宮城好美のブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:55830
Today:15
Yesterday:13
IWC記念モデル腕時計、Ingenieur Chronograph Sport Edition

2018年3月、イギリス古徳ウッドガーデンで開催された第76回「Goodwood Members’Meeting」レーシングフェスティバルで、 IWCコピーは記念版のタイムテーブルであるIngenieur Chronograp Sport Edition「76 th Members’Meeting at Goodwood」を発売し、限定176枚を発売しました。

シェルの直径は44.3 mmで、チタン合金の外装は優れた強度と耐摩耗性を提供しています。軟鉄内殻は耐磁場性を提供しています。表冠の両端は保護橋の設計を続けています。典型的なエンジニアシリーズのケースです。

銀メッキの文字盤には3つの小さい文字盤があります。6時は小さい秒盤で、9時は12時間の累計盤で、12時は30分盤で、「ダッシュボード」式文字盤のレイアウトと稲妻形の小さい秒針は腕時計の「レース」のテーマをさらに強調しました。表盤の一番外側の丸はマイルメーターの目盛りで、内側の丸は二桁の数字の分の標識で、3時は曜日と日付の表示窓があります。

自分で生産したカリbree 69380を搭載して、自動的にチェーンコアに乗ります。これはIWCが初めてIngenieurシリーズのスポーツバージョンのクロノグラフに69000シリーズのムーブメントを採用して、双方向ラチェットチェーンシステムを備えて、46時間の動力備蓄を提供します。サファイアウォッチの背には「76」という数字が印刷されていて、2018年のレースフェスティバルを記念しています。黒い革のベルトと合わせて、120メートル防水します。

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=194220