<<prev | 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
【伝統の森2日目】知らない背景と恵みの雨

 
伝統の森は早起き。
 
みんな朝6時頃に起きて、7時に朝ご飯。
 
8時に作業開始します。
 
 
午後からは急激に気温が上がるので、
 
涼しい午前中はとても気持ちが良く、作業も進みます。
 
 
朝は坐繰りという作業を見せて頂きました。
 
 
坐繰りは、蚕から糸を引く作業のこと。
 
 
繭を鍋の中に入れ、

大きな箸のような棒で繭を抑えながら糸を引いていきます。
 

 
 
繭と言えば白を想像する方が多いと思いますが、ここの繭は黄色。
 
ですが、染めや洗う行程(精練)の中で色は抜けて生成り色になるそうです。
 

 
 
 
 
私も初坐繰り体験!!

 


 
 
アパレル会社でデザイナーをしていましたが、
 
私は糸か生地として完成した状態でのシルクしか見た事がありませんでした。
 
なので、自分の手で糸にする作業はとても新鮮!!
 
 
 
そして、同時に自分の無知について気付かされます。
 
 
 
実際、
 
綿や蚕がどのように成長するのか、
 
糸がどのように、生地がどのように、
 
作られているのか知らないデザイナー、アパレル業界の人はとても多いです。
 
(自身の無知を一般化することはとても恥ずかしいことですが、でも本当のことだと思います。)
 
 
 
流通している原料はほぼ100%輸入に頼っています。
 
綿の畑や紡績会社は国内に少ないため、インドやアメリカまで行かないと見れないことが大きな理由。
 
 
その他にも、効率を重視して生産する企業側の事情や
 
服作りを大きな組織で行うことによる制約など様々な理由があります。
 
(単純に、出張費を会社が節約する為に、デザイナーが現場を見る機会が与えられないというのはよくあります。)
 
 
 
つまり、消費者が物の作られる現場を知らない。
 
生産背景を知らない。知らされていない。
 
といいますが、それは、
 
デザイナーやアパレル業界に関わる人も同じなのです。
 
 
デザインする人がどのように原料が作られているのか知らない。
 
作り手すらも知らない生産背景があるのです。
 
それでは、消費者に届くはずがありません。
 
 
 
それほど、服というのは完成されるまでに沢山の人の手を介し、

何度も国境を越えて私たちの元に届きます。
 
種の独占は大きな問題です。
 
私たちが知りにくいことの裏には、

知られたくないことが潜んでいるのだと思います。
 
(詳しくは「ザ・トゥルーコスト」というファッション業界のドキュメンタリー映画があるのでオススメです。)
 
 
 
 
 
 
 





さぁ先ほどの坐繰りですが
 
 
作業後の茹でられた繭の中の幼虫は、子供のおやつになるようです(笑)
 



 
みんなパクパク食べていました(笑)
 
現地の人達にあおられて?私たちも挑戦、、、
 
 



躊躇しながら食べる馨生里さん(笑)
 




 
そして、、、、



「美味しい!!」

 
 
 
私も挑戦しましたがコクのある枝豆の味がします!笑
 
みなさんも是非!笑
 
 
 
 
午後は、糸の太さを揃え、節をとる作業。

染色前の精練。
 
を学び、夕方は養蚕場と綿の畑を見学しました。
 
 



 
 
この畑の見学の帰り道。
 

 
スコールに降られました!!
 
 
恵みの雨!!!
 
水が貴重でシャワーの水もあまりないので、雨は貴重です。
 
ゲストハウスに戻ると子供達はみんな素っ裸でシャワータイム!!
 
私も生まれて初めて雨で髪を洗いました(笑)
 
 


びしょ濡れ!!!
 
 
なんというか
 
 
幸せ!!!!!
 
 
とっても満たされております。。。


明日はどんな日になるかな。





(石徹白洋品店スタッフ 杉下仁美)
 
伝統の森1日目

こんばんは!
 
