絵本読み聞かせ@石徹白保育園
石徹白では少しずつ紅葉が始まっています。

赤、黄色がちらほらと、山々に見かけられ、
落葉も増えてきました。

確実に冬への準備が進んでいます。

さて、昨日は、石徹白保育園に
絵本の読み聞かせに行ってきました。

最新作、「泰澄大師、白山への道」を
読ませていただき、絵本の贈呈をさせていただきました。

保育園児にとってはちょっと長いかなあ、
という気がしましたが、
最後までしっかりと聞いてくれて、嬉しかったです。


一人一人に絵本をお渡ししました。
おうちでも読んでくれると嬉しいです。


この後、砂遊びをしていたときに、
年長さんのNくんが
絵本に出て来る「雨のやり」を作ろう!とか、
おたけり坂がどうとか、話をしていたので
すでに絵本が浸透している!と感激しました。

子どもってすぐに応用して
遊びに取り入れてしまうんだから
すごいですね。見ていておもしろい。


さあ、第3作目はどれにしよう!なんて
今からすでに妄想を膨らませています。

11月11日まで、クラウドファンディングにて
ご支援を募っております。
現在、66%の達成率ですので
あと半分弱です。

どうぞご協力をお願いたします!