最新の歯科ハンドピース用 カートリッジの情報

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:123702
Today:43
Yesterday:39
| 1 | 2 | 最初 | next>>
諦めずに利用を訪問歯科診療

 高齢になり一人で歯科医院に通院ができない人のため、(一社)大和歯科医師会では、自宅や施設で治療が受けられる訪問歯科診療を行っている。ホワイトニング機器

 

 希望者は、歯科医師会の在宅歯科医療地域連携室に相談を。希望に沿った歯科医を選定後、在宅での診療が開始される。事前に治療方針などを説明してくれ、治療後には、良い状態を維持するためのアフターケアやメンテナンスのための定期訪問なども行ってくれる。歯科根管治療用

 

■問合せ/(一社)大和歯科医師会在宅歯科医療地域連携室【電話】046・263・0686(平日9時〜17時)【FAX】046・263・9600



http://athena32.blog.jp/archives/10263285.html

「アパデント」「アパガード」、ついにEUでの販売開始!

 株式会社サンギ

ドイツに現地法人設立、2018年6月より上市  ホワイトニング機器

 

 高機能歯みがき剤「アパデント」「アパガード」の開発・発売元の株式会社サンギは、ドイツに現地法人SANGI Europe GmbH(代表:ロズリン・ヘイマン)を201812月に設立。薬事などの準備を進め、2018年6月よりチェコ・ポーランド・スロヴァキア・ハンガリーを中心としたEUでの販売を開始します。歯科根管治療用

 

 株式会社サンギは、1974年に佐久間周治(現・代表取締役会長)により商社として設立。扱っていたNASAの特許技術(無重力の環境下で宇宙飛行士の歯がもろくなる対策として、歯や骨を構成する成分を充てん剤として利用するというもの)からヒントを得て、リン酸カルシウムの一種で歯や骨の主成分である「ハイドロキシアパタイト」を歯みがき剤に配合する研究に着手。1980年に世界初のエナメル質修復型歯みがき剤として「アパデント」を、1985年には美白高機能歯みがき剤のパイオニアである「アパガード」を発売しました。ハイドロキシアパタイトの中でもサンギが研究・開発した成分は、1993年に旧厚生省よりむし歯予防の薬用効果が認められ「薬用ハイドロキシアパタイト」となり、現在ではサンギが発売する歯みがき剤全商品に配合されています。



http://athena32.blog.jp/archives/10239848.html

Camp Courage for Survivors 2018(キャンプカレッジ2018)

認定NPO法人シャイン・オン・キッズ(理事長キンバリー・フォーサイス  http://sokids.org/ja/ )は、この夏、昨年に続き「Camp Courage for Survivors 2018―小児がんを経験した仲間や先輩とつながろう!―」(全4回)を開催いたします。本プロジェクトは、中・高生以上を中心とする小児がん経験者(サバイバー)が集い、将来につながる様々なワークショップを共に行いながら、親交を深めるきっかけとするものです。ホワイトニング機器

 

1回目 にあたる71日は「ファシリティドッグの日」のため、静岡県立こども病院で活動中のファシリティドッグのヨギも参加予定です。歯科根管治療用

 

※本事業は今年も慶應義塾大学小児外科、バンクオブアメリカ・メリルリンチからのご支援により開催されます。

 

プロジェクト名: Camp Courage for Survivors 2018(キャンプ・カレッジ 2018※)

開催日時:7月1日(日)、 825日(土)、 9月1日(土)、2日(日)(全4回)

開催場所 : 慶應義塾大学病院 臨床研究棟1Fラウンジ他( 各回詳細については後述)

対象:小児がん経験者のうち、中・高校生を中心に各回30名程度

主催:認定NPO法人シャイン・オン・キッズ 慶應義塾大学小児外科

協賛:バンクオブアメリカ・メリルリンチ 2018年助成事業

※カレッジ は英語で”勇気”。このキャンプを通じてサバイバーの皆さんが共に勇気を持って世界に羽ばたくきっかけになれば、という意味が込められています。




http://athena32.blog.jp/archives/10204476.html

梅毒--感染経路

 主な感染経路は、感染部位と粘膜や皮膚の直接の接触です。具体的には、性器と性器、性器と肛門(アナルセックス)、性器と口の接触(オーラルセックス)等が原因となります。ホワイトニング機器

 

検査方法

 梅毒に感染したかどうかは医師による診察と、血液検査(抗体検査)で判断します。どの医療機関でも検査は可能です。第Ⅰ期の最初の数週間は抗体検査をしても陽性反応が出ないことがあるため、感染してから十分な期間(3週間)をおいて、検査結果を確認する必要があります。歯科根管治療用

 

