プロフィール
猪鹿庁 メタ森支部さん
里山保全組織★猪鹿庁です。
猟師になって7年目を迎えますが、猟師の6次産業化を目指して日々奮闘しています!
冬は猟、夏は自然体験や広報活動と日々の活動を発信していきますので応援よろしくお願いします。
猪鹿庁オフィシャルサイト→http://inoshika.jp/

banner
QRコード
アクセスカウンタ
Total:2126197
Today:103
Yesterday:432
| 1 | 2 | 3 | 最初 | next>>
第三回狩猟サミットin京都、行ってまいりました!
10/24〜10/26に京都で行なわれた、第三回狩猟サミット

猪鹿庁の
 長官・ぜん
 捜査一課・瀬戸
 広報課・安田
の3人にて行ってまいりました!

プログラム内容などの詳細は、上記リンク先のHPや、
狩猟サミットのfacebookページなどを見ていただきたいのですが、
当日のその様子の一部を少しだけレポートさせていただきます。


↑今回の場所は、京都のやや北部にある「あうる京北」。


今回、第3回実行委員長・藤原誉さんのパッション溢れるピアノによる
オープニングで幕を開けました!


今回のテーマは、
「自然を守り活かす」生き方、暮らし方を問う

心の底からやりがいを持って頑張れる仕事は何だ?」と自身に問いかけ、
田歌舎を立ち上げ、自給自足の道を実践・探求されてきた藤原さんの言葉には、
それだけの重みがありました。


参加者のデータについて少し。
今回の狩猟サミットは、
全国32都道府県から、狩猟実践者や里山保全・保護に関わっている方、
持久的な暮らしに関心のある方など、総勢177名が集まりました。

そのうち、男性が74.2%
平均年齢は35.1歳
狩猟免許保持者は58.4%

全国からこれだけの人が、
「狩猟」をキーワードに集まるというのは、
やはりかなり稀有な場だと言えます。



その後の基調講演1では、京都大学講師・高柳敦様による
ケモノとの共存・共栄を」。

林・野生生物をとりまく昨今の環境の変化と、野生動物文化形成について、
様々なデータに基づいた分かりやすいお話をしていただけました。

野生動物の保護と言っても、生息環境、個体数、被害と分けて
考え、対処する必要があるんですね。



その後、参加者同士による自己紹介タイムなどをはさんだ後は、
恒例の10分プレゼンの時間です。

猪鹿庁・興膳による、「獣害対策で食っていく仕事の紹介」


こちらでは、カメルーンにおける野生動物管理についての話。
見たことがない動物がたくさん紹介されてました。


第二回・狩猟サミットの事務局である、
ホールアース自然学校の浅子さんによる、
田舎で使いきれていない資源をつなぎ合わせる自然学校の取り組み


写真が取れませんでしたが、その他にも
岐阜大学・森部先生による「世界のいろいろな捕獲法」などなど、
聞きたいお話が沢山あり過ぎて、
体一つでは全然足りません・・・。


夕食前に物販コーナーに立ち寄ると、
いつも罠のパーツでいつもお世話になっている、
オーエスピー商会の方から、
くくり罠の自作におけるちょっとしたコツなどを教えていただけました。



こんな感じで、聞きたい情報が溢れまくり、飽和しまくりな感じだったり、
「狩猟」に対し異常な熱量を持った人が集まっているので、
狩猟に関する色々なきっかけが沢山ころがっている感じは、
狩猟サミットの大きな醍醐味だと思います。



そして夕食の後の交流会。(ある意味、これがメインプログラムかも?)
諸事情により写真はお見せできないのが残念ですが、
本当に楽しく、様々な野人たちと楽しく語り、繋がれる貴重な時間でした。




交流会の影響で、やや寝不足の状態での二日目。

今回は3つの分科会に分かれ、
それぞれのテーマに沿って、考えていくという流れでしたが、

分科会3の「暮らしづくりから仕事づくりへ狩猟的キャリアの歩み方
に参加させていただきました。

蜂獲り師、飲食チェーン企業の担当者、研究者などといった
異なる視点から、「狩猟」を仕事へつなげる実践的な事例を
具体的な取り組みを交えながら聞き、
その後、参加者とトークセッションを行うという形でおこなわれました。

ゲストの話を聞いて共通して感じたことは、
狩猟を生業とするための「本気」と「覚悟」。


特に印象的だったのは、蜂獲り師・プロ猟師である「あつたや」の熱田安武さん。
そのユニークなキャラクターと、
自分の仕事と技術に対する絶対的な自身とプライド、そして覚悟は、
聞いていてとても気持ちが良かったですし、
自分自身の「狩猟」との関わり方について、改めて考えされられました。

対スズメバチ能力と言う、特殊能力を持っている熱田さんのお話。
本当に興味深く、狩猟サミットがいつの間にか蜂サミットに?


