これからのことをいろいろ考えながら・・・。「思えば叶う」
昨日までの飛騨古川での
冬の服展を最後に、
今冬シーズンの服展はすべて終了しました。

新しい試みが一段落して
ちょっとほっとしています。

仁美ちゃんが合流してくれた9月から
石徹白洋品店は、
これまでのことを思うと、
ものすごいスピードで進んで変化してきました。

何か新しいことを始めると、
それを実践していく過程の経験によって
また新しいことが思い浮かんだり、
昨日はこう思っていたけれど、
今日これを経験したら違う、と思ったり、
なんだか、自分自身がめまぐるしく
変化し続けているような感じがして、
自分のことながら、ハラハラ、いや、
わくわくしちゃいます。

子供が産まれてから、
本能的に保守的になるからか、
こういう感覚を抱くくらい
頭を動かしたり、
体を動かしたりするのは
産後初めてなので、
なんだかすこし、若返った気分です(笑)


来シーズンはこうしようとか、
1年後はこうありたいとか、
色々短期的に考えたりするのが
日常ではありますが、
やっぱり、私は、将来的に
こういう形を望んでいるという
大まかな未来へのイメージを念頭に、
それを何十年後かに達成したいから
今、これをやる、というふうに考えたりしています。

そうすると、今やることが明確になって
目の前の霧のようなものがぱあっと晴れるし、
あるいは、数年後の目標地点も見えてくる。


ちょっと前に夫と話していたことは、

「具体的にイメージすると、何でも叶うよね。」

ということでした。


ああ、確かにそうだ!と思うのです。

夫は水力発電を石徹白に導入し始めた2007、2008年頃から
現在の、集落をまかなう規模の水力発電を導入することを
想定して動いてきました。

2007年頃は、エネルギーに対する社会的関心も
それほど高くなかったし、
ピークオイルの問題も叫ばれていたけれど、
一般的には、何不自由なく暮らしを営める状況だったので
石徹白の水力発電も静観されていました。

しかし、震災が起き、原発事故が起きて、
一気に社会風潮が変わって、
石徹白への取材も増え、
見学者も増え、自然エネルギーという言葉が
当たり前のように取り沙汰されるようになりました。

始めた頃には、想像していなかった社会のムードによって
行政からの後押しもあったりして、
今の水力発電が実現した、という側面もあります。

社会の変化は偶発的だったわけだけれど、
2008年に、今の形を目標としていなかったら
きっと実現していないことだったと思います。
追い風が吹いたときに、それを形にできるような
イメージが確実にあったということ。


この一連の出来事を経験した夫は、
より確信を持って、
望む未来を叶えるためのイメージづくりが
大事だと認識したのかもしれません。

ただし、イメージしてるだけではだめで、
具体的な行動に、具体的な目標を持って
移していく、というのは、必須条件ではあるのでしょう。
(想像していただけで叶うなんて、おいしい話もあるのかな)



私が2002年に初めて訪れた
カンボジアのクメール伝統織物研究所。

そのときは、主宰者の森本喜久男さんが
シェムリアップの町から外れた荒れ地を買って、
そこで、桑を育てるところから養蚕をし、
染め材を育て、伝統的な絹織物を
土から生み出す、ということに取り組み始めた時期でした。

地雷が埋まっているかどうか、というような
本当に「荒野」だったけれど、
森本さんのイメージはかなり具体的でした。

えー?本当にそんなふうになるの?と
半信半疑。

私が初めてその土地に行ったときは、
1軒の小さな小屋(といっても屋根だけ、くらいの簡素な
建物)に、蚊帳を吊るして、外みたいな状況で
濁った水で水浴びして寝泊まりさせてもらいました。

それが、毎年行くごとに、建物が増え、
畑が開墾され、道が作られ、
木々が育って行って・・・

私が最後に行ったのは、2009年ですが、
もはや100人ほどが住み、
織物に携わって暮らす村になっていて、
娯楽のためのバレーボールネットまで
張ってある賑やかな集落になっていたのです。


