プロフィール
猪鹿庁 メタ森支部さん
里山保全組織★猪鹿庁です。
猟師になって7年目を迎えますが、猟師の6次産業化を目指して日々奮闘しています!
冬は猟、夏は自然体験や広報活動と日々の活動を発信していきますので応援よろしくお願いします。
猪鹿庁オフィシャルサイト→http://inoshika.jp/

banner
QRコード
アクセスカウンタ
Total:2087190
Today:337
Yesterday:515
| 1 | 2 | 最初 | next>>
第三回狩猟サミットin京都、行ってまいりました!
10/24〜10/26に京都で行なわれた、第三回狩猟サミット

猪鹿庁の
 長官・ぜん
 捜査一課・瀬戸
 広報課・安田
の3人にて行ってまいりました!

プログラム内容などの詳細は、上記リンク先のHPや、
狩猟サミットのfacebookページなどを見ていただきたいのですが、
当日のその様子の一部を少しだけレポートさせていただきます。


↑今回の場所は、京都のやや北部にある「あうる京北」。


今回、第3回実行委員長・藤原誉さんのパッション溢れるピアノによる
オープニングで幕を開けました!


今回のテーマは、
「自然を守り活かす」生き方、暮らし方を問う

心の底からやりがいを持って頑張れる仕事は何だ?」と自身に問いかけ、
田歌舎を立ち上げ、自給自足の道を実践・探求されてきた藤原さんの言葉には、
それだけの重みがありました。


参加者のデータについて少し。
今回の狩猟サミットは、
全国32都道府県から、狩猟実践者や里山保全・保護に関わっている方、
持久的な暮らしに関心のある方など、総勢177名が集まりました。

そのうち、男性が74.2%
平均年齢は35.1歳
狩猟免許保持者は58.4%

全国からこれだけの人が、
「狩猟」をキーワードに集まるというのは、
やはりかなり稀有な場だと言えます。



その後の基調講演1では、京都大学講師・高柳敦様による
ケモノとの共存・共栄を」。

林・野生生物をとりまく昨今の環境の変化と、野生動物文化形成について、
様々なデータに基づいた分かりやすいお話をしていただけました。

野生動物の保護と言っても、生息環境、個体数、被害と分けて
考え、対処する必要があるんですね。



その後、参加者同士による自己紹介タイムなどをはさんだ後は、
恒例の10分プレゼンの時間です。

猪鹿庁・興膳による、「獣害対策で食っていく仕事の紹介」


こちらでは、カメルーンにおける野生動物管理についての話。
見たことがない動物がたくさん紹介されてました。


第二回・狩猟サミットの事務局である、
ホールアース自然学校の浅子さんによる、
田舎で使いきれていない資源をつなぎ合わせる自然学校の取り組み


写真が取れませんでしたが、その他にも
岐阜大学・森部先生による「世界のいろいろな捕獲法」などなど、
聞きたいお話が沢山あり過ぎて、
体一つでは全然足りません・・・。


夕食前に物販コーナーに立ち寄ると、
いつも罠のパーツでいつもお世話になっている、
オーエスピー商会の方から、
くくり罠の自作におけるちょっとしたコツなどを教えていただけました。



こんな感じで、聞きたい情報が溢れまくり、飽和しまくりな感じだったり、
「狩猟」に対し異常な熱量を持った人が集まっているので、
狩猟に関する色々なきっかけが沢山ころがっている感じは、
狩猟サミットの大きな醍醐味だと思います。



そして夕食の後の交流会。(ある意味、これがメインプログラムかも?)
諸事情により写真はお見せできないのが残念ですが、
本当に楽しく、様々な野人たちと楽しく語り、繋がれる貴重な時間でした。




交流会の影響で、やや寝不足の状態での二日目。

今回は3つの分科会に分かれ、
それぞれのテーマに沿って、考えていくという流れでしたが、

分科会3の「暮らしづくりから仕事づくりへ狩猟的キャリアの歩み方
に参加させていただきました。

蜂獲り師、プロ猟師、飲食チェーン企業の担当者、研究者といった
異なる視点から、「狩猟」を仕事へつなげる実践的な事例を
具体的な取り組みを交えながら聞き、
その後、参加者とトークセッションを行うという形でおこなわれました。

4名のゲストの話を聞いて共通して感じたことは、
狩猟を生業とするための「本気」と「覚悟」。


特に印象的だったのは、蜂獲り師・プロ猟師である「あつたや」の熱田安武さん。
そのユニークなキャラクターと、
自分の仕事と技術に対する絶対的な自身とプライド、そして覚悟は、
聞いていてとても気持ちが良かったですし、
自分自身の「狩猟」との関わり方について、改めて考えされられました。

対スズメバチ能力と言う、特殊能力を持っている熱田さんのお話。
本当に興味深く、狩猟サミットがいつの間にか蜂サミットに?


そして、縄文時代からタイムスリップした男、
捜査一課・瀬戸によるトークと、
彼の自作した狩猟道具での遊びコーナー。


野人同士、あっと言う間に意気投合。


グラウンドには、しっかりとケモノの足跡が。


中庭では分科会1
猟のある暮らし 〜古くて新しいこれからのライフスタイルを探る」のお話がされていました。(僕も千松さんのお話、聞きたかった・・・。)


そして、この日の夜の交流回でも、夜遅くまで(朝まで?)
語り尽くせないケモノトークは続くのでした。



寝不足と二日酔いの影響がかなり濃くなってきた最終日。

3回狩猟サミット実行委員長の藤原誉さんと、
岡山・西粟倉で山村の資源を活かした六次産業化を手掛けてきた
西粟倉・森の学校の牧大介さんによるクロージングトークの後、

最後は、これまでの狩猟サミットの運営委員長の3人が壇上に上がり、
今後の狩猟サミットのますますの盛り上がりを誓ったのでした。

これまでの狩猟サミットの運営委員長の3人。左から、
第一回の猪鹿庁・興膳、
第三回の田歌舎・藤原さん、
第二回のホールアース自然学校・浅子さん。


そして、気になる第4回の狩猟サミットの開催は、
ハンターの憧れの土地「北海道」に決まりました!!
遠い!けど、絶対行きたい!!



