Paskel's room

プロフィール
パスケルさん
 Paskel’s room
 八幡の学びの森パスカルの
 塾長パスケルのブログです。
 趣味はリコーダー・オカリナ
 演奏、落語・音楽鑑賞、
 日曜大工などです。

 下のプレーヤーで
 "Paskels"による
 多重録音のリコーダー演奏を
 お楽しみ下さい。 一人で全
 パートを吹いています。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2096809
Today:262
Yesterday:385
| 1 | 2 | 3 | 最初 | next>>
日本の四季 夏編
日本の四季 夏編」を録音しました。

茶摘み~夏は来ぬ~七夕さま~海 のメドレーになっています。
左のプレーヤーか下をクリックしてください。

2.日本の四季 夏編.mp3

季節はずれですいません。

これでリコーダー四重奏による日本の四季 「春」「夏」「秋」「冬」+「故郷」5曲のシリーズが完成しました。 
(夏編の七夕さまは一部六重奏になっています)

プレーヤーの曲順ですが、冬春夏秋、故郷の順にしておきます。
よかったらお聴きください。 

日本の四季 春編
急に寒くなってきましたね。
冬が来たばかりなのに、早く春が来ないかと思ってしまいます。 

というわけでもありませんが、リコーダー四重奏で
日本の四季 春編」を録音しました。

曲は「どこかで春が」~「春よこい」~「おぼろ月夜」~「春の小川」のメドレーになっています。

よかったらお聴きください。
左のプレーヤーか下をクリックしてください。

1.日本の四季 春編.mp3
オカリナデュオ「水平線」さんライブのお知らせ
12月13日(日)
道の駅古今伝授の里やまとにて
オカリナデュオ「水平線」さんのクリスマス・ライブが行われます。
以下、森のささやきコンサート in 和良さんのサイトからの転記です。



郡上通いも 10年を越えて、

しょっちゅう寄り道する道の駅で、
今年はステキなクリスマスライブ♪♪

あたたかくて、ナチュラルな雰囲気のレストランで、
ケーキセットをいただきながら、
ゆったりほんわかしませんか?

クリスマスコンサートでしか 聴けない曲もあったりして・・・

そして、もう一つのお楽しみ。
郡上でオカリナを楽しんでいらっしゃるたくさんの愛好家の皆さんと、
アンコールでみんなで合奏♪♪もありますよ。
是非、アルトC管(5C・MC)を持って来て下さい。
「ふるさと」を、オカリナデュオ「水平線」と一緒に吹きましょう♪

ご予約の方優先のお席となります。
是非 お早めに 道の駅やまとまでお電話にて、
ご予約くださいね。

TEL 0575-88-2525 (9:00~18:00 火曜定休)


たき火~雪~冬げしき
たき火~雪~冬げしき」を録音しました。

前回の秋に続いて冬の曲のメドレーです。
左のプレーヤーか下をクリックしてください。

4.日本の四季 冬編.mp3

♪ 垣根の 垣根の 曲がり角~

とよく知ったメロディから始まります。

アレグロになり、8分音符が刻まれるようになると、どこからか雪が舞ってきます。

編曲が凝ってあって、色々なところに旋律が隠れていますので、発見してみて下さい。

そして最後は・・・ (思わずホンワカします)


ところで、冬景色の歌ですが、小学校で習って今でも歌えます。

♪ さぎりきゆる みなとえの

  ふねにしろし あさのしも

  たーだ水鳥の 声はして

  いまだ覚めず 岸の家

美しい日本語ですね。

言葉の意味がわからなくても、今の子どもたちにも歌い続けて欲しいと思います。

レンズ
レンズ豆という豆がある。
平ぺったい豆で、シチューとかの煮込み料理に入れると美味しい。


Wikipediaより トリミングしました

その形はまさに凸レンズそのもの。
凸レンズにそっくりだから、レンズ豆という名前がついた。

と、ずっと思っていた。
ところが話は逆だった。

凸レンズが発明されたとき、その形状がレンズ豆に似ていたことから、凸「レンズ」と名前がついたのである。レンズ豆が先なのである。

同じような話で、鳥のキーウィと果物のキーウィがある。
どちらが先だと思いますか?
(形状が似ているからつけられた訳ではないそうです)

