最新の歯科ハンドピース用 カートリッジの情報

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:64294
Today:27
Yesterday:57
<<prev | 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
3歳女児はねられ死亡、過失運転容疑で主婦を逮捕 京都

 9日午後4時25分ごろ、京都府福知山市和久市町の歯科医院の駐車場前の市道で、保育園児の藤原美月ちゃん(3)=同市=が、駐車場から出てきた乗用車にひかれ、搬送先の病院で間もなく死亡した。超音波スケーラー

 

 京都府警は、運転していた主婦岡林晶与容疑者(29)=同市=を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕。同致死容疑に切り替えて調べている。口腔内カメラ

 

 福知山署によると、美月ちゃんは家族3人でこの歯科医院を訪れていた。帰宅するために母と兄と駐車場を歩いていた際に転倒し、同院から帰宅しようとしていた岡林容疑者の車にひかれたとみられるという。岡林容疑者は美月ちゃんについて「見えなかった」と供述しているという。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40966627/

前日に「買われた株!」総ザライ ―本日につながる期待株は?―

カルナバイオサイエンス <4572> [JQG]3日ぶり急反騰でストップ高。前週末5日の取引終了後、カナダのシエラ・オンコロジー社(ブリティッシュコロンビア州)に導出したCDC7キナーゼ阻害薬について、日本における特許が成立したと発表しており、これを好材料視した買いが入った。同特許は、既に日本で特許登録されているCDC7キナーゼ阻害薬の特許の関連特許。なお同社では、今後も知的財産戦略上において重要な特許取得に積極的に取り組むとしており、知的財産戦略の強化につながるとの期待が高まっている。超音波スケーラー

 

Ciメディカ <3540>  5,570円 (+705円、+14.5) ストップ高  口腔内カメラ

 

 歯愛メディカル <3540> [JQ]やカチタス <8919> 、要興業 <6566> など直近IPO株が高い。日経平均は堅調に推移しているものの、やや物色の方向感に欠けるなか、値動きの軽い直近IPOで値幅取りを狙う動きが出ている。5日に今年のIPO1号となる世紀 <6234> が来月8日に東証マザーズに新規上場されることが発表されたが、今後、1ヵ月間はIPOは無いことから、幕間つなぎで直近IPOを物色する動きが強まっている。こうしたなか、歯愛メディカルはストップ高と急伸。歯科医院向けカタログ「Ciメディカル」を主力とする歯科向け通信販売の最大手。業績も堅調な伸びが期待されている。カチタスは中古住宅の再生販売事業を展開しており、「空き家」対策関連銘柄として注目されている。要興業は一般・産業廃棄物の収集運搬やリサイクル事業を展開している。また、昨年10月に新規上場した高齢者向け配食サービス事業を展開するシルバーライフ <9262> もストップ高に買われた。



http://athena32.blog.jp/archives/6477504.html

競争相手が少ない市場で、専門家やプロを目指す

日本人は横並び発想が強く、知らぬ間に他人と同じ行動を取ってしまうことが多々ある。大勢の人が選ぶ道は競争相手が多く、レッドオーション(熾烈な市場)になる。逆にブルーオーシャン(競争が少ないのに有望な市場)なのは、ごく一部の人しか選ばない職業や企業だ。こうした領域で活躍している企業は目立たないため、人が集まらないことが多く、入社したら大事にしてくれる。ブルーオーシャンで専門家やプロとして通用する人材を目指せば、企業にいても待遇はよくなるはずだ。超音波スケーラー

 

進化できる職種を選ぶ

 

仕事の内容が誰でもできる作業で、10年前と比較して業務内容に変化がない職種は避けた方が得策だ。キャリアを積めば積むほど、仕事の中味や業務内容を高度化していける職種を選ぼう。口腔内カメラ

 

資格だけでは食えないと知る

 

会社員人生が不透明なら、「士業」でという考えも出てくる。しかし、生き残りにしのぎを削り、熾烈な競争に陥っているのは「有資格者」も例外ではない。例えばコンビニエンスストアよりも数が多く、虫歯治療の技術だけでは生き残れなくなった歯科医、ITに業務が代替されていく税理士、独占業務を持っていない(多くの資格取得者は、法律で独占業務が認められている)中小企業診断士などだ。資格があっても、取引先を見つける営業力を持たない専門家は、生きていけない時代だ。もし資格で勝負したいなら、資格取得と同じ労力をかけて取引先を開拓する営業が必要だ。

 

家業を見直す

 

実家や配偶者の親が家業を持っているなら、家業を継ぐことも選択肢に入れる。家業の経営が芳しくないのは、旧態依然とした経営方法に起因することが多い。ニッチ(極めて限定された市場やビジネス)な領域では競合企業が少なく、独自性を発揮できる家業もあるはずだ。自身が経営者になれば、AIITを活用して人件費を減らし、収益性を高めることも可能だ。家業を見て、改善する余地が具体的に脳裏に浮かぶようなら、家業に取り組む価値があるかもしれない。