最はに、参加者全員で記念撮影。



そして、一旦は、第三回狩猟サミットは無事に終わり、
この後、希望者の方はそれぞれオプショナルツアーに参加するという
流れに。

どのツアーのかなり魅力的で気になるものだったのですが・・・
猪鹿庁の3人(興膳、瀬戸、安田)+千松さん+熱田さんには、
次なるミッションがあったため、ここで退散させていただきました。

その詳細は次回のブログにて、レポートさせていただきます!



この「狩猟サミット」という場は、
何か課題を解決するというよりも、
狩猟に関わる新たな疑問や問題提起がされる場であり、
狩猟者や狩猟に興味のある人同士の情報交換や出会いの場であります。

その他にも、狩猟サミットにおける魅力は、
狩猟に関する新しく専門的な知識や技術を得る場」でもあり、
美味しいジビエ料理、猟師メシを食べまくれる場」でもありますが、
個人的には、
現代の狩猟会における、キーパーソンと気楽にお酒が飲める。
狩猟に関して自分と同等(と言うかそれ以上)の熱量のある人と出会える。
これだけで十分、遊びに行く価値はあるイベントだと感じております。


第4回の北海道では、どのような内容になるのか、今から非常に楽しみですし、
猪鹿庁としても、充実したサミットとなるよう、微力ながら協力させていきたいと思います!


狩猟学校『鍛造!ナイフマスター講座』大成功でした!

先月の狩猟学校『鍛造!ナイフマスター講座』。

↓のジモコロさんに取材していただき、
とっても素敵な記事を書いていただきましたので、
この猪鹿庁ブログでどう書くか悩ましいところではありますが、

http://www.e-aidem.com/ch/jimocoro/entry/harajuku001

↑の記事、是非読んでみてください。(ライターの原宿さん、素敵な記事をありがとうございます!!)
今回の「ナイフマスター講座」以外にも楽しい記事がたくさんです。


かぶる内容が多くありつつも、
少しを視点変えた感じで当日の様子をレポートさせていただきます。

 

この日本の社会で生きている中で、
普通に生きていたら、恐らく一生やる事はないであろう

鍛造という技術。

鉄を熱してぶっ叩いて自分が使う道具を整形する
というシンプルながら、ココロ踊るこの技術。 

鍛造の技術をしっかり身に付けつつ、
もちろん作ったナイフは、
自分だけの1本目のハンティングナイフとして、
お持ち帰り!
という、目玉企画!!
(他にも「プチ解体」や二日目には「打製石器」の講座もありますが) 

と同時に、通常は数日かけてじっくりやるこの作業を
一泊二日でやってしまおうというかなりのマゾ企画。 

このような企画でしたが、
定員を大きく超えてのお申し込みをいただき、
はるばる遠方から参加ただいた方もチラホラと居て、
本当にありがたい限りです。

で、ナイルの材料となるモノは、コレ。


バールです。
 
参加者の皆さんのほとんどが、

「本当にこれがナイフになるのか?」
とかなり驚いていただき、狙い通りのリアクションをいただけました。

実は今回のこのバールの原料はクロムバナジウム鋼という、
強度や粘りなどがナイフの素材としてはかなり適した素材なのです。 

このバールを、
ホームセンターなどで買えるもので作った炉で

しっかりと熱して・・・


 

叩く!


 

すると、バールが、みるみる
バールの様なモノ」に変わっていきます。

しかし、今回の目標はハンティングナイフなので、
更に叩き続けます。

この作業、素材を「やっとこ」で掴みながら、
もう一方の腕でデカイ金槌を持って叩くという、
「シンプルにキツイ」作業です。


そんな流れで途中から自然と、「やっとこで掴む人」と、
「ハンマーで叩く人」が分かれた共同作業となっていました。


親子の力でナイフを作る。
僕も親父とこんな事をしてみたかった・・・!(今も健在ですが。)


バールが良い感じの薄さと形状になりましたので、
ここ鍛造作業は一旦終了し、改めて「自分が作りたいナイフの形状」を決めてもらいます。

 

実はこの講座、↑の写真にあるように、自分の好きなタイプのナイフを選べるんです。
(もちろん、難易度と自分の気合い等を加味して決める必要はありますが)

1本目という事で、オールマイティーに使える形状を選ぶ方が多かったですが、
この技術を取得する事で、
自分で皮剥ぎに特化した「スキナー」タイプのナイフも作れるし、
ナイフ以外のナタとか斧とか、
刃物以外のドアノブとか
いろいろ作れるようになるんですよ。


瀬戸の見本を見ながら、真剣に自作第一号のナイフの形状を考える
参加者の皆さん。いや〜超悩みますよね・・・。 


自分の作りたいナイフの形状が決まったら、
その形状を、さっき叩いて伸ばした鋼材に、
直接ペンで描いて・・・

そのペンで描いた線にそって、
ベルトサンダーで整形します。
(この工程はやや危険を伴うので、瀬戸にて行いました。)



その後は、鉄鋼ヤスリでひたすら「削り出し」!


ゴリ・ゴリ・ゴリ・ゴリ・・・

この作業を、長い人は6時間ほど、続けます。 
ただ、以外とのめり込んでしまい、
苦にならないという声を多数(本当か!?) いただけました。



良い汗もかいて、お腹も減ってきましたので、
切りが良いところで、
野営ためのテントなどの設営をしつつ、



夕食のジビエBBQに移ります。



秋の夜に野外で食べるジビエ肉は最高!
特に瀬戸特製の熟成シカ肉は超好評で、ご飯が進みます。


ある程度、お腹が満たされた後は、
プチ解体教室」です。




プチという事で、モモの部位だけではありますが、
金属ナイフと石器ナイフを使って、鹿モモ肉の
皮剥ぎ~骨抜きのやり方をレクチャーさせていただきました。

石器ナイフの意外な切れ味に驚く方が多数。


 

猪鹿庁のツアーでの夕食では、
ここでがっつりジビエ肉を喰らいつつ、
タップリとお酒を飲んで語らうというパターンが多いのですが、
今回は、楽しい楽しい「削り出し」という残業があるので、
お酒はそこそこで切り上げる方が多かったです。



 
そして、頭の中で響く金属を削る残業音や、
テントの周りから聞こえる獣の鳴き声に包まれながら、
みなさん眠りにつきました。

 

翌朝。


瀬戸のオカリナの音色によって、皆さん爽やかに
起床していただきました。


朝食を済ませ、
瀬戸による、削り出し工程のチェックをして、
しっかりと削り出しが出来ている事が確認できたら・・・


焼き入れ」です。

再度、コークス炉にて、十分にナイフを熱した後に、
オイルに入れてゆっくりと冷まします。


 
この工程を得て、金属の硬度が一気にあがります。

しっかり焼き入れができているか、一本一本、瀬戸がチェックします。



 

そして、最後の仕上げ、「磨き上げ
この工程で、ナイフを切れる状態まで研磨しつつ、

焼き入れによって黒くなった部分を
美しい銀色にします。
(無骨な感じを出すために逆にあえて黒い部分を残すのもアリです。)


さらにこのままでは持ち帰りにくいので、
皮のケースを作ったり、ハンドルの部分の処理をして・・・


そして、ついに完成!
参加者の全員が超カッコいいナイフを作る事ができました!!