石徹白洋品店の杉下です。
 
昨日から、平野さんご一家、
 
もりのこ鍼灸院の加藤さんと息子さん2人、
 
生地、糸、織り全てにおいて知識が豊富な作家の中村さん。
 
 
そして私の9人で
 
カンボジアのIKTT(伝統の森)に来ています。
 
森本喜久男さんにお会いし、
 
生地生産の現場の見学、紡績、染め、織りの勉強をするのが目的です。
 
 
 
森本さんとは、店主の馨生里さんが、2002年以来のお付き合いです。
 
2013年には石徹白洋品店で森本さんをお呼びして
 
自然染色のワークショップを行い、具体的な染めの方法だけではなく、
 
すべてのものが土から生み出される、というものづくりをするために
 
もっとも大切なことを、常に教えていただいています。
 
 
今回は、その学びをよりいっそう深めるために
 
伝統の森に滞在し、研修することを決めました。
 
 
 
昨日シェムリアップに到着!



 
 
ホテルに一泊して、
 
車で1時間。
 
 
道路は整備されて、アスファルトになっている所も。
 
IKTTのすぐそばまで電気が通っていました。
 
 
馨生里さんが前回来た6年前は、
 
ガタガタ道で、ここまで木も生茂っていなかったそうです。
 
勿論電気も通っていない。
 
かなり便利になったようです。
 
 
 
到着し、伝統の森内を見学させてもらいました。
 
 

(一番右が森本さん)



 










私がビックリしたのは、
 
とても居心地がよいということ。
 
 
年間1000人以上の観光客が見学に来るそうで、
 
ここで働いている人はとても優しく接してくれました。
 
 
ここで働いている人は80人ほど。
 
その中でここで暮らしている人は35世帯ほどいるそうです。
 
 
 
 
 
 

(一番右は、平野さんの次男まーくん。
すっかり現地の子供達に馴染んでいました。)



子供が走り回り、お母さんたちはお喋りしながら楽しそうに仕事をしていて。




私の想像していた
 
これまで見てきた
 
布の生産現場と全く違う所でした。
 
 

 
なんというか、
 
仕事として生産された布。
 
というよりも、
 
「生活の中で布が作られている」という表現のほうが近いような気がします。
 
 
子供が遊びながら。
 
お母さんに甘えながら。
 
お母さん達が楽しそうに会話をしながら。。。
 
 

 
 
今回私たちに、通訳をしながら現場を案内して下さるみどりさんは、
 
(この写真の左側にいる黒い服を着ているのがみどりさんです。)

 
森本さんの「哲学、思想」に惹かれてここへ来たそうです。
 
 
その哲学、思想というのは
 
何か大げさなものではなく、
 
革命のような大きな力の元でもなく
 
穏やかな日常生活の中に
 
長い時間をかけて、しっかり根付いたものなのだろうと思いました。
 
 
 
何の知識もなくここへ来たら
 
ここで暮らしている人たちが、
 
沢山の苦労をされた過去や現状があったこと。
 
 
森本さんがここまで作り上げて来た長い年月と苦労が
 
想像できないように思います。
 
 
それほどここは、自然な豊かさと心地よさを感じます。
 
 
 

 
ご飯もとーーーっても美味しくて幸せ!!

 
 
さぁさぁ、明日から更に細かく技術を勉強させてもらいます!
 
IKTT滞在中は、私が現場をレポート致します!
 
お付き合いくださいませ〜!!
 
