プロフィール
猪鹿庁 メタ森支部さん
里山保全組織★猪鹿庁です。
猟師になって7年目を迎えますが、猟師の6次産業化を目指して日々奮闘しています!
冬は猟、夏は自然体験や広報活動と日々の活動を発信していきますので応援よろしくお願いします。
猪鹿庁オフィシャルサイト→http://inoshika.jp/

banner
QRコード
アクセスカウンタ
Total:2126196
Today:102
Yesterday:432
| 1 | 2 | 最初 | next>>
獣害!!

どうも~

捜査一課のGOです


最近、T師匠とA師匠と猟に行っていますが、
田畑に荒らす、鹿の食べかすとたくさんの足跡を
見つけました

キャベツを食べた後・・・





無数の鹿の足跡
雪が降った後に、足跡があるのでたくさんいることが想像できます




タグ: 獣害 シカ 野菜
本日の猟果!!
捜査一課GOです


今日のNHKのおはよう東海に、師匠のT氏が生放送で出演しました〜

放送中に、猪肉と鹿肉のスライスが大量に注文がはいったそうです

テレビの反響は、すごいですね

生放送が終わって雪の降る中、すぐにT氏と猟にいきました
久しぶりに、郡上では雪が降り、視界の悪い中、降った雪がすぐに積もり、なかなか足跡がみつからない・・・

林道を次々入って搜索してみるが、それでもみつからない


最後の林道って山頂付近に来たとき・・・




何か動くものが・・・




『鹿や〜



『パ〜ン


師匠やりました〜
メス鹿


タグ: 鹿 NHK テレビ 猟師
今年、初猟!!

捜査一課のGOで~す

今年の初猟にいってきました

普段は、仕事をしながら猟をしている猟師がほとんど・・・今回は、休日ということもあり、たくさんの猟師があつまりました


雪があるので、山のどこにいるのかリサーチ
山の林道に車で入り、猪や鹿の足跡を見つけ、どこにいったのか何匹いるのかを探します

猟師の言葉で、「見切り」といいます

これが、ちゃんとできないと猟をしても、猪や鹿がいなかったりして、ただ山を歩くだけになってしまいます

一番始めに猟をする前にする、すごく大事なことです




早速、まさかのロッククライミング
雪もあるし、滑りまくり




人数が多いので、巻狩り
足跡を追いかける人(勢子)と
待ち伏せして猟銃で撃つ人(待ち・立間)に
分かれて、猪や鹿を捕獲します


猟果は、鹿3頭・猪1頭(写真右4頭)こんな感じ



猪はかなりデカいです

罠の撤収!!

捜査一課のGOです


最近雪が山頂付近に積もり、罠が凍って作動しなくなり、
午前中に、罠の撤収をしました





今季、罠猟の成果は・・・


猪1頭・鹿3頭


ちなみに最後は、昨日罠にかかった鹿でした



午後からは、雪が降りどんどん積もっています

雪が降ると捜査(猟)がしやすく、足跡がはっきり見えます


さぁ~一体のなんの足跡かわかるかな?


。.:*・゚Merry-X'mas:*・゚。:.*

タグ: 罠猟 鹿 足跡
台風の秋

台風ばかりやってくる秋。

今年は豊作っぽい山の木の実ですが、台風の風雨で落ちてしまわないか少し心配です。

山の実が落ちてしまうと悲しいことに、動物たちの食べるモノがなくなってしまって、畑にやってくることになってしまいます。

なによりも山の実が豊作だと最上級のメガ旨いイノシシが獲れることにつながります。

今年は、ちょっぴり期待大です。


猟期が始まるまでは、まだ少し期間がありますが今年は檻罠にもチャレンジするべく、作ってもらいました。

郡上でもよく見かける檻罠。
実物は、軽トラックからちょっとはみ出るくらいのビッグサイズ!