↑の写真、よく見ていただくと、1つとして同じ形がない事が分かります。
どれもカッコいい!!!(もちろん実用性もバッチリです。)


さらに「打製石器講座」もありますよ。


意図した形になるように、
コツを掴むまでがなかなか難しいですが、
↓こんな感じで、綺麗な矢じりを作る猛者も!




といった感じで、なかなかハードかつ超濃厚な一泊二日の講座は終了したのでした・・・。

それでも、女性のみの参加者の方や、家族でご参加いただいた方、
猟師ではないけれどディープなワークショップをしたい方などなど、
遠方からも様々な方がご参加いただけました。


猪鹿庁のこの「狩猟学校」は、
猟師の方はもちろんなのですが、
狩猟にちょっと興味がある方や、
猟師になるつもりも無いし、狩猟にも興味が無い方であっても、
そのワークショップ単体で楽しめるように心がけております。

これまで過去に実施したものでも、
実際にそのような参加者の方に参加いただき、
楽しんでいただけているようで、
本当にありがたく思います。




最後に、ツアー後のアンケートからいただいた、ありがたいご感想の一部をご紹介させていただきます。


二日後に筋肉痛がきました。 でも、ここちよい痛さです。 鍛造、楽しかったです。 それがすぐに出来る環境が大事だなと 思いました。 次は斧をつくります。 今回もとても面白い方がたが、集まりましたね。


疲れも取れた今、ただただ楽しかったという思いが残っています。住環境的に難しいのですが、自作炉でナイフ作りをやってみたいと思います。 他には猪鹿庁の方に猟の話も聞かせて頂けた(狩猟免許を持っている参加者の方の話も)のも嬉しかったです。

ナイフ作りに一所懸命になり、写真撮影以外でスマホをほとんど触らなかった結果、普段スマホを意味もなく触りがちだった生活に家に帰ってきてから気付かされ、これを見直すいい機会にもなりました。 

もし無人島に流れ着いたとしても、打製石器の作り方を知っているだけで生き残る確率がグンと上がるんじゃないかと思えました。あとはとにかく瀬戸さんの知識量、生きる力が魅力的すぎてもっともっとこの奥深い世界を知りたいです。 

ものづくりにの仕事に携わっていても、一から物を作るという経験をすることは最近ではまったくなく、その楽しさを改めて思い出せました。 また、狩猟に興味を持ち、狩猟免許も取り、色々と学びたい盛りに貴重なお話を伺う機会に恵まれて本当に参加して良かったです。


ナイフにもいろんな種類あって銃刀法のこととかも知らなかったことが知れて勉強になりました。 ナイフ作り、打製石器作りも全部楽しかったです。 また他の講座も行きたいです!

今、改めて、アンケートを見直させていただいて、
本当にありがたい言葉ばかりで、あれ?目から汗が・・・。


今後も喜んでいただけるようなマゾ企画?!を
バシバシやっていきますよ! 
ご期待ください!! 

狩猟学校『トラップマスター講座』大成功!のうち終了しました!
こんにちは、BBQ検定の合格通知が届き、ほっとした、やっさんです。


結構前のお話になってしまいますが、以前に実施した狩猟学校『トラップマスター講座』の様子をレポートさせていただいます。


猪鹿庁捜査一課 瀬戸の猟場にて、
・くくり罠の作成
・くくり罠の設置講習
・罠の見回り
・(罠に獲物がかかっていれば)止め刺し
・解体
・止め刺し道具の作成
などを、1泊2日のキャンプ形式で行う本企画。

野営をする場所は、オートキャンプ場なのではなく、
電気もガスも水道もない山の中。

どんな参加者が集まるのか、
企画する側として心配な点もありましたがふたを開けてみると・・・

一人での参加の方がほとんどで、
狩猟免許保持者でこれから本格的に罠猟を開始したい方をはじめ、
狩猟免許を取る予定はないが狩猟や解体に興味がある方、
一人旅の旅先として面白そうな企画を探していた方、
遠方から前泊して参加していただいた方、
野営経験が初めての方
などの参加者も多く、2日程共に満員御礼で大変ありがたかったです。

※これより、動物の解体シーンなどの写真、記載があります。
苦手な方はご注意ください。
また、2回実施した模様をまとめて記載するため、時系列を無視した記載となっている部分もありますので、ご了承ください。


■くくり罠の作成

パーツを配り、1人1つのくくり罠を作って頂きました。
瀬戸から必要となる部品や工具、組み立ての際のコツ、
部品などが買えるお店の情報などの解説を交えながら、
皆さんサクサクと作っていました。


多少、力が必要な工程などでは助け合いつつ、
参加者同士のフォローがこのタイミングから既に自然に出来ていました。




瀬戸が実際に使っているくくり罠を作っていただいたのですが、
多少苦戦しつつも、
参加者の方、全員がちゃんと作る事ができましたよ。

↓こんな感じで、以外と簡単にくくり罠ができてしまいます。




■罠の見回り
罠の自作が出来たら、次は実際に瀬戸が罠を仕掛けている「現場」の見回りです。

↓愛用のこん棒を持って



↓林道を歩き、仕掛けた罠を一つ一つ見てまわります。


↓けものみちを発見



↓獣道に対し、最もかかりやすい場所はどこか?
どの様な場所に、どの様にして仕掛けているのか?
そのリアルを知っていただきます。



↓見回り中に見つけた木の実。「ウマイよ。」と瀬戸。



すんずんと山の中へ入っていきます。


↓だんだんと獣の痕跡が濃くなってきました。




■捕獲!止め刺しへ

獲物がかかっていない罠もいくつか見つつ、
いくつかの罠を見回っていくと・・・

かかってました!


もう一つの日程でも、捕獲成功!