グラウンドには、しっかりとケモノの足跡が。


中庭では分科会1
猟のある暮らし 〜古くて新しいこれからのライフスタイルを探る」のお話がされていました。(僕も千松さんのお話、聞きたかった・・・。)


そして、この日の夜の交流回でも、夜遅くまで(朝まで?)
語り尽くせないケモノトークは続くのでした。



寝不足と二日酔いの影響がかなり濃くなってきた最終日。

3回狩猟サミット実行委員長の藤原誉さんと、
岡山・西粟倉で山村の資源を活かした六次産業化を手掛けてきた
西粟倉・森の学校の牧大介さんによるクロージングトークの後、

最後は、これまでの狩猟サミットの運営委員長の3人が壇上に上がり、
今後の狩猟サミットのますますの盛り上がりを誓ったのでした。

これまでの狩猟サミットの運営委員長の3人。左から、
第一回の猪鹿庁・興膳、
第三回の田歌舎・藤原さん、
第二回のホールアース自然学校・浅子さん。


そして、気になる第4回の狩猟サミットの開催は、
ハンターの憧れの土地「北海道」に決まりました!!
遠い!けど、絶対行きたい!!



最はに、参加者全員で記念撮影。



そして、一旦は、第三回狩猟サミットは無事に終わり、
この後、希望者の方はそれぞれオプショナルツアーに参加するという
流れに。

どのツアーのかなり魅力的で気になるものだったのですが・・・
次なるミッションがあったため、ここで退散させていただきました。

その詳細は次回のブログにて、レポートさせていただきます!



この「狩猟サミット」という場は、
何か課題を解決するというよりも、
狩猟に関わる新たな疑問や問題提起がされる場であり、
狩猟者や狩猟に興味のある人同士の情報交換や出会いの場であります。

その他にも、狩猟サミットにおける魅力は、
狩猟に関する新しく専門的な知識や技術を得る場」でもあり、
美味しいジビエ料理、猟師メシを食べまくれる場」でもありますが、
個人的には、
現代の狩猟会における、キーパーソンと気楽にお酒が飲める。
狩猟に関して自分と同等(と言うかそれ以上)の熱量のある人と出会える。
これだけで十分、遊びに行く価値はあるイベントだと感じております。


第4回の北海道では、どのような内容になるのか、今から非常に楽しみですし、
猪鹿庁としても、充実したサミットとなるよう、微力ながら協力させていきたいと思います!


『BE-PAL』の2月号に猪鹿庁が掲載されました!
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

早速ですが、今週発売された『BE-PAL』の2月号に、猪鹿庁の活動を掲載していただきました!

↓老舗かつ超メジャーなアウトドア誌『BE-PAL』。このロゴ、書店やコンビニでお馴染みですよね。



↓こんなに大きく猪鹿庁がカラー写真付きで載ってます!感謝!!
 (記載箇所は、P66〜69とP43です。)


過去にも何度か猪鹿庁について掲載いただいた事はありましたが、
こんなに大きく取り上げていただけたのは初めてかもしれません。


今回、猪鹿庁を掲載いただいた記事の内容に軽く触れさせていただくと、
近代日本における「狩猟」の歴史や状況の変化を
ソフトウェアの進化になぞらえ
現在は「狩猟3.0」時代である』として、
ユニークかつ非常に分かり易く解説がされております。

その中で、昨年の御殿場で開催された第二回狩猟サミットの様子や、
猪鹿庁の取り組みなどを紹介していただけておりました。
猪鹿庁の内容だけでなく、現時点の狩猟の状況が気になる方は、
是非、ご一読されることをオススメします。



また、今月号の特集は
絶対体験してほしい!2015野遊び年鑑』。

色々なアウトドアの達人たちが今年1年間で、
どの季節にどこでどんな遊びをしようかという計画が
具体的に沢山紹介されております。

ざっとその遊びたちを挙げてみると〜
バックカントリー、雪上ファットバイク、ウィングスーツ、ロングトレイル、テンカラ、ブッシュクラフト、蜂蜜作り、サブウィング、パックラフト、Ingress登山、星空のタイムラプス動画、ドローン空撮、カヤックフィッシング・・・と、まだまだ沢山あってきりがありませんが、
どれもやってみたい遊びばかり!

しかし、文字だけだとイメージが湧かないですね〜。
紙面では豊富な写真付きで紹介されているので、この特集を読んでいると、
今年は自分はどんなアウトドア系の遊びをしようかなぁ・・・
と妄想が膨らみまくります!
(もちろん、遊んでばかりじゃなく、狩りにも行きますよ。)


その他にも、「これは!」と気になった記事をいくつかご紹介。

災害多発時代を生き延びる!
  →災害時に役に立つアウトドア系のギア等が多く紹介されております。
   このページは使えますよ!(奥さんを説得する際にも)

U L Summit 
  →スロベニアで開催されたウルトラライトのオフ会のレポートです。
   猟師としても、装備の軽量化は重要。ロングトレイルに興味ある方も要チェックです。


先取りアウトドア道具Catlog
  →2015年の注目新作ガジェットが沢山!物欲が膨らみます。


などなど。いや〜、今月の『BE-PAL』も、読みどころ多いです。
これは買いですよ!!