 


 
石徹白洋品店 杉下

土川商店@池田町、無事終了いたしました!
先週末、3月26日をもちまして、
池田町、土川商店での企画展を
無事に終了いたしました。

足をお運びいただきました皆さま、
本当にありがとうございました。

最終日は、石徹白で去年からスタートした
「いとしろカレッジ」のイベントが
開催されました。

案内人のまりっぺこと、加藤万里子ちゃんによる
企画で、「いとしろカレッジ」を開催するに至った
経緯や彼女が影響を受けてきた
「サティシュ・クマール」の映像上映が
行われました。



10名ほどお集まりいただきました。
ありがとうございました。


石徹白には本当にいろんなアクターがいます。

それぞれが必要と思って
やりたいことを実践しているのが
お互い刺激になって、
私はとても居心地よく思います。

何か目標や、目的をもってとりくんでいる人って
とても素敵。

互いにできることは助け合いながら、
しかし、自分自身のやるべきことに
集中しながら、
自然と高め合っていくような
そんな関係がおのずと築けているように感じています。


いとしろStoriesは、
今後もどこかで開催しながら、
そんな石徹白のさまざまな変化を
伝えていけたらなあと願っています。

さあ、第3回目はどこでできるだろうか。
ワクワク。


今回、お世話になった
土川さんはじめ、
池田町のみなさん、
本当にありがとうございました!!



 
岐阜新聞 素描 連載第4回「たつけはオーダーメイドだった」
3月22日、岐阜新聞で掲載された
素描連載第4回「たつけはオーダーメイドだった」の
記事はこちらです!




第3回の記事はこちらです。

私の母の世代(昭和30年生まれ)にとっては
オーダーメイドなんて当たり前だったようです。

私の祖母は、洋裁を学び、内職でも服を仕立てていたので
母の服も学生時代まで縫っていたと聞くし、
私の子どもの頃のピアノの発表会のドレスも
祖母が縫ってくれて嬉しかった。

けれど、母となった私の世代(昭和後半生まれ)で
自分の子どもの服を日常的に仕立てるなんて
なかなか見られません。

そうなると、やはり既製品に頼るしかなくて
安くて便利なものが追求されていって、
使い捨てが普通になっていきます。


たつけは、当たり前だけれど、
すべて一点ずつのオーダーメイドだった。
オーダーメイドなんていうと今では高級品に聞こえるけれど
昔は当たり前だったのですね。

生地から作る、あるいは買ってきて、
その人の体にぴったりサイズをつくる。

ほつれたら直して、
できるだけ長く使いたくなるのは
作った人の当然の心情。

今私たちが着ている服と、
当時の服と
もう、そもそも概念が異なる。
まったく別のもののように感じます。


それくらい愛情いっぱいに、
しかも履き心地よいもので囲まれていた。
それらで溢れてはいなかったけれど、
必要な分だけ縫ってもらえれば十分だった。


私は「たつけ」の存在を通して、
さまざまな学び直しをさせてもらっているように
思います。

日本の先人らが大切にしてきたことで
私が知らなかったことを・・・。


書籍のご紹介「自由に生きていいんだよ」
私が学生時代からお世話になっている
カンボジアの森本喜久男さんの
聞き書き的な本が出版されました。




森本さんのFBで見かけて
これは読まねば・・・と早速注文。

そしていよいよクライマックスまで
読み進めたら!

なんと、石徹白のことが紹介されていました!
びっくり!
ご紹介いただきありがとうございます。


この本は、森本さんが
まさに目の前でお話されているような感じで
学生時代に、何日も何日も、
森本さんがお話してくださるのを
聞かせてもらっていたのが
本当に懐かしく思い出されました。

その頃の私は、農的暮らし、
持続的な社会、伝統的な織物の復活等
字面では理解したつもりになっていたものの
おそらく、何も深くは理解できていなかった。

けれども、流れるように話してくださる
森本さんのお話が何度も何度も
私の頭の中でリピートされるごとに、
学びが深まり、さらに、自分自身が
実践を始めると、その奥行きがより心から
認識できるようになって、
本当の学びとなってきたように思います。 

今では、かなり具体的に、森本さんの活動を
参考にさせてもらって
土から布を、服を生み出すことへの第一歩を
踏み出しています。

森本さんが、この本をつくられた大きな動機に、
今の日本の若い人を励ましたい、
というのがあるとお話されていますが、
まさに、もっとも(?)励まされ、
実際的な行動に結びつけることができている
と信じています。