罠免許のみを所持し、銃を使わない猟を行う場合、
罠にかかった獲物にどうやって止めを刺す(止め刺す)のか
これは意外と大きな課題です。

そのやり方を瀬戸にて実演します。
命をいただく瞬間でもあり、緊張感が漂う場面です。



素早く止め刺しを行い、十分な血抜きが出来た事を確認後、
全員で山の神様に感謝の黙祷。


↓男性陣が率先して、軽トラまで運びます。ずっしりと重い。





■腹抜き
その後、今回は自家消費のために腹抜きをします。

↓腹抜き前に、有害駆除として捕獲した事の証拠として、写真を撮ります。



この「腹抜き」工程は、本を読んだりしてもなかなか理解し辛いところでもあり、
実物を見ながらの実演、解説に、皆さん食い入る様に見入っていました。


1人で猟をする場合、これらの作業を全て1人で行います。皆さんにその覚悟はありますか?」という瀬戸の言葉が印象的でした。

実際に、狩猟をするという事は、
本当に新しい発見や喜びが多く、
自然に対する感謝の念が深まる事は確かですが、
それと同時に、一人でこれらの作業をする事は相当な重労働であり、
肉体的な労力だけでなく、精神的にも相当な覚悟が必要である事を、
参加者の皆さんは実感いただけたのではないでしょうか。


■夜の宴!の準備
今回のこの「トラップマスター講座」の裏テーマ?でもある、
山中での野営。

テントの設営やトイレの設置などを、参加者全員で行います。

↓慣れた方が自然に慣れてない方をサポート。


↓実はコレ、野営用のテントじゃありません。女性用トイレです。


↓電気、冷蔵庫はありませんが、飲み物もしっかり冷えてます。


↓火起こしから米炊きも超スムーズ!



↓料理も全員でやります。みんな仕事が早い!






獣肉づくしのBBQ!

驚くべき速さで夕飯の準備ができ、
獣肉づくりのBBQの始まりです。
↓猪のスペアリブ


↓鹿のロースト


↓猪肉を使ったスープ




■解体教室
 お腹も満たされてきたところで、解体教室です。
山の中で、解体。やり方はいくつかありますが、瀬戸は後ろ足を吊るすやり方です。

↓瀬戸の解説のもと、参加者全員で解体しました。



↓持参のナイフで、皆さん超真剣に解体をしていました。



瀬戸の解体方法は、僕(安田)が別の先輩猟師から習った解体方法とは微妙に違います。
瀬戸も別の先輩猟師から習った方法から、独自にアレンジを加えているとの事。確か理にかなった点も多く、次からは僕も取り入れてみようと思います。

大事な事はベースとなる知識・技術を得た上で、自分なりに色々と試してみる事ですね。

夜も深まり、瀬戸のネイティブフルート、オカリナの演奏です。


電気、ガス、水道などインフラが何も無い山の中で、
聞こえるのは焚き火のはぜる音、虫の音、少し離れた川の流れる音。
それらをバックに聴く瀬戸のオカリナの音色は、
僕が今まで聴いた彼の音色の中でも、特別な音に聞こえました。




演奏も終わり、さあ就寝。・・・のはずも無く、夜遅くまで
緩やかな焚き火の炎と、
参加者の話し声、
笑い声は絶えませんでした。






翌朝。
朝からがっつりと獣肉とご飯などを食べたら・・・




■「止め刺し道具」作り
そして、「止め刺し道具」作りです。

以下の4種類にうちから、何を作るか選んでいただくのですが・・・



前日の罠の見回りの際に、参加者の皆さんに
自分が作る止め刺し道具の材料を確保してもらっていました。
木によっても、固さなどの特徴が異なるため、
その見極めも重要です。



※これらの木々の伐採などは、事前に許可を得た山にて行っています。


皆さん、作例に引っ張られる事もなく、
かなり自由に自分の感性のまま、作ってました。
この「ねじねじのこん棒」超かっこいい!



だんだんとナイフの使い方にも慣れてきます。



焚き火の熱で、木をまっすぐに。


↓瀬戸がつかっているこん棒と、重さや握りやすさを比較・・・。
 生木が乾燥することで軽くなる事も考慮します。


瀬戸の自作したナイフの解説などもしました。




その後あらためて、くくり罠の設置の仕方の詳細を解説します。
せっかく作った罠を持って帰っていただいても、
使い方が分からないんじゃ、もったいないですしね。

女性でも比較的かけやすいやり方もあります。


↓斜めにかける場合と、垂直にかける場合で、仕掛け方が変わります。


最後に、この『トラップマスター講座』に参加いただいた
皆さんの感想を一部抜粋して、いくつかご紹介させていただきます。

猟具の作成や設置、また本では知り得ない事などを知れて
 大変勉強になりました。

 運にも恵まれ(鹿には気の毒ですが)止め刺し・中抜きを
 レクチャーを受けられ
ようやく解体の流れを通しで知る事ができ
 本当に良かったです。


完全に非日常の世界でとても楽しめた。
日ごろの運動不足たたり、二日後に全身筋肉痛w
捕まえて~解体~食事、と一連見られたのは最高。
イベント趣旨(+α)の体験が出来て、こちらの想像以上の体験が出来ました。
サバイバルっぽい体験として純度高くてすごいイベントだと思います。

とにかく楽しかったです。
鹿を獲ってお肉にして食べるという貴重な経験ができて最高でした。
皆さん素敵な方たちで、皆さんとお会い出来たことも嬉しかったです。
また、山の中の生活の魅力も感じました。ストレスなく、元気になれました。

今回の体験や出会いが、私の人生に大きな影響を与えたような気がします。
色んなことを言い訳にして、一歩を踏みだせずにいた背中を押していただけました。

おだて抜きにしてここ10年で参加したイベントで一番良かったです。

獣と真剣に向き合うって事は、山暮らしの
醍醐味のなかで、一番なのではないのかな?と思うようになりました。
綺麗な星空、焚き火の火、フルートとギターの音色、
鹿ちゃんの鳴き声、川の冷たさ、
とても、有意義な二日間でした。

一瞬一瞬が本当に濃い時間で、完全な非日常体験でした。
更に屋外で初めて顔を会わせる人達寝食を協力しあうというのも、新鮮でした。
命をいただく、それに対して感謝するなど、本当に生きることに重要な事が学べたと思います。

