すばらしき藍染め
11月23日、約半年間通った
藍染めワークショップの最終日でした。

中津川阿木にあるしずく地藍工房さんの
種まきからの藍染めは、
毎回学ぶことと感じることが多く、
いつもいつも素晴らしい時間を過ごさせてもらいました。

みなで育てた藍で建てたもの。
小さいけれど藍の花がきれいに咲いています。
まさか、あの小さな種だったものが・・・と
これまでの工程を経てきたからこそ
藍建ての奥深さに驚いてしまいました。


工房内にすでに建てられている藍も使って
参加者がそれぞれ好みに絞ったりしたものを染めていきます。


染めたものをほどいて、仕上がりをわくわくしながら見ます。


私は板締めをしてみました。
真ん中の丸のもの。
完成するまで想像がつかなかったのですが、
要領がつかめてきたら、もっといろんな柄をやってみたい。


参加者みんなで写真撮影。
半年間、毎月のように出合ってきたので
打ち解けて、すてきな仲間たちになりました。


遠くは千葉、和歌山から何時間もかけて通って来られる方も。
ここでのワークショップがいかに貴重なものかよく分かります。

最終日ということで、寂しい気持ちになりました。
そうなれるような場をつくってくださった
しずく地藍工房の戸塚さんには本当に感謝感謝です。




種まき、苗づくり、定植、刈り取り、乾燥、
すくもづくり、藍建て、藍染めと進んでいきましたが、
何ら難しいことも特別なこともありません。

藍が藍染めのために必要なかたちになっていくのを
人の手でお手伝いをしていくだけです。

栽培する段階でもそうだし、
乾燥させて、温度を上げて、すくもをつくり、
きちんと管理をし、藍を建てるときもそうですが、
なんだか子育てに似ているように感じました。

すくもをつくることや
藍建てをすることは
特殊な技術が必要だったり
手間がものすごくかかったりというイメージがあって、
もちろん、それはその通りなんだけれど、
藍に対して愛情を持って接していくことができれば
困難なことではないなと感じました。

毎日の子どもの様子を
母として見て、
何かあったときに、それに対応して、
季節の変化を愛でながら
また、子どもの成長を喜びながら
ともに生きていくこと。

藍を建てるということは
それと何ら変わりがありません。



でも良く考えたら、
本来、何でも、そうあったんだな・・・と思ったのです。

一枚の服をつくるのだって、
糸を績みだすために
麻を栽培するところから始まって、
大切な家族に服にして仕立てるところまで、
麻が植物である限り、
自然の循環のなかで
同じように手塩にかけて、育んでかたちにしていく。

食べるものも、住む家の木材だって、
着るものも、あらゆるものがそうだった。

今は、どこからくるかよく分からないものを
ひょいと買ってきて、使っては捨て・・・ということが
簡単にできてしまうから
当たり前のはずのことを忘れてしまう。

それを、種まきからの藍染めのワークショップで
教えてもらったように思います。



生まれたときから、
なんでも便利に揃う環境の中で
育った者として、
「本来の姿」として、今回認識したことが
本当の意味で心身の中に入れて消化して
実践できるか、というと
そんな自信はありません。

やっぱり、簡単に、お店で買えるものは買ってしまうし、
ものを、最後まで大事にできる心があるか不安なところです。


だけれど、今生きている時代背景を知り
その流れの中での自分の立ち位置を見定めて、
そして、今後望ましいと思える未来へ
自分が進んでいくために
必要と思える中心的な価値観の一つとして
心に据えることができたので、
それは大きな収穫だったのではないかと思います。


私は石徹白洋品店として、
それをかたちにして、
多くの人に伝えていくことが、
今の私にできる役割なのかなと考えています。 


大切な時間を、
貴重な仲間との出会いを
ありがとうございました。

すばらしいワークショップという場でした。

しずく地藍工房さんに、
そして息子を毎回みてくれた家族に
心から感謝して。 
12/18 FUNTY(フンティ)づくりワークショップ@郡上八幡
12月18日から25日までの
郡上八幡での企画展中に
同会場にて、
フンティづくりワークショップを行います。

*****************
FUNTYとはふんどしの良さを活かしつつ
今のライフ
スタイルの中でも履きやすく改良されたショーツです。

使
ってみると、体の大事な部分を締め付けることなく、
心と
からだ、そして子宮がわくわく喜ぶ インナーです!
かわいらしいデザインに、女子力もUP♡

簡単に作ることができるので、
おしゃべりしながら一緒に
つくってみませんか。

日時:12月18日(木)11:00~14:00
会場:糸cafe内(お座敷にて)
参加費:1,000円(+材料費、1ドリンク¥400~
*材料は持参されても構いません。手ぬぐい1枚でフンティができます
定員:6名
持ち物:裁縫道具(針・糸・待ち針・ハサミ等)
主催・お申込み:石徹白洋品店with 恵美
mail info@itoshiro.org TEL 090-2939-7189
*******************

