手仕事会議vol.4 当日の様子
昨日開催された手仕事会議の写真を
メンバーの方に送っていただきました。


さて、今回使った糸は、
左の麻(ジュート)2カセ、
中央のオーガニックコットンガラ紡糸。
右のは、前回染めたガラ紡糸で、
ピンクベージュが枇杷の葉。
淡いグリーンがヨモギの乾燥葉でした。


まずは精錬。
木灰でつくった灰汁で、糸を1時間くらいぐつぐつと煮ます。


麻糸は、精錬中、驚くべきことに
ピンクがかった茶色に変色。
この色もまたまたいいので、このカセは
染めずに、このまま様子を見ることに。なぜだろう・・・
何か不純物が入ったのか・・・


キハダ染めは、精錬した糸と、ただ洗った糸と
2通りで実験しました。


どれくらい色に差が出るか・・・

精錬していない方の麻糸も、キハダ染めに。
地色が濃いからどんなふうに染め上がるか・・・。



キハダ染めをしている間に鉄媒染液をつくりました。
鉄くずに水とレモンと砂糖を入れる、という
カンボジアIKTTの森本さんに教わった方法です。


ぐつぐつと、こちらも1~2時間煮ました。
そして表面にいいかんじの膜が出てきたらOK。


このタイミングを逃さずに使います。


オーガニックコットンガラ紡糸を、キハダの鉄媒染で。


だんだん変化していって、鍋に戻すと、
ものすごいスモーキーな深みのあるグリーンに。
なんていい色!


やはり精錬した方が、濃いかんじか。

一晩冷まして、出した状態。
この後、乾燥させ、1週間後に洗うので、
どのくらい定着するかはお楽しみ。



ちなみに、麻糸は、右がキハダ染め。
左が精錬しただけのもの。


元の糸はこちら。


精錬しただけなのに、この色の変化は本当に不思議。
何が起こったのか・・・

次回は杉皮染めをするので、そのための材料集め。


お借りしている場所は、
郡上八幡の山石古民家公社さん。
そう、古民家の解体や改修などを行ってみえることもあって、
いろんな木材がたくさーんあり、
木の皮をいただいてもよいよ~と言っていただいたのです!

しかも、火をたく薪もいただいて、
さらに、灰も出るし、
そして、古釘もあるらしい!!
草木染めに必要なすべてが揃っていて感動的!な場所を
お借りしております。
いつも、ありがとうございます!

ということで、杉皮をいただいて、小さく刻みました。


毎回、わきあいあいと交流しながらも
手は動きます。
こういう場っていいですね。


糸をさまざまな草木で染められることは分かった。

さあ、今シーズンは初の藍栽培をスタート。
そして、糸をどういう形にするのかを
みんなで話し合っていきます。

楽しみ楽しみ。
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=45976