雪がざんざん降っています &冬ワンピについて
本格的な冬到来を思うような
雪の降り方です。

ようやく石徹白らしくなってきました。



寒さも身にしみます。
猫たちが、先を争って薪ストーブの前を狙っています。
(が、子どもに手を出されるので逃げ惑っていますが・・・)


さて、飛騨古川のイチノマチクラブさんでの
企画展に、石徹白洋品店で初めてつくった
冬服を持って行きます!

この冬、冬服をお披露目するのは、
古川での展示が最後となりますので、
ぜひ多くの方に足をお運びいただければと思います。


このたび、初めて、本格的にワンピースをつくりました。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

今日は、ワンピのお仕立てについて
お伝えしたいと思います。


今回、冬ということで、尾州のウールやカシミヤを
使わせてもらいました。
ウールを使うのは、私自身初めてでした。

形は、石徹白の野良着「ハッピ」がもとになっています。
袖や、身幅などほぼ、ハッピです。

簡単なシルエットだから、大丈夫!と思って
つくっていったのですが、
ウールは地厚いため、これまで使って来た
コットンやリネンとは違っていました。

そう、裏の始末が難しいんです!

縫ってくれた専門学校時代の友人も
かなり苦労して、もっともきれいで
手をかけた形でつくってくれました。

悩みに悩んで、こうしてみた、改良してみた、
手でまつってみた・・・
本当にものすごい膨大な時間をかけてくれました。


そうして出来上がってきたワンピたちは
本当にきれいです。

表も、裏も。



ディテールも、十分、美しく表現されています。





私がなぜ、このようなことをお伝えしたいかというと、
既製品の服で、ここまで一点物的な縫い方をされたものって
市場に出回らないです。

これだけのお仕立ては、正直、
オーダーメイドの、本当に一点物というかんじです。

本当のことをいうと、
期せずして・・・という側面もあります。

結果として・・・というか。

でも、やはり、私はこのような方法でのお仕立てが
本当にいいなあと改めて思ったのです。

既製品は、縫いやすいさを追求しているので
縫う人にとってベストなんです。裁断屋さんもしかり。

けれども、このような服は
着る人のことを一番最初に考えられています。

いかにきれいにお仕立てするか。仕上げるか。

かつては、お母さんやおばあちゃんが
子供たちの服をつくるのが当たり前だった。

その時代は、みな、こういう考え方で
服を作ってきたんだと思います。

だから、長いこと使いたいと思ったし、
妹へ、あるいは親戚の小さな子へと
引き継がれていくものでした。
決してすぐに捨てられるものではなかった。


私は今回、ワンピをつくって、
完成した服に
その心のこもり方というか、
なんというか、やさしさというのが
出てくるんだなと実感しました。

Yちゃんにおしたてをお願いして本当によかった。
ありがとう!

カシミヤ100%のワンピ。




















自信を持ってお届けします。
冬のワンピ、ぜひご試着くださいね。 
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=60323