最新の歯科ハンドピース用 カートリッジの情報

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:50387
Today:51
Yesterday:231
<<prev | 最新 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 最初 | next>>
「歯みがき」アプリ概要 

以下の4つのモードをその日の気分で選ぶことができます。『G・U・M PLAY』と接続し、ハブラシの動きをデータで取得することで、歯のみがき方を『ロボホン』がリアルタイムでアドバイスしてくれます。超音波スケーラー

 

1.レクチャーモード…

 『ロボホン』と一緒に、楽しみながら正しい歯みがきを身につけることができます。『ロボホン』がハブラシの持ち方、ハブラシの動かし方や、みがき残しのないようにみがく箇所のガイドなどをしてくれます。口腔内カメラ

 

2.ゲームモード…

 『ロボホン』と協力して、お口の中のバイキンを退治!飽きずに歯みがきを続けられます。

 

3.演奏モード…

 ハブラシの動きに合わせて、『ロボホン』が楽器を演奏します。上手に歯みがきができると、『ロボホン』も上手に曲を演奏できます(※1)。

 

4.音楽モード…

 『ロボホン』がDJになって曲を選択!好きな曲を聴きながら、歯みがきができます(※2)。

 

※1 「演奏モード」は、『G・U・M PLAY』接続時にのみご利用になれます。

※2 「音楽モード」は9月以降のアプリアップデートにて対応予定です。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40291962/

むし歯や口臭の原因

 口腔(こうくう)乾燥症(ドライマウス)とは、唾液の分泌が低下して口が乾いた状態、もしくは唾液分泌の低下だけではなく、口が乾いていると自覚する症状のすべてを指します。超音波スケーラー

 

 軽度では主に口の中のネバネバ感、ヒリヒリする、むし歯、歯垢(しこう)の増加、口臭も強くなります。重度になると、唾液分泌量の低下による口腔内の乾きが進行し、強い口臭、舌表面のひび割れ、痛みによる摂食障害、会話しづらいなどの障害も現れます。場合によっては不眠をきたすこともあります。

 

 平均的な唾液の分泌量は、1日当たり約1~1.5リットルで、口の中の唾液腺から湧き出し、口の中の食べかすを消化器官へと洗い流します。また、唾液には抗菌作用があり、口の雑菌の繁殖を防いでいます。口腔内カメラ

 

 そのため唾液が不足して口が乾くと、むし歯や歯周病にかかりやすくなり、口臭の原因にもなってしまうのです。

 

 さらに加齢に伴い、唾液の分泌量が低下することで、口が乾燥することがあります。ストレスによっても唾液が出にくくなることがありますが、その場合はストレスがなくなれば症状も回復します。急激に唾液が出なくなり、痛みがある場合は唾液腺などの疾患が考えられます。

 

 口の乾燥がひどくて、我慢できない場合には、専門医にご相談ください。年齢が高齢化するにつれて、唾液の分泌量が低下することにより、口の乾燥がひどくなることもあります。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40287871/

歯茎が悪いと、がんになるリスクが高まるという研究の紹介です

「なーんだ、私は関係ないし」と思った方が8割だと思います。しかし、そう思った方の中の8割が歯周病です。「私は歯周病ではない」と思っている方も、実はほとんどが歯周病です。「そんないいがかりをつけてくれるな!」と思われるかもしれませんが、いいがかりではなくて、びっくりするくらい事実です。厚生労働省が歯科疾患実態調査を行っていてデータをウェブサイトで公表しています。最新のものが平成23年と古いのですが、30代の8割、そして40代では9割近くがなんらかの形で歯周病があるという結果だったのです。上記のデータに基づいて見やすいグラフもライオンのウェブサイトにありました。超音波スケーラー

 

