直線縫いの服たち
最近の二つのお仕事をご紹介します。

私は洋裁を学校で学んできましたが、
石徹白洋品店としては、
布を無駄にせずに、
「布にからだを合わせてきた」日本の伝統文化を
重んじて、直線断ち・直線縫いをベースとした
服づくりを行っています。

この日本の服「和服」に対して、
「洋服」は、人の体に布を合わせるという思想。

だから、カーブがふんだんなく出てくるために、
捨てざるをえない布がたくさんあります。
服づくりを学んでいるときの
私の葛藤は、ここにありました。

せっかくすてきな布なんだから
捨てる部分なくすべてを使いたい。

そんなことを思っているうちに出会ったのが
和裁の考え方でした。
すべて直線断ち、直線縫いで、布はまったく無駄にならない。

直線で断たれているので、
分解して、リメイクすることもできる。
なんてすばらしい発想なんだろうと、
改めて、日本の考え方の奥深さを知りました。

これは、自然の恩恵をいただきながら
手紡ぎ手織りで、自ら布を生みだし、
その大変さを知っているひとびとだからこそ
思い至ったことなのだろうと、感じ、感銘を受け、
そして、私自身、そういう心持ちのなかで
暮らしていきたいと思ったのです。


そういうわけで、今、石徹白に残る野良着を
おばあさんからお借りしてきて
それらをベースに服づくりをしているというわけです。


ここ数日でお仕立てしたもの。

「さっくり」のデザインからつくった
チュニック。




これは(写真では分かりにくいですが)
袖が特徴的でドルマンスリーブのようになっています。

長方形一枚で、袖が作られていて、
着物とはまた違う形で、とても面白い縫い方だったので
真似してみました。

身頃もまっすぐの長方形。
襟ぐりのみ、カーブでくってあります。

リネン布で作らせていただきました。


そして、クメール伝統織物研究所から仕入れさせていただいた
手紡ぎ手織り、草木手染めによる織物で
つくらせていただいた巻きスカート。



このデザインは、現地(カンボジア)の巻きスカートと
ほとんど同じ形です。

カンボジアにおいても、布をそのまま活用して
巻きスカートが作られていて、
和服の考え方を通じるものがあります。

四角い布に、ウエストダーツをつけ、
あとは手縫いで仕立ててあるので、
リメイクすることも可能なデザインになっています。


このような和服ベースの服を作っているときは
私自身、精神的にとても気持ちがいいです。

だって捨てるところはどこもなくて、布が
喜んでくれているように思うのだから。

作る者として
素材が、
そしてお客様が
喜んでくださることを
想像できるようなものづくりのときが、
本当に幸せを感じる時間です。
 

ご注文くださったみなさま、
どうもありがとうございます。

これからも、このような方針で
ものづくりに励んでいきたいと思います。 
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=31188