産婦人科・産科医と小児科医、都道府県別の「密度」を探る

少子化や医療環境整備の問題で特に注目される産婦人科や小児科。それらの診療科の医師の過不足度合いを、医師の対該当属性の人口比の観点で、厚生労働省の「医師・歯科医師・薬剤師調査」の最新版の公開値から確認していく。超音波スケーラー

 

次に示すのは、産婦人科・産科および小児科について、その資格を有する主たる医師数(その診療科のみの医師と、複数の診療科に従事しているが主には対象となる診療科に従事している)を、それぞれの都道府県別で、産婦人科・産科は「1549歳女性人口10万人比」・小児科は「15歳未満人口10万人比」で算出したのが次のグラフ。口腔内カメラ

 

例えば産婦人科・産科では東京都は51.5人。これは産婦人科・産科を利用する可能性が高い1549歳女性10万人あたり、該当医師は51.5人いることになる。逆算すれば該当人口約1942人あたり産婦人科・産科の医師が1人。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40945078/

台湾最高裁、歯科医師に母親への「養育費」返金命令

13AFP】台湾の最高裁は2日、養育費の返金を求める実母から訴えられていた歯科医師(41)に対し、約2233万台湾ドル(約8485万円)を支払うよう命じた。この歯科医は20年前に養育費を返金するという契約を母親と交わしていた。超音波スケーラー

 

 歯科医師の母親は1990年に離婚し、1人で息子2人を育てた。老後の世話を頼める人物がいないことを心配した母親は、両方の息子が20歳に達した後に、それぞれの収入の手取りの60%を母親へ支払うことを定めた契約を息子たちと交わした。最高裁は同日、歯科医師は契約を順守しなければならないと判断した。口腔内カメラ

 

 現地報道によると、母親は息子たちが女性と交際を始めてから自分を無視していると主張し、交際相手の女性たちからは弁護士を通じ「息子をわずらわせるな」という手紙まで届いたと訴えた。母親は息子たちが契約を守ることを拒否した8年前、訴訟を起こした。長男は母親との和解のためにこれまでに500万台湾ドル(約1900万円)を支払っている。

 

 しかし次男は、子育ては金銭的に評価されるべきではなく、契約は「良き慣習」を冒とくするものだと主張し、母親と法廷で争うこととなった。下級審で次男側が勝訴したことを受けて母親は控訴し、裁判は最高裁まで争われた。

 

 最高裁は、契約時に次男は成人していたため契約は有効で、さらに歯科医師であることから母親への返済能力はあると認めた。

 

 台湾では近年、高齢者を見捨てたり虐待したりする事例が増えており、年老いた親の面倒をみない成人に刑罰を科す法律の制定が叫ばれているが、今のところ法案は可決していない。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40935438/

「湯たんぽ療法」で原因不明の痛みや自律神経失調症を改善

「『気のせい』や『心の問題』の痛みなんて存在しませんよ」――。超音波スケーラー

 

 そう断言するのは、青山・まだらめクリニック院長の班目健夫医師だ。この言葉で、気持ちが救われた患者さんも多いのではないだろうか。口腔内カメラ

 

「痛みについて医師は知識が足りないし、検査も不十分」

 

 痛みというものは、実に厄介だ。見た目だけでは、痛みの有無がほかの人にはわからない。だから周囲に理解してもらいにくい。痛みで絶えず緊張してイライラし、疲れているのに夜になっても眠れない。病院に行っても、検査で原因が特定できないことが多い。

 

 筆者も過去に激しい痛みで受診して、「あれっ? おかしいな~、痛いはずはないのに?」と医師が漏らした言葉で、憤りを覚えた経験がある。班目医師は「痛みについて医師は知識が足りないし、検査も不十分」と指摘する。

 

 すべての痛みには原因があり、自分で取り組める改善法がある。「大事なのは『体を温める習慣』です」と班目医師。つらい痛みを消すために、どのように体を温めたらいいのか、班目医師に具体的に聞いていこう。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40905460/

EBMにおける「科学的根拠」以外の要素 「患者の意向・行動(価値観)」

 いきなり「あなたの価値観はなんですか?」と聞かれても、戸惑ってしまう人が多いかもしれません。もう少し具体的な表現で質問すると、次のようになると思います。超音波スケーラー

 

・今、大切にしていることはなんですか?口腔内カメラ

・今、一番解決したい問題はなんですか?

・将来の希望や願いはなんですか?

・生きる意味や目標はなんですか?

・好きなものはなんですか?(嫌いなものはなんですか?)