かくいう僕も、歯周病ではないと思っていましたが、10年ほど前にシアトルで歯科にかかった時に「歯茎が少し腫れている」と言われました。僕は歯磨きは怠らないし、普段食事をしても歯磨きをしても歯茎から出血することもなかったので、全く自覚がありませんでした。しかし、歯槽膿漏とまではいかなくとも、明らかに炎症があり、れっきとした歯周病だったのです。気付かぬうちにそうなっていたことに僕はびっくりしました。口腔内カメラ  そう、歯周病は自分では気づきにくく、歯科医に診てもらって初めてわかることが多いのです。しかも、日本人は歯周病があまりに多いので、歯科医が特に何も言わないこともあります。デンタルケアに関してはアメリカの方が日本よりも明らかに積極的で、日本では指摘されなかったことをアメリカに来て歯科医に色々されたものです。とにもかくにも、自分が歯周病だったと知って以来、デンタルケアに関してはかなり神経を使うようになり、ここ10年ほどは一切歯周病もなく過ごしています。


http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40264900/

「フッ素入り歯磨き剤」で強い歯に

また、子どもの虫歯予防には歯磨き剤の働きも重要とのこと。中でも"フッ素"は歯を強くする働きがあるため、「乳幼児の歯磨きにもフッ素入りの歯磨き剤を併用してほしい」と倉治先生。なお、生後6ヶ月から2歳ころまでは、「切った爪くらいの少量」を歯ブラシにつければ十分だそうだ。根管長測定器

 

●歯磨き後のごほうびにも「キシリトール」を活用

歯ブラシや歯磨き剤以外にもチェックしたいアイテムが"キシリトール"だ。キシリトールは天然素材の甘味料の1つで、口腔内で酸を作らない特徴がある。根管治療機器

 

「自然素材から生成されていて子どもにも安心なキシリトールが含まれる歯磨き剤やタブレットは、家庭における口腔ケアに積極的に取り入れてほしいですね」(倉治先生)



http://adental.over-blog.com/2017/08/-22.html

自然耐性もつ緑膿菌 多剤耐性でより手強いMDRPに

 前回お話しした「多剤耐性アシネトバクター(MDRA)」以外にも、厄介な耐性菌があります。今回は、その一つである「多剤耐性緑膿(りょくのう)菌(MDRP)」を紹介します。超音波スケーラー

 

 これまで何度も登場してきたMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)、VRE(バンコマイシン耐性腸球菌)、ESBL産生菌、AmpC型βラクタマーゼ産生菌、そしてMDRAはすべて、抗菌薬に耐性を持たなければそれほど恐れる必要がない菌です。

 

 しかし、今日紹介する「緑膿菌」は、薬剤耐性でない普通の菌であっても、薬が効きにくいという特徴があります。このような、「もともと抗菌薬が効きにくい菌」のことを「自然耐性をもつ菌」と呼びます。口腔内カメラ

 

 自然耐性をもつ普通の緑膿菌というだけでも、我々からすれば舌打ちをしたくなるのに、「多剤耐性」という冠がついたMDRPは、効く薬がほぼないと言っていい耐性菌なのです。

 

 ただし、この緑膿菌もふだん健康な人にはまず害を与えず、病気などで弱っている人においてのみ発症する「日和見感染症」の原因菌となります。耐性菌はみんな日和見感染症でないと困ります。薬の効かない菌が健康な人にも次々と感染症を発症させていたら、人類滅亡の危機ですからね。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40254527/

口周りの筋肉を鍛える「あいうべ体操」とは

口周りの筋肉の機能が低下し、口が開いてしまうケースもある。口唇を閉じる動作と関係があるのは「口輪筋」と呼ばれる筋肉。 口輪筋は口唇の周りを輪状に囲っており、唇をすぼめるときなどに使う。口輪筋の働きが弱いと口唇が開き、自然と口呼吸になる。口呼吸をしている期間が長年にわたると、口輪筋が萎縮して唇が縮み、前歯が見えるようになってしまうとのこと。

 

そのような症状の人には、専門的な「MFT: Myofunctional therapy(口腔筋機能療法)」や手軽にできる「あいうべ体操」がお勧めだと今村医師は話す。超音波スケーラー

