糸カフェでのこぎん刺しWSと豆の選別
12月22日は、郡上八幡糸カフェさんで
こぎん刺しのワークショップを開催しました。

郡上八幡での開催は、4回目くらいかな。
こぎん刺し経験者が増えてきました♪



こぎん刺し大好きなMさんに先生になっていただき、
みんなでちくちく刺しました。

たて糸、よこ糸の数を数えながら刺していくので
もくもくと手だけ動きます。(口はあんまり動かせなくて)

2時間ほどで、2つ完成する方も!
作品たちの一部をご紹介します。




地道な作業ですが、完成した時の喜びはひとしお。
こういう時間ってありがたいですね。
愛おしいですね。

私も混ぜてもらって、ちくちくしました。久しぶりに。
自分だけの時間を持てる幸せを思いました。


糸カフェさんでの企画展は、26日(月)までです。
たくさんの方に足を運んでいただいています。
嬉しい!
25,26日は私も在廊予定ですので、
ぜひ遊びにおいでください!!


さて、今日、クリスマス前夜は夫の誕生日。
仁美ちゃんにお店をお願いして、(イブなのに、ありがとう)
私は家族と過ごしました。

プレゼント何がいい?というのもあるけれど、
こういう日常を過ごせることが何より幸せだなあ、と
私は勝手に思ったのです。

家族で過ごすといっても、
遊園地行ったり、ご飯食べに行ったりするのでは
なくて、、、、

豆の選別をしました!!(笑)


収穫後、そのまま乾燥させ、土間に放っておいたのを
私は一冬かけて一人で選別しようと思っていたのですが、
思いがけず!
クリスマスイブ、夫の誕生日に、家族みんなで
作業ができるとは!ありがたい!

バイ(石徹白弁。豆などをうつ「棒」のことだそうです)で
打つと、豆がさやからパチンパチンとはちけて
出てきます。

きれいな豆ほど見事なまでに飛び出てきて、
ちょっと悪いものは出て来ない。
すごい効率的!
手でひたすらやろうと思っていたけれど
先人らのやり方を真似したらこんなに簡単。

「とうみ(とおみ?)」があれば、その後の作業ももっと楽なんだろうな、
と想像しながらも最後はざる(もっと目の粗いもの)で
ゴミと豆を分けました。


私の夢・・・

味噌を、豆づくりから自分でやって
仕込むこと!

これがついにこの冬、叶いそうです。

確か、2008、2009年くらいに、
石徹白で初めて畑を借りて
岐阜市から通って大豆を栽培しようと
試みていたわけですが、、、
そんなに頻繁に畑を見ることができなくて
最後はカラスさんたちのエサをなって
しまったのでした。。

私はすっかり気を落し、
豆を育てるところから味噌づくりするなんて
一生できないんじゃないか・・・と思っていたのですが。

ついについに、できちゃいそう!


作業の後の昼飯は、肉漬とにしんずし、
そしてするめのすしを!

今年はいろいろな塩梅がこれまでとは違って、
大満足、という出来ではなかったけど、
まあまあおいしかった!




正直なところ
私はこうして、漬物や味噌をつけたり、
地域の郷土料理をつくったりする生活をするとは、
まーったく思っていませんでした。

ここに嫁入りしたからこういうライフスタイルに・・・
というわけではなく、私自身が今は望んで
実践しているのですが、(夫ももとは岐阜市の人だし)

学生時代までは、海外で、国際的な仕事を
バリバリする、、と思っていたし、
少なくとも、日本で、いわゆる田舎での暮らしを
営むなんて、きっと私の両親も想像していなかったはず!

いろんな経緯があって、
今に至るわけですが、

安心して、安全で、かつおいしいご飯を
家族とともに、こうしていただくことができるのは
私にとって、もっともありがたいことです。

何があっても、ここでなら生き延びることができそう!
この土地で先人らが培ってきた暮らしの知恵や技術を
それをもっともっと身に付けていきたいです。

41歳、おめでとう!




2016年も年の瀬ですね。

来年はどんな一年になるのでしょうか。

年をとると、ときが経つのがあっという間といいますが、
私にとって、毎年毎年、なんだか濃くて長くなってきます。

人とのご縁も深くなるし、
経験も積み重なるし、
その上で新しいことも始まっていくし、
凝縮された日々が増えていく感覚です。

次の5年、10年を見据えながらも、
日々過ごしていく感覚は、なんだか気持ちがいい。

来年、さらに新しい試みに挑戦します。
またブログでお伝えできたらうれしいです。
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=59132