最新の歯科ハンドピース用 カートリッジの情報

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:40191
Today:30
Yesterday:79
<<prev | 最新 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 最初 | next>>
気になる「口臭」、男女での違い。 実は女性の方が…!?Part2

生理前・生理中

女性ホルモンの1つであるエストロゲンは排卵期をピークに減少しますが、その量が最も少なくなるのが生理前や生理中です。超音波スケーラー

 

エストロゲンが少なくなると唾液の量も減少するため口の中が乾きやすく、口臭が強くなる可能性があります。

 

妊娠中

女性は妊娠するとホルモンの量が通常の10~30倍にもなり、体に様々な変化がおこります。口腔内カメラ

 

中でも妊娠中に増え始めるのが口の中のトラブルです。

 

特にエストロゲンはある種の歯周病菌を増殖させ、口臭を強くします。

 

また食べ物の好みが変わったり、つわりなどによって口の中が不衛生になることも、妊娠中に口臭が強くなる原因です。

 

閉経前後

 

卵巣機能の衰えによって閉経前後に生じるのは女性ホルモンの急激な減少です。

 

それに応じて唾液の分泌量も減り、常に口が乾きやすい状態が続きます。

 

 

そのため口の中が不衛生になりやすく、口臭が強くなります。

 

ストレスも口臭の原因に

女性の社会進出は目覚ましく、これまで以上にストレスにさらされる機会が増えています。

 

また女性は出産や育児などによって、家庭においても様々なストレスを抱えています。

 

ストレスも口臭を強くする原因の1つです。

 

ストレスや疲労の蓄積は自律神経のバランスを乱し、それによって唾液の分泌も少なくなってしまいます。

 

ダイエットが大きな落とし穴になることも

唾液の分泌量に大きく関係しているのが食事の回数です。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40103713/

CTでわかることは? Part2

レントゲンでは全体像や漠然とした形だけしかわかりませんが、CTを用いると今まで突き止められなかった病気の正体などがわかることもあります。

 

(5)根管治療 超音波スケーラー

 

歯の神経を抜いて根管治療をするときも、歯科用CTを用いることで痛みの再発を防ぐことができます。歯の根は複雑な形をしていることも多く、1本だけのこともありますが2~4本に分かれていることもありますので、破片が残らないように丁寧に抜き、空洞部分に薬剤を詰めていかなくてはなりません。口腔内カメラ

 

ですが、手の感触だけに頼っていると、歯の破片が残ったり薬剤を詰め忘れたりすることがあります。薬剤がしっかりと詰まっていないと細菌が繁殖し、再度、痛みや腫れを引き起こしてしまいかねません。目や手の感触だけではわからない部分を正確に知るためにも、歯科用CTの撮影が必要になるのです。

 

(6)親知らずの抜歯前検査

 

親知らずならすべて抜いてしまっても良いというわけではありません。特に下の親知らずの根周辺には神経や血管が入っている下顎管がありますので、抜歯によって下顎管が傷つくと想定されるときは抜歯以外の治療を考えなくてはいけません。

 

レントゲンでも下顎管の位置をある程度特定することができますが、親知らずの根に近いかどうかを正確に知るためにはCT撮影も実施するほうがより正確な判断ができるでしょう。



http://adental.over-blog.com/2017/07/-38.html

東芝 太陽光発電で作った水素を車のエネルギーに

経営再建中の東芝は新たな収益源として、環境に配慮したクリーンエネルギーの事業を強化する一環として、太陽光発電で水素を作り、工場などで走る車両のエネルギーに使うシステムを開発しました。超音波スケーラー

 

東芝が開発したのは、環境に優しいとされる太陽光発電で水素を作り、車両のエネルギーとするシステムで、工場や港、それに空港など、多くの車両が使われる施設での利用を想定しています。口腔内カメラ

 

具体的には、事業所の屋根などに太陽光発電の設備を設け、その電力で水を分解して水素を作ります。水素は圧縮して蓄えておき、事業所の中を走る燃料電池を使った、さまざまな車両のエネルギーとして使います。東芝は、東京、府中市にある事業所で、このシステムを運用して試験を重ね、近く商品化するとしています。

