プロフィール
猪鹿庁 メタ森支部さん
里山保全組織★猪鹿庁です。
猟師になって7年目を迎えますが、猟師の6次産業化を目指して日々奮闘しています!
冬は猟、夏は自然体験や広報活動と日々の活動を発信していきますので応援よろしくお願いします。
猪鹿庁オフィシャルサイト→http://inoshika.jp/

banner
QRコード
アクセスカウンタ
Total:2127210
Today:26
Yesterday:607
<<prev | 最新 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 最初 | next>>
【ご紹介】わたし、解体はじめました
こんにちは。
長官のぜんです。

この度、狩猟サミットにも参加してくれた同じ福岡県出身のちはるの森の畠山千春ちゃんが本を出版しました!!!
わたし、解体はじめました
タイトルだけ見るとびっくりするかもしれませんが、命との向き合い方が丁寧に綴られていて、ちはるちゃんの想いが多くの共感を生むといいなと感じました。

彼女はブログで過去に炎上したこともあるんです。
ただ、誤解を恐れず言うならば、私たちは「命をいただく場面」に慣れていないだけです。
私たちは生きていくうえで、たくさんの命をいただいていて、そこが見えなくなっているために、感覚がないだけです。

私たちも、猟師として毎年供養祭を行っています。
ぜひ、この本を読んで、命をいただくことについて考えていただければうれしいです。

本にも紹介していただいてますが、解体の体験をしたい方は猪鹿庁HPより、お問い合わせください。



猟期終了!&来年度の抱負!!
こんにちは。
長官のぜんです。

3月15日(イノシシ・シカのみ)をもって今狩猟期が幕を閉じました!地域によっては2月15日 までだと思いますが、みなさまの猟果はいかがだったでしょうか?

猪鹿庁としては、エースの捜査一課S係長が今期から仲間に加わっていただいたおかげもあって、なかなか楽しい猟期になりました。

そんな捜査一課S係長が20日18時頃東海テレビのスーパーニュースに出ます!
ぜひ、東海地域の方はご覧ください。


岐阜県郡上市は早くも有害駆除期間に突入しました。
新芽が出てくる前に、田畑に降りてくる動物とは決着をつけたいところですね。 

今月後半は、本業のキャンプ事業のため、更新がなかなかできないと思います。(ごめんなさい。。

そこで、来年度の抱負!!
①「守り、捕獲できる集落倍増計画」を来年度も広めます!新規2集落☆(合計5集落)

②猟師の6次産業化の完成系を構築します!!(盆明けごろ発表します☆)

③狩猟サミットin静岡が成功できるよう全力でサポートします!


来年度も猪鹿庁をよろしくお願いします☆ 
【追加募集&報告】わな猟技術講習会!

こんにちは。

長官のぜんです。

2月19日に1回目のわな技術講習会を開催いたしました。
定員は30名でしたが、当日参加もありなんと35名の方にご参加いただきました。
遠くは江戸(東京)から!!

岐阜大学の森部先生の映像を交えた実践的な講義に参加者のみなさまの表情は真剣そのもの!

後半は、野外にて実際にくくりわなをかけてみたり、檻の仕掛け方を習ったりとあっという間の2時間半でした。 




3月2日に第2回目の罠技術講習会を開催いたしますので、ぜひご参加ください。
まだ定員に少し空きがありますので、ご連絡いただければ受付いたします☆
「中部ESD拠点Day」in名古屋


「中部ESD拠点Day」in名古屋
開催されま~す


地域内外の多様な課題と、その解決をめざして活動を行っている方々と共に、持続可能な社会を実現するための学びのネットワークを広げる場です。



急遽、猪鹿庁も参戦します!!


