最新の歯科ハンドピース用 カートリッジの情報

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:84699
Today:201
Yesterday:184
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
昔の歯科治療の恐怖 日本人の口内に潜む“時限爆弾”

 銀歯にインプラント、部分入れ歯やブリッジ……中高年では、口の中に“治療”した歯が1本もない人のほうが珍しいだろう。ただ、“治療”したはずの歯が、さらに大きな問題の原因となることが少なくない。口腔内の問題は、放置すると全身疾患につながっていくこともある。『やってはいけない歯科治療』著者で、“歯科業界に最も嫌われるジャーナリスト”の異名を取る岩澤倫彦氏が患者に知らされてこなかった重大リスクをレポートする。ホワイトニング機器

 

 昭和生まれの中高年世代にとって、虫歯治療といえば「銀歯」。だが、過去に入れた「銀歯」の多くが手抜き治療だったため、いまになって虫歯の再発や歯周病が次々と起きている。治療現場で、筆者はその現実を目の当たりにした──。歯科根管治療用

 

 50代の患者の奥歯を見て、元歯科大学講師の歯科医は苦々しい表情を浮かべた。歯に冠された銀歯が、まるでキノコの傘のような形状になっていたからだ。こんな治療ではプラーク(細菌の塊)が溜まって、虫歯や歯周病になりやすい。



http://athena32.blog.jp/archives/10120785.html

ぶつかって前歯が抜けた!どうしよう…そんなときは牛乳を用意して

顔面を打ち付けて、前歯が根元から抜けてしまった。そんなときの意外と知られていない対処法が、Twitter上で話題を呼んでいる。ホワイトニング機器

 

歯科医の男性が69日、部活中に顔を打ち付け、前歯が抜けてしまった患者さんの診察に当たった際の状況をツイート。

 

来院した患者さんは、抜けた前歯をきれいに洗ってしまっていたといい「抜けた歯は洗っちゃダメ、そのまま牛乳につけて持ってきて」と呼び掛けた。歯科根管治療用

 

牛乳につけて歯医者さんに持っていけば、再び歯をくっつけられる可能性がある、というこの投稿は613日現在、66000リツイートを超える反響を呼んでいる。

 

「知らなかった」「牛乳?!」という驚きのコメントが続くなか、「なぜ牛乳?」「ヨーグルトじゃダメ?」といった疑問の声や、ほかの投稿者から「牛乳がなければ口の中に入れててもいい」「30分以内がリミット」などのアドバイスが入った。

 

対処法、日本歯科医師会に聞いてみた

筆者も事故で201712月に、前歯など3本を失った身。意識がなかったので治療中の記憶もないが、起きたときにはカピカピになった前歯を渡され、「もう戻らないのか...」と、人生のどん底のような悲しい気持ちになった。

 

ボールに当たってしまったり、転んで顔を打ってしまったり、まさかの場面は結構ある。

 

突然の事故で前歯が折れてしまったら、周囲や自分は、どう対処すればいいのか。日本歯科医師会の学術課に聞いた。



http://athena32.blog.jp/archives/10074661.html

医科・歯科連携推進の方向性と課題

日本歯科医師会副会長 柳川忠廣

 

自民党の一億総活躍推進本部(浜田靖一本部長)は5月下旬、「一億総活躍社会の構築に向けた提言案」を取りまとめた。同本部に設置した6つのプロジェクトチーム(PT)で議論を重ねてきた。このうち「地域共生社会の確立PT」(三ツ林裕巳座長)では、高齢者が地域で孤立することなく、尊厳とそれぞれの役割を持ちながら安心した生活を送ることができる社会の実現に向けた体制の整備について検討がなされ、提言案に「医科・歯科連携の推進」が大きく取り上げられた。ホワイトニング機器

 

