最新の歯科ハンドピース用 カートリッジの情報

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:123909
Today:28
Yesterday:34
せめて噛むときは箸を置く

次に大切なのが「唾液」だ。唾液の中にはリゾチームやラクトフェリンといった天然の抗菌成分が含まれている。唾液の量が多ければ、それだけバクテリアの繁殖を防いでくれるのだ。超音波スケーラー

 

「口の中はpHが中性であるのがベストです。唾液の量が多く、質もいい人は、中性に保つ能力が高い。また唾液が多いと口臭も少なくなります」 口腔内カメラ

 

水分摂取量の少ない人、コーヒーや緑茶、ウーロン茶などを水代わりに飲んでいる人は、カフェインなどの影響を受けて唾液が出にくくなる。また、あまり噛まずに食事をしている人や、普段上下の歯を接触させる癖(TCH)や、噛み締める癖がある人も唾液が少ない傾向にあるという。

 

「唾液の量が少ない人ほど唾液の質も悪くなりやすいと感じます。唾液も亜鉛不足やタンパク質不足など、栄養面での偏りが影響するので、MEC食は効果的。食習慣の面では、噛むことを意識しましょう。ものを食べるときは、30回以上噛むのがベスト。消化の面でも体に優しいです」

 

なかには、多忙で仕事をしながら食事するのが日常という人もいるだろう。そんな人は、せめて噛むときは箸を置くようにしてほしい。箸を持ったまま噛んでいると、つい次のものを口に運びたくなるからだ。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/41090451/

下落は一時的か、その先へ打つ布石

 しかし、米長期債利回りは、古くは(といっても1990年頃だが)、8%を越えていたのだ。超音波スケーラー

 

 だからまだ2.8%台は絶対大丈夫とまでは言い切れないものの、今回の下落は一時的なものに終わる可能性が高いと見る。それゆえ、少しの戻りで、ここは絶好の押し目とばかり積極的に買い進むわけに行かないものの、6日に大きく売り込まれ、その後回復に転じたものの、また週末に売られた銘柄で、6日の安値を下回らなかった銘柄、これらに投資するのが安全度が高く、今後の成果も上がりやすくなる。口腔内カメラ

 

 そこで、具体的にはまずはアウトソーシング <2427> だ。人手不足を背景にして製造業向け派遣と製造請け負い事業の好調が続いているため、株価の回復は早いと見てよい。

 

 中堅企業のM&Aに強い日本M&Aセンター <2127> も現在水準なら手掛けやすく、安全度も一時よりは高くなっている。

 

 食品関連の中小企業を買収、グループ化することで経営効率の改善に成功しているヨシムラ・フード・ホールディングス <2884> も手堅い投資に向く。ギョーザに強いことも好ましい。ギョーザは人気食品だからだ。

 

 堅調そのものの動きを保っていたアルコニックス <3036> も今回は下げてしまった。しかし、週末は6日の安値をなんとか割り込まずに済んだ。レアメタルなど非鉄中心の商社であることを考えると、株価は適度な押しを入れたと判断してよく、戻り切らないうちにシフトしておきたい銘柄の一つになる。

 

 手術用針や眼科用ナイフ、歯科用治療機器類に強いマニー <7730> も、市場全体の下げにつき合ったものの、急落はなかった。形ばかりの下げ。こんな形であり、堅調さが際立つ動きを見せた。今後も同様の展開が見込めるため、安全投資の観点からは引き続き魅力的だ。

 

 最後に電子機器と光学機器で高技術を持つテクノホライゾン・ホールディングス <6629> [JQ]を。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/41084410/

虫歯予防。中世で始まる歯科衛生

 中世という時代は歯科治療に関して、知識の正確さや問題解決のための道具においてかなり進歩が見られた歴史の転換期だった。超音波スケーラー

 

 だが、大きな発展は、虫歯の予防対策、歯科衛生という意識が生まれたことだ。口腔内カメラ

 

 今日の歯磨きやマウスウォッシュのように、フッソやアルコールがすぐに手に入る時代ではなかったが、中世ヨーロッパの人々は、きれいな布で歯をこすって清潔にし、口内から汚いものを取り除く知識を持っていた。これはいい口臭の助けにもなった。

 

 当時、砂糖の値段がとても高かったため、この時代は虫歯の問題には無縁だったが、裕福な階級には酢や、バクテリアを殺して息をさわやかにする成分を含んだマウスウォッシュがあった。

 

 1158年、ビンゲンのヒルデガルトは次のように勧めている。

 

歯を健康にしたいなら、朝起きたときに冷たい純水を口に含み、しばらくそのままにする。そうすると、歯のねばつきが和らぎ、歯を洗うことができる。これを頻繁に続けると、ねばつきが徐々に減り、歯の健康が保たれる。

 

この粘液は寝ている間に歯に付着するため、目覚めたら冷水できれいにするべきだ。湯よりも冷水のほうがいい。湯だと歯が脆くなる。

 

 中世は予防歯科治療の最盛期となり、自分の歯の健康と見栄えを保つあらゆる方法が大いに注目された。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/41076937/

