加藤一隆のブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:7158
Today:17
Yesterday:23
知能時計の未来:統一規則と差異化発展

先日、市場研究機構IDC 2016年第3四半期に発表した世界インテリジェント時計販売統計データ。データによると、2016年の第3四半期の世界インテリジェント時計出荷量は270万部で、前年同期より少なくなった51.6%、2015年の第3四半期の知能の腕時計の販売量を560万部。

 

これは世界的な知能時計の販売量の第1回低下した。IDCの発表によって2016年第2四半期のデータは、第2四半期の世界インテリジェント時計販売台数は350万部は、2015年の第2四半期の510万台減った32%。つまり、この四半期の売上高は、前期よりも大きい。
知能の服装の分野、特にスマートバングル、ここ数年はずっと熱い状態。でも、携帯電話やブレスレット時計から中間の知能の現在の市場表現状況とIDCが発表した最新の統計データとは、まさに「恥ずかしい」という局面。もちろん、このIDCの統計データを参考になるのは、決して代表の本当の産業の動向というか業界発展状況のうち、肝心な原因はその統計の口径と範囲を備えない全面性はあるが、一定の代表性。http://www.takeyawatch.com/allnew/
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=77533