命が終わった鹿の透き通った目が忘れられず、肉と言う食材の裏に命がある事も実感する事ができました。
緑も沢も木洩れ日も美しく、花が咲き乱れる素敵な空間にも感動しました。
自然に寄り添う生活への憧れもより強くなりました。
参加の方も知識や経験豊富で、本気な方も大勢いてよい刺激になりましたし、
みなさん温かく明るくて居心地よく楽しい時間が過ごせました。とても素敵なイベントでした。



本当にありがたい感想を沢山いただけて、
感涙です・・・。

今後も、皆さんに喜んでいただけるイベントを実施していきますので、
ご期待ください!!
BBQ検定、受講してきました!(合否はまだ不明・・・)
こんにちは、野営と焚き火をしながらのBBQが大好きな、やっさんです。


この度、日本BBQ協会にて行われた、
今話題のBBQ検定を受講してきました。



この検定を受けるにあたり、
お仕事上?のねらいとしては、
『猪鹿庁のツアー企画や商品開発での、
ジビエ肉をご提供をさせていただく場面
における付加価値の向上』


といった感じで、それはそれで当然ではありますが、
何かと獣肉を食べる機会が多い身としてシンプルに

『旨い肉が食べたい!』


という理由での受講です。


この日の検定は、名古屋市にある精肉&輸入食材店にて、行われました。
こーいった試験的なものは、狩猟免許の試験以来ですが、
ややビビりつつも入場。



日本BBQ協会の会長、下城氏本人による解説、実演が行われました。

カウボーイハットとウエスタンシャツがとっても似合うダンディな方です。

もともと、アウトドア関連のインストラクターや解説者として
テレビなどでも活躍されていたという下城氏。
更に最近では大学にて「プロデュース論」といった授業もされており、
その解説は非常に分かり易く、示唆に富み、そして楽しい!

まずは、ウェルカムカクテルならぬ、
ウェルカムBBQフードをいただいた後に、

座学にて
そもそもBBQとは何か?
本場のBBQと日本のBBQの違いは?
BBQの発祥から本場アメリカにおける現状

などのお話から始まり、

日本のBBQにおける問題点」的なお話から
スマートなBBQをするための心得」など

BBQにまつわる様々なお話を伺うことができました。

その中でも
一人焼肉は成立するが、一人BBQは成立しない
という言葉にはすごく納得されられ、
BBQというものの位置付け、役割を再認識する事ができました。


座学の後は、実際にBBQをやりながら、試食をしながらの実演です。



BBQに必須となる道具の解説
チャコールレイアウト
炭の温度の確認方法
分厚いステーキ肉の焼き方
肉の焼き加減(レア、ミディアム、ウェルダン)の判断方法
美味しい野菜の焼き方
などなどが、
流れるように解説→実演(実食)されていきます。
そのどれもが、うんうんと頷いてしまったり、
直ぐに自分で試したくなる内容ばかり!

特にチャコールレイアウトは、
その名称が必殺技っぽくてお気に入りです。
無駄にその名称を叫びたくなります。

↓チャコールレイアウトの1つ「ツーゾーン・ファイア」!


↓分厚い牛肉は「スリーゾーン・ファイア」で豪快に焼く!


↓豚のリブは「スプリット・ツーゾーンファイア」!でじっくりと。



美味しく食べるための技術」は当然のことながら、
BBQにおける「エンターテイメント性」や「おもてなしの心
といったコミュニケーションのツールという側面を
非常に重要視している事が随所から感じられました。

↓ついパサつきがちな鶏肉もこのしっとりモイスチャー感!!



↓串BBQもこの豪快さ。


全てをしっかりと試食しながら、
ここでは敢えて書いていないコツやウンチクなどを沢山学びつつ、
お腹も満たされつつ(実際どれもウマい!)、
自分の中のBBQという概念が大きく変わる体験でした。

また、解説をする下城氏と、その下城氏をサポートする、
その他のBBQインストラクターの方々との
息の合ったやりとり、スムーズな進行は非常に勉強になりました。



そして、筆記試験のお時間です。

↓全部で30問の筆記試験。「ガチで採点し、合否を決めます。」との事。


ほとんどは今日1日の話や実習の内容を理解できていれば
回答できる問題のはずですが、
中にはこんなの習ってない!という問題もいくつかあったり・・・。
(自分が覚えてないだけ?)

合否の発表は約一ヶ月後との事で、
それまではちょっとモヤモヤした感じにはなりますが、
きっと、合格しているはずです・・・たぶん


今回得た知識や技能を、
これからの猪鹿庁ツアーの食事で
鹿肉、猪肉などをご提供する際にもバリバリ活かしていきますよ〜!

まずは直近の8月に実施する
狩猟学校 トラップマスター講座
で、どう活かそうか、イロイロと画策中です・・・。



それから、
郡上でこだわりのハム、ソーセージ作る「サムライソウルブッチャーズ」
の社長兼職人でもあり、
猪鹿庁のジビエ商品の生産&開発にもガッツリ関わっているメンバー、
三島もこの日、しっかり受講しましたよ!

今回得た知識・技能を、ツアーだけでなく、
猪鹿庁のジビエ商品にもしっかり活かしていきますので、
ご期待ください!!

狩猟学校?サバイバルワークショップ?企画、検討中です!
こんにちは。
広報課のやっさんです。
ここ郡上も日中はかなり暖かくなってきました。
そろそろ筍を掘りにイノシシが来る頃ですねー。

さて、今期もたくさんのエコツアーをやってきましたが、4月からに向けての準備も着々と進行中です!

お客様からツアー後のアンケートにて、
もっとディープな猟師の世界も体験してみたい!」とか
自分で狩猟に関する道具を作ってみたい!」
といった声を多くいただくようになりました。

現在、そのような方に向けた体験教室、ワークショップ、
ツアーなどをイロイロと企画、検討しております。

今回は、その中から、猪鹿庁のエースハンターである、捜査一課・瀬戸
スポットを当てた、
狩猟道具の自作』や『皮・角の利用法』を
自ら体験・学べる企画の一部をご紹介させていただきます。
(全ての企画が実現するかどうかは未定ですが・・・)


アラスカの原野でボウ・ハンティングなどの狩猟民の生活を経験し、
銃以外の『狩猟道具は自らの手で作る』事をモットーとしている瀬戸。


実用性を重視した彼の作る道具たちは、
「機能美」という言葉がぴったりですが、
そんな彼の道具作り及びサバイバルスキルを楽しく身に付けましょう!