4つのノーベル賞受賞研究に貢献した世界オンリーワン技術

同社の創業は1953年。テレビ関連の真空管・CRT製造を手掛ける「浜松テレビ」として出発しました。その後、テレビ開発だけではなく、光電子(Photo-Electronics)技術の“究極”を目指す方針に転換。「人類未知未踏の追求」を経営理念に、真空管製造における高度なガラス加工技術を応用した技術開発に没頭。そうして開発に成功した代表的製品が「光電子増倍管」です。超音波スケーラー

 

光電子増倍管は、医用機器から産業用途、学術向けや自動車など様々な業界で使われており、世界シェア90%超えと、市場をほぼ独占しています。

 

それもそのはず、同社の光電子増倍管の光電変換効率は量産品で世界トップの評価を得ています。また、同社だけが持つ技術で同社だけが製造できる製品を開発しており、世界オンリーワンのポジションをものにしています。口腔内カメラ

 

例えば、50cm径の大型光電子増倍管。ニュートリノの観測装置「スーパーカミオカンデ」に11,200本使われたものです。大型光電子増倍管の製造では光電変換膜というアルカリ金属を蒸着する工程が非常に難しいとされ、他社は真似できません。

 

同社は学術向け技術提供も活発で“ノーベル賞学者御用達企業”とも称されるほどです。実際、スーパーカミオカンデのほか、「神の粒子」と呼ばれる「ヒッグス粒子」の発見や、つくば市高エネルギー加速器研究機構(KEK)の実験にも関わっており、4つのノーベル賞受賞研究に貢献しています。

 

〔同社の創成期である1960年代には同社の計測技術はあのNASAよりも進んでいると言われていました。NASAですらロケットの軌道追尾に連続写真フィルムを使っていた時代に、画期的な「ロケット追尾用XYトラッカー」の開発に成功するなど、最先端技術の開発を支えてきたのです〕



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/41073671/

「歯の救急保存液」全学校に寄贈

 学校での部活動中などの事故で歯が抜けた場合に備え、歯科医師の元まで歯を保存したまま運ぶ救急保存液が県内の全小中高校や支援学校に寄贈された。保存液を寄贈したのは県歯科医師会で、歯科衛生専門学校の50周年記念事業の一環。超音波スケーラー

 

 7日は三森幹夫会長らが県教育委員会の守屋守教育長に保存液と目録を手渡した。歯科医師会によると歯の根には骨とつながる歯根膜があり、歯根膜が傷んでいなければ抜けても、あごの骨とつなぐことができる。しかし、歯を洗ったり、乾燥させると歯根膜が剥がれ、再生が困難になるという。口腔内カメラ

 

 歯科医師会の調査では、県内には保存液がない学校や、あっても適切な使用法を知らない学校があったという。保存液は県内339校の小中高校などに配られ保健室に常備される。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/41070182/

インフルエンザ 院内集団感染 高齢患者2人死亡 館林厚生病院

 インフルエンザの流行期を迎える中、群馬県の館林厚生病院(館林市成島町、新井昌史院長)は6日、入院患者11人と職員8人の計19人がインフルエンザB型に集団感染し、このうち70代と90代の患者2人が死亡したと発表した。19人中18人が同じ病棟にいたことから、院内感染の疑いがあるとして、新規の入院や転棟を一部制限している。感染経路は特定されていない。館林保健福祉事務所は近隣の医療機関に対し、感染予防の徹底を呼び掛けている。超音波スケーラー

 

 病院によると、亡くなったのは90歳の男性患者と79歳の女性患者。男性は3日、女性は4日に死亡した。死因については、もともとの病気によるものと説明している。亡くなった2人を除き、全員快方に向かっているという。口腔内カメラ




http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/41066929/

徳島大歯学部出身ミュージシャン、サエキけんぞうさん講演

 ロックミュージシャンのサエキけんぞうさんを招いた講演「日本にロックができるまで! パイオニアたちの知られざる闘いを語ろう!」が2月4日午後2時半から、北島町立図書館・創世ホールで開かれる。日本ロック創成期の1960~70年代に活躍したムッシュかまやつさん、大滝詠一さん、加藤和彦さんの巨匠3人に焦点を当て、日本ロック史について縦横に語り尽くす。ミニライブも行う予定。入場無料。超音波スケーラー

 

 この10年間に相次ぎ亡くなったかまやつさん、大滝さん、加藤さんと交流のあったサエキさんが、本人から直接聞いた逸話を紹介。日本にロック音楽を根付かせるため、呻吟(しんぎん)苦闘した3人の知られざる曲作りの舞台裏について、貴重な音源を聴きながら分析する。口腔内カメラ

 

 図書館1階では、3人が所属したザ・スパイダース、はっぴいえんど、サディスティック・ミカ・バンドのCDや書籍などを紹介するミニ展示も開催中。

 

 サエキさんは徳島大歯学部出身で歯科医師の傍ら、ロックバンド「パール兄弟」などで活躍。日本ロック史に造詣が深く、最近も音楽評論家・中村俊夫さんとの共著「エッジィな男 ムッシュかまやつ」を出版したばかりだ。

