プロフィール
猪鹿庁 メタ森支部さん
里山保全組織★猪鹿庁です。
猟師になって7年目を迎えますが、猟師の6次産業化を目指して日々奮闘しています!
冬は猟、夏は自然体験や広報活動と日々の活動を発信していきますので応援よろしくお願いします。
猪鹿庁オフィシャルサイト→http://inoshika.jp/

banner
QRコード
アクセスカウンタ
Total:2264746
Today:228
Yesterday:286
第2回狩猟サミット終了!!

10/25(土)~10/27(月)の3日間、御殿場にて行われた、『第2回狩猟サミット』に参加してきました!広報課のやっさんです!


↑富士山。見るとやっぱり気分がアガります。
 

第1回狩猟サミットは、郡上市にて猪鹿庁が主催していたのですが、

第二回目、猪鹿庁は長官・興膳捜査一課・瀬戸が講師として参加をさせていただきました。

(今回、運営事務を引き継いで頂いた、ホールアース自然学校さん、本当にありがとうございます!)

 

充実した3日間の詳細な内容は、ホールアース自然学校さんのブログなどにて非常にわかり易く且つアツくまとめて頂いているので割愛させていただきますが、 

やはり、去年の第1回目と同じキーワードである「若さ」、「情熱」、「つながり」は今回も健在!!

(ただし「酒」は、今回は少し控えめ・・・笑)

イベント全体を「お祭りムード」、「アツいオーラ」、「オトナの修学旅行?」等々、そんな幸せな空気感が包んでおりました。

  

 「狩猟」をテーマとして、未経験者からベテランまで、本当に様々な立場や考え方を持つ人たちが平均年齢34歳、全国31都道府県から(ほとんど自主的に)集まり、

参加者同士が前呑めりで絡み合っていく笑

 この「狩猟サミット」というイベントは、本当に貴重な空間だなぁという事を改めて感じました。

 

例えば、さっきまで講師として熱弁を振るっていた方が、別のワークショップでは参加者として自分と一緒のチームで講義を受けていたり・・・。

懇親会でお酒を交えて何気なく話していたオジさんが実は凄いベテラン猟師、はたまた偉い大学教授だったり・・・。


↑さて、誰が講師でしょう?

そんな感じで、楽しく、刺激的で、充実した3日間を過ごすことが出来ました。

 

猪鹿庁に関する事を少し書かせていただきます。 

1日目の懇親会では、新メニューの「ディア・ナゲット」(鹿肉とコーンフレークを使ったナゲット)を

狩猟サミットに間に合わせて作った最新作!非常に好評をいただきました!

今後、定番メニューとできるように精進いたします!!

 


そして、2日目の分科会(選択式のワークショップ)においては、

長官・興膳による『猪鹿庁の作り方』が立見席ができるほどの満員御礼!!

(ご参加いただいた皆様、大変ありがとうございました!!)

 この勢いに乗って猪鹿庁、これからも精進してまいります。

 




最後に、次の第3回狩猟サミットの開催地は京都に決定!!

田歌舎(たうたしゃ)さんが引き受けて下さいました。

 

今回参加できなかった方も第3回はさらに充実した企画で実行委員会一同お待ちしております!!期待して下さい☆ 

22世紀奈佐の浜プロジェクトに参加してきました
「猪鹿庁」として、三重県の鳥羽の海に浮かぶ、答志島の海岸(奈佐の浜)の清掃に行って参りました。
近づく台風の影響が心配されましたが、当日は快晴!
猪鹿庁のメンバー4人で、鳥羽に集合して、いざ答志島へ。

↓フェリーに乗って答志島へゴー!(鹿のポーズか?)


↓答志島、発見!(実際は真逆の方向)





なぜ猪鹿庁が海(島)へ?と思われる方もいるかも知れませんが、 
1年間の伊勢湾の漂着ゴミは約1万トン!
そのうちの約80%が伊勢湾へ注ぐ川からの流木なのです。
それら流木などが、のり漁などに多くの悪影響を及ぼしたり、
ひどい場合は、船が出港できない事もあるそうです。

郡上を流れる長良川からも流木などが流れているとなると、郡上を愛する猪鹿庁としては無視できません!

※これらのプロジェクト、清掃活動等の内容の詳細は↓をご参照下さい。
(定期的なイベントで、どなたでも参加できますよ!)
http://genki3.net/?p=40635


答志島へ着くと、そこはどこか懐かしい感じの漁村。
その港から奥へ進み、目的地の奈佐の浜に着くと・・・
すごく綺麗な海!!!


が、しかし、ゴミ(特に流木)がすごく多い!!(上の写真と同じ場所です)



漂着ゴミというと、ビニールやプラスチックなどの人工物というイメージが強かったのですが(もちろんそれらも多かったのですが)、
流木などの自然ゴミの悪影響も実は大きいという事を強く感じました。

参加者は、愛知、岐阜、三重などから、さまざまな環境団体、市民、企業、学生などが集まり、その数は300人以上!今回、回収できた漂着ゴミは可燃ゴミだけでも約1.5トンありました。
↓非常に多くの方々が参加しておりました





清掃活動のあとは、各地域の学習会などが行われました。

↓空中撮影をして、浜の変化状況を分析。(猪鹿庁としてもこの技術は要チェックや!)




今回の清掃で回収事態を続けていき、活動の輪を広げていけば、『日本一、山川海の産物が旨い長良川流域圏』に繋がっていくと思います。

次回の本プロジェクトは、2015年3月28日(土)に三重県津市美杉町にて「美杉なあなあエクスカーション」として、植林活動が行われるようです。

ご興味がある方はぜひ!


勉強会 in 新潟

こんにちは。そしてはじめまして。10月より猪鹿庁に入庁しました、通称「やっさん」と申します。

(詳しい自己紹介などは追々させていただきます。)

 

先日の10/6(月)、10/7(火)の二日間、新潟県の長岡まで、猪鹿庁とは別の地域で活躍する、鳥獣被害対策の中間支援組織の集まりに行ってまいりました。

 

その道の第一線で活躍する、大学の研究者の方々などを中心としたプロフェッショナルから、対策現場での苦労話やノウハウなど、大変貴重なお話を伺うことができ、自分自身はまだまだ全くの素人ながら、刺激を沢山頂きました。

「鳥獣被害対策」と一言で言っても、地域によってその対象となる動物や手法などは本当に様々だという事を実例をもって知ることが出来ましたし、何よりも確固たる使命感を持ってこの仕事をしている皆さんの熱量の高さに、完全に打ちのめされてしまいました。

これは猪鹿庁としてもますます気合を入れて頑張らねば!

 

1日目の夜の飲み会では、長岡の美味しいお刺身などをつまみに、ビールを飲みまくり。

飲み会の参加メンバー全員が一人も欠けることなく、四次会まで熱い「ケモノトーク」は続くのでした・・・。
↓四次会のバーにて。先生の頭はずっしり重い・・・



 

そんな強力な結束力を持ったこのネットワークを今後ますます強め、活動内容もどんどん広げていきますよ!

 

乞うご期待!