案1:ナイフ作り体験
鉄板と鹿の角(または木材)から、世界で一つだけの
自分だけのオリジナルナイフを作ろう!という企画です。

↓こんな感じの鉄板を・・・


↓こんな感じに削って


↓鹿の角の柄を付けて、磨いて完成!(カッコいい~!)


↓こんな感じでバリエーションはイロイロ。実用性もバッチリ。


↓鹿革でケースも作っちゃいますか!?

※上記写真の右上のナイフは過去↓にBE-PALの表紙にも使われた、瀬戸渾身の1本ですよ〜。




案2:打製石器作り体験
今から250万年前、2本足で立ち上がった私達の祖先は石で刃物を作り、
狩猟をしていた・・・。
そんな原始の血が騒ぐ企画です!

↓黒曜石の入手はチョット大変なので、ビンの底のガラスを利用します。
 (黒曜石でも同じ手法で作れます。)


文字や写真だけでは説明がかなり難しいですが、
このガラスの板をあ~して、こ~すると・・・

↓こんな感じのすばらしく美しいハンディナイフなどが作れちゃいます!
 肉や魚を切るにはピッタリ。もちろん、解体にも使えますよ。




案3:弓矢作り体験
有史以前はもちろん、火器が出現してからも長い間、弓にかなう武器はなかった・・・。

そんな、(元)最強の武器を材料調達から自分で作ってみよう!という企画です。

※日本においては、狩猟免許の有無に関わらず、弓矢を使った狩猟は禁止されてます。
 使用する場合は周りに十分に注意し、趣味の範囲での的当てなどの利用に留めましょう。

↓まずは山を歩いて、弓矢に使えそうな木を探します。「コレなんか良さそう」。


↓コレなんか矢に使えそうだね


↓で、色々とアレして・・・。完成!


↓ちょっと試しにダンボールで的当てしてみよっか~。
 (この後、ぷすぷすと気持ちよく的に矢を当ててました。)




案4:毛皮なめし体験
最古の衣料といわれる毛皮・皮革は、いつの時代、どの文明圏においても非常に重要な役割を担ってきた。

それは信仰や習俗とも結びつき、権威や社会的ステイタスのシンボルとして、
単なる衣料の範疇を超え・・・

って、うんちくは置いといて、「自分でも毛皮をなめしたい!」って人向けの企画です。

↓実際に皮をなめしまくって、独自の工夫を重ねている瀬戸流のなめし方をいっしょに体験しましょう!


↓こすったり。


↓伸ばしたり。滑らかな革にするのって、本当に大変。でも楽しい!




今回、企画・検討のために、ダイジェストで体験してきましたが、
自分の手を動かして自分が使うための道具を作っていると、
いつの間にか無心になって本当に時間が経つのを忘れます。

いきなり綺麗にカッコよく作る事は中々難しくもありますが、
慣れないながらも自分自身のスキルが少しずつでも
上がっているような感覚は新鮮&超楽しい!!


と、こんな感じですが、今回の4つの案以外にも色々とネタはあります!
どんな感じの企画になるか、自分でもすごく楽しみです。

企画が決定次第、HPなどでご連絡しますね~。
乞うご期待です!!

猪鹿庁スペシャルツアー!
広報課のやっさんです。
 
11/7(土)、11/8(日)に、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社様にむけて、猪鹿庁6次産業化(狩る→解体→加工)の全てを知る、猪鹿庁エコツアー(1泊2日)を実施しました。
その1日目に僕も同行してきましたので、レポートさせていただきます。(今回は写真多めです。)
 
 
1日目。まずは、高山の道の駅の中にあるレストランの一室を貸しきっての、イントロダクション。
自己紹介と参加者の皆様の参加動機などを伺った後に、猪鹿庁のこれまでの歩みや活動内容などをご紹介させていただきました。
 
↓参加者の皆さんから、参加動機などをアツく語っていただけました。お話を伺うこちらとしても、大変勉強になります。



 
談笑をしながら美味しいアマゴ丼を頂いた後は、
捜査一課のプロハンター瀬戸(35age)による『狩猟体験』へ。
彼に連れられ、 猟場に同行します。

↓凸凹の林道を奥へ進む。
 

↓彼の猟場へ着きました。


 
ツアーの流れとしては、事前に瀬戸が仕掛けた複数の「くくり罠」を、皆で見回って、運が良ければ獲物が掛かっているという流れなのですが・・・。


たとえプロハンターの瀬戸と言えど、相手は自然と野生動物。
猟に出ても、必ず獲物を仕留めることが出来るわけではありません。
 
「一匹も捕獲できないこともザラですよ。」と参加者の皆様にそう言って念を押す瀬戸の後を付いて行き、
一つ目の罠を見に行くと・・・。


 

↓いきなり、ヒット。ガッチリ罠に掛ってます!参加者全員のテンションも一気にアップ!!
(自分もシャッターを切りまくる。)


 
↓手際よく、止めさし、血抜きをしながらも冷静に解説をする瀬戸。



増え過ぎた結果として害獣として扱われている鹿ですが、
少しでも苦しむ事が無いように素早く「止めさし」をして、
更に、有り難く美味しいお肉としていただくために、適切に血抜きをします。


↓途中で発見した獣の足跡を見ながら、簡単なフィールドサイン講座。



↓その後も、罠を見まわりに、やぶの中へ入り・・・


↓もっと森の奥へ進みます。(息が切れてきた・・・。)



↓すると、また罠に掛かっている!


 
更に、見回りの途中、僕のかなり先を進む瀬戸の方向から「パーン!」と銃声が聞こえたので急いで近寄ってみると・・・。

一番後ろを歩いていた僕は見れませんでしたが、先頭では、罠にかかっていない鹿を瀬戸が発見し、100m近く離れた位置からスコープ無しでスラッグ弾(散弾ではない一発弾)の一発のみで仕留めたとの事。その瞬間、見たかった!!
(瀬戸としては、これくらい普通だよ、といった感じでしたが・・・。)


↓予想以上に沢山捕れた鹿を、参加者全員で車まで運びます。重い!!


