートを吹いています。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2078745
Today:304
Yesterday:367
情報で身を守る
こんなメールが時々届くようになりました。


上は画像にしてありますので、リンクは開けません。

リンク先をクリックすると、IDとパスワードの入力画面になると思われます。
怪しいですね~

こういうときは、メールの文章の一部、例えば「お客様のLINEアカウントに異常ログインされたことがありました。」をコピーして、ネットで検索するといいです。



すると、「詐欺」だとか「注意」、「フィッシングメール」などという言葉が次々と出てきて、これはフィッシングメールだとわかります。

ネットによる詐欺などの犯罪は手を変え品を変え、次々と現れてきます。
しかし、その情報はただちにネットにアップされ、それを瞬時に利用者が共有できるようになってきているのです。

電話でかかってくる様々な勧誘も、巧みな言葉で話し続ける相手に対して、「ホームページを教えて下さい。それをみてゆっくり検討しますから」と言うと、相手が引き下がることが多いです。
私たちがネット情報によって身を守るようになると、その場限りの、口だけのセールスは通用しません。だから逆に詐欺集団は情報弱者であるお年寄りを狙うのですね。

身を守るためにネット情報を自在に扱えることは、現代を生きる私たちにとって必ず身につけなければならないことの一つだと思います。

コメントエリア
■パスケルさん
こんにちは。
ネットの護身術、本当にそうだと思います。

うちにもよく詐欺と思われる電話が母親にかかってきます。
着信履歴から電話番号をみてネットで検索すると、パスケルさんのときと同じようにいろいろ出てきます。

僕自身では、ぷららのメールアドレスが流出したとき、アダルトサイトの未払いで訴えるという葉書が何度も来て、父が警察に届ける始末でした。(その頃自分は関東に住んでいましたので)

とも 17/02/07 09:40

■>ともさん
コメントありがとうございます。

家にも以前、裁判所からどうのこうの、というハガキが舞い込んだことがあります。

怪しいサイトなどのワンクリック詐欺などでは、「契約が成立しました」の言葉の後に、IPアドレスなどの情報がズラズラッと表示されたりします。
IPアドレスでは個人は特定できないのですが、パソコンに詳しくない人は、自分が相手に丸見えで特定されてしまった、と思ってしまうんですよね。
無視するだけなんですが、嫌なものですね。

あるサイトの人がわざとワンクリック詐欺のサイトにアクセスしまくってどうなるかを実験したそうですが、1件も音沙汰なかったという話も聞きました。
パスケル 17/02/07 14:21

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=61042