「里の秋~もみじ」再録音
里の秋~もみじ」を再録音しました。

というのも実は前奏があったことがわかったからです。
テンポも前より少しゆっくりにしました。

これは「日本の四季」の秋編となっています。

左のプレーヤーか下をクリックしてください。

3.日本の四季 秋編.mp3
 
「黄昏」
3つ前の愛宕公園の記事のコメントに、映画「黄昏」をお薦めしますと書いた。

観たのは30年ほど前だが、当時すごく感動した記憶があったので、先日DVDを購入した。そして今日ゆっくり鑑賞した。

「黄昏」は、老境を迎えた夫婦の絆、親子の断絶と和解を細やかに描いた映画だ。
夏の緑が豊かな湖畔の山荘が舞台である。

ところがなぜか私はこの映画は「紅葉が見事な湖畔」を舞台にした映画だと思い込んでいた。
いつ紅葉が出てくるかと思いながら観ていると、紅葉は最後に2カット、時間にしてわずか数秒しか映っていなかった。

なんてこった。何か別の映画とゴッチャになってしまったのか。
ヒッチ・コックの「ハリーの災難」もほぼ同時期に観たから、それと混ざったのか。
実り、円熟、老い・・・そのイメージと紅葉を勝手に結びつけてしまったのかもしれない。

血湧き肉踊る冒険活劇や、ハラハラドキドキのサスペンス映画もいいが、観終わった後、落ち着いた余韻がずっと心に残る映画もまたいいものだ。

このような映画がよい興行成績をあげ、アカデミー賞主演男優賞、女優賞を取ったというところに、アメリカ映画の懐の深さがあると思う。

犬の話あれこれ
犬の散歩の時間が、夜遅くになることが多い。
うちの愛犬のくぅは野良犬の子で、小さい頃多くの人や他の犬に接したことがなかったのが原因か、大変な怖がりやだ。

いつもの散歩コースに知らない人や他の犬がいると、ビビリまくってすぐに家に帰ろうとする。夜だと人も犬もいないので、意気揚々と歩く。

そんな夜の散歩中に、私のほうがビビッてしまうときがある。
それは、くぅがビクッとして暗闇を見つめ固まってしまう時だ。
くぅが見つめる暗闇に何かいるのか、そこを見るには勇気がいる。大抵は小さな虫だったりするのだけれど。

くぅが排便するときはすぐに分かる。一ヶ所でグルグルと回り始めるからだ。左回りで何回か回ったかと思うと方向を変え右回りになる。
中々出ないときは、何十回も回ったりする。

止まって方向を変えるときにチラッとこちらを見る。その表情が
「もうちょっと待っとっとくれんかな」
と言っているように見えておかしい。
人間でも便秘になったら、グルグル回ると出やすいのだろうか。やってみる価値はあると思う^^;

ところで、犬や猫は人間と違ってお尻を拭く必要がほとんどない。
ヒトは直立二足歩行するために、お尻の筋肉が発達した。そのため肛門がお尻の奥に隠れている。また、内臓の重さが肛門にかかるので肛門にいつも力を入れている。

犬や猫の四足歩行の場合は、内臓の重さが肛門にかからないので、力を入れる必要がない。
また排便の際、直腸の一部が外に出る。排便後はそれが引っ込んでしまうので汚れないのだ。常に脱肛の状態と言ったらいいだろうか。

ヒトでも上手にやるとお尻をまったく汚さず排便ができるような気がする。
ずっと昔、和田アキ子が彼女の付き人がそうやって排便できるとテレビで話していたと、友人が教えてくれたことがある。

31年
NTT西日本から契約期間更新の案内が届いた。


平素は、NTT西日本のサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。

(中略)

■割引契約期間満了日 : 平成28年1月31日(日)

■次回契約期間満了日 : 平成31年1月31日(木)



平成31年! 

何 この新鮮な響き!

最近年月が飛ぶように流れていくような気がする私にとっては、残酷な響きでもあります。

愛宕公園
愛宕公園に行って来ました。



♪ 秋の夕日に照る山紅葉

紅葉は秋の夕方の日差しで見るのが一番綺麗ですね。

夕方の太陽光線は空気の層を多く通過するため、赤色の成分が多くなるからだと思います。



先日雪虫も見かけましたし、まさに晩秋ですね。
| 1 | 2 | 3 | 最初 | next>>