とはいえ、母体であるメタセコイアの森の仲間たちと猪鹿庁の活動発表です。7分ほど・・・

どなたでも参加できるそうです。
お時間ある方、名古屋で会いましょ~




「中部ESD拠点Day」開催のお知らせ

日時:2014年2月8日(土) 10:00~19:00
会場:名古屋市立大学 滝子(山の畑)キャンパス 2号館(教養教育棟)
   〒467-8501 名古屋市瑞穂区瑞穂町山の畑     http://www.nagoya-cu.ac.jp/1481.htm
     ◆地下鉄でのアクセス
      桜通線「桜山」駅下車5番出口から徒歩12分
     ◆市バスでのアクセス
      金山駅 金山7番乗り場より金山11・12・16「滝子」下車
      金山駅 金山8番乗り場より金山14(桜山経由)「滝子」下車
主催:中部ESD拠点協議会
助成:地球環境基金
連携:ESDあいち・なごやパートナーシップ事業

 

開催趣旨

中部ESD拠点(国連大学認定RCE:ESDの地域拠点)は、2014年2月8日(土)に「中部ESD拠点Day」を開催いたします。2014年に愛知・名古屋で開催される「ESDに関するユネスコ世界会議」に向けて、中部ESD拠点では、2012度から「2014年プロジェクト」と題し、ESD推進のための「中部モデル」の構築に向けた活動を実施しています。2月8日(土)は、午前に「中部ESD拠点2014年プロジェクト~2013年度総括会議~」を、また、午後には「伊勢・三河湾流域圏ESD講座~2013年度発表交流会~」を実施します。地域内外の多様な課題と、その解決をめざして活動を行っている方々と共に、持続可能な社会を実現するための学びのネットワークを広げましょう。どなたでも奮ってご参加いただけますようお願いいたします。

プログラム
第Ⅰ部  「中部ESD拠点2014年プロジェクト」2013年度総括会議(10:00~12:00会場 207教室)
■開会式(10:00~10:20)
・開会のあいさつ 飯吉厚夫(中部ESD拠点代表、中部大学理事長/総長)
・プロジェクト説明 古澤礼太(中部ESD拠点事務局長、中部大学講師)
■主体別・テーマ別分科会の活動報告(10:20~11:20)
  ・「企業とNPO」(第1分科会) 活動報告
  ・「学校教育と地域」(第2分科会) 活動報告 
  ・「高等教育」(第3分科会) 活動報告 
   ・「国際協力とESD」(第4分科会) 活動報告 
・「伝統文化とESD」(第5分科会) 活動報告
・「伊勢・三河湾流域圏ESD講座」活動報告
■全体討論(11:20~12:15)
■閉会のあいさつ 
竹内恒夫(中部ESD拠点運営委員長/名古屋大学教授)

=======================================================
12:20~13:10 中部ESD拠点協議会総会
=======================================================

第Ⅱ部 「伊勢三河湾流域圏ESD講座」2013年度発表交流会(13:30~19:00  会場 207教室)
■開会式(13:30~14:00 会場)
・開会のあいさつ 飯吉厚夫(中部ESD拠点 代表、中部大学 理事長/総長)
・趣旨説明 古澤礼太(中部ESD拠点事務局長、中部大学 講師)
■伊勢三河湾流域圏ESD講座発表会(14:15~16:15)
*各講座の内容や成果について4会場に分かれて発表を行います
■全体討論(16:25~17:30   会場207教室)
■閉会のあいさつ 
竹内恒夫(中部ESD拠点運営委員長/名古屋大学教授)
■懇親会 (17:30~19:00 )
・参加費2,000円

※なお、プログラムは予告なく変更される可能性があります。

[参加のお申し込み]
下記の記載事項をご記入のうえ、下記の事務局までご連絡ください。
記載事項
:①お名前 ②ご所属 ③ご連絡先(メールアドレス、電話)

中部ESD拠点事務局
電話:0568-51-7618
e-mail:office@chubu-esd.net



【告知】わな技術講習会のご案内
こんにちは。
2月に入り、猟期も終盤戦に入ってまいりました。
みなさまの地域では、いかがお過ごしでしょうか?
長官のぜんです。

さて、表題にもあるように、講習会を開催いたします。
わな猟をもっと精度を上げたい!とか、効率よく捕獲できる方法をしりたい!もしくはまだ免許もってないけど、興味はあるという方に朗報です!