↓獲物を前に「捕ったど〜!!」

 
どんどんと鹿を捕獲しまくる瀬戸。
この後、しきりに猟の難しさを熱弁する彼でしたが、
その難しさが参加者の皆さんに十分に伝わっていたかどうかは疑問です・・・。
 



いい汗もかいて、重い鹿を運んで握力も無くなってきた後は、郡上市白鳥にある「和み舎せせらぎ」に移動し、ジビエ料理をいただきます。
長良川沿いの静かな森の中にあるこの「和み舎せせらぎ」は、ロケーションも雰囲気も最高のコテージ&BBQレストランです。

そこを貸し切りさせていただき、鹿肉のロースト、シシ鍋、郡上鮎などを堪能。

↓鹿肉のロースト (和み舎さんのスペシャル味付けバージョン)。ウマい!!


↓酔いも回ってきて、会話も弾みます。



このまま、僕も一緒に夜遅くまでゆっくりとビールやワインなどをいただきたかったのですが、
僕は明日の朝から狩猟免許試験があるので、ここで泣く泣く離脱。(それでも夜10時近くになってしまってましたが・・・。)


↓食後に瀬戸が作った毛皮のコートなどを来てはしゃぐ参加者の皆さん

皆様には、そのまま和み舎のコテージに泊まっていただきました。


2日目は、ジビエ課の三島のソーセージ工場へ『加工所見学と鹿肉ウィンナーづくり体験』。
その後、『解体処理場の施設見学&猪の解体体験』(鹿肉のフライッシュケーゼ・カレーランチと、ベテラン猟師の我らが師匠である坪井氏トーク付き!)などなど、
詰め込めるだけ詰め込んだ盛り沢山のツアー内容となりました!
 
 
参加者の感想からは、「とても充実した二日間でした」や「コンテンツとして比類ないものなので、長く継続できるツアーとして確立させてほしい」などうれしいご意見いただきました。


 
 
今後、この様なスペシャルなツアーも色々と企画していく予定です。
興味のある方は、猪鹿庁HPよりお問い合わせください。社内勉強会や研修旅行などにおすすめです。

今後もご期待ください!
【ご案内】岐阜県わな捕獲技術向上推進事業「地区研修会」の開催について
こんにちは。
長官のぜんです。

今回は岐阜県在住、狩猟免許(わな猟)を所持する方へご案内です。

岐阜県が生態系に大きな影響を与えているニホンジカの捕獲を促進するために、「くくりわな」による先進的な捕獲技法の普及を目的とした研修会を県内7会場で開催します。

【対象者】  県内に住所を有し、狩猟免許(わな猟)を所持する者 

【開催期日・場所等】

 開催期日場所 住所 申込期限
 6月4日(水)岐阜市網代公民館 岐阜市秋沢2ー297 5月27日(火)
 6月12日(木)高山市清見支所 高山市清見町三日町3056月4日(水)  
 6月18日(水)白川町猟友会射撃場研修棟 加茂郡白川町三川上田地内6月10日(火)
 9月4日(木)養老町役場中央公民館養老郡養老町石畑4918月27日(水)
 9月10日(水)瑞浪市防災センター瑞浪市土岐町112ー19月2日(火)
 9月30日(火) 谷汲サンサンホール揖斐川町谷汲名礼264ー22 9月22日(月)
 11月11日(火)郡上市総合文化センター 郡上市八幡町島谷207ー111月4日(火)
 ※各会場の定員は40名です。定員になり次第受付を終了します。
  
【受講料】 無料
【申込方法等】 本研修を受講するには申込書の提出が必要です。(提出先:(一社)岐阜県猟友会)詳細は下記地区研修会案内をご確認ください。
 

くくり罠を用いた誘引誘導型捕獲法開発~岐阜大学~
研究課から・・・


遅くなりましたが・・・

岐阜大学応用生物科学部 付属野生動物管理学センター
寄付研究部門教員(助教)森部絢嗣氏による、
『くくり罠を用いた誘引誘導型捕獲法』の講習会がありました~!!


今年、狩猟免許を取得し、猟期から狩猟を始める方を中心に経験や勘には頼らない、捕獲の初心者でも単独で低コストかつ高捕獲効率で獣類をくくり罠で捕獲する『誘引誘導型捕獲法』の講習会です!!



事前講習



家裏の山にて









次の日・・・・
捕獲成功!!!!!!!!!!!










第一回狩猟サミット・分科会紹介③

第一回狩猟サミット・分科会紹介③

2013年10月26日(土)15:00~17:30

3-A
『エゾシカの料理教室』 
エゾシカフェ店長・石崎英治氏

東京の三軒茶屋にある「エゾシカフェ」の人気メニューを店長自ら伝授します!女性の大人気のジビエ料理をこの機会にぜひ体験してください☆


食材費として1000円/定員20名程度

☆事務局コメント

東京の三軒茶屋(サンチャ!)で毎週金曜日のみ営業をしているジビエファンなら知らない人はいない!?エゾシカフェ。自ら猟師でもある石崎さんが腕によりをかけて作るエゾシカ料理は毎週予約でいっぱいです。そんなシェフ石崎氏の料理教室!参加して損はさせません!!


3-B
『骨彫る彫刻家と笛吹く猟師』
橋本雅也氏・瀬戸祐介氏

狩で仕留めた獲物の骨、角を彫り、作品に仕上げる彫刻家と、プロハンターでもあるネイティブオカリナ奏者の対談です。狩猟に関わる精神的な世界感、彫刻作品展示、著書の朗読、インディアンの楽曲、古代の狩猟技術、用具、石器、弓矢などの紹介を行います。写真は橋本雅也氏の作品です。

『素材/鹿角、骨 2010』

☆事務局コメント

本企画の中で、もっともディープな企画だと思っています。骨に命を吹き込むアーティスト橋本氏とオカリナ職人兼猟師(最近は本業猟師!?)な瀬戸氏のコラボ企画です。ここでしか実現しない企画かもしれません!


3-C

『狩猟管理学研究室とは』
酪農学園大学狩猟管理研究室・﨑山由香氏

 

2010年に開設。狩猟の価値を見直し、その機能を発展させていくことを大きな目標として、狩猟技術とその管理手法、
狩猟鳥獣を中心とした野生動物の生態と管理、鳥獣被害防除の手法、狩猟者の動向と狩猟文化、鳥獣の有効活用などについて研究しています。
エゾシカのみならず、エゾライチョウの生態調査やスズメの防除についても研究中。
また、年に数回大学生協で『エゾシカフェア』を開き、シカ肉を使った「ボルシカ」や「シカバーガー」、「シカ麻婆」などを販売。
当日は研究室についてお話しし、研究室のこと、エゾシカについてみなさんに知ってもらいたいと思っています。エゾシカの角を使った、角細工体験もあります。
お一人様200円(材料費として)

☆事務局コメント

タイトルの通り、狩猟はもはや学問なんです。狩猟文化も魅力的ですが、最先端のスマートな狩猟はかっこいいですよ!これから狩猟をはじめようと思っている方、学生にもお勧め企画です!



