藍の花盛り
今まさに、藍の花が最盛期を迎えています。
寒くなればなるほど、色を濃くして、
揃って咲き乱れているように思います。

確実に秋が過ぎ、冬が来るのを感じとり、
実を結ぶことに必死になっているよう。



間もなく初霜が降りそうな気温になってきました。
今朝はストーブをつけたくなるような寒さ。

昼間は太陽が出ているうちはいいものの
陰って来ると瞬く間に体感温度が下がります。

一番早く実をつけつつある花芽。


霜にあたると種によくないそうなので
そろそろ霜除けを考えなければなりません。

また来年も、藍の葉っぱを収穫するために
大切な種です。

こうして、種を自分でつないでいくって、
なんだか嬉しいことだなあと思います。

そう、この種は、師匠が、滋賀県野洲で学んだ
藍染め師からいただいたもので、
ずっとずっとつないでいらっしゃった貴重なものです。

私も絶えることなく、受け継いでいきたいです。


今年、2回目の挑戦をしたコットン。
前回はコットンボールがはじける前に
冬になってしまいましたが、
今年は見事に実りました!
かわいい。


三河木綿です。
雨が多かったけれど、ちゃんと下を向いてはじけ、
(洋綿は上を向いてるんですよね)
湿気の多いこの時期でも
悪くなることなく、収穫できました。嬉しや。

こちらも種をとって、来年につなげたいと思います。

畑から、繊維のことを考えるなんて
途方もないことだし、
どこまで形にできるかまだまだ未知ではあります。
しかし、根本的なことを知った上で、
服づくりに試みることは、とても大事なことと思います。

それが、布に対して、染色に対しての
スタンスを定める大きなことになると
感じております。
同じものをつくるにしても。


今日、お店に来てくださったお客様は、
亜麻を油のために栽培されている方でした。

繊維として、茎を活用できたら・・・と
お話されていたので、
ちょっと調べてみようと思います。

亜麻とはフラックス、すなわち、リネンの原材料です。

繊維用と食用とは種類が違うかもしれないし、
活用できるか分かりませんが、
廃棄される部分だそうなので
何か形にできないかなあ、と思い始めました。

今日の出会いが、
これからのよりよきものづくりに
つながりますように。

ありがとうございます。
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=55214