その内容は、「医師と歯科医師のより進んだ連携の必要性」「在宅歯科医療の推進および歯科医療機関の役割の明示」「医科歯科の相互理解のための教育および医療介護総合確保基金などを活用した人材育成」「厚労省の歯科口腔保健推進室の昇格に伴う事業展開の充実」などで、方向性は日歯と同じである。まずは▽医科歯科連携の幅を科学的根拠のベースに広げていくこと▽一定の病床数を持つ病院への歯科医師の配置促進▽地域包括ケア単位での実情に見合った歯科の目標設定▽医師・歯科医師の養成課程における互いの分野に関する教育の充実▽歯科口腔保健推進室の歯科技官の増強および全国で設置が進んでいる口腔保健支援センターのネットワーク化―などが、取り組むべき課題と考える。歯科根管治療用



http://athena32.blog.jp/archives/10046129.html

防災・減災と国土強靭化の推進に関連して

 大規模災害時における、避難所での口腔健康管理等歯科保健活動が震災関連死の防止に重要であることは明らかであり、災害派遣医療チーム等での歯科としての役割を果たしていきたい。また身元確認についても、日本歯科医師会として歯科情報の標準化等様々な取り組みを更に推進していく。そのためには、災害の規模や状況に拘らず、全国どこでも迅速かつ的確な歯科保健活動及び身元確認作業を実施するための基盤整備として、国と地方自治体の連携による共通教材を用いての人材育成及び資器材の配備を求めたい。ホワイトニング機器

 

予防・健康づくりの推進に関連して

 歯科界を中心とした10年以上に亘る発信により、歯科医療、口腔健康管理の充実が全身の健康に大きく資することは広く知られている。歯科根管治療用

 

 今回の骨太の方針に「口腔の健康は全身の健康にもつながることから、生涯を通じた歯科健診の充実、入院患者や要介護者をはじめとする国民に対する口腔機能管理の推進など歯科口腔保健の充実や、地域における医科歯科連携の構築など歯科保健医療の充実に取り組む」と明記され、全ての国民への口腔機能管理の必要性が示されると共に、フレイル対策を含む介護予防に、地域の医科歯科連携等を通じて歯科からのアプローチが示されたことは、日本歯科医師会の目指す方向性が国と共有できていることであり、高く評価するとともに、歯科界一丸となって国民の健康増進に向けて貢献して参りたい。



http://athena32.blog.jp/archives/9989297.html

こども医療費・窓口無料化 沖縄県内1133施設で対応へ 歯科9割対応可

 沖縄県と市町村で子どもの医療費を公費で負担する「こども医療費助成事業」で、多くの市町村が10月から0~6歳の未就学児を対象に入院・通院ともに、医療機関での窓口無料化(現物給付)を導入するのに向けて、県立6病院を含む県内の医科・歯科の保険医療機関計1133施設が窓口無料化に対応する考えであることが分かった。既に対応している施設も含む。12日に那覇市内であった市町村の担当課長らが参加した会議で、県側が医療機関リストを提供した。(社会部・石川亮太) ホワイトニング機器

 

 医科では県内の保険医療機関の約7割の595施設、歯科は9割近くの538施設が対応可能となる。薬局は県薬剤師会で取りまとめ中。歯科根管治療用

 

 窓口無料化を既に導入している自治体は昨年1月からの南風原町と、今年4月からの宮古島市と北谷町の3市町。那覇市など10市と21町村が10月から導入予定。座間味、渡嘉敷、伊平屋の3村が2019年度の予定で、大宜味村と粟国村、渡名喜村、与那国町は「未定」としている。

 

 県が10月から導入を予定するのは未就学児の入院・通院の完全窓口無料化で、入院は小学生と中学生の自動償還による無料化を維持する。県の対象を上回る年齢の子どもに助成している市町村もある。

 

 同日の会議では、窓口無料化の円滑な導入に向けた取り組みや、対象年齢の拡大など導入後の事業拡充について、県と市町村の担当者が意見交換した。



http://athena32.blog.jp/archives/9969683.html

歯の健康に唾液検査 小松歯科医師会が県内初導入

 小松歯科医師会は、市民の虫歯や歯周病の予防に力を入れる。小松市すこやかセンターで10日、最先端機器を使った「唾液検査」を実施し、専門医らが歯や歯茎の健康度、口の中が清潔かどうかを短時間で把握し、適切に助言する。県内では初の取り組みで、80歳になっても自分の歯を20本以上残す「8020運動」を推進し、生活習慣病や認知症防止にもつなげる。ホワイトニング機器

