最新の歯科ハンドピース用 カートリッジの情報

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:85078
Today:84
Yesterday:250
<<prev | 最新 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 最初 | next>>
沖縄県知事入院、過去に4人

 翁長雄志知事は10日に会見し、膵臓(すいぞう)に見つかった腫瘍を摘出するため、今月中に手術を受けることを公表した。5~7日まで検査入院していた翁長知事は、手術で再入院するまでの間は引き続き知事公舎で休養するが、週明けの県民栄誉賞表彰式などには自ら出席するため登庁する予定。1972年の沖縄の日本復帰以降、現職の知事が入院して公務を休んだのは平良幸市、西銘順治、大田昌秀、仲井真弘多の4氏の事例がある。超音波スケーラー

 

 平良氏は78年7月、全国知事会に出席する目的で上京し、宿泊先のホテルで脳血栓のため倒れた。当初は回復まで2週間の予定で、県は職務代理に野島武盛副知事を充てた。その後3カ月入院後、これ以上県政の空白を続けることはできないと判断し、知事就任から約2年5カ月で辞任した。口腔内カメラ

 

 西銘氏は84年4月17日に都内の病院で胃がんの手術を受けた。5月31日に県庁で帰任の記者会見を開いたが、当時は胃かいようと胆のう炎と発表され、本人にもがんであることは知らされていなかったという。

 

 大田氏は92年2月の県議会2月定例会開会中に風邪やめまいの症状が出るなど体調を崩して入院した。職務代理者は置かず、入院から51日後に公務復帰した。

 

 仲井真氏は2007年6月23日の沖縄全戦没者追悼式典に出席した直後、検査入院し、軽い脳梗塞のため緊急入院した。職務代理者を置かず、退院後の7月9日に公務復帰した。

 

 就任2期目の13年1月には急性胆のう炎の手術で10日間入院した。同年12月17日には上京中に都内の病院に検査入院し、手足にしびれが生じる「腰部脊柱(せきちゅう)管(かん)狭窄症(きょうさくしょう)」と診断された。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた政府の埋め立て申請の可否判断が注目されていた時期で、12月25日に退院すると、すぐに安倍晋三首相との会談に臨んだ。



http://athena.namjai.cc/e227764.html

「歯周ポケット」に要注意

 では、どんな歯のみがき方をすればいいのか? まずは、歯が抜ける理由について簡単に説明しよう。口の中には雑菌が300種類ぐらい潜んでいるといわれている。この中には、虫歯の原因菌とされるミュータンス菌や、歯周病の原因となるポルフィロモナス・ジンジバリス菌などの「悪玉菌」も含まれる。超音波スケーラー

 

 虫歯菌は歯の表面に張りついて歯を溶かすが、歯周病菌は歯ではなく歯茎歯と歯肉のすき間の溝(歯肉溝)に潜り込んで、歯肉や歯の根元にある骨(歯槽骨)を蝕んでいくのだ。歯肉溝とは、「歯周ポケット」ともいわれる。歯科医院で「ちょっとポケットを測りますネ」とチクチクされる、そのポケットのことだ。食物のカスが溜まりやすい歯肉溝は、歯周病菌の格好の温床になる。食べカス(プラーク=歯垢)は、菌が繁殖すると、歯肉部の炎症を引き起こし、通常、0.5~2ミリぐらいの浅い歯肉溝を深くしてしまうのだという。口腔内カメラ

 

 都内の歯科医院に勤める歯科衛生士の宮崎茜さんも、毎日のようにポケット検査をしているという。「プラークが溜まり、2~3ミリぐらいに広がると、根元が少し赤くなって炎症が起こるんです」

 

 ここまでなら、さして痛みもなく、せいぜい「冷たい水がしみる」程度。ところが、これ以上になると、「歯が痛くて、よく噛めない」状態になり、深さが6 ~7ミリになると、歯がグラグラしてくるため、抜歯も視野に入ってくるという。「“痛くて噛めない”状態で来院される患者さんが多いんですが、せめて“水がしみる”3~4ミリの段階で来院してもらえば、どうにかできるのにと、いつも思います」(前同)



http://athena.namjai.cc/e227712.html

インプラントで明るい表情に

 東急東横線・大倉山駅前の「かず歯科医院」の鈴木和夫院長は、インプラント導入前後の患者の表情や生活の変化を見守ってきた。超音波スケーラー

 