これは、きっと森本さんの想定通りだったんだと思います。
すでに彼の頭の中でイメージができたときに、
実現することになっていた、未来の形が
今、現れているのかなと思うのです。

きっとその道のりの途中で、
本当に大変なことや、
命にかかわるようなことが
たびたびあったと思うのですが、
それも乗り越えて、形となっている。

こうしたことを通じて、やっぱり、私も
叶えたいことに対して
まっすぐに、素直に向き合って、
それに向かって進んでいけばいいんだと
確信をもらっています。


ありがたいことに、
そういうことについて
共有できる夫や、仲間がいるので
言葉にして伝えるときに、
より自分の中でもはっきりする
望む形というのが見えてくるのです。

本当にありがたいことなのです。

今、子どもと過ごしている中で、
もう毎日てんやわんやだけれど、
これも1つの必要なプロセス。

子供たちに、私自身、育てられ、
よりたくましくなっていて、
これなしでは、きっとこれから乗り越えられないことも
あるんだろうな、なんて、ポジティブにとらえています。
(へこたれそうになることもあるけど。。。)


そんなことを考えながら、
毎日バタバタと過ごしています。

また、いろんな未来のイメージを
たくさんの方と共有できれば幸いです。
 
飛騨古川での企画展を終えて
こんばんは!

先ほど、飛騨古川より戻って参りました。

雪が降っていて、高速道路は高鷲手前から渋滞、
石徹白への峠道は軽くラッセルするくらいの積雪路、
おまけに、うちの前に到着したとたん、
2男児が泣きだして、それを抱えて雪を掻いて
家に入る、という大変な帰宅ではありましたが、、、

その大変さ以上に、得るもの、新しい出会い、
嬉しい再会がいっぱいで、
本当に凝縮された濃厚な二日間でした。

飛騨古川のみなさん、
ほんと、お世話になりました。
どうもありがとうございました!!!


イチノマチクラブさんは、
普段、テイクアウトもイートインもできる
おしゃれなカフェなのですが、
この二日間は、石徹白洋品店の服を
展示させていただきました。




この企画展に合わせて、石徹白フェアという形で
石徹白の農産物をとりいれた
ランチやスイーツ、ドリンクをご提供いただきました。



特においしかったのが、やはり!
大地のチェリータルト!!



定番のカレーも安定したおいしさ。
それに加え、石徹白のお豆を加えた豆ご飯と、
カレーには、自然栽培をしている
サユールイトシロさんのじゃがいも(きたあかり)が
使われていて、ほっくほくでめちゃんこ美味でした!



じゃがいもって、こんなにも甘くてこくがあるんだ~と
感心しちゃいました。
ご馳走様でした。

21日土曜日の夜の交流会も大盛り上がりでした。

石徹白から古川へUターンした
悠己くんのお料理がとにかくおいしくておいしくて。

もう、それだけ目当てに参加しても
損はない!と断言できるほどのクオリティでした。
(おいしすぎて写真を撮り忘れてしまいました。)



なんだか、不思議なご縁や出会いもあって、
ここでやらせていただけたことに本当に感謝の気持ちで
いっぱいです。

子供2人連れて、夫に子守りをしてもらって
ほんと、たくさんの人に力を貸してもらって
ようやくこうして企画展を開催できたことに、
感謝しかありません。

壱之町珈琲店のみなさん、
本当に本当にありがとうございました。





石徹白から古川へUターンした
森本一家のみんなとは、
この企画展があるために、
まだまだ、離れた感じはしなかったのですが、
この企画展をひとまず終えて、
ちょっと寂しい気持ちです。

が、きっと、この古川での企画展を重ねていける、
毎年子供たちも一緒に遊んで、
仲を深めていって・・・
というようなことができれば
より深くお付き合いできるのかな、と
寂しさより期待を大きく抱きたいと思います。

すべてが偶然、必然のご縁で成り立っているんだなあ、と
強く感じた二日間でした。

多くの出会いに心から感謝して。