最新の歯科ハンドピース用 カートリッジの情報

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:45607
Today:104
Yesterday:433
「虫歯の放置」が引き起こす意外な重病の恐怖

「虫歯になっているけど、治療に行く時間がなかなかない」

そんな事情から虫歯を放置したままの人もいるかもしれませんが、虫歯を放置しておくとロクなことはありません。筆者は歯科医師としての知見や経験を基に、歯や口周りの情報を「ムシバラボ」というサイトで発信していますが、その中で紹介していることのひとつが「顎骨炎」という病気です。

顎骨炎という言葉はあまり聞きなれないと思いますが、文字どおりあごの骨の炎症のことで、非常に重症化したり、ときに命にかかわったりする場合もありますボトル付きスケーラー 。そしてこの病気は虫歯の悪化が原因で発症することもあり、決して誰にとっても他人事とはいえない病気です。顎骨炎とはどのようなものなのか、顎骨炎にならないためにはどうしたらよいのでしょうか。
Toboom®HP非貴金属材研磨用ポイントセット-HP0505E  

顎骨炎とは

顎骨炎は炎症が起こる場所や広がり方などに応じて「顎骨骨髄炎」「顎骨骨膜炎」「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」というような病名がつけられます。骨は皮膚や粘膜、筋肉などで覆われているため、普通は炎症を起こしにくい部分なのですが、あごの骨に関しては別で、顎骨炎を起こすことはそれほど珍しくありません。歯科研磨機 それはなぜかというと、歯が直接骨に埋まっているため、歯からの感染が骨に波及しやすいからです。

このように、顎骨に細菌感染を起こす経路は主に歯からで、口の中の細菌により虫歯から歯髄炎が起こって顎骨に感染が広がるケースをはじめ、歯周病の炎症や親知らずの周囲の炎症、抜歯後の細菌感染が顎骨に広がるケースも見られます。

顎骨炎(骨髄炎)の症状とは

1.強い痛み・腫れ

歯が原因で起こっている場合、原因歯の痛みやかんだ時の痛みに加えて、周囲の歯にも痛みが出てきます歯科用切削研磨セット 。また、歯茎の粘膜や周囲の皮膚が熱を持ち、赤くなって腫れ上がることでさらに痛みが強くなります。ただし、骨髄炎のように内部に炎症の中心がある場合には、赤みや腫れがはっきりと出ないこともあります。

2.顎下リンパ節の腫れ

あごの下のリンパ節が腫れてきます。

3.歯の動揺

原因となる歯はもちろんのこと、その周囲の歯にも動揺が起こってくることがあります。

4.つばを飲み込むと痛い

奥歯が炎症の原因となっている場合、つばを飲み込むだけで痛みを感じることがあります。

5.口があまり開かなくなる

奥歯が原因の場合、口があまり開かなくなってくることがあります。

6.熱・倦怠感・食欲不振

全身的にも症状が現れ、高熱や倦怠感、食欲不振が現れてきます。

7.下唇の感覚のマヒ

あごの骨の内部に炎症がある骨髄炎では、下唇の感覚がマヒすることもあります。

顎骨炎は悪化すると重症化し、上あごの場合は目や脳へ、下あごの場合は舌下や扁桃、首、前胸部にまで炎症が波及することがあります。また、この状態に気づかず放置していると、炎症を起こしている細菌が血液中に入り込んで増殖し、全身に感染が広がってしまう「敗血症(はいけつしょう)」を起こして、命にかかわる状態になることもあります。特に糖尿病などで免疫力が低下している人においては、このような状況が起こりやすくなるため、注意が必要です。

関連記事

医療・介護連携に関する意見交換

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=64794