冒頭にも書きましたが、今年は食べるモノが多そうなので食べ物で寄せる檻罠は、あまり効果的ではないかもしれません。特に成獣は期待できないかも。

ただ、これも立派な猟法。
やってわかることも多々あるはず。



さぁ~て どこに仕掛けようか。。。


イノシシの捕獲

昨日、ベテラン猟師が久しぶりにイノシシを捕獲いたしました

大きなイノシシで引っぱり役でお手伝いをさせていただきました


今の時期はイノシシもシカも出産時期ということもあって、あまり姿を見ないのですが、今回は筍を堀りに来たイノシシが檻に入ってしまったようでその捕獲に同行しました



なかなかの大物で、おおよそですが60kgくらいのイノシシでした



ベテラン猟師が仕留めた後は、細い山道をせっせと引っ張り水辺までおろします

これは、若者の仕事

下り道とはいえ60kgを引っ張るとなると、なかなか大変でした


水辺に着くとさっそく、血抜き(内臓除去)をしました

内臓を取り出していると、お腹の中から5匹の子シシがでてきました


出産まであと1月くらいかかると思いますが、子シシが出てきたときは、なんとも言えない気持ちになりました。

母シシも生まれてくる子シシのために食べ物を探すことに必死だったんでしょう。

『命をいただく』ということとは・・・改めて考えさせられました。


血抜きが終わった後は、解体場に運び解体し予約のあったお客さんにお渡ししました


いただいた命が無駄にならず、生きる糧になってくれるのは本当に大切なことです




これは、イノシシの胆のう
『熊の胆(クマノイ)』と同じものです

これも大切に使わせていただきます

ダニ多き季節
暖かくなってくるといろいろな虫たちが活発に動き回ります

お呼びでない虫たちも活発に動きまわり少々困った事態になることもあります


先日の猪の解体では、これまで見たことない数のダニが猪の腹部にはりついておりました

もちろん解体する時には、きれいにするのですが・・・



夜にお風呂に入ろうと服を脱ぎ、靴下を脱ぎ、パ〇ツを脱ぎ・・・


ど~もオマタがかゆい気が・・・


そうなのです



こんなところにも侵入者が・・・


深夜にひとり、裸で家の中を走り回るハメに。。。





これからの季節、みなさんも【ダニくん】【ヒルくん】にはお気をつけください

新年明けて、初の狩猟!!
新年あけて、初の狩猟に行ってきました
捜査一課からは、もみ~とGOと今度狩猟試験を受ける、のっぴ~が行きました

猟師小屋にいくと、初めて見るベテラン猟師も集まっていました
今日は12名程です
早速、戦略会議中
『攻める方向は西からで、東に3人ぐらい猟銃チーム・・・』などなど、話し合われていました



作戦が決定し、いざ出発



11・12月の雪が無い状態とは違い、最近郡上では雪がつもり、
鳥獣の足跡が分かりやすくなってきているということで、
現場に着くなりベテランT猟師から、イノシシとシカとカモシカ足跡の区別の仕方・どちらの方向に歩いて行ったかなどを教えていただきました~
見分け方は、ベテランになっても難しいようで、『1つの足跡だけを見て判断するな』とのことでした


忘れないうちに、捜査開始
雪山での足跡はわかりやすく、至る所にイノシシやシカやカモシカの足跡を発見

しかし、、ベテラン猟師と一緒ではなかったので、
どの動物かを見分けるのもそうですが、新しい足跡か古い足跡かを見分けるのも大変でした
案の定、古いのについてしまったりもして、捜査は難航し、無線でベテラン猟師に怒られました


午前は、失敗に終わり修了

すぐに昼食



午後も捜査をおこない、2時間程歩いたその時


銃声が、『パン~

『シカとった~』と無線から連絡
連絡があって、30分程歩いて車のあるところにいくと・・・

じゃ~ん大きいオスシカです


雪があると足跡はすぐわかるのですが、どの動物なのかどっちにいったのか、何日前に歩いたのかなど、雪がないときとは、また違いますねもっともっと、頑張ります
今期の罠猟も・・・
郡上にお住まいの皆さまはご存知の通り、昨晩から大雪です

