9月の営業日まであとわずか!【9月3日~10日、16日、17日】
すっかり秋を感じるようになった石徹白。

リンリンリンと外では秋の夜長を代表するような
虫たちが元気に鳴いています。

家を通る風も、ひんやりとして心地良く
これまで暑さにぐったりとしていた脳みそが
一気に活性化し、体も動きやすくなってきました。

少し遅れてしまいましたが、
ようやく、ハクサイと大根の種をまき、
今年は念願の玉ねぎにも挑戦しようと
意気込んでいます。


そうそう、藍も立派に育ってきました。
石徹白の短い秋を思うと、
そろそろ刈り取らないと、乾燥するのが
ままならない・・・と焦りつつも、
ここ数日の蒸し暑さ&雨のおかげで、
ぐんぐんと大きくなっている様子を思うと
もうちょっともうちょっと・・・と刈り取りを
先延ばしにしたくもなります。

初めての年だからか、
本当に全てが手さぐり。

何が正しくて、何がいけないのか、
よく分からないまま、
今できるベストを尽くす・・・。

1キロでも、1枚でも、いや、1グラムでもいい。
少しでも多くの収穫を得られますように。

1年に1度しかできない挑戦を
貴重に思うのです。

そして、この土と触れる毎日にありがたさを感じます。

土に触れると落ち着くよ、という話は聞いていたけれど、
もちろん、それもあり、
さらに、土に触れるということを
一日のスタート(私の場合は息子たちが起きる前の、
5時半~6時半くらいの時間)に据えていて、
それによって、今日という一日がとてもいいバランスになる。
 
といっても、ブヨに刺されちゃってかゆかったり、
草とりをしている最中に長男が起きてしまって
引き上げなくてはならなかったり、
思うようにいかないことも多々あり・・・。

毎日試行錯誤、
体力・気力の続く限り、
なんとか、生きている。。。というような状態です。



さて、前置きが長くなりましたが・・・

9月の営業・企画展に向けて
着々と・・・?遅々と・・・?準備を進めています。

一人でも多くの方に、
石徹白に、足をお運びいただければ幸いです。

****
スペインや西サハラなど、各国に滞在しながら、
その土地の特徴を活かした作品制作を続ける
アーティスト、公花。
彼女が石徹白に滞在し、ろうけつ作品を製作。
日本のやさしい自然の色と、
異国の香りの漂うデザインが見事に融合し、
心あたたまる、しかし、刺激溢れる作品たちを
ご覧ください。

期日:9月3日(土)~10日(土)、16日(金)、17日(土)

時間:10時~16時

<9月10日(土):公花トークイベント>
公花さんの活動について、お話を聞き、
その後、スペインやアフリカのフードを
いただき交流します。
時間:13:00~15:00
会費:大人1000円 小学生以上300円
定員:15名

*****




そう!そして、9月は石徹白での営業の他にも、
東京は新木場にてグループ展に参加します。

また詳細が分かり次第、お知らせしたいと思います。
初の東京進出!? どうなることやら~。



さあ、明日は小麦栽培の土づくり。
小麦のふすまを、藍建ての栄養に使うとのことで
去年から少しずつ栽培しているのです。

植物の成長とともに、
私もゆっくりでも成長できますように。

おやすみなさい。 
コメントエリア
■755089541@qq.com
植物の成長とともに、
私もゆっくりでも成長できますように。
asics pas cher 16/08/25 09:22

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=53148