プロフィール
猪鹿庁 メタ森支部さん
里山保全組織★猪鹿庁です。
猟師になって7年目を迎えますが、猟師の6次産業化を目指して日々奮闘しています!
冬は猟、夏は自然体験や広報活動と日々の活動を発信していきますので応援よろしくお願いします。
猪鹿庁オフィシャルサイト→http://inoshika.jp/

banner
QRコード
アクセスカウンタ
Total:2228844
Today:104
Yesterday:291
【告知】けもの塾開校します!!
こんにちは。
長官のぜんです。

今年の3月に獣害対策白書を発行し、獣害対策の地域の担い手を育てる!ことを目的にふるさとけものネットワークを立ち上げました。

そして今年は4回にわたり、けもの塾を開催しております。いよいよ最終回の猪鹿庁るがホストをする番になりました。絶対に使える現場の技術を提供したいと思っています。ふるってご参加ください☆

 

内容

11月19日(木)

12:00 受付開始(昼食は各自)

13:00 オリエンテーション

13:30 「猪鹿庁の作り方」

14:30 「獣害対策の最前線見学(農家集落支援編)」

      「獣害対策の最前線見学(林業支援編)」
※猪鹿庁で取り組んでいる農家集落支援の現場と植樹地おける獣害対策の現場を案内します。捕獲わなの設置も行います。 

18:00「猪鹿庁ジビエ課おもてなしBBQ」
※今年の猪は脂がのっていて旨いと言われています!ここでしか食べれない猪鹿庁オリジナル商品をBBQでご堪能ください!! 

20:00入浴(温泉!) 

11月20日(金)

7:00わなの見回り(希望者のみ) 

9:00「満員御礼エコツアーの作り方」
※猪鹿庁が人気プログラム狩猟学校やエコツアーの作り方を紹介します 

10:00「解体処理施設見学&実演」
※食肉処理施設「ジビエITAYA」にて実際に鹿の解体を見学しながら施設運営のノウハウをお伝えします。 

12:00昼食(ジビエ弁当)

13:00ふりかえり 参加者発案の分科会
※参加者から希望を取り、話したい相談したいテーマでグループを作り議論や相談会を行います!

14:30終了式

15:00解散 

 

日時 
平成 27 年 11 月 19 日(木)~20日(金)1 泊 2 日

※12 時集合、15 時解散

会場 岐阜県郡上市大和町母袋スキー場 ロッジ
 
対象 鳥獣被害対策に携わる方

(自治体担当者、地域おこし協力隊、資機材メーカー等、関連分野学生)

定員 30 名(先着順)

負担金 30,000 円(食事宿泊費(一泊三食)、テキスト込み)

※台風など災害等での延期連絡は前々日までに行います。延期後の日程は後日連絡となります。

※11 月15日以降のキャンセルにはキャンセル料がかかります。

※領収書発行時に各種表記指示承ります。(例、総合対策事業研修費として等)

主催 NPO法人メタセコイアの森の仲間たち

 ※お問合わせは下記けもの塾事務局にお願いします

共催 ふるさとけものネットワーク(けもの塾事務局:猪鹿庁 0575-88-1085 )

申込み方法 11 月 13 日(金)までにふるさとけものネットワークウェブサイト http://furusato-kemono.net

獣害対策白書完成しました!!
みなさん、こんばんは。
長官のぜんです。

やっと3月が終わり、ほっとしています。
昨年度、魂こめて,身を削りながら、作成していた獣害対策白書が完成いたしました!(※地球環境基金から助成をいただいています)
本書は志同じく活動しているNPO法人甲斐けもの社中NPO法人新潟ワイルドライフリサーチ合同会社AMACの多大なる協力のもと,全国1745自治体へのアンケート調査と20名の専門家の方々にヒアリングを行い,作成しました.

ようやく、先日お世話になった方々への発送が完了しましたので、発表いたします!!

白書については,ふるさとけものネットワークのHPからダウンロードできますのでぜひ,ご覧ください.

獣害対策の現状を整理していき,今後の対策を提言していくことを目的に作成しましたが,作っていく過程で,獣害対策は人の問題だ!ということが改めて認識され,これからふるさとけものネットワークという団体を上記3団体と立ち上げ,地域の担い手育成に注力してまいります.

5月31日から4泊5日で超実践的なけもの塾を開校しますので,興味のある方はぜひご参加ください.
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社さまとタッグを組みます!!
こんにちは。
長官のぜんです。

表題にある通り、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社さまが今年度創設した、『ソーシャルビジネス支援プログラム』に採択されました!!

本プログラムは、ソーシャルビジネスに取り組む事業者を対象に「金銭的支援」と、当社役職員による「プロボノ支援」を実施するものです。

http://www.murc.jp/publicity/press_release/press_131217_1

内容としては、鳥獣被害対策や狩猟者減少という社会課題を整理し、猪鹿庁的中間支援組織を育成していく意義や可能性を探る提言書(白書的なもの)を作成する予定です。

狩猟サミットに引き続き、猪鹿庁の今年度 2発目の花火です!応援よろしくお願いします☆