【工房建築】完成写真
工房の完成後、写真家さんに竣工写真を
撮影していただきました。

三時間ほどかけて、とても素敵な建築写真を
たくさん撮ってくださいました。
ありがとうございます!
その一部をご紹介します。

玄関から入った正面。
鉄砲梁と古材の垂木・梁が美しい。


玄関を眺める。
古建具がすでに馴染んでいます。


ワークショップスペースの六畳間から縁側を長めると
亀甲の新建具が清々しく光りを取り入れてくれています。
そして両脇の古建具と古材の梁が空間を引き締めてくれています。




古材や古い道具はすべて石徹白で解体されあ
「五兵衛」さんからもらったもの。ですが、階段は、また違う
石徹白のおうちから譲り受けました。
長いこと使われ磨かれ、しっかりと黒光りしています。


店舗スペースの二階。何も入れない状態で撮った貴重な写真。
はじめは、屋根裏部屋的に使うつもりだったけれど
あまりにも素敵すぎて、店舗にしてしまいました。
急な変更の要望に応えてくれた大工と、電気屋さんに感謝です。


最初は、なんだか素敵な建物で、使うのがもったいない!
このまま置いておきたい、なんて思っていましたが、
毎日入って風を通して、過ごしているうちに、
もっともっと使いこんで、よりよい家にしていこうと意気込んでおります。


西側の外壁は杉皮。石徹白にも古い家で一軒だけ、
杉皮で葺かれているものが残っています。


ただ杉皮が張られているのではなく、
これは、一度山で発酵されたものだそうです。
だから丈夫で光や水にも強い。
三重の山奥で一人の翁が生産している貴重なものです。

古材の床は本当に美しい。
人の暮らしの跡がそこここに見える。
新材にはない長い時代の積み重ねによってできた傷、生活の匂い。



この工房は、本当に多くの人のご協力とご支援、そしてご縁によって
支えられ、こうして完成することができました。


この場が、これから、さらに多くの人の出会いと、ご縁、
そして何かが始まるワクワクする、そして有機的であたたかな場と
なるよう、管理人(?)として日々磨いていきたいです。

多くの方に訪れてもらえますように。
一緒に成長していきたいと願っています。
コメントエリア
■飛騨高山の比呂池写真事務所です。
飛騨高山の比呂池写真事務所です。このたびは撮影を承り誠にありがとうございました。
磨きがいがあり、そして写しがいがある すてきな建物ですね。
比呂池写真事務所 16/05/11 17:49

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=48457