最新の歯科ハンドピース用 カートリッジの情報

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:40019
Today:38
Yesterday:299
<<prev | 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
痛みの少ないオリジナルの婦人科器具

 女性の痛みや負担を軽減したい――そんな思いから、独自に器具を開発した医師もいる。川崎市立川崎病院婦人科の林保良専任部長だ。子宮筋腫の子宮鏡下手術の名医として知られる。超音波スケーラー

 

 子宮鏡とは子宮に入れる内視鏡で、言わば“胃カメラの子宮版”。筋腫やポリープの発見に有効だ。林医師は子宮鏡検査で苦しむ数多(あまた)の女性を目の当たりにしたことから、1984年、痛みの少ない子宮鏡を開発した。口腔内カメラ

 

「当初は挿入部の直径が3・7ミリでしたが、現在は3・1ミリまで細くし、より痛みを感じにくくしています。さらに最近は、子宮鏡の先端に独自に輪っか状の金属をつけ、検査中に小さなポリープなどは切除できるよう改良しました」(林医師)



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40340120/

抜歯の診断時、歯科医が頭の中で考えていること

実際の診療では使用しませんが、例として項目を数値化しながら、医師が抜歯を薦める場合の考え方をご説明しましょう。超音波スケーラー

 

口の中にとってデメリットかメリットかを「-5」から「+5」までの数値で判断した場合、中程度の腫れや炎症で患者さんが困っている症状は「-2」と仮定します。デメリットがややある状態なので、何らかの方法で治療しなくてはなりません。抜歯すると炎症は早く改善しそうですが、それは正しい治療法でしょうか?口腔内カメラ

 

そこで次に、炎症が起きている歯を残すかどうかを考えます。歯を残すことでちゃんと食べ物が噛めて、よい噛み合わせが維持できるのであれば、口にとってはとてもよいことなので「+4」。もし噛み合わせる相手の歯がないなど、抜歯をしてもしなくても総合的な影響があまりなさそうな場合は「0」と考えます。

 

これらの数値から、腫れが多少あっても、その部分の歯を守ることで得られるメリットは-2+4=「+2」。噛み合わせを含めて大事な口内環境を守れるので、抜歯をしない方がメリットが高いと判断します。

 

しかし、抜歯をしても現在の状態よりも悪化する心配があまりなさそうな場合は、-2+0=「-2」。この場合は「-2」の症状である炎症ケアのために、抜歯も視野に入れて判断するかもしれません。

 

もちろん、実際の判断基準は上記で並べた通り、非常に多いです。日常の臨床では、何をどのポイントで計算したかをひとつひとつ解説することはありませんが、各歯科医は診察時にこれらの項目を総合的に頭の中で判断して合計点を弾き出し、マイナスポイント側に振れる場合は、「抜歯をした方がよい」という判断をしているのです。

 

治療を行う立場から考えると、歯を残すデメリットが大きいと判断できなければ、抜歯は行いません。歯科医で意見が分かれるのは、上記の例で言うならば合計点が-2から-3あたりの歯が多いのだと思います。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40335826/

人が必要とする栄養素は33種類

 からだを自動車に例えると、筋肉や髪の毛、爪などをつくる「たんぱく質」は車体に、エネルギー源となる「糖質」や「脂質」はガソリンに当たります。そして、からだの機能の調整役である「ビタミン」「ミネラル」はさしずめエンジンオイル。私たちのからだはこの全てがそろってはじめて調子よく活動できるのです。超音波スケーラー

 

 とは言え、専門家ならいざ知らず、ご家庭では必要な栄養素をとるために、一つひとつの食材の栄養成分を調べながら献立を考えるのは現実的ではありません。「それでは、どうすればよいの?」と思った方はご安心ください。毎食できるだけ、3つのお皿「主食」「主菜」「副菜」をそろえればよいのです。口腔内カメラ

 

 厚生労働省が策定している「日本人の食事摂取基準」によれば、人が必要とする栄養素は33種類。これらを過不足なくとれば、栄養のバランスが取れているということになります。しかし、33種類もの栄養素すべてを覚えるのは大変ですよね。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40327033/

脂肪や親知らずが治療薬に? 進む体性幹細胞の再生治療

科学の扉

 

 自分の体の中に存在し、骨や神経など特定の組織を再生する能力を持つ体性幹細胞(組織幹細胞)を利用した臨床研究が、iPS細胞やES細胞に先行している。従来の治療をどのように変えていくのだろうか。超音波スケーラー

 

体内に存在、iPS・ES細胞研究に先行

 