 「治療後は多くの患者様の笑顔、表情が明るくなるのが印象的。人との会話にも好影響を及ぼすようです」と鈴木院長。「事前にメリットだけでなく、デメリットも説明します。お気軽にご相談を」と呼びかける。口腔内カメラ

 

 院長のインプラント埋入実績(1994年〜現在)は5800本超。神奈川歯科大を卒業し、医局員として東京女子医科大学口腔外科に勤務。都内インプラントセンターではセンター長も歴任した。歯科用CT、専用オペ室も設置。インプラント10年間保証もあり。



http://athena32.blog.jp/archives/8474823.html

骨格バランスの重要性を訴え、より良い治療法を考え模索し続ける歯科医師、平沼一良は今日も患者やその家族の心と向き合っている

歯列矯正では、歯が詰まっている場合に歯科医師が"綺麗に並ばない"と思うと、抜歯してしまう場合が多いです。そういうことを見聞きしてきて、どうしても「骨格を診ないとダメ」と思うようになりました。今でも、その場で最初に患者さんに首のストレッチを施してから噛み合わせをみるようにしています。歯科ユニットのヘッドレストはそら豆型をしていますが、わざわざ特注で頭が平らに固定できるヘッドレストを作って交換したのです。超音波スケーラー

 

「ただ、さすがに私が骨格調整までしていると、歯科治療の時間がなくなってしまいます。ちゃんとかみ合わせについて理解しているカイロプラクターと、骨格のことまで理解している歯科医が組まないと、患者さんが不幸になる。問題は、歯科医がかみ合わせの治療を必要と考えているかどうかですね。最近は、歯科医は色んな治療に走る場合があります。インプラントに熱心な歯科医も多いですね...。インプラントも結果的にはかみ合わせにつながりますが、インプラントを入れてもらいたいと思っている患者さんはいないんですよ。口腔内カメラ

 

入れ歯ではうまく噛めないから、患者さんは"噛めるようにしてもらいたい"一心です。高い治療費がかかっても、手術をしてでも、インプラント治療を受け入れるわけです。ところが、インプラントを入れたけれど、ぜんぜん噛めるようにならないケースがあるのです。かみ合わせは歯科医にとっては絶対に重要です。でも、その大前提が抜けてしまい、ただ詰めたりかぶせたりしてしまうのです。でも、それが原因でアゴがずれてしまったりしてしまうケースがいっぱいあります。

 

当院ではそれらの失敗したケースを受け入れ、治療を全部やり直します。もともと固い材料を取り扱っているため、噛み合わせの調整にはすごく時間や手間がかかります。私がやっても30分かかる場合もあります。本当に難しい分野なので、根気が要りますね。それでも、インプラントも植え直してちゃんと噛めるようにして差し上げると、患者さんご本人はもちろん、前の院で失敗したから心配だからと、同伴で来院するご家族も穏やかな顔になっていきます。」



http://athena32.blog.jp/archives/8273443.html

「人生ゲーム」50周年、12年ぶりの「ゾイド」……競争激しい玩具市場、タカラトミーが狙うもの

どの分野でも、新しいヒット商品を生み出すのは至難の業。それよりも、長く取り扱ってきた商品を、時代に合わせて変化させ、市場を活性化させる方が早く売り上げに結びつく。玩具大手のタカラトミー(東京都葛飾区)では、発売50周年になる「人生ゲーム」で新しい試みを打ち出し、記念の年を飾る予定。1983年と1999年の2回、展開していた「ゾイド」も“復活”させて、以前からのファンの期待に応えつつ、新しいファンを取り込もうとしている。

時代を超え愛される商品ズラリ
 3月15日に東京都内で開かれた発表会に、ずらりと並んでいたのは新旧の「人生ゲーム」。1968年に日本で第1弾を発売して今年で50周年となることから、3月31日に新商品「人生ゲームタイムスリップ」(税抜き3980円)をリリースすることを発表。あわせて50周年を記念するパーティーを開催し、そこに歴代人生ゲームが集められた。

 「数多くのロングセラー商品を保っているのがタカラトミーの強みだ」。今年1月にタカラトミー社長に就任した小島一洋氏の言葉を裏付けるように、5年や10年といった期間も短く思えるくらい、発売から何十年も経つ商品がタカラトミーには並ぶ。2017年に50周年を迎えた人形「リカちゃん」、来年が60周年となる鉄道玩具「プラレール」、2020年が50周年のミニカー「トミカ」など、時代を超えて愛され続けている玩具がそろっている。

