最新の歯科ハンドピース用 カートリッジの情報

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:123696
Today:37
Yesterday:39
気になる「口臭」、男女での違い。 実は女性の方が…!?Part2

生理前・生理中

女性ホルモンの1つであるエストロゲンは排卵期をピークに減少しますが、その量が最も少なくなるのが生理前や生理中です。超音波スケーラー

 

エストロゲンが少なくなると唾液の量も減少するため口の中が乾きやすく、口臭が強くなる可能性があります。

 

妊娠中

女性は妊娠するとホルモンの量が通常の10~30倍にもなり、体に様々な変化がおこります。口腔内カメラ

 

中でも妊娠中に増え始めるのが口の中のトラブルです。

 

特にエストロゲンはある種の歯周病菌を増殖させ、口臭を強くします。

 

また食べ物の好みが変わったり、つわりなどによって口の中が不衛生になることも、妊娠中に口臭が強くなる原因です。

 

閉経前後

 

卵巣機能の衰えによって閉経前後に生じるのは女性ホルモンの急激な減少です。

 

それに応じて唾液の分泌量も減り、常に口が乾きやすい状態が続きます。

 

 

そのため口の中が不衛生になりやすく、口臭が強くなります。

 

ストレスも口臭の原因に

女性の社会進出は目覚ましく、これまで以上にストレスにさらされる機会が増えています。

 

また女性は出産や育児などによって、家庭においても様々なストレスを抱えています。

 

ストレスも口臭を強くする原因の1つです。

 

ストレスや疲労の蓄積は自律神経のバランスを乱し、それによって唾液の分泌も少なくなってしまいます。

 

ダイエットが大きな落とし穴になることも

唾液の分泌量に大きく関係しているのが食事の回数です。



http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40103713/