カンボジアから戻りました
9日、日曜日の早朝に日本に戻りました。

カンボジア、伝統の森での一週間では
本当にたくさんのことを学ばせてもらいました。 

2002年から通い始めて、9回目。
子連れで行く初めての伝統の森。

何よりも、子供がのびのびと、
現地の子供たちとともに
時間を過ごしているのを見れたこと、それが
私がしみじみと幸せを感じる瞬間でした。


ここの村は、どうしてこんなにも
幸せを感じるんだろうか、と滞在中考えていました。

私は、どうしたらこのしみじみとした
幸せ感を石徹白で実現できるんだろうかと。

考えても、考えてもわからなくて、
たまらなくなって、森本さんにぶつけてみました。

すると返ってきたのは
とてもシンプルな言葉でした。


「暮らしの中で、そこの自然の恵みで
つくることをしていけば、自然とそうなるよ」


・・・


ああ、なんて当たり前のこと。

あえて外から買ってくるのではなくて、
ここの場所でここの人と
ここにあるもので作ること。


伝統の森には、畑があって、そこで牛が暮らして
その糞で肥えた土で植物が育って、
それによって、糸や染め材が生み出される。

沼があって魚が育ち、それを採って食べる人がいる。

そこで暮らす人々が、そこの自然の恵みの中で
足るを知り、生活を営む。
子供が生まれ、育ち、生きて、
誰もがいつか死んでいく。

あくせくすることなく、
ストレスを抱えることもなく、
お金の心配や、死ぬことへの恐怖もなく、
いかに美しいものを生み出すかに心を傾け、
それによって暮らしを成り立たせていく。


「特別なことじゃない、当たり前のこと。
それをすればいいんだ」

森本さんは私に優しくそう言ってくれました。


環境に配慮しているから、とか、
エコブームだから、とか、
森の幼稚園的な保育がしたいから、とか、
有機野菜が食べたいから、とか、

そういうんじゃなくて、
もっともっと当たり前にあった
土や太陽や水、神様たちに生かされる
暮らしの中で、命を全うしていく。

 

穏やかに、
優しく、
そして、愛情いっぱいに
私たちを受け入れてくれた
伝統の森の皆さんに、
森本さんに、
心から感謝して。


コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=63990