講師はなんとあの狩猟サミットでも大好評だった岐阜大学の野生動物管理学研究センターの助教・森部絢嗣先生

 以下の日程で開催いたしますので、興味のある方はぜひお越しください☆
参加費は無料です。(岐阜県の「地域の人材を活用した新たな捕獲体制整備モデル事業」として行います)
すでに、地元の方を中心にたくさんお申込みをいただいておりますので、お早めにご連絡ください!お待ちしております。

1 講習会の概要

 (1)日時等 (2回開催:内容は同じです)

【第1回】

日時:平成26年2月19日(水) 13:00~15:30 (12 時半受付開始)

場所:郡上市八幡町美山 夕谷公民館    (八幡町美山3968番地3)

対象:罠猟免許取得者(初心者歓迎)

定員:30名(先着順)

 

【第2回】

日時:平成26年3月2日(日) 10:00~12:30 (9 時半受付開始)

場所:郡上市八幡町美山 夕谷公民館    (八幡町美山3968番地3)

対象:獣害にお困りの方、罠猟に興味のある方

定員:30名(先着順)

 

(2)講習内容(講師:森部 絢嗣氏 岐阜大学 寄附研究部門教員(助教))

       

講習①ビデオでくくりわな猟を知る

講習②わな猟の注意事項等(わなをかける時のマナーや事故防止など)

講習③実際にくくりわなのかけ方を実演します! (野外)

2 注意事項

 (1)定員になり次第しめ切ります。

(2)なお、この講習会は狩猟免許を取得するための予備講習会ではありません

(3)持ち物は特に必要ありませんが、動きやすい暖かい服装でお越しください。

3 お申し込み方法

 以下に必要事項を記入の上(コピー可)、郵送、FAX、メールで猪鹿庁までお申し込みください。 なお、お急ぎの場合は、電話での受け付けも行います。 



以下より(ワード形式)ダウンロードできます。

http://metamori.lolipop.jp/metamori/?p=2583


まんぷくジャーニーdeまんぞくジャーン♪
はじめまして。猪鹿庁食べる課のなッつです。


新年明けてから早1ヶ月が過ぎ、2月となりました。


例年にない陽気候で、私たちのいる郡上市大和町ではすっかり雪が溶けてしまいました。

















しかし、とある場所に行ってみると、どーん!!




もひとつ、どーん!!



なんと、七輪 infront of the 巨大かまくら、雪だるまを発見しました!!


実は本日2月1日…

岐阜まんぷくジャーニー(以下まんジャニ)企画

『驚愕の!!イノシシ丸焼き実演&かまくらでどぶろく』

~冬の郡上大和でジビエを満喫~


ジビエ(野生鳥獣肉)を五感で体験してみませんか?まずは鹿の角でアクセサリー作り。その後猟師の話を聞きながらイノシシ丸焼きの実演を見学します!昼食は、なんとかまくらの中で熱々の鹿肉カレー、シシ汁をいただきます。七輪で焼くぷくぅとしたお餅には郡上味噌をつけて。さらに、どぶろく特区の町、大和のどぶろくも味わえます。お酒が苦手な方はノンアルコールの甘酒をどうぞ。食べて、飲んで、雪にふれて、冬の大和町を存分にお楽しみ下さい。


という美味しい日だったのです。


そして、タイトルの


『驚愕の!!イノシシ丸焼き実演&かまくらでどぶろく』


と謳った以上、かまくらが必要ということで、


大和町観光協会の方々が
相当必死に雪をかき集め作ったものでした。





今回、猪鹿庁はこの企画の中にある


『鹿角アクセサリー作り体験』


をすることになり
若手猟師のGO君が行くことに。


おいしいジビエ料理が食べれるかもしれないので


私もおねだりして行けることになったのです♪


名古屋や東京、新潟など色々な所から30名以上もの参加者の方が集まりました。





ポカポカ天気のもと、


まずは、『鹿角アクセサリー作り体験』


鹿の角をノコギリで切って、




わ~い。




穴をあけて、ヤスリで磨いて、ニスを塗って、紐をとおして、



出来上がり~♪



みなさん、色んな形の鹿角ネックレスが出来上がりました。



(注:エリンギじゃないよ!)↓

オリジナルお土産完成でーす。






アクセサリーも出来たところで、いよいよメインのお昼ごはん。

メニューのラインナップも流石です!!