↓そして敬愛する野田知佑氏の連載記事。同氏の本を愛読している身としては、同じ雑誌に載ることができるなんて、感激です。(僕自身は載ってませんが・・・)


第2回狩猟サミット終了!!

10/25(土)~10/27(月)の3日間、御殿場にて行われた、『第2回狩猟サミット』に参加してきました!広報課のやっさんです!


↑富士山。見るとやっぱり気分がアガります。
 

第1回狩猟サミットは、郡上市にて猪鹿庁が主催していたのですが、

第二回目、猪鹿庁は長官・興膳捜査一課・瀬戸が講師として参加をさせていただきました。

(今回、運営事務を引き継いで頂いた、ホールアース自然学校さん、本当にありがとうございます!)

 

充実した3日間の詳細な内容は、ホールアース自然学校さんのブログなどにて非常にわかり易く且つアツくまとめて頂いているので割愛させていただきますが、 

やはり、去年の第1回目と同じキーワードである「若さ」、「情熱」、「つながり」は今回も健在!!

(ただし「酒」は、今回は少し控えめ・・・笑)

イベント全体を「お祭りムード」、「アツいオーラ」、「オトナの修学旅行?」等々、そんな幸せな空気感が包んでおりました。

  

 「狩猟」をテーマとして、未経験者からベテランまで、本当に様々な立場や考え方を持つ人たちが平均年齢34歳、全国31都道府県から(ほとんど自主的に)集まり、

参加者同士が前呑めりで絡み合っていく笑

 この「狩猟サミット」というイベントは、本当に貴重な空間だなぁという事を改めて感じました。

 

例えば、さっきまで講師として熱弁を振るっていた方が、別のワークショップでは参加者として自分と一緒のチームで講義を受けていたり・・・。

懇親会でお酒を交えて何気なく話していたオジさんが実は凄いベテラン猟師、はたまた偉い大学教授だったり・・・。


↑さて、誰が講師でしょう?

そんな感じで、楽しく、刺激的で、充実した3日間を過ごすことが出来ました。

 

猪鹿庁に関する事を少し書かせていただきます。 

1日目の懇親会では、新メニューの「ディア・ナゲット」(鹿肉とコーンフレークを使ったナゲット)を

狩猟サミットに間に合わせて作った最新作!非常に好評をいただきました!

今後、定番メニューとできるように精進いたします!!

 


そして、2日目の分科会(選択式のワークショップ)においては、

長官・興膳による『猪鹿庁の作り方』が立見席ができるほどの満員御礼!!

(ご参加いただいた皆様、大変ありがとうございました!!)

 この勢いに乗って猪鹿庁、これからも精進してまいります。

 




最後に、次の第3回狩猟サミットの開催地は京都に決定!!

田歌舎(たうたしゃ)さんが引き受けて下さいました。

 

今回参加できなかった方も第3回はさらに充実した企画で実行委員会一同お待ちしております!!期待して下さい☆ 

いよいよ猪鹿庁本格始動!!?
こんばんは。
長官のぜんです。

郡上はだいぶ朝晩肌寒くなってまいりました。
そろそろシカが鳴き始めるのでしょうか。 

さて、表題の通り、夏は更新が滞ってすいません。。
10月からは新メンバーも加入するため、一気に活動が加速いたしますよ!!

まずは、告知です。

毎年、大好評の長良川おんぱくにて、プログラムを行います。
9月17日に申込み開始となりますので、ぜひお早めにお願いします。

11月15日(土)14:00~17:00

狩って、捌いて、食べる!郡上の里山で一日猟師体験!

http://nagaragawa.onpaku.asia/programs/5369c8f07777772e72010000

11月15日(土)猟期解禁日に郡上市白鳥町で、体験宿泊型施設として猪鹿庁レストランをオープンいたします!
今年度は予約のみの営業となる予定で、詳細はおってご案内いたしますが、私たちが獲って捌いたものを中心に、とびっきり美味しい食べ方で提供いたしますので、楽しみにしていてください。




猪鹿庁の新商品「フライッシュケーゼ」もトレッタ関店にて販売開始いたしました!ぜひご賞味ください☆




 


第2回狩猟サミット開催決定!!!
こんにちは。
長官のぜんです。

お待たせしました!昨年大盛況だったあの狩猟サミットが開催決定いたしました!!
10月25日(土)~27日(月)場所は富士山のふもと静岡県です。





第1回は「狩猟を通じて、全国の里山保全者と出会い、新しい可能性を探り、それぞれの活動を深めよう」というテーマで行いました。

第2回は、そんな想いのバトンを私たちの大先輩でもあるホールアース自然学校の方たちが受け取って下さり、実行委員会形式で準備を進めてくれています。そんなユニークな仲間たちはこちら
面白くなること間違いなしです!!

