最新の歯科ハンドピース用 カートリッジの情報

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:49961
Today:2
Yesterday:59
痛みの少ないオリジナルの婦人科器具

 女性の痛みや負担を軽減したい――そんな思いから、独自に器具を開発した医師もいる。川崎市立川崎病院婦人科の林保良専任部長だ。子宮筋腫の子宮鏡下手術の名医として知られる。超音波スケーラー

 

 子宮鏡とは子宮に入れる内視鏡で、言わば“胃カメラの子宮版”。筋腫やポリープの発見に有効だ。林医師は子宮鏡検査で苦しむ数多(あまた)の女性を目の当たりにしたことから、1984年、痛みの少ない子宮鏡を開発した。口腔内カメラ

 

「当初は挿入部の直径が3・7ミリでしたが、現在は3・1ミリまで細くし、より痛みを感じにくくしています。さらに最近は、子宮鏡の先端に独自に輪っか状の金属をつけ、検査中に小さなポリープなどは切除できるよう改良しました」(林医師)



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40340120/

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=71720