 

 唾液検査は「歯と口の健康週間」(6月4~10日)の行事である市民向け歯科街頭検診「歯っぴい子育て支援事業」の一環として親子を対象に実施する。先着30人までとする。歯科根管治療用

 

 検査は蒸留水で10秒間口をすすいだ後、唾液が混ざった水をスポイトで試験紙につけ、専用の機器で測定する。虫歯菌の量や歯茎に炎症があるかどうか、口臭の一因であるアンモニア濃度などを5分程度で調べることができる。

 

 同医師会の本村欣也公衆衛生委員長によると、歯の健康を維持すると、食物をよく噛(か)んで食べることができる。しっかり噛めば唾液の分泌が促され、胃や腸での消化・吸収が良くなるほか、満腹感が得られやすくなり、肥満や生活習慣病の予防につながる。しっかりと噛むことで脳を活性化し、認知症を防ぐこともできるという。

 

 10日の歯科街頭検診では、通常の歯の検査や治療の相談、歯磨き指導、フッ化物歯面塗布なども行う。児童を対象とした歯の標語コンクールや幼児を対象とした図画コンクールも実施する予定で、本村委員長は「1人でも多くの人に参加いただき、口や歯の健康を維持することの大切さを知ってほしい」と話した。



http://athena32.blog.jp/archives/9946928.html

咬合の悪さを放置しておくと歯周病が悪化するので、かむ力が分散されるようにかみ合わせを調整することも大切です」

 と遠山先生。寝ている間のかみしめがひどいときは、マウスピースの使用をすすめる。ホワイトニング機器

 

「朝起きて、歯が痛かったり、あごが疲れていたらかみしめをしているサインです。通常、人間は大きな力でかむと、パッと口が開くようにできています。アサリを食べて砂をかむと、反射的に口が開きますよね。歯科根管治療用

 

 その機能が寝ている間は働かないので、強く歯をくいしばってしまうのです。歯周病とかみ合わせのチェックをしましょう。また、かみしめはストレスなども原因になるので、メンタルケアもしっかりと」(遠山先生)

 

◎歯をみがいてるのに、口から生ゴミのニオイがすると娘からきびし~い指摘。これってどういうこと?

49歳 会社員)

 

「口臭は、口の中の腐敗した食べカスや歯周病菌が出す毒素が原因。口臭がひどい人は歯周病の可能性が高いです。歯の表面のヌルヌルした歯垢は、誰でもにおうものなので、しっかり歯みがきをするなど毎日のケアを忘れずに」(若林先生)

 

「口の中は代謝を行うところなので、無臭ではありませんが、ひどい場合には歯周病や副鼻腔炎、内臓の病気が考えられます。

 

 副鼻腔炎は、歯のX線を撮ると、鼻に膿がたまっている場合もあります。また反対に、鼻が悪いと思って耳鼻科へかかったら、歯の根っこが炎症を起こして膿がたまっていたということも。歯と鼻は近いので、専門医に診てもらって原因究明を」(遠山先生)

 

◎奥歯が欠けてしまい、ほとんどなくなってしまいました。インプラントを医師からすすめられましたが、費用もかかるし、高齢者がするイメージがあり悩んでいます。



http://athena32.blog.jp/archives/9929155.html

衛生士も足りず、人件費が上昇

 歯科業界関係者は、そう打ち明ける。首都圏でも、東京都心や横浜市内での勤務医募集だと応募があるが、埼玉県などは難しい。衛生士も足りず、人件費が上昇。縁故の強い業界だけに、新規採用に苦労する。駅前など好立地の医院は高い賃料が重荷になる。かつて約4千万円だった開業資金は、最新機材の費用がかさんで今や約6千万円……。歯科医の悩みは絶えない。ホワイトニング機器

 

 こうした苦労の一方で、私立大学歯学部卒業には数千万円かかる。教育投資に対するリターン(報酬)が減り、子どもを後継者にしない歯科医もいる。文部科学省の17年度の集計では、計17ある私立大歯学部のうち、7大学が定員割れだった。歯科根管治療用