 

経営の再建を目指す東芝は、エネルギー源として二酸化炭素を排出しない水素の需要が高まると見ていて、新たな収益源として、このシステムをはじめ、クリーンエネルギーの事業を強化していく方針です。

 

この事業を担当する東芝の大田裕之統括部長は「再生可能エネルギーは天候などにも左右され、不安定で使いにくいと言われている。水素の形で蓄積できるようにして、安定したシステムを商品化していきたい」と話しています。



http://adental.over-blog.com/2017/07/-5.html

扇風機は睡眠を悪くする

熱帯夜の快眠対策では、扇風機についてもさまざまな情報が出回っている。扇風機からの送風をずっとうけたまま寝ていると死んでしまったという都市伝説があるが、そのような症例報告は文献検索しても見つからない。また、壁などを介して間接的に風を受ければいい、首振り機能を使って間欠的に風をうければいい、エアコンの冷気を還流させるだけも効果的など、さまざまな方法がネット上の快眠対策ではたくさん載っている。超音波スケーラー

 

これらの方法も、実証的なエビデンスは乏しい。これはわたしの考えだが、暑いなか覚醒しているときに風を感じれば快適だが、睡眠中に強い風をずっと浴びていては、皮膚体温が奪われてしまい、身体への負担は大きいと考えられる。間歇的に風をうけたとしても、余計な皮膚への冷感刺激となり、睡眠が妨げられてしまうのではないだろうか。口腔内カメラ

 

わたしだけの考えかと思っていたが、今年に入って風速 0.14m/s(一般的なエアコンの風速) のエアコンで、体動や心拍数の上昇、覚醒頻度が多く、結果的に睡眠の質が悪くなったという論文が発表された (3)。非常に微弱な風ならばまだしも、エアコンのわずかな送風が影響するのだから、扇風機が良いとは思えないのだが。




http://adental.over-blog.com/2017/07/3/part3.html

2020年度から、連結した健康・医療・介護のビッグデータを活用

 後者の「ビッグデータ活用計画・工程表」では、健康・医療・介護のデータを有機的に連結することで、次の7つのサービスを国民に提供できるようになるとの考えを示しています。

 

(1)全国的な保健医療ネットワークを整備し、医療関係者などが円滑に患者情報を共有できるサービス 超音波スケーラー

 

(2)医療的ケア児(者)などの救急時や予想外の災害、事故に遭遇した際に、医療関係者が迅速に必要な患者情報を共有できるサービス

 

(3)健康に関するデータを集約・分析し、個人(PHR)や事業主(健康スコアリング)に健康情報を提供するサービス 口腔内カメラ

 

(4)健康・医療・介護のビッグデータを個人単位で連結し、解析できるようにするサービス

(5)介護の科学的分析のためのデータを収集し、最適サービスを提供(世界に例のないデータベース構築)

 

(6)がんゲノム情報の収集、医療関係者などが利活用できるサービス

 

(7)AI開発基盤をクラウドで研究者や民間等に提供するサービス



http://adental.over-blog.com/2017/07/part2.html

妊産婦の心のケアに手引 産婦人科医会が普及へ

 心理、社会的な問題を抱える妊産婦を早めに見つけ、必要な支援をするための知識を医療者向けにまとめた手引「妊産婦メンタルヘルスケアマニュアル」を、全国の産婦人科医でつくる団体、日本産婦人科医会(木下勝之会長)が作成した。今後、手引の内容習得のための研修も進めるという。

 

 手引はA4判約100ページ。妊産婦に多い心の不調や障害などを解説した「基礎知識」、実際の接し方や心の状態の評価方法を紹介した「ケアの実際」、産科以外の分野の専門職と連携する際に役立つ情報をまとめた「多領域協働チームの意義と実際」などの章からなる。超音波スケーラー

 

 地域の実情に応じ多職種での妊産婦支援に取り組んでいる秋田県、大阪府、大分県の実践例も紹介している。

 