 幹細胞は、体を構成する様々な細胞に変化する分化能と、自分と同じ細胞に分裂できる自己複製能を併せ持つ。中でも、受精卵の中にある細胞を取り出して作るES細胞や、皮膚など体の細胞に遺伝子を導入して作るiPS細胞は、体の中のどんな細胞でも作り出せ、多能性幹細胞と呼ばれる。口腔内カメラ

 

 一方、幹細胞のうち、体の中に元々存在し、決まった組織や臓器の中で働くのが体性幹細胞だ。傷ついて古くなった細胞を入れ替えたり、病気やけがで失われた細胞を新しく補ったりする役割を担う。体性幹細胞には、赤血球や白血球などの血液をつくる造血幹細胞、神経系をつくる神経幹細胞、骨や軟骨、脂肪などへの分化能がある間葉系幹細胞などがある。

 

 幹細胞の機能を使った再生医療では、安全性の評価などに課題があるiPS細胞やES細胞に比べ、体性幹細胞の研究が実用化に近づいている。

 

 札幌医大の研究グループは2014年、脊髄(せきずい)を損傷した患者に、自分の骨髄液から分離した間葉系幹細胞を静脈内に投与して神経を再生させる臨床試験(治験)を開始。神経や血管系に分化する能力を持つ間葉系幹細胞は骨髄細胞の中に0・1%程度含まれる。これを1万倍に増やし細胞製剤にして点滴すると、患者の体内で傷ついた神経に細胞が集まり、その働きを取り戻すことが期待されている。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40301433/

県歯科医師会は7月25日に審査を終え、入賞作などを発表した

  市教委の担当者は今月14日、締め切り日を再確認していて、未提出に気付いた。担当者は「夏休み明けに締め切り日を設定するコンクールが多く、混同してしまった」と説明しているという。超音波スケーラー

 

 市教委は、作品を描いた児童と保護者、小学校3校、県歯科医師会などに謝罪した。急きょ、市独自の市長賞と教育長賞、高山市の歯科医師会会長賞、入選の創設を決め、今月18日に審査した。同28日の2学期の始業式で、入賞・入選者11人に賞状を贈呈する。さらに、「迷惑をかけたため」として、応募した児童68人全員に参加賞の蛍光ペン1本を贈る。口腔内カメラ

 

 同市の中野谷康司教育長は「誠に申し訳ない。児童、生徒、保護者をはじめ、市民からの信頼を損なうことがないよう、全力で取り組む」とのコメントを出した。県歯科医師会は「残念なことになり、せっかく描いてくれた子どもたちに申し訳ない」と話した。【中村宰和】



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40295953/

「歯みがき」アプリ概要 

以下の4つのモードをその日の気分で選ぶことができます。『G・U・M PLAY』と接続し、ハブラシの動きをデータで取得することで、歯のみがき方を『ロボホン』がリアルタイムでアドバイスしてくれます。超音波スケーラー

 

1.レクチャーモード…

 『ロボホン』と一緒に、楽しみながら正しい歯みがきを身につけることができます。『ロボホン』がハブラシの持ち方、ハブラシの動かし方や、みがき残しのないようにみがく箇所のガイドなどをしてくれます。口腔内カメラ

 

2.ゲームモード…

 『ロボホン』と協力して、お口の中のバイキンを退治!飽きずに歯みがきを続けられます。

 

3.演奏モード…

 ハブラシの動きに合わせて、『ロボホン』が楽器を演奏します。上手に歯みがきができると、『ロボホン』も上手に曲を演奏できます(※1)。

 

4.音楽モード…

 『ロボホン』がDJになって曲を選択!好きな曲を聴きながら、歯みがきができます(※2)。

 

※1 「演奏モード」は、『G・U・M PLAY』接続時にのみご利用になれます。

※2 「音楽モード」は9月以降のアプリアップデートにて対応予定です。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40291962/

むし歯や口臭の原因

 口腔(こうくう)乾燥症(ドライマウス)とは、唾液の分泌が低下して口が乾いた状態、もしくは唾液分泌の低下だけではなく、口が乾いていると自覚する症状のすべてを指します。超音波スケーラー

 

 軽度では主に口の中のネバネバ感、ヒリヒリする、むし歯、歯垢(しこう)の増加、口臭も強くなります。重度になると、唾液分泌量の低下による口腔内の乾きが進行し、強い口臭、舌表面のひび割れ、痛みによる摂食障害、会話しづらいなどの障害も現れます。場合によっては不眠をきたすこともあります。

 

 平均的な唾液の分泌量は、1日当たり約1~1.5リットルで、口の中の唾液腺から湧き出し、口の中の食べかすを消化器官へと洗い流します。また、唾液には抗菌作用があり、口の雑菌の繁殖を防いでいます。口腔内カメラ

 

 そのため唾液が不足して口が乾くと、むし歯や歯周病にかかりやすくなり、口臭の原因にもなってしまうのです。

 

