プロフィール
猪鹿庁 メタ森支部さん
里山保全組織★猪鹿庁です。
猟師になって7年目を迎えますが、猟師の6次産業化を目指して日々奮闘しています!
冬は猟、夏は自然体験や広報活動と日々の活動を発信していきますので応援よろしくお願いします。
猪鹿庁オフィシャルサイト→http://inoshika.jp/

banner
QRコード
アクセスカウンタ
Total:2087675
Today:210
Yesterday:612
『狩猟学校 トラップマスター講座』絶賛、準備中です!
こんにちは、夏風邪をひいてしまい、
鼻→喉→頭→関節を一通りやられた、やっさんです。

先週末より、参加者を募集中の
狩猟学校 第2回:トラップマスター講座
の準備を、講師である捜査一課・瀬戸と着々と進めております!

ツアー内容の詳細は↓をご覧くださいね。(まだまだ参加者募集中ですよ!)
http://inoshika.jp/tour/index.php



今回のこの投稿では、
「先日に行ってきた瀬戸の猟場での本ツアーの前準備の様子」を伝えつつ、
上記のツアー参加者募集ページでは、
まだまだ伝えきれてない
本ツアーのイメージや魅力?などをご紹介させていただきます。






この日は、ツアーに必要となる道具の準備や、
ツアーの流れの詳細を瀬戸と細かく確認するために、
彼の猟場へ行ってきました。

猟場に着くと、
「(ツアーの際も見て回る)罠の見回りに行こうか。」との事。
さっそく、瀬戸の銃や罠、こんぼう、撮影機材などを軽トラにのせ、
見回りに同行。

↓こんな感じの林道、旧道を車で走り、複数箇所にしかけた罠の見回りをします。


罠の近くで車を降りて、獲物がかかっているかどうか、
空はじきが無いか、等を確認します。

↓大型の猪が罠にかかっていた場合や、
見回りの途中に獲物に遭遇した場合のために、
銃も持参して見回りをします。


二つほど罠を見て、
次の三つ目の罠を見に行くと・・・


↓いました!まだ若いオスです。


↓がっちり罠にかかってます!


鹿にとっての怖い思いや苦しい思いはなるべく少ないくしたいところ。
素早く鹿に近づき、「こんぼう」で一撃で気絶させ、ナイフで止め刺しをします。


↓止め刺し後、鹿の前でお祈りをして、軽トラまで運ぶ瀬戸。



本ツアーでは、上記写真でも使用している「こんぼう」だけでなく、
止め刺しに使う武器を以下の4種類から選んでいただいた上で
参加者の皆さんに作っていただきます。

↓かなり迷うけど、個人的はやっぱり最も原始的な「こんぼう」がそそる!


↓一本の木を選ぶところ(木によって特性が色々あります)から、
こんな感じで自分の手で削り出して武器の形にしていきます。
参加者のみんなで焚き火を囲みながらやる予定です。
(武器によっては、焚き火の熱を利用する工程もあります。)



↓この時期は有害駆除としての鹿の捕獲であるため、
捕獲後にはこのように証拠写真を撮影します。


↓これがツアーでも作る「瀬戸式くくり罠」です。(大量!)


くくり罠は、基本的には複数箇所にしかけるものですし、
消耗品でもあるため、罠の自作スキルが身に付けば罠師としては強いです。
また、他のタイプの「四角い枠を使うくくり罠」や
「V字型のバネを使うくくり罠」等と比べて、
コンパクトで軽く、安全な点もこの瀬戸式くくり罠の特徴と言えます。


↓今回、鹿がかかった場所に、罠を再度しかけます。
このような駆け上がりの斜面に仕掛けやすい点も、
瀬戸式くくり罠の特徴の一つです。
(一般的なくくり罠は平地に仕掛ける事が好まれますが、
 瀬戸式では、斜面にも積極的に仕掛ける事ができます。)


例えば上記写真の獣道のどこに罠を設置すれば獲物がかかりやすいのか?
そんな疑問やちょっとしたコツなんかも、
本ツアーではしっかり伝授いたしますよ〜。
(本ツアー向けに作った、手作り感満載の教科書付きです!)


