プロフィール
猪鹿庁 メタ森支部さん
里山保全組織★猪鹿庁です。
猟師になって7年目を迎えますが、猟師の6次産業化を目指して日々奮闘しています!
冬は猟、夏は自然体験や広報活動と日々の活動を発信していきますので応援よろしくお願いします。
猪鹿庁オフィシャルサイト→http://inoshika.jp/

banner
QRコード
アクセスカウンタ
Total:2447186
Today:299
Yesterday:219
猟銃技能試験!!

捜査一課のGOです

4月22日のことですが・・・

猟銃の技能試験受けに高山市まで行って参りました

郡上市明宝から、1時間半ぐらいで車で走った山の中に射撃場がありました



受講生は、GO1人

早速着くなり、
猟銃の上下二連と自動銃に関する取り扱いと構え方、
猟銃の分解方法など、
講習を15分ほど受けて、いざ射撃訓練へ

が、しかし・・・

指導官から、『実包(銃弾)ある?』

GO 『ないです。こっちで買えるとこちらの方に聞いたの
    ですが・・・』

指導官 『えっ!?買えませんよ!!』

GO 『マジっすか!!』

射撃場管理人 『この高山市では買えるけど、この射撃場    
          では買えんよ。』

GO 『はぁ・・・(こっちとはそういうこと・・・)』

指導官 『なら、車で買いにいくか!?』

てな具合で、片道30分ぐらいかけて、実包が買えるところまで行き実包を50個買って、結局往復1時間ほどかかりました

実包買えるとことが休みやったら、試験は中止やったそうです危ない

やっと射撃訓練へ!!

まずは、25個の実包を使ってクレーを打ち落とす訓練
クレーとは・・・
直径11センチメートル、厚さ約25ミリメートル、重さ100グラムの石灰とピッチでつくったかわらけの円盤

初めの25発中・・・

1発命中のみ!!全く当たらない


次の25発から、実技試験!?

指導官 『25発中、2発当てな、合格できんぞ!!』

GO 『マジっすか!?やばい

そんな気持ちで、試験に突入

しかし、7発命中

なんとか、猟銃試験も合格し、次は猟銃許可申請へ


※写真をとったのですが、間違えて削除してしまいました。
 すみません。