・しし汁
・鹿カレーライス
・ジビエ肉まん
・餅(郡上味噌添え)
・どぶろく
・甘酒
etc…





ジビエ肉まんは、商品開発途中!! 一足お先にいただきました~♪
皮はもっちり、具はジューシーで美味しい。




しし汁は、お野菜たっぷりでトロトロでした!
一緒に食べると身体がぽかぽか温まります。




郡上のどぶろく
奥の奥(辛口)
大和歌魅(甘口)

運転される方用に甘酒までありました。




参加者の中には、こんな素敵なしおりを作ってくる人も。


かなりの本気さが伝わってきます!!



マイカップならぬ、マイおさけ、おちょこセット持参にびっくりー!!


他にも、ビールを持ってくる人、

手づくり鹿角ナイフをもってくる人、

なかなか、気合が入っている、自由なみなさんでした(笑)





大人が入ってもOK! 

頑丈なかまくら



薪割り体験も。



わな猟体験も。




この他、イノシシ丸焼実演もしました。






アットホームな雰囲気と、美味しいジビエ料理(お酒も)で、


心もお腹もまんぷくで、とってもまんぞく!!



ということで食べる課、本日の任務終了です。






【ご報告】ついに猪鹿庁が農水省に!!!?
こんにちは!
長官のぜんです。

うれしいご報告です!!

猪鹿庁の活動が

「平成25年度 鳥獣被害対策優良活動表彰」において生産局長賞を受賞いたしました!!




http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/saigai/140131.html


 
今後も、猪鹿庁は加速していきますよー☆
応援よろしくお願いします!! 
冬の森で雪遊びとアニマルトラッキングエコツアーin郡上

冬の森で雪遊びとアニマルトラッキングエコツアーin郡上

~野生動物と森林についてあそびながらかんがえよう!!~




到着して、すぐに子どもたちは野生動物の落し物??に興味津々


あそび道具は、自分たちでつくりります






昼食は、ペンションリトルパインの手作り料理、鹿肉のハンバーグ・コーンクリームコロッケ・天然なめこ汁・第15回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会で、特別優秀賞をもらった、「ほっぺた米」の炊きたてご飯をいただきました~!!

鹿肉のハンバーグは柔らかくて、『ハンバーグ、おいし~!!』の声があがっていました~



おなかをもいっぱいになり、いざ雪遊びへ!!



雪が例年より少ないものの、かまくらや雪だるまづくり、そりあそびをしました~
お父さんもお母さんも汗だくになりながら必死にあそんでました~












その後、足跡クイズのあと、アニマルトラッキングに出発!!
民家近くに足跡をたくさん発見し、「これはウサギ?これはカモシカ?」など、どんどん目がなれて獲物を仕留めるハンターの目になってました(笑)







鹿角を使って、アクセサリーもつくりました~







最後に、都会に住みながらでも、「みんなができること」を考えました~!!
かなりおもしろいことばかりでてきました~↓↓↓



みんなができること

・地方に住む人を増やす
・鹿をみつけたら、追いかける
・家の数をふやす
・人間のにおいをつける
・エアコンをこまめに消す(温暖化の影響で鹿が増えているから)
・どうぶつが山で過ごしやすいようにする(里山に出にくい環境をつくる)
・山にどうぶつのエサ場をつくる(里山に出にくい環境をつくる)
・電気柵をつくる(収入源のひとつにする)
・自然を大切にする
・捕まえる→食べる(おいしいから食べてあげないかわいそう)
・エサをあげない(畑に野菜のくずを捨てない)
・山と家の間にセーフティーゾーンをつくる
・動物を保護地区に集合させる(里山に出にくい環境をつくる)
・いっぱい遊んで人の気配をさせる
・足跡を追いかける
・鹿肉をたべる
・夏にあそびにくる
・鹿バーグを食べておいしかったので、友達に「おいしかったよ」ってみんなにいう
・鹿の角を、山に拾いに行く
・鹿肉・猪肉を楽天に出店→口コミ・・・売上増やそう!!
・小学校の給食で、ジビエを食べようにする
・猟師になる!!