 

 この質問だったら、答えることができる人は多いのではないでしょうか。例えば、治療方針を決定する際に、「非常に高い効果があるが、副作用も強い治療法」と「まずまずの効果があり副作用は出にくい治療法」があった場合、治療効果を優先するのか、副作用を優先するのかは個人個人によって異なってくることがあるかもしれません。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40901535/

病院は決して安全な場所ではない

長寿国・日本の現実は「寝たきり大国」だ。ほかの国に比べて「ピンピンコロリ」は少なく、「ネンネンコロリ」が際立って多い。なぜなのか。そして、「ピンピンコロリ」を実現するための5つの習慣とは——。超音波スケーラー

 

日本は世界でも指折りの長寿国として知られています。しかし、その実態は、最期まで元気に活動して天寿をまっとうするピンピンコロリ(PPK)は少なく、男性は平均9年、女性は同12年も介護された末に死んでいくという、ネンネンコロリ(NNK)が他国に比べて際立って多い「不健康長寿国」なのです。口腔内カメラ

 

■病院は決して安全な場所ではない

 

なぜでしょうか。最大の理由は、病院などの病床数の多さにあります。日本では人口当たりの病床数がアメリカの4倍以上あり、患者の入院期間も3倍近く長いのです。

 

病床数が多ければ、いざというときすぐに入院できるので安心だと日本人は考えがちですが、後期高齢者の場合、病院のベッドで点滴の針を刺したままトイレにも行かず過ごしたら、間違いなく寝たきりになるでしょう。ベッドがたくさんあってすぐに入院できる一見理想的な環境が、逆に寝たきりの高齢者を増やしている。これが日本の現実です。

VRが医療にもたらすもの--Health 2.0デモセッション

12月5~6日に行われたHealth 2.0 ASIA - Japan。その中で「VRはもはや現実である」と題し、VR技術の医療活用に取り組む各社によるデモセッションが行われた。モデレーターはVR/AR/MR関連ニュースメディア「Mogura VR」の編集長でMogura代表取締役社長の久保田瞬氏。パネリストはVR関連スタートアップの支援や海外VR/AR市場への投資も行う、gumi代表取締役社長の國光宏尚氏が務めた。 スリーウェイシリンジ

 まずはVR/AR×医療で事業を行う4社が、各社のプロダクトをデモで紹介。最初に登壇したのは、Holoeyes取締役COOの杉本真樹氏だ。Holoeyesは2016年創業。CTスキャン等の画像データから臓器や病例を3次元化して表示するVR/AR/MRソリューションを設計している。 led光照射器

 デモでは、杉本氏がMRゴーグルのHoloLensを装着し、CTやMRIなどのデータを使った体内画像を3D空間に表示する様子を紹介した。杉本氏は「われわれは現実とバーチャルを融合することで医療画像を活用する方法を模索し、患者のデータから臓器の形状を抽出して、ディープラーニングで空中に表示するウェブサービスを作っている」と説明。「HoloLensでは現実とバーチャルを重ね合わせられる。3D空間上の画像を手術する患者のお腹の上に表示して、プロジェクションマッピングを3Dでやることも可能。これでがんを取ったり臓器の障害を防いだり、また教育や医療機器開発につなげられるようなビジネスを行っている」(杉本氏)



https://uraelo.tian.yam.com/posts/212304828
40円ルール見直しを了承―中医協総会

中医協総会が12月13日、厚労省内で開催され、歯科の診療報酬点表に規定される「特定薬剤」と第10部「麻酔の薬剤料」の算定方法について、現在は40円と定めている控除額を一般的な薬剤料と同額の15円に引き下げる方向での見直しを了承した。歯科レントゲン

 このいわゆる「40円ルール」と呼ばれる歯科特有のルールは、現行では、1回の処置または手術に使用した薬価が40円を超える場合に「薬価から40円を控除した額を10円で除して得た点数につき1点未満の端数を切り上げて得た数」となっている。さらに、薬価が40円以下である場合は算定できない。麻酔の薬剤料についても同様。 家庭用・歯科用超音波スケーラー

 厚労省は控除額について、昭和47年に事務手続きの簡略化などの観点で、当時の10円から40円へ引き上げたことを説明。また、今回の見直しに当たっては、歯周病の治療時に用いる歯科用抗生物質製剤が特定薬剤の算定の約7割を占めており、47年当時は使用されていなかったもので状況が異なっていることなどを理由に挙げた。現在「特定薬剤」の中で最も算定回数が多いのは、「ペリオフィール歯科用軟膏2%」で43.5%。次いで「ペリオクリン歯科用軟膏」の22.2%となっている。


http://teeths.prtls.jp/entry.html?did=d3ca3b36177e1c12c

<<prev | 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>