 

「MFTは歯科全体に普及している機能訓練法です。口呼吸に対しては口輪筋や口唇、鼻呼吸、舌挙上などの各種トレーニングを行います。患者さんごとの機能的な問題へのアプローチとして、スタッフが歯科医師の指示のもとレッスンプログラムを作成して患者さんに指導。そして患者さんは自宅で訓練や習慣化を行うという行動変容療法です」

 

「ガムをかんで鼻呼吸の癖をつける」「食事時に口を閉じて咀嚼(そしゃく)をする。その際、舌先をいつも上あごの前歯の後ろのスポットに置くようにする」「一日のうちで、意識的に口を閉じて鼻呼吸の練習をする時間を設ける」なども鼻呼吸への矯正に役立つ。口腔内カメラ

 

MFTを行うことでQOLの向上を目指せるとともに、患者自身が健康的な生活が一日でも長く続けられるよう、ライフスタイルを見直すきっかけにもなるという。

 

もう一方の「あいうべ体操」は、福岡県の内科医・今井一彰氏が提唱する口呼吸改善に役立つ簡単な口の体操だ。口周りの筋肉を動かし鍛えることで、口呼吸の矯正を目指す。

 

まず「あー」と口を大きく開き、次に「いー」と口を大きく横に広げる。それから「うー」と口を強く前に突き出し、最後に「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす。

 

この工程を1セットとし、毎日30セットを目安に継続していくと口呼吸の改善が期待できる。こちらは特別な用具も必要なく、今日からすぐにできるメリットもある。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40248574/

東北大学ら、骨粗鬆症治療薬クロドロン酸が慢性疼痛に効く仕組みを解明

東北大学は、岡山大学自然生命科学研究支援センターの加藤百合特任助教、宮地孝明准教授と同大学大学院医歯薬学総合研究科、松本歯科大学、久留米大学、九州大学、東京農業大学、味の素との共同研究グループが、骨粗鬆症治療薬クロドロン酸が分泌小胞内にATPを運ぶ輸送体(VNUT)を阻害することで、神経因性疼痛や炎症性疼痛、さらには慢性炎症を改善できることを突き止めたことを発表した。この成果は7月18日、「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」電子版に掲載された。超音波スケーラー

 

慢性疼痛の罹患者は世界の人口の20~25%であると言われているが、副作用の少ない効果的な鎮痛薬はこれまで開発されていない。骨粗鬆症治療薬のひとつであるビスホスホネート製剤は世界中で利用されているが、骨疾患の罹患者に対して複数の鎮痛効果があることが臨床報告されていた。口腔内カメラ

 

同製剤は第三世代まで開発されており、第一世代は骨粗鬆症治療効果が弱いため副作用も少ない。第二世代、三世代は骨粗鬆症治療効果が強く、副作用が問題になることがあった。東北大学のグループの先行研究結果においても、副作用の少ない第一世代のビスホスホネート製剤に鎮痛効果があることを示していたが、その作用メカニズムは長らく不明であった。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40242546/

認知症研修内容とその到達目標

①基本知識:▽認知症の現状及び病態やその特徴の理解、▽認知症診療・ケアの概要とプロセスの理解

 

②かかりつけ歯科医の役割:▽かかりつけ歯科医の役割の理解、▽認知症の人(疑いを含む)の認知機能障害によって生じる症状の理解、▽症状に配慮した歯科医診療の実施、▽スタッフ教育及び歯科医院全体での患者・家族の支援 超音波スケーラー

 

③連携と制度:▽認知症の人を地域の連携体制で支える仕組みとかかりつけ歯科医の役割の理解、▽介護保険制度のサービスの本人・家族への説明、▽成年後見制度、高齢者虐待防止法等の権利擁護に関する制度の概要説明

 

その他 口腔内カメラ

 