私も、フンティ愛用者です。

夏頃に初めて出会って、着用してみると、
ものすごく気持ち良くてすぐさま2枚目が欲しくなり
自作しました。

普通のショーツを買っても
あまりにも締め付けが気になって
もう履けない体になってしまいました(笑)

ふんどしも、以前にちょっと使ったことがありましたが
普通に生活していると、どうしても面倒臭いなぁと
思っちゃって、続けられませんでした。

しかし、フンティは、ウエストは緩いゴムなので
通常のショーツと変わらずに使うことができるのです。

一枚つくってみたら、もうあとは自分で
好きな布で作れますので
ご家族の分も(子供用もあるの!)
ぜひちくちくしてみてくださいね。

定員が少ないので、お早目にお申し込みください。




 
冬のおくりもの展@郡上八幡
この冬、初めて石徹白から飛び出して、
郡上八幡の街中のすてきなカフェ、
糸cafeさんで、企画展をやらせてもらうことになりました!

タイトルは、「冬のおくりもの展」です。

うちのお店は夏場の営業が基本で
冬ものをあまりつくる機会がなかったのですが、
寒い寒い石徹白だからこそ
冬を温かく過ごすためのいろんなアイディアが
溢れてきて、
それを形にしたいなぁと思ってきました。

どのくらいの品々を持っていけるか
これから勝負ですが(ぎりぎり過ぎる・・・)
ちくちくがんばって心をこめて
つくっていきたいと思います。

糸cafeさんは、今年夏に八幡の町に
オープンされた新しいスポットです。

オーガニックコーヒーをはじめとして、
こだわりの素材でおいしいお茶タイムを
満喫していただけます。

ふらっと遊びにいらしてくださいね。

****************
しんしんと降り積もる雪…。
ここ、石徹白は、真冬には2
メートルもの白い壁に閉ざされます。
そんな時期は、ちく
ちくちくと手仕事がはかどり、
何だかとても充実した気持
ちになるのです。
心をこめてつくられた雪国からの冬の贈物を、お届けします。

●どんなギフトたち・・・?
オーガニックコットンの雑貨
色とりどりの手づくり雑貨たち
こぎん刺しの小物
手編みの小物オーガニックシルクのストール
さをり織・手織りのストール 等々

期間:12月18日(木)~25日(木)
*24日(水)はお休みです
場所:糸cafe 
〒501-4226 岐阜県 郡上市八幡町新町944
*専用駐車場はありません。近隣のコインパーキングをご利用ください

お問合せ:石徹白洋品店
郡上市白鳥町石徹白65-18
****************** 



 
今シーズンを振り返って
ついに、本日をもちまして、
今シーズンの石徹白洋品店での店舗営業を
終了いたしました。

今年も大勢の方に石徹白に足を運んでいただき
嬉しく思います。ありがとうございました。


今シーズンのはじまりは、4月後半の
森本喜久男さんの自然染色ワークショップから始まりました。

そして、先般11月11日のカンボジア、クメール伝統織物研究所
森本さんのお話会を行い、
今シーズンの企画物がすべて終了しました。

どういう偶然か、スタートもゴールも
カンボジアの森本さんに助けてもらっての内容で
そうだったからか、今年は、素材づくりについて
思いを巡らせたシーズンとなりました。


「たつけ」や「はかま」、「さっくり」や「はっぴ」など
石徹白に残る古い野良着をお借りしてきて、
その形の、つくりかたの素晴らしさにほれ込み、
今でも使えるようにリメイクしたものを
商品化しています。

ベースのかたちは普遍的で
それは、きっとこれからも
石徹白洋品店の定番となっていくと思います。

ただ、どういう素材で、提案していくのか、
ということを考えたときに、
市場にすでにある布では
なかなか満足いかない、というのが正直なところでした。

それで、糸から、布から、と考えたときに、
納得いく背景でつくられたものを、と思い、
養蚕をしている友人から糸を分けてもらったり
身近な草木を使って染めをしたり、
はたまた、郡上大和のみずほ園さんに
手織り布を織ってもらったりと、
様々な方面から試行錯誤を続けました。

まだ、完璧では、まったくないけれど、
でも、思うような方向性が
ぼんやりと見えてきました。

クオリティを確かなものにするには
時間はまだまだかかりますが、
方向性が見えてきて、
方法論が在る程度分かってきたら、
あとは、挑戦を続けるのみ。

いや、その前に、
方向性をもとに、
大きな夢を描くことを
怠らないようにしています。


一枚の「たつけ」を、
どういうありかたの中で
生みだしていきたいのか、
どういう人に、どういう気持ちで使ってもらいたいのか、
そして、それは、
ぜんたいとして、どういう社会の中で、
どのような位置づけとして在りたいのか・・・