 地域によっては保健所で匿名/無料で検査をできるところもあります。検査結果を正確に判断するために、感染の可能性がある時期や感染の予防状況(コンドーム使用等)について、医師に伝えましょう。 梅毒に感染していたとわかった場合は、周囲で感染の可能性がある方(パートナー等)と一緒に検査を行い、必要に応じて、一緒に治療を行うことが重要です。 



http://athena32.blog.jp/archives/10140718.html

昔の歯科治療の恐怖 日本人の口内に潜む“時限爆弾”

 銀歯にインプラント、部分入れ歯やブリッジ……中高年では、口の中に“治療”した歯が1本もない人のほうが珍しいだろう。ただ、“治療”したはずの歯が、さらに大きな問題の原因となることが少なくない。口腔内の問題は、放置すると全身疾患につながっていくこともある。『やってはいけない歯科治療』著者で、“歯科業界に最も嫌われるジャーナリスト”の異名を取る岩澤倫彦氏が患者に知らされてこなかった重大リスクをレポートする。ホワイトニング機器

 

 昭和生まれの中高年世代にとって、虫歯治療といえば「銀歯」。だが、過去に入れた「銀歯」の多くが手抜き治療だったため、いまになって虫歯の再発や歯周病が次々と起きている。治療現場で、筆者はその現実を目の当たりにした──。歯科根管治療用

 

 50代の患者の奥歯を見て、元歯科大学講師の歯科医は苦々しい表情を浮かべた。歯に冠された銀歯が、まるでキノコの傘のような形状になっていたからだ。こんな治療ではプラーク(細菌の塊)が溜まって、虫歯や歯周病になりやすい。



http://athena32.blog.jp/archives/10120785.html

ぶつかって前歯が抜けた!どうしよう…そんなときは牛乳を用意して

顔面を打ち付けて、前歯が根元から抜けてしまった。そんなときの意外と知られていない対処法が、Twitter上で話題を呼んでいる。ホワイトニング機器

 

歯科医の男性が69日、部活中に顔を打ち付け、前歯が抜けてしまった患者さんの診察に当たった際の状況をツイート。

 

来院した患者さんは、抜けた前歯をきれいに洗ってしまっていたといい「抜けた歯は洗っちゃダメ、そのまま牛乳につけて持ってきて」と呼び掛けた。歯科根管治療用

 

牛乳につけて歯医者さんに持っていけば、再び歯をくっつけられる可能性がある、というこの投稿は613日現在、66000リツイートを超える反響を呼んでいる。

 

「知らなかった」「牛乳?!」という驚きのコメントが続くなか、「なぜ牛乳?」「ヨーグルトじゃダメ?」といった疑問の声や、ほかの投稿者から「牛乳がなければ口の中に入れててもいい」「30分以内がリミット」などのアドバイスが入った。

 

対処法、日本歯科医師会に聞いてみた

筆者も事故で201712月に、前歯など3本を失った身。意識がなかったので治療中の記憶もないが、起きたときにはカピカピになった前歯を渡され、「もう戻らないのか...」と、人生のどん底のような悲しい気持ちになった。

 

ボールに当たってしまったり、転んで顔を打ってしまったり、まさかの場面は結構ある。

 

突然の事故で前歯が折れてしまったら、周囲や自分は、どう対処すればいいのか。日本歯科医師会の学術課に聞いた。



http://athena32.blog.jp/archives/10074661.html

医科・歯科連携推進の方向性と課題

日本歯科医師会副会長 柳川忠廣

 

自民党の一億総活躍推進本部(浜田靖一本部長)は5月下旬、「一億総活躍社会の構築に向けた提言案」を取りまとめた。同本部に設置した6つのプロジェクトチーム(PT)で議論を重ねてきた。このうち「地域共生社会の確立PT」(三ツ林裕巳座長)では、高齢者が地域で孤立することなく、尊厳とそれぞれの役割を持ちながら安心した生活を送ることができる社会の実現に向けた体制の整備について検討がなされ、提言案に「医科・歯科連携の推進」が大きく取り上げられた。ホワイトニング機器

 

その内容は、「医師と歯科医師のより進んだ連携の必要性」「在宅歯科医療の推進および歯科医療機関の役割の明示」「医科歯科の相互理解のための教育および医療介護総合確保基金などを活用した人材育成」「厚労省の歯科口腔保健推進室の昇格に伴う事業展開の充実」などで、方向性は日歯と同じである。まずは▽医科歯科連携の幅を科学的根拠のベースに広げていくこと▽一定の病床数を持つ病院への歯科医師の配置促進▽地域包括ケア単位での実情に見合った歯科の目標設定▽医師・歯科医師の養成課程における互いの分野に関する教育の充実▽歯科口腔保健推進室の歯科技官の増強および全国で設置が進んでいる口腔保健支援センターのネットワーク化―などが、取り組むべき課題と考える。歯科根管治療用



http://athena32.blog.jp/archives/10046129.html

防災・減災と国土強靭化の推進に関連して

 大規模災害時における、避難所での口腔健康管理等歯科保健活動が震災関連死の防止に重要であることは明らかであり、災害派遣医療チーム等での歯科としての役割を果たしていきたい。また身元確認についても、日本歯科医師会として歯科情報の標準化等様々な取り組みを更に推進していく。そのためには、災害の規模や状況に拘らず、全国どこでも迅速かつ的確な歯科保健活動及び身元確認作業を実施するための基盤整備として、国と地方自治体の連携による共通教材を用いての人材育成及び資器材の配備を求めたい。ホワイトニング機器

