【工房建築】2階の雰囲気があまりにも良くて・・・
工房建築が雪の中進んでいます。

今の雪の状態はこんなかんじ。
(写真がちょっとゆがんでしまいました。
工房がゆがんでいるわけではありません・・・)


大工あらべえのお父さんが
なんと雪下ろしを手伝いに来てくださって、
見事な技術でさくっと下ろしてくださいました。

雪国で生まれ育った人の技は
全く違います。
見習いたいくらいのテクニックを披露してくださいました。

今年は雪が少ないとはいえ、
先日、どかっと降った雪で、屋根の上は1メートル以上ありました。
そろそろ下ろさねば・・・と思ったところに偉大な助っ人。

本当に感謝感謝です!!

さて、天井が張られ、2階の姿があらわになってきました。


これは一階の天井ですが、
垂木を使って、とてもかっこよい雰囲気になっています。

こだわるところがすごいです。
天井を張ると実際の垂木が見えなくなって
残念だなあと思っていたところに、この配置!

そして2階はこんなかんじになってきました。


主人(身長180センチ)が立っても、端っこでも大丈夫。
もともとの設計では、もっと低い天井の予定だったので、
とてもありがたい変更です。

2階はもともと寝るだけの部屋にしようかと思っていたのですが
あまりにも雰囲気が良くて、寝るだけにするなんて、
もったいない!と異なる用途を考え始めました。

床板も、なんと、手鉋(てがんな)で仕上げてあるそうで、
機械仕上げでは出ないという光沢があり
何とも美しいです。
まるで、ワックスか何かで仕上げてあるようです。

木造一間で、これだけ広さをとることは
現状の建築基準法では難しいことだそうです。


とにかく、型破りの、しかしながら、昔の技法をベースとした
つくりにこだわってつくってくれているので、
見ていてため息が出るような丁寧で緻密な仕事が
そこここに見受けられます。

早く仕上がって、多くの人にご覧いただきたい
という思いも募るとともに、
これだけの仕事なのだから、もっとゆっくりと
つくりこんでもらってもいいのでは・・・という気持ちと
行きつ戻りつ・・・。

想定していたものがあったとはいえ、
実際に完成してみないと分からない部分が多すぎて、
春オープンの予定ではありますが、
ちょっと難しい感じがしてきました。
建物が完成しても、家具や様々な設えが
必要になるので、時間もかかりそうです・・・。

あまり焦らず、
しかるべきタイミングで
お披露目できるといいなと思っています。
 
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=44491