須貝悦男のブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:14325
Today:4
Yesterday:19
簡単な視覚効果が上がってきてこれらの

技術の方面の上から見て、今のところの大きいカレンダーの構造はほぼ分けます:両皿と軸、両皿は並んで、上後場の出来値と軸、両皿は交差します、上から下まで重なり合っている十字、および上から下まで重なり合っているばねの構造。もしも単一が技術を議論してかつ少しあまりにも単調で味気なく理解しにくいです。このため、簡単な視覚効果が上がってきてこれらの構造が時計の文字盤が現れるのを見る上からの効果:

1.もしも2つのカレンダーの数字が同一の平ブランド時計コピー面があってその上少しも高低の落差がなくて、そんなにほぼ属して方法に並んで、しかも絶対に後場の出来値の構造ことはでき(ありえ)ないです。

2.もしも2つの数字は並びますが、しかし間につながるかすかにの弧があって、そんなにほぼ両皿の交差する式の構造に属します。

3.もしも2つの数字のカレンダー皿は相互に高低の落差があって、それでは一定は技術サポートのとして後場の出来値。

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=236655