このごろのこと
こんにちは。

しばらく家族皆で風邪をひき、
家にこもる日々が続いておりました。

毎年2月は、毒出しの季節ですね。

普段は子供たちだけですが、
今回は私も夫も見事にやられました。

あたたかい陽射しが増えてきて、
心もやわらいできて、
ようやく、身も心も普段通りになってきました。

健康に過ごせることが
いかに大切なことであるかを
こういうことがあると身に沁みます。

そういうわけで、滞っていたお仕事も
ようやく始めることができました。

春の服を、今鋭意制作中です。

みなさんにうきうきした気分で
まとっていただけるような
ふんわり軽やかなシャツや、

ショート丈の「はかま」も
新しく制作中です。


今年は、5月にはホームページリニューアル、
ウェブショップの開設を予定していて、
それに向けて、色々と進めています。

そして!
4月には、石徹白洋品店は株式会社化をして
法人になる予定です!!
(これまではずっと個人事業主で
細々とやってきました。いいや、これからも
細々とはなるでしょうが・・・)


わたくし、実は、数字にとっても弱くて
事業計画なんぞ立てられません。本当に。
小学校のときに、算数ドリルというのがあって
あれが苦痛で苦痛で、
途中で、くじけて答えを写したりしていたからか(告白!?)
計算もままならないし、数字見てるとくらくらするのです。

だから、ちゃんと年度の計画立てれるかな~と
不安でいっぱいだったんですが、
なんと、経営コンサルの経験のあるある人(←夫!)が
お手伝いしてくれることになりまして、
何とか、計画を立てつつあります。

世の中の会社さんは、みんなこんなふうに
数字を出しているんだな~、すごいな~なんて
思いながら、戦略会議を進めております。
ありがたや~。


私は、服を、もちろん作りたいのですが、
石徹白という小さな山奥の集落でも、
きちんと経済活動をして、
自分自身も、
そして、何家族かを養っていけるような
お店を目指したいと思っています。

それは簡単なことではないですが、
都会で立身出世することが
社会的に評価されるすべてのことではなく、
どんな地域でも誇りを持ってできる仕事を
創り、自然の中で、家族みなで豊かな気持ちで
生きていける、そんな環境を整えることができたら
と夢見ています。

夢を夢のままとするのではなく、
小さな一歩を踏み出して
現実化できるように、
進んでいければと思っています。

(石徹白のイベント、雪の集いのときの写真 by 近藤佳奈ちゃん)



そうそう、4月には、久しぶり(5年ぶり?!)に
カンボジアに行ってきます。

私の原点でもある、クメール伝統織物研究所の
森本喜久男さんにお会いしてきて、
草木染めや、糸紡ぎなどを学んできます。

長男出産後、ずっと行きたくて行けなかったのですが、
今回、思いきって、石徹白洋品店の原点を
見つめ直すためにも、行ってくることにしました。



子供連れでどうなることか!?




どういう生き方をしていくのか、
こうすればいいという答えはもはやなくて、
それを自分自身で見つければいいし、
子供たちにも、自分で考えられるような人に
なってもらいたいと思います。

いろんな人の生き方や環境、暮らしに触れて
何か学びとってくれればいいな。


さあ、今年も、新しい石徹白洋品店づくりにむけて
邁進していきます!


 
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=61668