 

 歯科医療を取り巻く環境は、大きく変わってきた。かつては虫歯の治療や入れ歯づくりが多かったが、最近は虫歯が減った。厚生労働省によると、12歳児の虫歯の数は、1989年に平均4.3本、15年は同0.9本だった。年をとっても自分の歯が多く残る人が増えている。

 

 虫歯や歯周病の予防、歯の欠損部分に人工歯根を埋めて人工歯冠をつくるインプラントなどが近年増えた。食物をのみ下す嚥下(えんげ)を訪問診療で指導することも当たり前になってきた。



http://athena32.blog.jp/archives/9903824.html

歯の神経(歯髄)を抜く効果・メリット

■歯の知覚がまったく無くなる

虫歯で痛くなったり、冷たい水がしみたりなど、神経が無くなればまったく感じなくなります。ホワイトニング機器

 

■病気の進行を食い止められる

神経がある部分は歯の内部の通路の役割もするため、虫歯の細菌が歯の内部に進行し、その先の根の先の骨まで侵してしまうのを防ぐことができます。

 

歯の神経(歯髄)を抜くデメリット

■歯が脆くなる

神経を取るとその周辺の細かい血管まで取ることになるので、当然栄養分が歯に行き届かなくなり脆くなります。そのため歯の寿命も短くなりがちです。歯科根管治療用

 

■歯の色が変色する

神経を取った歯は、白ではなく褐色が目立つようになります。この場合、特殊な方法を用いて、神経を取った歯のホワイトニングができることもあります。

 

■数年先に痛くなることもある

神経を取ってしまえば一生涯、歯の痛みを感じないで済むなんてことは無く、神経を取ったあとの空間が感染を起こすと、数年を経過してから、痛みや腫れが出る可能性がリスクとして残ります。

 

■治療期間が長くなり、費用もかかる

神経を抜く治療は、治療期間も長く、元の歯と同じような色や形にするために費用がたくさんかかります。 一般的に歯の寿命を考えるとメリットよりもデメリットの方が多くなります。しかし歯の痛みがひどければ、痛みを取る方がメリットがあると判断するため神経を取ります。



http://athena32.blog.jp/archives/9846803.html

酸蝕症を予防するためにも、まず酸蝕症リスクの高い飲食物を知っておく必要がある

 各飲食物の酸蝕症のリスク評価には、酸性・アルカリ性の度合いを示すpH(ペーハー)が指標となる。pH7を中性とし、7より高いとアルカリ性、低いと酸性であり、pHの値が低ければ低いほど酸性が強いことを意味する。ホワイトニング機器

 

 歯が酸性条件にて溶けることは上述したが、実際に歯が溶け始める臨界点はpH5.55.7にある。つまり、pH5.55.7以下の酸性の飲食物は歯を溶かすリスクを有するということになり、また当然のことながら、酸性度が強ければ強いほど、歯を溶かす力は強くなる。歯科根管治療用

 

 冒頭で、酸蝕症のリスク因子として、ワインが数ある飲料の中でも上位に挙がると述べた。では、ワインのpHの値は一体どれほどのものなのか。ワインの種類や辛口甘口かにもよるが、概ねワインのpH2.53.0前後であり、胃液のpH2.0程度であることを考えると、かなり酸性度が高いことがご理解いただけると思う。

 

 参考までに、清涼飲料水に関して言及すると、清涼飲料水の代名詞ともいえるコーラは特にpHが低く、pH 2.0である。また、酸っぱさを感じる柑橘類系のジュースや野菜ジュースもpHが低いので、健康に良かれと思えても歯にとっては注意を要する。お酢の入った健康ジュースも同様だ。

 

 その他、注意すべきものとしては、スポーツ飲料が挙げられる。スポーツ飲料はスポーツ時だけでなく、風邪、発熱時にも重宝され、健康飲料としてのイメージが強いが、pH3.5前後と想像以上に低い。部活動をするようになる中高校生くらいの児童、あるいはアスリートの方々にとっては酸蝕症のリスク要因となる。



http://athena32.blog.jp/archives/9823132.html

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>