詳細は、こちらのHP(自然学校的野生鳥獣対策のススメ)からご覧いただけます。 

お申込みは9月2日からスタートということで、定員が150名なので、お早目のエントリーをお勧めいたします。当日、みなさまにお会いできることを楽しみにしております☆


 
【ご紹介】わたし、解体はじめました
こんにちは。
長官のぜんです。

この度、狩猟サミットにも参加してくれた同じ福岡県出身のちはるの森の畠山千春ちゃんが本を出版しました!!!
わたし、解体はじめました
タイトルだけ見るとびっくりするかもしれませんが、命との向き合い方が丁寧に綴られていて、ちはるちゃんの想いが多くの共感を生むといいなと感じました。

彼女はブログで過去に炎上したこともあるんです。
ただ、誤解を恐れず言うならば、私たちは「命をいただく場面」に慣れていないだけです。
私たちは生きていくうえで、たくさんの命をいただいていて、そこが見えなくなっているために、感覚がないだけです。

私たちも、猟師として毎年供養祭を行っています。
ぜひ、この本を読んで、命をいただくことについて考えていただければうれしいです。

本にも紹介していただいてますが、解体の体験をしたい方は猪鹿庁HPより、お問い合わせください。



三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社さまとタッグを組みます!!
こんにちは。
長官のぜんです。

表題にある通り、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社さまが今年度創設した、『ソーシャルビジネス支援プログラム』に採択されました!!

本プログラムは、ソーシャルビジネスに取り組む事業者を対象に「金銭的支援」と、当社役職員による「プロボノ支援」を実施するものです。

http://www.murc.jp/publicity/press_release/press_131217_1

内容としては、鳥獣被害対策や狩猟者減少という社会課題を整理し、猪鹿庁的中間支援組織を育成していく意義や可能性を探る提言書(白書的なもの)を作成する予定です。

狩猟サミットに引き続き、猪鹿庁の今年度 2発目の花火です!応援よろしくお願いします☆
第一回狩猟サミット閉幕!!
こんばんは。
猪鹿庁長官のぜんです。

熱い3日間が終わりました。


まだ終わったばかりで、総括できてませんが、参加者や講師のみなさま、事務局スタッフ本当にありがとうございました



狩猟サミットというタイトルといい、お招きする講師といい、これまでの猪鹿庁の活動で最も大きな挑戦だったのですが、参加者や講師の方々全員の狩猟にかける熱意でもって、とても有意義で楽しい場をつくることができたと思います。


今回の狩猟サミットをキーワードで例えるならば、若さ、情熱、つながり、、酒!でしょう(笑)


イベントは終わりましたが、これからが楽しみですね!!
この新しいつながりから、それぞれの新しい狩猟に☆




追伸:
初日の夜に公開収録した狩猟サミットTVユーストリームでは見れますよー。
http://www.ustream.tv/channel/hunters-summit-jp

30日更新:youtubeにアップできました☆

狩猟サミット第1回 岐阜県郡上市

http://youtu.be/z-posZuxt-g




千松信也氏の基調講演の様子


狩猟サミット決行します!!


狩猟サミットは予定通り、開催いたします!!



天候によって、内容は室内に変更するものもございますが、今回の会場は、体育館等の屋内施設もあり、概ね問題なく実施いたします。 


みなさま、お気をつけてお越しください。
事務局スタッフ一同お待ちしております☆ 


台風よーもっと遠くに行ってくれー☆ 
狩猟サミットTVのご案内


こんにちは。
長官のぜんです。

いよいよ今週末ですね。台風がかなり心配ではありますが、なんとかなると信じて準備を進めている次第です。
※万が一、直撃等で開催できないと判断した場合には24日のお昼12時には決定し、関係者の方々にはご連絡いたします。
 
さて、表題にもありますように、狩猟サミットTVの準備ができてまいりました。
下記のアドレスから配信いたしますので、番組登録をお願いします。

http://www.ustream.tv/channel/hunters-summit-jp

当日は、コメントもどしどしいただければ、豪華プレゼントも用意しております。
ぜひ、ユーストリームにログインして、ご参加ください。ゲストスピーカーに僕は猟師になったの著書、千松氏や各分科会の講師の方々にも参加いただいて、視聴者や参加者のみなさまの質問に答えていく予定です。


それでは、台風が反れてくれることを祈っています。



| 1 | 2 | 3 | 最初 | next>>