Paskel's room

プロフィール
パスケルさん
 Paskel’s room
 八幡の学びの森パスカルの
 塾長パスケルのブログです。
 趣味はリコーダー・オカリナ
 演奏、落語・音楽鑑賞、
 日曜大工などです。

 下のプレーヤーで
 "Paskels"による
 多重録音のリコーダー演奏を
 お楽しみ下さい。 一人で全
 パートを吹いています。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2153003
Today:88
Yesterday:1274
最近見る夢
他人の夢の話ほどつまらないものはないと、よく言いますが・・・

以前ここに書いた、恐竜に追いかけられる夢や、大学の単位の夢などは最近見なくなった。

替りに最近よく見る夢がある。

一つは、演劇とかオペラの舞台の本番が迫ってくるという夢である。

私はセリフを全く覚えていない。しかも練習にまったく参加していなかったのだ。
周りの人たちは完璧にセリフが入っていて、準備万端なのに、唯一私だけが頭が真っ白なのだ。
周りの人たちは私がそんな状態だとは露ほども思っていない。

何をどうやってしゃべるのか歌うのか、まったく分からないうちに刻々と本番の時間が近づいてくる・・・

要するに、みんなの前で恥をかくに決まっているのに、なすすべがなく、焦せりまくるという夢だ。


もう一つは、デパートや学校のある階・売り場、教室にどうしてもたどり着けないという夢。

デパートの場合は、エスカレーターに乗るのだが、それが非常に複雑に絡み合っていて、なかなか目的の階にたどり着けない。
そのエスカレーターは、ジェットコースターのように複雑にうねりながら動いていく。時には仰向けに寝っころがらないと斜めから交差するエスカレーターの下を通過できなかったりする。

目的の階にたどり着けても、今度は目的の売り場へ行くのがまた難しい。
ある時は、お客さんでいっぱいのレストランの中を抜け、裏手の通用口から一旦下の階に抜け、エレベーターに乗って別の階に行き、それから・・・ と延々と続く。

学校の場合は、階段がとても複雑な構造になっているのだ。
授業が始まるというのに、教室にどうしてもたどり着けないのだ。

こんな夢を何度も見てしまう私には、一体どんな深層心理があるのだろう。

今度は、延々とうなされそうになったら、エイヤッと目を覚ましてしまおうと思う。

生まれた
もう生まれていました。



最近心に沁みた言葉
ある男がはじめて君をあざむいたときには、彼を辱めるがいい。しかし、その男がもう一度君をあざむいたとしたら、君自身を恥じるがいい。

 (西洋の諺)


一緒に泣いた時に、はじめてお互いがどんなに愛し合っているのかが分かるものだ。

 (エミール・デシャン) 
リフティング
元旦のTVでやった、メッシのリフティングが話題になっています→ここなど。

関連動画で、ディエゴ・マラドーナの超絶リフティングの動画がありましたので紹介します。
とても同じ人間とは思えません。 

BGMはなんでこれにしたのか?(^^;) 音を消したほうがいいかも。

年賀状
中1の娘に来ていた年賀状。

明けましておめでとう!!
昨年はお世話になりました。
お札を申し上げたいと思います!
来年もよろしくです。 


さーて、もらえるのは「おふだ」かな、それとも「おさつ」かな(笑)
それと、今年はよろしくなくてもいいんか~い!
明けましておめでとうございます
今年もまた、日吉神社の浦安の舞で新年を迎えました。



神様の前で舞を奉納する。身も心も清められ、厳粛な気持ちになります。
それにしても、4人とも大きくなったなぁ。

今年は、心がけていたい状態として「明鏡止水」という目標を立てました。

「明鏡」は一点の曇りもない鏡のこと。「止水」は止まって、静かにたたえている水のことで、「邪念がなく、澄み切って落ち着いた心の形容」を指します。

今年もよろしくお願いします。