何もなかった荒れ地から
1つの村が構築されていった10年間を
毎年見させてもらったのが
私には大きな衝撃だったし
学びだったし、励ましだったし、
ああ、こういうことって、実現できるんだ、
と思えるモデルとして
伝統の森があるのです。

今思えば、学生時代の数年間、
私は本当に幸運な現場に行かせてもらっていました。

出会いとご縁とは本当に不思議なものです。

「自由に生きていいんだよ」

ぜひ一度、お読みいただければと思います!
岐阜新聞 素描 連載第3回「農作業ズボンは和服だった!」
岐阜新聞連載第3回目の記事のご紹介です。

第2回目はこちらです。


石徹白洋品店で中心的につくっている
農作業ズボン「たつけ」について。



これが古いたつけです。
石徹白に残っていた大麻の手績み手織りの生地で
手縫いで仕立てられたもの。



この作り方を石徹白のおばあちゃんたちに教えてもらって、
今にも着られるたつけにして販売しています。

これは藍染めの先染めの手織りデニムのたつけです。


後ろはお尻に余裕があり、動きやすい形になっています。


履くとこんなかんじです。(生地は異なりますが)
スリムパンツのようなシルエットです。



とにかく布に無駄が出ない、
そして動きやすい。
日本人の知恵というのは本当に素晴らしい。
私はそれを伝えたい。と強く思うのです。


連載第4回目は明日3月22日水曜日です。
お楽しみに。 
岐阜新聞 素描 連載第2回「きみは、”たつけ”をつくるべきだ」
3月上旬からスタートした
岐阜新聞での連載記事ですが
何かとバタバタしていて
1回目以降がアップできていませんでした!

第一回目の記事はこちらです。

第二回目は、私がたつけをつくる大きなきっかけを
くださった森本喜久男さんについて
触れてみました。



私が今の石徹白洋品店の活動につながる
もっとも根底にあるのが
カンボジアでの森本さんとの出会いです。


4月頭に、1週間ほど、
5年ぶりくらいに訪れる予定をしています。

染めや糸について学んできます。
今から楽しみです。

常に先の未来を見据えて活動されている森本さんには
染めや織りといった技術面だけではなく
本当にたくさん、学ぶところが多いです。
森本さんと出会えたことにいつも心から感謝しています。

3月26日(日)まで土川商店にて ご縁が広がる不思議な場所
3月18日(土)から、
岐阜県池田町の土川商店さんのギャラリー、
場所かさじゅうで、企画展「いとしろStories」が
始まりました。

こちら、土川商店の外観です。



当日の朝の設営でバタバタとしましたが
なんとか完了しました。



新作、
先染め藍染チェックのチュニックです。


メンズシャツも種類が増えてきました。




去年、いろんなご縁が重なり、ここで企画展を
させていただきました。
そして今年も・・・ということで始まったのですが、
この場所、ご主人の土川さんの広い人脈と
居心地の良さから、本当にいろーんな人が
集まって来られるのです。


そう、今回、去年の企画展のご縁を結んでくれた
書道家の岩瀬崇くんの作品や本も飾らせていただきました。


詩がとてもいい。
いい写真が撮れなかったので、また後日アップします!



そして集まって、つながりをいただく方たちが
とっても濃くて、面白くて、ものすごい力だなあと
今年の企画展開催中も、まさに実感しております。

私が在廊できるのは、あと26日だけの予定ですが、
また新たな出会いを楽しみにしております。

石徹白民話絵本の原画も展示中です。



さて、 18日は石徹白民話絵本の読み聞かせと、その後は
石窯ピザを囲んでの交流会、

19日は、いとしろで今起きていることを夫の
平野彰秀がお話しし、そのあと、私から
石徹白洋品店の服作りについてお伝えするという内容の
お話し会を開催しました。


絵本の読み聞かせは、絵本のイラストを描いてくれた
南景太くんのパートナーであり、女優・声優さんの
南早希ちゃんがしてくれました。

さすがプロ!彼女の演出によって、この物語が
さらに具体的に、映像が目の前に浮かぶようでした。
生後4ヶ月ほどの愛娘ちゃんを連れての大変な時期での
お願いでしたが、受けてくださって、
ありがとうございました!!

