卒業式、そして春が来る。
石徹白小学校の卒業式が、
3月25日に行われました。

その前日まで、またもや雪が降り
あぁ、またたくさん積もるのかなぁと
心配しましたが、50センチそこそこで
それほど降らずにありがたかったです。

とはいえ、集落はまたまた美しい雪化粧をしました。


でも25日は快晴。
卒業式にふさわしい晴れ日となりました。

卒業式には、保護者だけではなく
地域の方も参加されます。
私たちも、家族で参加してきました。



あたたかく、小春日和。

今年は卒業生は5名。
こんなに多い卒業生を送り出す卒業式は
私は初めてでした。

11名の小学生のうち、5名が卒業し、
6名のみ残ります。
来年度の入学生は0なので
4月から、6名の児童に。

少し寂しくなりますが、
その後の年からは
途切れることなく子供が続いているので、
この少なくなる一時期を
地域でどう支えていくか、なのかなと思います。



小規模の学校ではありますが、
子供たちの合唱の声色は素晴らしく
涙が出そうになりました。

たくさんの地域のみなさんに支えられて
こうして卒業生が巣立っていきます。

中学生になっても
運動会や文化祭には
参加してきてくれるので
成長がよく分かって、
私自身うれしいです。

それに、保育園の子供たちの相手も
よくしてくれていたので、
これからも、お姉さん・お兄さんとして
息子たちとも遊んで欲しいです。



地域に小学校があり続けるって
本当に大切なことです。

小学校や保育園があるから
ここに移住ができた、ということもあります。

小学校からバスで通うより
やはり地元の文化や郷土を大切にした
教育がなされる学校が身近にあるほうが
ありがたいです。

保育園も、今は7人で少人数。
とはいえ、7人兄弟みたいに
みんな本当に仲良く過ごしてくれているし、
先生も地元の方なので
地域の自然の中でめいっぱい遊ばせてくれます。


これからも、小学校・保育園があり続けられるよう
私もできることは何でもしたいと思います。



4月6日は入園式。
2歳の息子も一張羅を着て、
入園させてもらいます。

それも楽しみ~。

春、うきうきする気持ちで
新しい年度を迎えたいと思います。