 「人生ゲーム」もそんなロングセラーのひとつ。アメリカで人気だったボードゲーム「ザ・ゲーム・オブ・ライフ」を日本向けにして1968年に「人生ゲーム」として発売。「億万長者になりたいと言うことをはしたないと思う文化が日本にはまだあった。『人生ゲーム』を通してアメリカの自立精神を伝えようとした」という小島社長の説明どおりに、ゲームの中で職業を選び、お金を稼いでいくスタイルが日本の経済的発展とも相まって人気となった。

もっとも、ただアメリカのゲームを翻案していただけではここまでのロングセラーにはならなかった。3代目からは中身を日本オリジナルにして、職業を選択するためのカードもつけた。「平成版」と銘打って社会的なトピックを取り入れたシリーズを作り、IT企業によるM&Aが話題になった年には「人生ゲーム M&A」といった製品も投入。企業や作品とのコラボレーションも積極的に展開していき、その種類は60以上に及ぶ。

テレカ・着メロ……「通じないこと」で交流を生む強み
 「人生ゲームタイムスリップ」は、こうした「人生ゲーム」のたどってきた長い歴史を振り返ることができる最新作。50年前をスタート地点にし、ライフスタイルの変化や経済的なトピックをマスに記載して、プレイヤーがその時代を体験できるようにしてある玩具 人気 。1980年代なら「テレホンカードが便利で、長電話する」、1990年代なら「着メロに凝ったのに電話が鳴らない」といった具合だ。

 当時を知る人なら分かる記載でも、若い世代には通じないこともある。これについて、小島社長は「若い人からこれは何かと質問が出て、コミュニケーションをとることができた」と話し、世代や環境を超えて楽しみながら交流が生まれる点も「『人生ゲーム』の強み」と強調した。タカラトミー事業統括本部ゲーム事業部事業部長の佐戸憲一氏も、「ゲームを通して人と人がもっと仲良くなる、コミュニケーションツールとして企画している」ことを明かした。

 キャラクター商品の場合、元となっているテレビ番組やマンガなどが展開されている間、視聴者や読者となっている特定の層に向けて集中的、短期的にアピールすることが多い学習玩具 。それで盛り上がる場合もあるがロングセラーにするのは大変。「人生ゲーム」の場合は培われてきたフォーマットの上で、少しずつ中身を変えながら広い層にアピールできていると言えそうだ。

 新しいファン層の開拓にも余念がない。「人生ゲーム」が発売された1968年の創刊で、共に50周年を迎える人気少年マンガ誌「週刊少年ジャンプ」とコラボレーションした「週刊少年ジャンプ人生ゲーム」(税抜き4500円)を7月に発売するジーバイク プラス 。「ドラゴンボール」「ワンピース」「こちら葛飾区亀有公園前派出所」「BLEACH」といった歴代のヒット作から、「約束のネバーランド」「ブラック・クローバー」「僕のヒーローアカデミア」といった新しい作品まで、約50作品が登場。マスにはこれらのマンガの名シーンが使われていて、マンガ好きなら読んでいるだけでも楽しめそうだ。

新プロジェクトで「ゾイド」復活
 復活にも取り組む知育玩具 。30年以上に及ぶ歴史を持つ玩具を、今年6月にマーケットに新たな形で投入する。タカラトミーは2月27日に「新プロジェクト“最獣要計画”Z」と銘打った新企画の全容を発表。中身は1983年に登場した、恐竜や動物をモチーフにしたメカ生命体「ゾイド」の復活だった。1991年でいったん休止したあと、1999年から2006年まで2度目の展開を行い、その後また休止していたものを12年ぶりにリニューアル。過去2回の製品化で累計4400万個以上の出荷と、830億円以上の売り上げを達成した「ゾイド」だけに新展開にも期待がかかる。

 「タカラトミーの強みは、グローバル展開されるオリジナルIP(知的財産)を自社で作り出す力を持っていること」。2月27日に行われた発表会で、小島社長はこう話して、いくつものロングセラー商品を持っていることとは別の強みを強調した。ハリウッドで映画化されて人気の「トランスフォーマー」、ベーゴマを現代的にした「ベイブレード」等々、タカラトミーが送り出したIPは着実な成長を遂げて、「トミカ」や「リカちゃん」、そして「人生ゲーム」に続くアイテムになっている。「ゾイド」もこれに続くIPとして国内だけでなく世界へと展開していく。