 妊産婦の心の不調は、子どもの虐待など深刻な事態につながる可能性があることが分かってきており、近年、支援の取り組みが広がりつつある。口腔内カメラ

 

 同医会は昨年、妊産婦の心のケアに関する新たなプロジェクトを発足させ、最初の取り組みとして手引をまとめた。担当者の一人、相良洋子常務理事は「ケアが必要な人が自分から助けを求めてくることはほとんどなく、医療者側が見つけることが重要。手引と研修を広げることで、妊産婦の心の状態を共通の尺度で評価し、適切なケアにつなげていきたい」と話している。

 

 手引は無料配布を開始したが、好評で在庫がなくなったため、増刷し実費で販売する予定。問い合わせは日本産婦人科医会のホームページ から。



http://adental.over-blog.com/2017/07/-61.html

血管はオートファジーが苦手病原菌増殖

 血管の内側にある内皮細胞では、侵入した病原細菌を分解し除去するオートファジー(自食作用)が起きないことが分かったと、大阪大の吉森保教授(細胞生物学)のチームが7日、米専門誌電子版に発表した。超音波スケーラー

 

 血管内皮細胞では、タンパク質などを分解して再利用するタイプの自食作用は正常に起きており、細菌に対する自食作用も起こせれば、感染症の新たな治療法の開発が期待できるという。口腔内カメラ

 

 チームによると、内皮細胞は血液と直接触れるため、血中に侵入した細菌の影響を受けやすく、内皮細胞で細菌が増殖した場合は多臓器不全につながる恐れがある。



http://adental.over-blog.com/2017/07/-35.html

歯周病と糖尿病は密接な関係

 歯周病と糖尿病は、密接な関係にあります。例えば、糖尿病の患者は歯周病になりやすい。あるいは、歯周病が進行しやすい。逆に歯周病の患者は、糖尿病の血糖コントロールがなかなかうまくいかないということがあります。歯周病は糖尿病の6番目の合併症と言われるくらいで、糖尿病患者が歯周病を併発することがあります。超音波スケーラー

 

 糖尿病と歯周病は、足を引っ張り合う負の相関関係です。歯周病菌が出した炎症性のサイトカインが、血糖値を抑えるインスリンの働きを阻害すると言われています。糖尿病になって免疫機能が低下することとも関係します。口腔内カメラ

 

 心臓や脳の病気など、ほかの全身疾患とも、歯周病はつながっています。

 

 例えば、歯周病にかかって歯ぐきが腫れてしまう。その腫れたところの毛細血管に歯周病菌が「よいしょ」と入っていきます。その歯周病菌が動脈血管の中を通って、全身を流れてしまうのです。動脈血管の内側の壁が歯周病菌に感染し、炎症を起こすと、動脈血管の壁が厚くなって血栓ができ、心筋梗塞や脳梗塞の原因になっていきます。

 

 歯周病になると、必ずそうなるというわけではありません。ただ、そうなってしまう可能性が高いわけです。

 

 20年ほど前に、ある会議で心臓外科の先生とご一緒したことがあります。会議が終わってから、その先生に「あなたたち(歯科医)が頑張らないから、僕たち心臓外科医は大変なんですよ」と言われました。「オペ(手術)をしたら、心臓の中に歯周病菌の塊があるんだ。気をつけてよ」というのです。その心臓外科医の先生はその頃既に、歯周病菌と心臓疾患の関係に気付いていたようなんです。しかしながら、広く両者の関係が明らかになったのは近年になってからで、「ああ、そうだったんだ」と思い出します。動脈硬化を起こしている血管の内壁から歯周病菌が発見されたという例は、多数、報告されています。


http://adental.over-blog.com/2017/07/-33.html

デミ・ムーアが前歯2本を失った理由とは?

