【工房建築】石場建ての「石」据え作業
今や、家をつくろうとすると
必ずといっていいほど
基礎はコンクリートで固められます。

私はかねてから、
コンクリートで固めてしまう建築物に
疑念を持っていました。

一つには、
コンクリートを打つ以上、
それを解体するときに
ものすごい労力・エネルギーが必要となり、
また、撤去されたコンクリートは
廃棄物になってしまいます。

こういう建物は数十年はいいかもしれないけど
それ以上、長い目で見てつくられていないように思え、
私にはしっくりこないということ。

二つ目には、
日本の伝統的な建造物であれば、地震があっても
在る程度の揺れであれば
梁と柱、梁と梁の「遊び」によって
壊れることなく持ちこたえられるけれど、 
コンクリートでがっちりと固められてしまうと
その遊び部分がなくなり、
揺れに脆弱なものとなるのでは・・・という懸念があるということ。

私は建築に関して素人なので
詳しいことは何とも分からないのですが、
例えば、うちが築130年で
比較的大きな地震を2度経験していると聞くのですが
それでも壊れずに立ち続けているのは、
この建築物が揺れに強いという裏付けとなると考え、
石場建ての強さを実感しています。

さて、基礎となる大事な石。
それをどうやって据えるのだろうかと
少し見学していました。


柱を建てるのに、ちょうどよさそうな
大きめの、そして比較的平らな岩が選ばれていました。

据える場所を掘って、
そこに細かい土砂を入れます。

その上に、石を据え、
石の下に、ガラガラの小さな石(岩をくだいたようなもの)を
石を支えるように、下方から入れていきます。

その上から、さらに細かい土砂をざーっと流し、
上から水をかける。

そして、石をしっかりと埋め込むために、
上から圧をかける・・・

というかんじで、かなりしっかりと地面に食い込んでいる感じです。



もとの石の、おそらく6~7割くらいは
地面に入っています。

この後、石の表面を平らに削って、
その上に、柱を建てるようです。


この作業、今は、ショベルカー等の重機が
使われて行われていますが、
昔はすべて人力だったわけです。

それを考えると、家を建てるというのは、
本当に大勢の人の力(実質的なパワー)が
必要だったということが
実感として分かります。

今だってお金がかかるから
家を建てるって簡単じゃないけれど、
かつては、村の人たちに必ずや
協力してもらわなくては建てられなかったことを考えると、
当たり前だけれど、集落内で互いに力を合わせて
生きていくことを忘れてはいけない、ということが
身に沁みて感じられます。


さて、この作業、あと1日ほどで終了。
建て方が始まると、基礎はなかなか見えなくなるので
ご興味ある方は、いつでも覗きに来てくださいね。 
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=39410