3-D
ソーシャルビジネスとしての獣害対策と狩猟
甲斐けもの社中・山本圭介氏

現在、被害対策として「狩猟の重要性」が数多く取り沙汰されています。では「被害を減らすための狩猟」と「ゲームとしての狩猟」はどう違いを認識されているでしょうか。ひとえに狩猟といえど、関わり方やステークホルダー、そして今後の日本の社会構造、様々な観点で見ることも大事です。野生動物問題は言うなれば社会の縮図にもなります。そこで、現在対策を行っている地域との協働型獣害対策と狩猟を含めた野生動物との付き合い方について対策ファシリテーターとして現場経験からお話させていただきます。これを機会に、まちづくりと獣害対策の面白い繋がりについて意見交換をしてみませんか。


☆事務局コメント

山本さんは、農林水産省農作物野生鳥獣被害対策アドバイザーでもあり、集落ぐるみでの対策など土着的に多くの実績を作っています。獣害対策をどうのように地域の活性化に繋がげていくか、要チェックです!

3-E
『林業と狩猟の関わり』
㈲大原林産・小森胤樹氏

ヨーロッパでは、フォレスターという人たちが森林管理の一環として、野生動物管理もやっています。郡上の山の現場を見ながら、これからの日本の林業と狩猟について考えていきましょう。

☆事務局コメント
小森さんは、郡上へIターンして林業に従事しました。すでに10年経って今では、地元林業会社の社長に就任!山を育てること・活かすことに関心が高く、株式会社郡上割りばしも設立しました。自ら狩猟免許も取得しているので、これからの林業について熱く語ってもらいます!


第一回狩猟サミット・分科会紹介②
第一回狩猟サミット・分科会紹介②

2013年10月26日(土)13:00~15:00

2-A
『射撃場見学』 
郡上市猟友会


よい猟をするには、「一犬、二足、三鉄砲」とか、「一足、二犬、三鉄砲」とか言われています。そんな3番目に重要な鉄砲について、実際に郡上市大和町母袋にある射撃場へ行き(送迎あり)、射撃実演を見学して、ベテラン猟師さんから解説をいただきます。

☆事務局コメント

射撃場ってなかなか個人的には行きづらい場所です。覗きに行っても日曜日にしかやっていなかったりします。今回は郡上市猟友会の全面的な協力を得て、見学会を開催します。

2-B
『鹿の解体実演』
猪鹿庁・籾山雄太氏

猟は楽しそうだけど、解体は。。という方は少なくないです。しかし、この解体の技術が身につけば、美味しいお肉をいただくことができます。保健所から認可を受けた食肉処理施設にて実施予定。


☆事務局コメント
マグロの解体ショーがあるんだから、鹿の解体ショーも。。猪鹿庁衛生管理課の若手猟師が、解体の講習会や年間100頭近く解体して、学んだ技術を惜しみなく伝えます!解体の腕は、地元ベテラン猟師からも太鼓判をもらってますよー。


2-C
『日本の狩猟界を救え、ハンター女子宣言!』
女性ハンティングネットワーク(TWIN&本州)
松浦友紀子氏


詳細:野生動物を「獲って食う」ことをモットーに活動をしている女性たちが、ネットワークを作りました。北海道ではTWIN(The Women in Nature)という名前で昨年秋に設立。ハンター20名を含む30名ほどのメンバーがいます。今年はいよいよ本州でも満を持して設立されます。当ワークショップでは、日本における女性ハンターの現状や女性がハンティングにかかわる意義、ネットワークの活動を紹介し、女性がハンティングしやすくなる環境づくりを目指した意見交換をして、今後の活動につなげたいと思います。いまはまだハンターではないけど、興味があるというあなたもぜひご参加ください。女性ハンター&未来の女性ハンター集まれ!(男子禁制ではありません、念のため笑)
定員:~40名 


☆事務局コメント
松浦さんは、森林総合研究所北海道支所研究員という肩書きをもちながら、狩猟者(主に女性)を増やす取り組みをされています。エコツアーや命をいただく企画なども取り組まれていて、男性率の高い猪鹿庁としても一緒に何かやりたい!と強く所望していました!

2-D

『科学的に捕獲する』
岐阜大学・寄附研究部門教員・森部絢嗣氏

猟師になって、最初の関門が「捕獲」である。一般的に「捕獲」には、数多くの「経験」が必要とされており、新米猟師が独りで捕獲することは困難であると考えられている。しかし、新米猟師の「捕獲体験の遅延」は、狩猟意欲の減退や狩猟免許取得希望者への障壁となりうる。つまり昨今の猟師の減少や高齢化の中で、いかに新米猟師へ「捕獲成功体験」を味わってもらうかが、猟師を確保するカギともいえる。そこで本ワークショップは、「経験」や「勘」といった言葉で片づけられてしまうことが多い捕獲技術を科学的に紐解くことで、新米猟師でも「早期に捕獲」を実現させる技術や思考を培うことがねらいである。まず企画者より科学的に捕獲した例を紹介し、その後、参加者全員で科学的に捕獲するためにはどうすればいいか議論する。


☆事務局コメント
岐阜大学野生動物管理学研究センタ鳥獣対策研究部門の職員である森部さんは、自ら狩猟免許も取得し、効果的な捕獲方法を研究されています。わな猟では、4日連続で捕獲したことも!さすがに嫉妬しました(笑)



2-E
ジビエの展望
NPO法人中部猟踊会・日浅一氏

ジビエは地元の地域が、地域資源として活用するに尽きる!将来の地域の方向性を決めて、そのためにジビエを活かそう!ブームに惑わされない、ジビエとの付き合い方を一緒に考えましょう。


☆事務局コメント 
日浅さんは、猪鹿庁の顧問(一方的に)です。世間がジビエブームを起こし騒ぐ中、猪鹿庁に喝を入れてくださいました。食肉処理施設を運営しているからこそ言えるジビエの実情と展望は全て腑に落ちるはず。特にジビエで地域おこしを考えたい(行政の)方には必見です。



| 1 | 2 | 最初 | next>>