夜の交流会では、焼きたてのピザが最高でした。
火を囲んで暗闇の中語るというのは
なんと贅沢な時間なんでしょうか!
子供が出来てから、夜外に出ることがあまりなかったのですが
こうして火を焚いて、外でごはんもいいものだなあと
これからの夢が広がりました。

食事を準備してくださった皆さんも、本当にありがとうございました。
ピザに豚汁に甘酒に、お餅に!
美味しすぎる交流会でした。
参加してくださった皆さんとも
いろんなお話しが出来ていい時間を過ごしました。
(子供たちは、炎の中に薪を投げ込んで
火遊びしていましたが、それもまた良かった!)

盛りだくさんな初日に
スタートしたばかりなのに
もうなんだか満足してしまいました。

この場を作ってくださった土川さんに
改めて感謝です。

石徹白の方の手芸品も並んでいます。




そしてそして、二日目の19日。
初めての夫婦でのお話会でした。

夫は、人前で話をするのに慣れているので
いつもどおりという感じでしたが(すごいなあ)
私はドギマギ。

日本の和裁の技術の素晴らしさ
(たつけやはかまの作り方など)について
話す時に、熱が入りすぎて一人でヒートアップして
しまいました。笑

しかし皆さん熱心に聞いてくださったので
嬉しかったです。

石徹白から池田町に引っ越してこられた
80代のOさんご夫妻も来てくださって
昔のお話もしてくださったのが
内容をより一層深めてくださったように思います。

いろんなイベントや企画ものをしてきましたが、
こうして参加してくださる方との交わりの中で
一瞬一瞬がより濃くて、意義深いものになるということを
いつも実感しています。

その度に、関わってくださるすべての方に
感謝の気持ちでいっぱいになります。
どうもありがとうございます。

長々と書いてしまいましたが、
そんなこんなでスタートした
土川商店での企画展。

26日までは平日でもご覧いただけますので
お近くの方、お時間ある方は是非足を御運びいただければと
思います。

3月18日〜26日 土川商店@池田町にてお待ちしております!+α
もう間もなく、池田町・土川商店での企画展
いとしろStories 02」が始まります。

準備に勤しんできましたが、
その間に、確実に春が近づいてきました。

昨日は30センチほどの積雪のある雪の1日でした。
ザンザンザン降りました。
ああ、もう3月も半ばなのに、こんなに降るのね・・・
頭を出しかけていたふきのとうと
またさよなら・・・と残念な気持ちに。

ところが一変、
今日は小春日和。柔らかい日差しが照りつけ、
道路の雪がいっぺんに溶けていきました。

三寒四温。
こうしてじきに春が来るのですね。
冬が長い分、喜びもひとしおです。
お天道様、ありがとう。
長い冬よ、また来年。


さて、きっと土川商店のある池田町は
そろそろ梅の花も咲始めているのではないでしょうか。
同じ岐阜県とはいえ、それくらい季節の異なる
山奥の石徹白集落なのです。

 

さて、土川商店には、新作のワンピやチュニックも
少しだけ持っていけそうです。
そして定番のたつけやはかまたちも。
どんなご縁が待っているのか
今から楽しみです!

