石徹白の刺し子模様
今年の頭、地元のT翁から
お借りした石徹白の古い野良着たち。

その中に入っていた宝物のハギレがありました。



何に使ったものか分からないけれど、
こぎん刺しのような刺繍が総刺しされていて
何かとても大切なものに使っていたものでした。

よくよく見ると、見たことのないような模様があって、
石徹白にしかないものなのだろうか!と興奮しました。

そこで、この模様を、抜き取って、今後、使っていけたらなあ、
石徹白らしいものができるなあ、と思って、
石徹白のこぎん刺し作家さんのMさんに
お願いして、こんなすてきな見本を作っていただきました!
さすがMさん!美しい!!



津軽で発展したこぎん刺しの模様と似ているけれど
見たことのないようなものもあります。

元のものを見てみると、
急に模様が変わっているところがあるので
刺した人はなんだか楽しみながら
こうしてみよう!ああしてみよう!と思って
いろいろ試していたのかな~なんて想像しちゃいます。

この模様で、石徹白オリジナルの作品を
つくっていけたらなあと思っています。

先人の知恵に、意匠の発想に、
さらなる感謝を抱きつつ・・・。