石徹白のこと、石徹白洋品店のことをお話しします【3月19日@池田町】
こんにちは。

石徹白はここ二日、吹雪です。
見事、冬に戻りました。
ほんのすこし頭を出していたふきのとうも
もう随分しっかりと降った雪の下に
埋まってしまい、春への期待は薄れてしまうほど。

石徹白だと、4月にもしっかり積もることもあるので
春本番を迎えるには5月くらいまで
待たなくてはなりません。 

一度春めいてきたところでの積雪で
ちょっと気持ちが落ち込みますが
もう少しあるこのうつくしい雪原を
楽しもうと思います。


3月18日から岐阜県池田町で開催する
「いとしろStories02」も、
春になってきた頃にやりましょう、と言って
企画したのですが、、、
池田町はもう花がほころびる時季でしょうか。


さて、3月19日(日)には、
夫、平野彰秀が、ここ数年の石徹白の動きを
お話しさせていただき、
そのあと、石徹白洋品店のものづくりについての
お話しをさせていただきます。

石徹白はここ数年で移住者が全人口の
10%ほどを占めるようになりました。

移住者が増えること自体がいいか悪いか、ということより
これが今の時代の一つの潮流なのかもしれない、と
思います。

夫が石徹白の地域づくりに関わり出してから
7年ほどが経ちますが、
夫が話しができるのはここ7年ほどのこと。

夫と一緒に地域づくりの事務局をやっている
石徹白土建の社長さんである石徹白秀也さんは、
「石徹白の地域づくりは今に始まった事ではない。
先人がこの厳しい土地で暮らすために
ずっと続けてきたことで、今はその延長上にあるだけだ」
とおっしゃいます。

確かに、石徹白の地元の人で出資しあって
スキー場を作り、たくさんのスキー客を誘致したり、
とうもろこしを皆で作り特産品にしたり、
明治時代には、財産区の木材を切り出し、
お金を作って水力発電所を建設したり・・・

自分たちでここで暮らすために
努力し続けているというのは、
もう本当にむかしむかしから変わらないことなのです。

だから、ここ数年の動向が何かものすごいこと
というわけではなくて、
これまでの流れの一つだと思います。

ただ、こうした地域での動きが各地で盛んになっているので
様々な活動をしている人たちとの交流や刺激を与え合うという
意味で、石徹白で起きていることをお話しすることは
意味あることなのかなと考えています。


そして石徹白洋品店での服作りについては、
これまで何となくブログや、
店舗に来てくださったお客様には
お伝えしてきたのですが、
まとまった時間をとって、
服作りの理念や方向性、
今後の目指す方向をお伝えすることが
なかったという周囲からの指摘から、
今回、お話しさせていただこうと思って準備しています。


石徹白洋品店を立ち上げたきっかけ、
どのように服を作っているのか、
どういう服を作っていて、
石徹白洋品店として何を目指しているのか・・・など
写真や映像を交えて、ご紹介できればと思います。


固い場ではなく、意見交換しながら
やわらかい雰囲気で会を開催することができればなと
思っています。
(そもそも、私はお話しするのが得意ではないので
張り詰めた場だと緊張しちゃう!)
(少人数だったら)ほっこり飲み物でも飲みながら
くつろげるお話し会にしたいなと思っています。


ご興味のある方はぜひご参加くださいね。

詳細・お申し込み・お問い合わせは以下をご覧ください。

3/19 sun 13:30~15:30

石徹白で起きていること・
石徹白洋品店の服づくりのお話

参加費:500円 ¦ 定員:40 人  

平野 彰秀(ひらの あきひで)
1975 年生まれ。岐阜県岐阜市出身。商業施設プロデュー
ス会社、外資系経営コンサルティング会社を経て、2011
年、石徹白に移住。小水力発電導入や地域づくり活動を
実践。

平野 馨生里(ひらの かおり)
1981 年岐阜市生まれ育ち。2011 年石徹白へ移住し、2012
年5 月より石徹白洋品店をオープン。土から生まれる服
づくりをテーマに取り組む。2 男児の母


お申し込み先

土川商店 ¦ 揖斐郡池田町宮地930 ¦ 0585-45-2120

石徹白洋品店 ¦ 郡上市白鳥町石徹白65-18 ¦ 
0575-86-3360 ¦ info@itoshiro.org
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=62808