思えば、去年の土川商店での企画展での出会いから
たつけに合うメンズシャツ制作がスタートしました。

企画展に足を運んでくださったTさんに
私がお声がけをしたことがきっかけです。
まさかまだ1年しか経っていないとは!と
思うほど、石徹白洋品店のメンズシャツは
定着してきて、人気を博しております。

 
さらに、石徹白の民話絵本を創刊したということで
岐阜周辺にお住いの石徹白出身者の方が
たくさん足を運んでくださって
同窓会のような温かい雰囲気の中交流会を
開催することができ、それも幸せでした。

私は、もちろん、服を作りたくて作っているけれど
私はやはり、石徹白が好きだから
石徹白らしいものを作って、
石徹白を媒介に人と出会ったり、繋がったりして
生きていけたら嬉しいなと思うのです。

それくらいここが好きだし、
これからもここでものづくりをして
生きていきたいし、
そう思ってくれる人が一人でも増えたらいいなあと
思うのです。

今年も忙しくなりそうです。

藍の畑も始まるし、
藍を建てて、染めもやってみる。
草木染めも例年通り進めていくし、
作りたいものも増えてきました。

一緒にお手伝いしてくださる方が
石徹白に来てくれたらいいな〜なんて
夢見ています。
本気で藍染めを学んで、それを生業にしたいとか、
草木染め、野良着作りに取り組んでいきたいとか、
そういう方がいらっしゃったら
ぜひお声がけくださいね。
あ、石徹白に住んでくださる方が前提ですが!
(ハードル高い?!) 

 
ようやく晴れて・・・? 3月24日は山めしづくり@池田町
雪が降り続けたここ数日、
今日夕方、ようやく青空が顔を見せてくれました。
嬉しや!

今日は雪降りかなどうかな、と
朝起きるたびに窓の外を眺め、
除雪が出ているのかどうか耳で確かめる。
そんな数日を過ごしました。

店舗&工房の前はまだまだたっぷりと
雪が積もったままです。


石徹白では雪がすっかり消えるのは4月末ごろでしょうか。
年によりますが、4月でも降ることがありますが、
だんだん地温が上がってきて
上から下からの熱で雪が溶けやすくなってきます。

そうすると、畑の土も顔を見せてくれ、
本格的な春の雰囲気が漂います。



冬はこれだけ雪が多いけれど、
夏場の温度は結構上がるので
農作物もぐんぐん大きくなります。
ただ、朝夕はかなり涼しくなるので
寒暖の差が激しく
野菜の甘みが増して、
とっても美味しい作物ができます。

また、冬、これだけの雪が降るために
土の中の害虫が少なくなる、ということも
聞きます。
この土地は、やはり、雪は降る時に降る必要が
あるのですね。


さてさて、3月18日(土)からは
岐阜県池田町の土川商店さんにて
企画展を行います。

今、まさに準備中ですが
どんな1週間になるのか楽しみです。

昨年の企画展が初めてで、今回が2回目です。

今回は、「いとしろstories02」という枠組みで、
石徹白での様々な取り組みに関するイベントも
開催いたします。

3月24日(金)には、石徹白でのアウトドア
アクティビティの取り組みを紹介するとともに、
「山めし」をみんなで作って食べるという
イベントを行います。
平日なので限られるかもしれませんが
ご参加できる方はぜひ!

詳細はこちらです。

********

3/24 fri 11:00-14:00

山と暮らしをつなぐツーリズム
~石徹白の山めしづくり~

アウトドアと地域をつなぐ取り組みについて
お伝えしながら、かつて石徹白の人が食べて
いた山めしをつくります。

参加費:2000 円 ¦ 定員:20 人

案内人
近藤 佳奈(こんどう かな)
徳島県生まれ、京都育ち。大学時代にアフリカや東
北で非営利活動に携わる。2015 年に地域おこし協力
隊として、いとしろのツーリズムの推進に関わる。
趣味は歩くこと。


申し込み先

土川商店 ¦ 揖斐郡池田町宮地930 ¦ 0585-45-2120

石徹白洋品店 ¦ 郡上市白鳥町石徹白65-18 ¦ 
0575-86-3360 ¦ info@itoshiro.org
*********

近藤佳奈ちゃんは、地域おこし協力隊で
石徹白に移住して2年が経ちます。

山や川に盛んに入り、石徹白の魅力を次々と発掘し続けている
パワフル女子です。

ぜひ彼女に会いにいらしてくださいね!お待ちしております。

 
<<prev | 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>