清流の国ぎふ親子「森・川・海」体験ツアー!!

1月11・12日に、清流の国ぎふ親子「森・川・海」体験ツアー!!
“冬の森で若手猟師と遊び・学ぶ! 郡上白鳥の森でアニマルトレッキング&雪遊び”
を開催しました~!! 


清流ミナモ、公式Facebookから、ツアーの様子が紹介されていま~す(^0^)




スノーシュー」を装着して野生動物の足跡をたよりに森の中を歩く経験やワナ猟の体験はみんな初めて。 雪に足をとられる場面もありましたが子どもたちは慣れるのも早いです。(大人は足がガクガク・・・) 森でシカやイノシシの足跡を見つけて興味深々でした~!
食事はもちろん地元の食材。猟で捕れたイノシシのすき焼きやジビエ料理も味わってきました。地元猟師さんとの交流...もあり、「こんなに美味しく食べられる」ってことや「命をいただくこと」の大切さを学び、野生動物と人の暮らしとの関係をとても身近に感じたルル!
翌日は、雪原で段ボールと肥料袋で作ったお手製のソリ遊びやリレーをして思い切り遊び、記念の品となる鹿角のアクセサリー作りを楽しみました。
ご参加いただいた皆さん、有り難うございました。




清流ミナモ(公式Facebook)
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.273599939461877.1073741894.190367784451760&type=1









































MATAGIシンポジウムin東京

MATAGIシンポジウムin東京が開催されま~す(^0^)/


里山再生~明日からできる獣皮活用
鳥獣被害に苦しむ里山地域で発生した獣の皮をテーマに
都市部、墨田区のもつ「ものづくり」のノウハウや人々の知恵を里山とコラボレーションさせ、都市と里山、双方を活発化させていく可能性を見出す事業を進展させるためのシンポジウムです!

有害鳥獣の問題に興味関心を持っている方
捨てられていくもったいない命、資源(毛皮など)をどうにかしたいと思っている方
今は直接関わりがない方も知ることで社会が変わっていくきっかけになります!

また、活用に向けた取り組みをしている、これからしようとしている色んな立場の方々が集う場なので、繋がりをつくる意味でもとても有意義なイベントとなること間違いなしです!



日時:2014年2月21日(金)
    13時30分~18時10分(受付け開始は13時~)

場所:すみだ産業会館 8階 サンライズホール

参加費:3,000円
     ※事前申込みが必要です。当日参加申込み者は4,000円

申込み締め切り:2月17日(月)

申込方法:ホームページ上の参加受付フォームにて事前登録が必要です

クリック!!→MATAGIシンポジウム参加登録受付

※事前登録にあたって
・2月17日(月)受付分まで登録可
・参加費は当日受付にてお支払いください(現金のみ)

野生獣(猪・鹿)の駆除後に排出される残皮を“地域資源”として有効活用しようと取り組む「MATAGIプロジェクト」シンポジウム開催のご案内です。獣皮活用方法が手に取るように判ります。明日に繋がるこの機会を活かしましょう!

 

<主な内容>

・皮革製品にするための獣皮処理方法

・獣皮を売りたい買いたいを繋ぐ新たな提案

・製品見本の販売&先進事例発表

・獣脂を皮革製品クリームとするセミナー

・試作皮なめし、皮剥ぎ講習会、なめし工場見学会の先行受付

などなど、盛りだくさんの内容です。参加申込&開催内容は添付資料をご覧ください。

 

日時:平成26年2月21日(金)13時~18時

場所:東京都墨田区 すみだ産業会館(JR錦糸町駅徒歩1分)

※会場都合上、先着300名の参加受付

 

☆お土産コーナー併設

原皮保管(腐れ防止)のための天日塩無料配布(100個限り)、キリンビール試飲会、ジビエ料理の試食会、獣皮活用製品の販売等

 

MATAGIプロジェクト実行委員会 担当:革のまちすみだ会 山口




<<prev | 最新 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 最初 | next>>