その後、捕獲した鹿の腹抜きを終えた後に、
罠の作成などのワークショップを行う河原に移動。


↓ここが罠の作成などのワークショップを行う河原です。
作った罠は、実際に仕掛けた後に、各自お持ち帰りいただけます。
(野営するポイントはまた別です。)

ここは標高が高めの山中を流れる渓流とは思えないくらい、
広く穏やかな淵になっていて、水の透明度も高く、すごく気持ちが良いです。
個人的には、ツアー当日はウェットスーツを着てここで泳ごうかなと企んでいたり・・・(真夏とは言え、そこそこ水は冷たいです。)

↓と、妄想を膨らめていると、なにやら瀬戸が石をこすり始めました。


↓少しですが、石が綺麗に削れてる!こうやって作るのが磨製石器ですね。
「削る側の石」と「削られる側の石」の選定にもコツがあるようです。



ついでに打製石器も、と。

↓こうやって石をハンマー代わりにして剥離するタイプの石をうまい具合に叩くと・・・


↓けっこうスルドク剥離しました!


↓葉っぱもスパスパ切れる。



今回のツアーのプログラムには「磨製石器作り」や
「打製石器作り」のための時間はとってありませんが、
ツアー中のちょっとした休憩時間中に、川遊びだけでなくこんな遊びもアリかも知れません。
(磨製石器に関しては、手だけで綺麗に整形するためには相当な時間と気力が必要らしいですが・・・)


河原の対岸に鹿らしき動物を発見!
↓素早く銃を構える瀬戸。


結局この時は、すぐに動物は姿を消したので発砲しませんでしたが、
ツアー当日は動物を射つ瞬間に立ち会う事ができるかも知れません。

↓場所を変え、先ほど獲った鹿の解体です。
あっという間に瀬戸家の自家消費用のお肉になりました。


↓綺麗な夏毛の鹿皮が取れました。この皮も大切に利用します。


↓「今度のツアーではこんな感じで野営しようと思ってるんだよね〜。」
と言いながら・・・試行錯誤すること数分。
この蚊帳、アメリカから輸入したばかりのモノで、初めて設営するようです。
そのお値段、なんと9ドル!(安い!)


↓最終的には、こんな感じの超軽量、超清涼、超安価テントが出来ました!



トラップマスター講座」では、こんな感じでブッシュクラフト的な
遊びも取り入れつつ、みんなで野営場を作って行く予定です。


今回は書けてませんが、
夕飯のジビエBBQなどの食事もお楽しみに!
(こちらも色々と準備中です!!)

と、一部ではありますが、「トラップマスター講座」の
イメージが少しは伝りましたでしょうか。


本ツアーは、これまでの猪鹿庁のツアーの中でも、
ディープというか、色々な意味で少し敷居が高いかも知れません。
(それでも既に女性の参加者もエントリーいただいていますが)

敷居が高いと考えられる例としては、

罠を自作し、仕掛ける場所の選び方から仕掛け方までをしっかり伝授する
とは言っても、その罠を使用するためには狩猟免許が必要であったり、

イベント実施場所&宿泊場所がキャンプ場や宿泊施設ではなく、
瀬戸の猟場(思いっきり山の中!)である点
だったり。

罠の見回り同行時に実際に獲物がかかっていたら、
その場で命を絶つ「止め刺し」や、
内臓を取る工程「腹抜き」を見るというかなり刺激が強い点だったり。
(100%獲物が罠にかかるわけではないので、この工程はない場合もありますが・・・)

ただ、このような「敷居が高い」と感じられる点がそのまま、
本ツアーの魅力・醍醐味だとも言えます。

それだけ自然や命と真正面から向き合う事のできる、
他ではちょっと体験できない一泊二日になる事は間違いありません。

また、このような万人受けではないツアーに来られる
参加者同士の交流も、本ツアーの大きな魅力になるはずです!

実際に猪鹿庁ツアーでは、ちょっと変わった人趣味が合う人同士が多く集まるためか、
ツアー中に仲良くなって、ツアー後にも繋がりを持つ方が多いように感じます。


本ツアーの日程は、
8/15-16
8/22-23のどちらかを選んでいただけるようにしておりますので、
ご興味のある方、ぜひご参加下さいね!!


尚、興味はあるけど・・・、
テントや寝袋などの野営道具がない!って方や、
現地までの移動手段(車)がない!って方なども、
ご相談にのらせていただきますので、
e-mail : staff@metamori.org または 
電話 : 0575-88-1085
までご連絡下さい。

猪鹿庁スタッフが可能な限りなんとかします(笑)
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=38059