X’masだというのに朝から雪かきに精を出されている方も多々いらっしゃることと思います

この雪、明日の朝まで降り続く予報で、明日も雪かきは必須でしょう



さてさてこの雪で、猪鹿庁の捜査一課が気合い入れて頑張ってる罠猟ですが、年越しを待たずして罠撤収となりそうです

捜査一課が使用している【くくりわな】は特に、雪が罠の上に積もると雪の重みで罠の仕掛けが発動したり、壊れたり、凍って作動しなかったりとくくり罠猟にとって積雪は大敵です

そのため、罠猟は雪が積もると撤収するのがだいたいの習慣になっています


っというわけで、残念ながら今年の罠猟はこれで終了となります





しか~しッ


雪が降ると今度は、巻き狩り猟のシーズンが本格的にINします

獣の足跡を追って猟をする巻き狩り猟は、雪があった方が獣の追跡がしやすく効率も能率も狩猟率もUPします

これまでは、罠猟も巻き狩り猟も同時進行でしたが年明けからは、巻き狩り猟一本で猟期修了まで駆けずり回りたいと思います



罠猟では、念願の猪1頭を狩猟できたので2年目のルーキーとしては、まず良しとして、あま~い自己満評価をつけながらも、年明けからの巻き狩り猟にストイックに取り組みたいと思います
ついに、捕獲しました~!!!
今年、初雪が降りました




いつも通り、猪鹿庁捜査一課のモミーとGOは、
朝に罠の見回りをしています

モミーは事務所近くの山(八幡町島)を見回って、
GOは出勤する途中(明宝寒水)に仕掛けてある罠を見に行きます

去年からお世話になっている罠猟師のM師匠が、2~3
年前まで捕っていた絶対かかる場所を、今年教えて頂き、明宝寒水に罠をしかけて17日目

GOが、見回っている罠に異変が・・・

何かいます・・・



イノシシや~~

急いで罠猟師のM師匠に電話して、ベテラン猟銃猟師の
八幡のT猟師と新米の猟犬と一緒に来て頂き・・・




T猟師が、猟銃で・・・





そして、すぐにT猟師は新米猟犬を、イノシシの近くに連れ
て行き、『噛め噛め』とわざと噛ませ、調教させていま
した初めてみたいで、ビビリながら噛んでいましたが・・・

『噛ますことで自分で捕れると、自信を持たせることが大
事だ』とおっしゃっていました



しかし、雪が一面に積もったにも関わらず、黒く土が見え
ているところは、イノシシが暴れまわった跡です

今回のイノシシは小さかったので、そんなに掘られていな
いようですが、M猟師言わく、大きいとそこらへんもっと堀
起こし、木に罠のワイヤーを絡みつけて、ワイヤーを簡単
に切っていくようです

皆さん、もし山で罠にかかっているイノシシを見かけても、むやみに近づかないようにしてくださいね





20キロぐらいの、イノシシをロープで結び、車のところまで引っ張って行きました





つづきまして~
ここからは、もみ~の文章でお楽しみください




さてさて山から引っ張り降ろしてきたイノシシですが、次にするのは、【血抜き】と【冷やす】です


さっそく車で移動して川まで降りて【血抜き】をしました
※あまり気持ちのよくない血抜きの写真見たい方は、個人的にご連絡を・・・


血抜きは、おもに内臓を取り出します
内臓を取り除くと血も大量に取り除けます

腹を割ってみると、か~なり脂ののったメスのイノシシでかなり上物の初物でした


これで血抜きは完了




【心臓】



【胃】



【小腸】



などなど内臓もほとんど食べられるものばかり

昔は、余すことなく食べられてましたが、手間がかかるために今では捨てられることも多々あるようです


血抜きが終わったイノシシは、体温が上がって腐敗が進まないように、3時間程水に漬けて、その後解体所に運んで熟成させることにしました


今回獲れた初物のイノシシは、猪鹿庁メンバーで食して次の猟の糧とします

罠猟は、ドカ雪が降るとできなくなってしまうため今月中が勝負

のこりわずかな時間ですが、目標はあと4頭

頑張ります
| 1 | 2 | 最初 | next>>