 医療・介護等の有機的な連携の推進に向けて、認知症ケアパス(認知症の容態に応じた適切なサービス提供の流れ)の確立や、医療・介護関係者の「顔の見える関係」を構築し、情報共有を進めるとともに、地域ケア会議(地域包括ケアシステムの構築のために、高齢者個人に対する支援の充実と、それを支える社会基盤の整備とを同時に進め、実現していく手法)における認知症に関わる地域資源の共有・発掘・連携の推進、認知症地域支援推進委の配置等を進めていくことなどが盛り込まれている。

 

 また、認知症に関する正しい知識と理解を持って、地域や職域で認知症の人やその家族を手助けする「認知症サポーター」の養成を進める。具体的には、サポーターが地域でできる活動事例等の紹介や復習を兼ねた学習の取組など、活動につなげるための養成講座の推進を通じて、平成28年度末で累計880万人のサポーターを平成32年度末には1,200万人に拡大を図る。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40224108/

入学定員で抑制できず出口の国家試験で絞る

 国は80年ごろから、過剰時代の到来を認識しており、一転して削減策が検討された。厚生省(当時)の検討会の意見を受け、87年には「入学定員の20%削減目標」が掲げられた。98年には、さらに「10%削減」が求められることになった。しかし、私立大では、国の指導の力が及ばないことに加えて、大学経営という問題に直面することになるため、結果的に追加の10%削減は達成されず、統廃合が起こることもなかった。超音波スケーラー

 

 入学定員で、歯科医師を抑制できないのであれば、“出口”で絞らざるを得なくなる。06年に、厚生労働省の検討会が、25年には歯科医師数が約1万1千人過剰になると推計。新たに養成する歯科医師の数を少なくとも毎年1割程度減らすため、国試の合格基準の引き上げなどの抑制策を提言した。文部科学省は各大学に定員削減を要請する一方、厚労省は国試による抑制策をとり、以後、合格基準は引き上げられ、合格率7割、6割という時代に突入したわけだ。口腔内カメラ

 

 特に私立大では、定員削減が進まないまま、多くの大学が入学志願者減少に見舞われ、定員割れも相次ぐようになった。志願者が減れば、入学者の水準も下げざるを得ず、基礎学力が不足した学生が増え、結果として留年が増えたり、国試合格率が下がったりという、負のスパイラルに陥りつつあるようだ。もちろん、国試合格率の低下には、難度上昇も影響している。


http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40218466/

「歯は宝石」祖母の教え

 50歳になりました。ストレスのたまらない性格なんですが、仕事では緊張して、面と向かって話をするだけで心拍数が上がります。経験を重ねて慣れるのは大切ですが、同時に怖いことだとも思います。緊張感とどう折り合えるかが大事なポイントかと感じます。超音波スケーラー

 

 「伝える」と「伝わる」は、一文字しか違わないのに、全く意味が違います。伝えようと思っても、伝わったかどうかという確証はありません。例えば歯並びが気になったり、口内炎があったりしてうまく話せていない時や、「さしすせそ」の音が一つ違っただけで全然違う言葉になって聞こえたりします。

 

 言葉は、思って口から発して、皆さんの耳に届いて、ああ、なるほどとふに落ちるまで長い旅をします。その間で、誤解されずに届くには、口内環境はとても大事な要素となります。口腔内カメラ

 

 以前、知り合いの方から、味覚を感じなくなったという話を聞いたことがあります。味覚がなくなると唾液が出にくくなるそうです。口腔環境が悪くなり、数キロ痩せたとうかがいました。コミュニケーションをとる上でも、体にとっても、歯、歯ぐき、舌、口の中は大事だと思っています。

 

 祖母や母には「歯は持って生まれた宝石」と小さな時から言われてきました。永久歯は自分しか持っていない、抜け変わらない宝石。母は85歳になるんですが、自分の歯を20本以上保っています。頑張ってほしいと思っています。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40214644/

<<prev | 最新 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 最初 | next>>