冬支度に入ります
石徹白では数日前に大霜が降り、
唯一 畑に残っていたピーマンも
今年の収穫は終わってしまいました。

今夜から雨が始まり、
しばらくはっきりしない天気が続きます。

これは、まさに冬の天候です。

石徹白は、11月に入る頃には、
しぶしぶと雪が降るように
雨が続くようになります。

稲刈りも済み、
様々な木の実などを採取して
天日干しで干し保存に回す準備が
ようやく終わる頃、
こうして冬のお天気が始まるのです。

自然は本当に完ぺきで、
それに合わせて暮らして来た
この土地の人々の知恵は
その自然の循環にまさに合わせたものになっていると
常々感じています。

9月、10月の晴れ日の多いこと。
この日々がなければ、
米の収穫もできないし、
冬支度も進みません。

10月半ば頃になると
すでに雪囲いを始めるおうちが出てきて、
まだ雪は降らないのに、早いなぁ、なんて
思っていたのですが、
11月の雨のことや、
いつ降るかもしれない雪のことを思うと、
10月半ばの雪囲いは
決して早すぎるわけではない、
ということが、
ここ数年の石徹白暮らしのなかで
分かってきたのです。


すでに冬の入口に差し掛かってきたため、
石徹白洋品店も冬支度を始めます。

土間の休憩スペースが
薪置き場に。

玄関も、雪囲いをすると、
これまでも目立たなかった
「石徹白洋品店」の看板が
さらに奥まっていきます・・・


去年と同様、
冬もお客様がいらっしゃることがあるので、
お店として、お見せできる体裁にさせていただきますが、
常時オープンしているわけではありませんので
お越しになる際はご一報ください。

お電話 0575-86-3360
メール info@itoshiro.org

 

ご面倒をおかけしますが、
どうぞよろしくお願いいたします。

なお、店頭では、石徹白民話絵本
「ねいごのふたまたほおば」の販売も
行っています。一冊1500円です。


また、クラウドファンディングにも
引き続き挑戦中です。

11月7日まで行っていますので
ぜひご支援いただければ幸いです。

クラウドファンディングのページは
こちらです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=41447