 

 サエキさんの徳島での講演は、2006年秋に同ホールで坂田明さんと対談して以来。今回は親交のある町嘱託職員小西昌幸さん(61)の呼び掛けで実現した。サエキさんは「第二の故郷に音楽の躍動が訪れるよう、聴き応えのあるエピソードを語りたい」と意気込んでいる。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/41063480/

DentaLight では、これまでにジニーを福岡県・山口県の50軒程度の歯科医院に導入

DentaLight では、このような課題を解決するために、歯科医院が患者に対して予防治療を含めたリテンションのツールとして使えるジニー(名前の由来は「お大事に〜」から)、また、患者は次の通院がどういう治療目的なのかの説明を受け、予約時間のリマインド告知などで通院のモチベーションをもたらす MyDental を開発した(MyDental 3月を目標に開発中で、現在機能の一部がモバイルの SMS で代替されている)。超音波スケーラー

 

DentaLight では、これまでにジニーを福岡県・山口県の50軒程度の歯科医院に導入。歯科医院の約8割程度では、(カルテではなく)患者管理(一般企業で言えば顧客管理)を紙の台帳に依存しているそうだが、最良のケースではジニー導入により60時間の労働時間削減を実現し、売上が1.2倍になったところもあるという。歯科医院の営業形態は都市部と郊外では大きく異なるそうで、特に郊外型の歯科医院では、少ない受付担当者で多くの患者を診る必要があるため、引継業務などが煩雑化する傾向にあり、ジニーが威力を発揮するのだという。口腔内カメラ

 

現在開発中の myDental では、例えば、家族で歯科医院に通院している場合、子供がちゃんと歯科医院に行ったかどうかを母親がアプリで確認できたり、歯科医院に入っているシステム(クラウド化はされておらず、オンプレミスの場合が多い)と連携し、治療の履歴や写真を見れたりするようにしたい、とのことだ。

 

今後は福岡県や山口県だけでなく、医療産業都市を宣言している神戸市や東京都内の歯科医院にも進出したいとのこだが、前述したように都市部と郊外では歯科医の事業形態が異なるため、ジニーや myDental のビジネスモデルにも何かしら微調整が必要かもしれない、と藤久保氏は正直な心境を語ってくれた。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/41050946/

「チューリップテスト」で簡単チェック 他にも、簡単にチェックできる、「チューリップテスト」という、手の動きをまねる方法がある

認知症予防の第一人者、東京医科歯科大学の朝田隆特任教授に聞いた。 「チューリップテスト」 1:まず手をパンとたたく 2:今度はチューリップだといって親指と小指だけくっつけてチューリップが開いた形を作る 3:いったん手を離して親指と小指をくっつける。これが非常に難しくなる これができない方は認知症だと一概にはいえないが、認知機能が低下している「可能性」があるので、できない人は、認知症に注意が必要だ。認知機能が低下してくると自分の体の一部を回転させることが、うまくできなくなるという。超音波スケーラー

 

■糖尿病患者は注意 他にも糖尿病の患者は注意が必要だ。実際に調査したデータがある。九州大学・久山町研究室の調査結果では、認知症には種類がいくつかあるが、最も多いアルツハイマー病と、2番目に多い血管性認知症で見てみると、60歳以上の糖尿病の人がアルツハイマー病を発症するリスクは、血糖値が正常な人に比べて、2.1倍。血管性認知症を発症するリスクは1.8倍となっている。アルツハイマー病と血管性認知症、この2つが認知症のほとんどを占めるのだが、血糖値の高い人は、認知症を発症しやすい、ということになる。 口腔内カメラ



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/41047951/

TBSの公開捜索番組で急展開 17年間軟禁され記憶がない男性が29年前に行方不明になった少年とそっくり話題

131日の19時から『緊急!公開大捜索’18春(TBS系)』が放送された。その大捜索番組では和田竜人(仮名)と名乗る25歳の男性が出演。超音波スケーラー

 

見ず知らずの男性に17年間軟禁されており、2014729日愛知県弥富市で保護された。口腔内カメラ

 

番組の後半になると和田さんを知っている人からの情報が飛び込んできて、歯科助手が治療に来ていたという情報や、アルバイトをしていた「キタザワヒサシ」という人物に非常に似ているという情報、そして最も驚く情報は今から29年前に4歳の少年が四国で行方不明になった事件があった。

 

その少年の名前は松岡信也くん。その行方不明になった少年の写真は警察も公開しており、スタジオで比較してみると皆が口を揃えて非常に似ていると言う。

番組では松岡信也くんの写真は映さなかったが、公開されている写真のためすぐにネット上で比較写真が公開。確かに写真を比べてみると似ているような気がする。

 

そしてこの記憶がない男性が、松岡信也くんだとすれば年齢が25歳ではなく、33歳ということになる。年齢は軟禁していた男に誤った年齢を教えられていた可能性がある。

 

和田さんが松岡信也くんかどうか判別させるには、捜索願いを出している両親とDNA鑑定すればわかるという。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/41044442/