女優のデミ・ムーアがストレスで前歯を2本失ってしまった。6月12日に「ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファーロン」に出演したデミは、歯を失った理由がストレスであったことを明かしている。

 同番組出演前にデミは制作チームに前歯がない自身の写真を送っており、そのことについて司会のジミーから「君が送ってくれた写真はこれまで見た中でも一番奇妙なものだったよ。なんでそんなことになってしまったんだい?」と尋ねられると、デミは「前歯をそぎ取ってしまったのよ。スケートボートをやっていてとかそういったかっこいい理由じゃないの。でもこのことをみなさんと共有するのは大切かなと思って。 超音波スケーラー

 アメリカで恐らく心臓病の次に最も多い死因の1つはストレスよ。ストレスでこうなってしまったのよね。ストレスが私の前歯をそぎ取ったの。でも今日はあなたに会うために準備をしたわ。出演前には前歯がちゃんと戻っているようにしたかったの」と答えた。そして、歯科医による治療のお陰で再び笑顔を見せることができるようになったことをとてもうれしく思っていると続けた。 口腔内カメラ

 デミのストレスは2015年7月に自宅プールで起きた死亡事故に関する裁判によるものかも知れない。ビバリーヒルズにある自宅で開かれたデミの使用人が主催するパーティーで、泳ぎが苦手だったエデンニルソン・スティーヴン・ヴァレさん(当時21歳)がプールの底で遺体となって発見。事件当初、遺族側はパーティー主催者のみに対して訴えを起こしていたが、最近になって、プールに対する安全管理が行き届いていなかったとしてデミを被告に追加している。ちなみに事件当日、デミは現場にいなかった。


ARで歯科医教育、血管や神経の位置が「丸見え」

ARで歯科医教育、血管や神経の位置が「丸見え」

 コンピュータグラフィックス(CG)と現実の映像を組み合わせて利用する技術の実用化が近づいてきた。AR(拡張現実)やMR(複合現実)と呼ばれる。3月には歯科医療機器大手のモリタ(大阪府吹田市)がソフトバンクグループと組んでAR歯科治療支援システムを開発した。開発には2人の歯科医が深く関わっている。

 

 「デジタルデータがその場にあるのに、歯科医の仕事に十分役立っていない。その状況をなんとかしたい」と話すのは、クボタ歯科(京都市)の窪田努氏だ。窪田氏は同じく歯科医の芳本岳氏(くわばら歯科医院、京都府八幡市)とともに、今回のAR歯科治療支援システムの開発を主導した。ホワイトニング機器

 

 今回のシステムは歯科医がステレオカメラを搭載したヘッドマウントディスプレー(HMD)を装着。カメラで撮影した目の前の患者のリアルタイム映像に、X線CTスキャン(断層撮影)などから得た神経や血管のCG画像などを重ね合わせて表示する仕組みだ。歯科根管治療用

 

 本来は目に見えない患者の血管や神経の位置を確認しながら、治療できるため、精度が高く安全な治療ができる。例えば人工の歯を埋め込むインプラント治療では、従来の3~4倍正確な「1ミリ以内の精度が可能になる」(芳本氏)という。

 

 今回のシステムを開発したのはソフトバンク傘下のリアライズ・モバイル・コミュニケーションズ(東京・港)だが、芳本氏が個人的に開発していたプロトタイプをもとにしている。知人を介して芳本氏と知り合った窪田氏がプロトタイプを見てモリタに呼びかけ、開発にこぎ着けた。

 

 「プロトタイプは精度も悪く、動作も鈍かった。ただ見た瞬間、これだと思った」と窪田氏は振り返る。窪田氏はもともと、歯科医師向けにパソコン活用セミナーを開くなど、歯科医の業務でのデジタル活用を推進していた。デジタル化の「次の一手」を探していた。

 

 実は歯科の世界では急速にデジタル化が進んでいる。例えば口の中の歯並びの模型の製作にCADを使ったり、義歯や歯にかぶせるクラウンなどの作製に3Dプリンターを使うのは日本でも当たり前になりつつある。

 

ところが、こうした際のデータは治療にはあまり活用されていないのが現状だ。CTスキャンの3DCG画像をパソコンに表示して治療方針などを検討することはできるが、実際の治療時には、その画像と目の前の患者の歯の様子を見比べ、頭の中で重ね合わせて見当をつけるしかない。



http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/45131

<<prev | 最新 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 最初 | next>>