藍の葉、ついに二番刈り完了
初めての藍の栽培。

今日、二番刈りが終了しました。

大きな一区切りの日でした。

藍はおかげさまで、ふさふさになりました。


育苗に失敗し、
仲間のみんなに、苗やら、挿し木やらを分けてもらい
必死に1枚の畑を埋めました。

2枚目の畑は埋まらずに他の作物にかわってしまったので
目標の量には届かず・・・。

しかし、今私ができるぎりぎりの大きさだったのではないかと、
畑の始まりを振り返って思っています。

1歳にならない息子をおんぶしてコマメで耕し、畝を立てた。
みんなに来てもらってマルチをかけて、少しずつ定植をした。
梅雨時には、頻繁に大和に通って、雨を狙って挿し木をした。
子供たちが起きる前に、朝畑に出て、草取りや追肥をした。

今思うと、いつも必死で必死で、
なんとしてでも、1枚でも多くの藍を育てようと、
そればかり考えてきました。 

思いが届いたのか、挿し木で増やした藍たちも
本当に立派に根を張り、繁ってくれました。

もうだめだと諦めかけたときにも、
仲間がいてくれたから、師匠が励ましてくれたから
なんとかここまで来ることができました。

刈り取りの今日は少し寂しい気持ちがしましたが、
同時に、少しほっとしました。


畑ってほんと、大変。
私の思うようにはすべては運んでいけない。

雨が降ってほしいときには雨は降らず、
暑くなってほしいときには暑くなってくれず、
だけれど、いつの間にか、自然は自然のままに
しかるべきかたちになっていく。

勝手に焦るのは、私の身勝手。
そんなことお構いなしに、藍は気がつくと大きくなってくれました。

だけれど、
あー、大変だった、もうやめよう、 という気にはならず、
来年はよりよくしていこう!と思うのみ。

人の気持ちって不思議ね。

来年は今年よりもよりよくしたい、
その次はさらによくしていきたい、と思うのです。

毎日あんなに大変だったのに。

こんなに大量に収穫できました。


乾燥させたら、ものすごく少なくなってしまうし、
すくもにしたら、さらにさらに少なくなるけれど、
これが、すべて、藍染めのスタートにつながります。

むしろ、藍の葉栽培を飛ばしては、何も始まりません。

まさに、藍の事始め。


今日も、大人7人、子供3人(次男含む)が
お手伝いに来てくれました。

みんなで育て、みんなで収穫。
来年には、藍建ての練習ができそうな
そんな幸運に恵まれました。

藍染めの工程は長く、遠いけれど、
かつては、当たり前のように
地域単位でやってきたこと。

藍の服を身に着ける理由があったということ。

私はそれを知りたい。
体感として、学びたい。

そして、継承することで、
地域と自然の一部となりたい。

そう思うのです。

さあ、乾燥作業はまだまだ続きます。
お天気が続く間に、かりかりに干せますように、
お天道様に感謝して。

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=53437