 今回は名称を「ゾイドワイルド」にして、骨格から組み立てアーマーや武器を取り付け完成するという新たなコンセプトを取り入れた。発表会では、「全世界が3度目のゾイドブームに包まれる」と小島社長は強調。それだけの自信をもって送り出そうとしている。テレビアニメやマンガの展開、ニンテンドー・スイッチ向けゲームの投入、アミューズメント施設向けゲーム機の展開なども行い、全方位から新しいゾイドのファンとなる子供たちと、その親の世代に向けてアピールしていく。

『FGO』刑部姫のいるカルデア日記―第13節「ウエハース第2弾リアル10連召喚!刑部ちゃんは…?」

みなさんこんばんは、編集部のすえながです。イベントに追われることもなく、割りとのほほんとしている3月半ば。「なにかネタあるかな」と思っていたのですが、あるじゃないですか、『FGO』ウエハース第2弾が。

というわけで、第1弾のときと同じく10個、買ってきました学習玩具 。この前はコンビニを数件はしごした挙げ句なんとかゲットしたのですが、今回は最初から家電量販店へ赴き、余裕のゲット。今回もパッケージは2種類。上記写真左は円卓推しなんですかね(ガウェインも入れてくれればよかったのに…)。

ラインナップは全24種+シークレット1種。特筆すべきは、刑部ちゃんがいないこと(もしかしたらシクレが刑部ちゃんかもしれませんが…)。幼児玩具 私は悲しい…。刑部ちゃんがいたら箱買いしたのに…。第3弾こそは!

ではさっそく開けていきましょう。袋を開けて、呼符(ウエハース)の下からカードを取り出すと…なんと1個目からSRの酒呑ちゃんでした!カードのデザインは前回と変わらず、最上位のSRだとホロ加工が施されています。

なかなか幸先のいいスタート。その後はSRは出なかったものの、Rが5枚、Nが4枚という結果に。セイバーオルタやゴルゴーンは個人的に嬉しい玩具 人気 。ニトクリスやバニヤン、頼光さんとかも欲しかったなぁ。ちなみに、10連の内訳は以下の通り。

ウエハースのリアル召喚は、確実にサーヴァントが出る・安い・お腹が膨れる、とメリットばかりなので、ぜひ第3弾をやってほしいところラジコン カー 。冒頭でも言いましたが、そのときは刑部ちゃんが入ってると良いな…。むしろ、刑部ちゃんだけしか出ないやつとか、メガネサーヴァントだけを集めたやつとか、そういうの良いと思うんですよね。ご検討のほどよろしくお願いいたします…。

インスリン細胞移植法新たに開発 太もも付け根に 糖尿病マウスが完治 福大と理研チーム

 福岡大と理化学研究所のチームは、インスリン注射が必要な重症糖尿病患者への膵島(すいとう)移植治療について、従来の肝臓よりも効果的で安全な鼠径(そけい)部(太ももの付け根)への移植法の開発に、マウス実験で成功したと発表した。安波(やすなみ)洋一福岡大教授は「次はサルで実験し、ヒトへの応用を目指したい」としている。超音波スケーラー

 

 膵島は膵臓(すいぞう)にあり、体内の糖分調整を行うインスリンを分泌する。糖尿病になるとインスリンが働かずに高血糖となり、意識障害や腎不全などを引き起こす。重症の1型糖尿病患者が日々の注射から解放されるには移植しか方法がない。口腔内カメラ

 

 膵島移植は2004年から臨床試験として国内6病院で始まり、九州では福岡大のみで実施。点滴で行うため、膵臓そのものの移植より患者への負担が小さいと注目されるが、肝臓の拒絶反応で約6割の膵島細胞が死滅するため、完治には移植を2~3回重ねる必要がある。大きさ0・2ミリの細胞が肝臓内で分散するため経過観察もしにくい。

 

 チームは肝臓に代わる移植場所を研究。糖尿病マウスの左鼠径部に、別のマウスの膵島を移植したところ、1回で高血糖が改善し、完治。ヒトの膵島をマウスに移植しても完治し、経過も観察しやすいという。

 