 

予防・健康づくりの推進に関連して

 歯科界を中心とした10年以上に亘る発信により、歯科医療、口腔健康管理の充実が全身の健康に大きく資することは広く知られている。歯科根管治療用

 

 今回の骨太の方針に「口腔の健康は全身の健康にもつながることから、生涯を通じた歯科健診の充実、入院患者や要介護者をはじめとする国民に対する口腔機能管理の推進など歯科口腔保健の充実や、地域における医科歯科連携の構築など歯科保健医療の充実に取り組む」と明記され、全ての国民への口腔機能管理の必要性が示されると共に、フレイル対策を含む介護予防に、地域の医科歯科連携等を通じて歯科からのアプローチが示されたことは、日本歯科医師会の目指す方向性が国と共有できていることであり、高く評価するとともに、歯科界一丸となって国民の健康増進に向けて貢献して参りたい。



http://athena32.blog.jp/archives/9989297.html

こども医療費・窓口無料化 沖縄県内1133施設で対応へ 歯科9割対応可

 沖縄県と市町村で子どもの医療費を公費で負担する「こども医療費助成事業」で、多くの市町村が10月から0~6歳の未就学児を対象に入院・通院ともに、医療機関での窓口無料化(現物給付)を導入するのに向けて、県立6病院を含む県内の医科・歯科の保険医療機関計1133施設が窓口無料化に対応する考えであることが分かった。既に対応している施設も含む。12日に那覇市内であった市町村の担当課長らが参加した会議で、県側が医療機関リストを提供した。(社会部・石川亮太) ホワイトニング機器

 

 医科では県内の保険医療機関の約7割の595施設、歯科は9割近くの538施設が対応可能となる。薬局は県薬剤師会で取りまとめ中。歯科根管治療用

 

 窓口無料化を既に導入している自治体は昨年1月からの南風原町と、今年4月からの宮古島市と北谷町の3市町。那覇市など10市と21町村が10月から導入予定。座間味、渡嘉敷、伊平屋の3村が2019年度の予定で、大宜味村と粟国村、渡名喜村、与那国町は「未定」としている。

 

 県が10月から導入を予定するのは未就学児の入院・通院の完全窓口無料化で、入院は小学生と中学生の自動償還による無料化を維持する。県の対象を上回る年齢の子どもに助成している市町村もある。

 

 同日の会議では、窓口無料化の円滑な導入に向けた取り組みや、対象年齢の拡大など導入後の事業拡充について、県と市町村の担当者が意見交換した。



http://athena32.blog.jp/archives/9969683.html

歯の健康に唾液検査 小松歯科医師会が県内初導入

 小松歯科医師会は、市民の虫歯や歯周病の予防に力を入れる。小松市すこやかセンターで10日、最先端機器を使った「唾液検査」を実施し、専門医らが歯や歯茎の健康度、口の中が清潔かどうかを短時間で把握し、適切に助言する。県内では初の取り組みで、80歳になっても自分の歯を20本以上残す「8020運動」を推進し、生活習慣病や認知症防止にもつなげる。ホワイトニング機器

 

 唾液検査は「歯と口の健康週間」(6月4~10日)の行事である市民向け歯科街頭検診「歯っぴい子育て支援事業」の一環として親子を対象に実施する。先着30人までとする。歯科根管治療用

 

 検査は蒸留水で10秒間口をすすいだ後、唾液が混ざった水をスポイトで試験紙につけ、専用の機器で測定する。虫歯菌の量や歯茎に炎症があるかどうか、口臭の一因であるアンモニア濃度などを5分程度で調べることができる。

 

 同医師会の本村欣也公衆衛生委員長によると、歯の健康を維持すると、食物をよく噛(か)んで食べることができる。しっかり噛めば唾液の分泌が促され、胃や腸での消化・吸収が良くなるほか、満腹感が得られやすくなり、肥満や生活習慣病の予防につながる。しっかりと噛むことで脳を活性化し、認知症を防ぐこともできるという。

 

 10日の歯科街頭検診では、通常の歯の検査や治療の相談、歯磨き指導、フッ化物歯面塗布なども行う。児童を対象とした歯の標語コンクールや幼児を対象とした図画コンクールも実施する予定で、本村委員長は「1人でも多くの人に参加いただき、口や歯の健康を維持することの大切さを知ってほしい」と話した。



http://athena32.blog.jp/archives/9946928.html

| 1 | 2 | 最初 | next>>