 さらに加齢に伴い、唾液の分泌量が低下することで、口が乾燥することがあります。ストレスによっても唾液が出にくくなることがありますが、その場合はストレスがなくなれば症状も回復します。急激に唾液が出なくなり、痛みがある場合は唾液腺などの疾患が考えられます。

 

 口の乾燥がひどくて、我慢できない場合には、専門医にご相談ください。年齢が高齢化するにつれて、唾液の分泌量が低下することにより、口の乾燥がひどくなることもあります。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40287871/

歯茎が悪いと、がんになるリスクが高まるという研究の紹介です

「なーんだ、私は関係ないし」と思った方が8割だと思います。しかし、そう思った方の中の8割が歯周病です。「私は歯周病ではない」と思っている方も、実はほとんどが歯周病です。「そんないいがかりをつけてくれるな!」と思われるかもしれませんが、いいがかりではなくて、びっくりするくらい事実です。厚生労働省が歯科疾患実態調査を行っていてデータをウェブサイトで公表しています。最新のものが平成23年と古いのですが、30代の8割、そして40代では9割近くがなんらかの形で歯周病があるという結果だったのです。上記のデータに基づいて見やすいグラフもライオンのウェブサイトにありました。超音波スケーラー

 

かくいう僕も、歯周病ではないと思っていましたが、10年ほど前にシアトルで歯科にかかった時に「歯茎が少し腫れている」と言われました。僕は歯磨きは怠らないし、普段食事をしても歯磨きをしても歯茎から出血することもなかったので、全く自覚がありませんでした。しかし、歯槽膿漏とまではいかなくとも、明らかに炎症があり、れっきとした歯周病だったのです。気付かぬうちにそうなっていたことに僕はびっくりしました。口腔内カメラ  そう、歯周病は自分では気づきにくく、歯科医に診てもらって初めてわかることが多いのです。しかも、日本人は歯周病があまりに多いので、歯科医が特に何も言わないこともあります。デンタルケアに関してはアメリカの方が日本よりも明らかに積極的で、日本では指摘されなかったことをアメリカに来て歯科医に色々されたものです。とにもかくにも、自分が歯周病だったと知って以来、デンタルケアに関してはかなり神経を使うようになり、ここ10年ほどは一切歯周病もなく過ごしています。


http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40264900/

「フッ素入り歯磨き剤」で強い歯に

また、子どもの虫歯予防には歯磨き剤の働きも重要とのこと。中でも"フッ素"は歯を強くする働きがあるため、「乳幼児の歯磨きにもフッ素入りの歯磨き剤を併用してほしい」と倉治先生。なお、生後6ヶ月から2歳ころまでは、「切った爪くらいの少量」を歯ブラシにつければ十分だそうだ。根管長測定器

 

●歯磨き後のごほうびにも「キシリトール」を活用

歯ブラシや歯磨き剤以外にもチェックしたいアイテムが"キシリトール"だ。キシリトールは天然素材の甘味料の1つで、口腔内で酸を作らない特徴がある。根管治療機器

 

「自然素材から生成されていて子どもにも安心なキシリトールが含まれる歯磨き剤やタブレットは、家庭における口腔ケアに積極的に取り入れてほしいですね」(倉治先生)



http://adental.over-blog.com/2017/08/-22.html

自然耐性もつ緑膿菌 多剤耐性でより手強いMDRPに

 前回お話しした「多剤耐性アシネトバクター(MDRA)」以外にも、厄介な耐性菌があります。今回は、その一つである「多剤耐性緑膿(りょくのう)菌(MDRP)」を紹介します。超音波スケーラー

 

 これまで何度も登場してきたMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)、VRE(バンコマイシン耐性腸球菌)、ESBL産生菌、AmpC型βラクタマーゼ産生菌、そしてMDRAはすべて、抗菌薬に耐性を持たなければそれほど恐れる必要がない菌です。

 

 しかし、今日紹介する「緑膿菌」は、薬剤耐性でない普通の菌であっても、薬が効きにくいという特徴があります。このような、「もともと抗菌薬が効きにくい菌」のことを「自然耐性をもつ菌」と呼びます。口腔内カメラ

 

 自然耐性をもつ普通の緑膿菌というだけでも、我々からすれば舌打ちをしたくなるのに、「多剤耐性」という冠がついたMDRPは、効く薬がほぼないと言っていい耐性菌なのです。

 

 ただし、この緑膿菌もふだん健康な人にはまず害を与えず、病気などで弱っている人においてのみ発症する「日和見感染症」の原因菌となります。耐性菌はみんな日和見感染症でないと困ります。薬の効かない菌が健康な人にも次々と感染症を発症させていたら、人類滅亡の危機ですからね。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40254527/

<<prev | 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>