 ただ、日本では臓器提供が少ない。対象となる重症患者は全国に10万人とされるが、膵島移植を受けた患者はまだ25人。鼠径部への移植技術が確立されても、広く患者を救えるかは未知数だ。



http://athena32.blog.jp/archives/8249338.html

総学費1億でも歯科医師国家試験に不合格のFラン

医学部の人気ぶりとそれに伴う受験の難化はすでに広く知られている(中流家庭でも余裕「医学部入学」の奥の手)。ここでは、主に歯学部、特に私大歯学部について述べる。超音波スケーラー

 

日本歯科医師会は2014年の時点で「歯科医師需給問題の経緯と今後への見解」を公表し、「新規歯科医師数は年1500人程度が上限」と主張している。だが2017年度の歯学部の定員総数は約2500人だ。すでに過剰感があり、「5人に1人は年収300万以下」といった報道も多い。口腔内カメラ

 

こうした歯科医師過剰問題を受けて、文部科学省は歯学部定員をピーク時の約3400人から現在の2500人に減らしたが、削減したのは主に国公立大であり、総学費2000万~4000万円の私立歯科大における定員削減は大学経営に直結するために進まなかった。

 

そこで厚生労働省は“出口調整”することにした。すなわち国家試験を難化させることで過剰問題に対応したのだ。歯科医師国家試験は2003年の合格率91.4%をピークに難化の一途をたどり、ここ数年間の合格率は6365%で推移している。



http://1137.jp/post/entry/13096

枝幸のインフルエンザ院内感染 他病院も対策に苦慮「患者の隔離難しい」

 枝幸町国保病院(83床)で入院患者と職員計31人がインフルエンザに感染し、患者4人が死亡していたことが分かって23日で1週間がたった。同病院では、多くの高齢者が入院し、感染拡大を防ぐための隔離スペースを確保できなかった。留萌、宗谷管内の病院からは「隔離病室を確保する余裕はない」との声が相次ぎ、インフルエンザ対策に苦慮している実態が浮き彫りになった。超音波スケーラー

空き室確保、経営的に厳しく

 

 枝幸町国保病院は一般病床と療養病床が計83床あり、長期入院する地域の高齢者の受け皿となっている。インフルエンザ集団感染が確認された5日時点で、83床のうち78床が埋まっていた。入院患者は70歳以上が9割を超える。病院側は患者の隔離が感染拡大を防ぐ有効な手段と認めながらも「必要なスペースを確保できなかった」という。口腔内カメラ

 

 病室に余裕がない状況で患者の隔離が難しいのは、留萌、宗谷管内の他の病院でも共通した課題だ。礼文町国民健康保険船泊診療所(19床)は、全病床のうち通常は7割ほどが埋まっており「隔離は難しい」。留萌セントラルクリニック(19床)は「救急外来の患者も抱えており、隔離用の病室を確保する余裕は正直なところない」と悩みを打ち明ける。

 

 留萌記念病院(117床)は「病床の稼働率が高く、空き室を確保しておくのは経営的にも難しい。その場でしっかり対応して防ぐというのが基本」という。市立稚内こまどり病院(45床)は院内でインフルエンザの感染が拡大した場合、「一つの病院でできる対処は限られる」。地域の一つの病院に情報センター機能を持たせ、感染していない患者を他の病院に移すなど「広域的に対応するべきだ」と主張する。



http://athena32.blog.jp/archives/8184900.html

マタハラ巡り歯科医院に賠償命令 岐阜地裁

 岐阜市の歯科医院に勤務していた際にうつ病を発症したのは、産休や育児休業を巡って上司から受けた嫌がらせ(マタニティーハラスメント)が原因として、20代の歯科技工士の女性が医院や上司に約1050万円の損害賠償と社員としての地位確認を求めた訴訟の判決で、岐阜地裁は27日までに、計約500万円の賠償を命じ、地位を認めた。超音波スケーラー

 

 鈴木基之裁判長は「被告らの行為で精神的負荷がかかった以外にうつ病を発症する事情はなく、業務起因性が認められる」と判断した。口腔内カメラ

 

 歯科医院の副院長は「産休や育休には誠実に対応しており、嫌がらせをした認識はない。判決を確認した上で控訴する」としている。(共同通信)



http://athena32.blog.jp/archives/8165308.html

<<prev | 最新 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 最初 | next>>