きらきらと輝く、望ましいと思われる
愉快と思える夢を、にやにやしながら
頭に思い描き、
そのために、この一年でできること、
この1カ月でできること、
今日の私にできること、を少しずつ落とし込んでいく。

そんなちょこちょことした作業の中から、
今の石徹白洋品店はできてきたわけだし、
たぶん、これからの、自分自身も
できてくるんだと思います。


残念ながら、この作業は、
気持ちにも時間にも余裕がないと
なかなかできないので
(楽しい未来の妄想を膨らませるのって
いろんな意味での余裕が本当に必要です)
最近は、できていないのですが、
きっと冬になったら、
詰めていけるはず!と期待しながら
日々過ごしています。



私は、2002年に、初めて森本喜久男さんに
カンボジアでお会いしました。

そのときは、今、村となっている土地は
ほぼ荒野でした。

一番最初に建てた小さな小屋が一つだけあって、
そこで、マラリヤになるんじゃないかとヒヤヒヤしながらも(笑)
蚊帳をつって、寝たことをよく覚えています。

当たり前だけどシャワーもなくて
水浴びする水も、茶色い水でした。

ここを織物の村にする、と森本さんはおっしゃっていて、
私は正直、想像が容易につかなかったのです。

だけれど、その後、毎年カンボジアに通ううちに、
建物が増え、道が出来、木が育って、
畑に桑が植わり、マンゴーが実るようになりました。

織物をする女性の横で
赤ちゃんがハンモックで揺られて
男たちが、家や道を修繕している様子が
まさに一つの村を形成していました。

そして、そこから生み出される数々の
国宝級の布たち・・・。

2002年から10年ほどで
荒野が、驚くべからず、
立派すぎるほどの織物村として
築かれていったのです。

森本さんの思いは
まさにかたちになっていきました。

私は、それを目の当たりにして、
イメージをより具体的に思い描くこと、
そして、「ほんとにー?」と人に思われるようなことでも
実現しようという思いがあれば
叶えることができるということを
生々しい現場の中で学ばせてもらいました。


こういうことって、
きっと、他にもあるんだろうなって思います。

例えば、石徹白でも小水力発電を導入し始めた
2007年は、地域内外でも
「小水力発電ってなにー?」という感じだったのですが、
こつこつと続けているうちに、
あるいは、2011年の震災を契機に、
小水力発電は行政側・民間からも
推進されるようなものになり、
数年前の状況を思いだせないくらいに
広がりを見せたりしています。


人が人として、
今あるこの環境のなかで
生き抜くために、
たった今の価値観の中ではなくて、
根本的に大切だと
思い貫けることだったら、
たった今のときには、
広く理解されなくても、
続けていけば
いつかはその信念が
ひとつの形になっていくんじゃないか。

そんなことを思うのです。

無謀だとか、無理だとか、
そう思われるのも重々承知。

私は、これまでの学びのなかで
信じることを
実践していくことを
より強い気持ちで
持つことができるようになりました。


これも、実践者の先輩らに
教えてもらった数々のことから。

心から感謝です。

私はその恩返しと思って、
できることを
貫いて、
ひとつの形をつくっていきたいと思います。

今シーズン最後の営業は11月8日から16日です
ついに、今シーズン最後の
営業日が近づいてきました。

11月8日(土)から16日(日)です。
*11日(火)はお休みです。

石徹白は、落葉も進み、
一気に冬を迎えるモードに入りつつあります。

雪囲いを始めるおうちも増えましたし、
漬物用に、かぶらや白菜、大根が
干してあるおうちも見かけるようになりました。

毎年同じようにめぐってくる冬。
同じ時期に同じ支度をしていきますが、
私には、その光景は、年年に新鮮に見え、
なんだか新しい季節を迎える時期は
胸がどきどきします。

これから寒くなってきて
大変な冬を迎えるのは確かですが、
冬は冬で楽しみがあるのです。

それはおいしい保存食。

石徹白は寒い分、
お漬物が本当においしく浸かります。

そして、町にはないすしや、肉の漬物などの
保存食は絶品。

寒い日に、あつあつご飯と一緒に
ほくほく食べるのが最高なんです。

とはいえ・・・
今年は(も?)主人多忙のため、
まったく冬野菜ができていないので、
近所の農家さんに譲っていただかないと・・・



と、冬支度の話しになってしまいましたが、
営業日のお知らせでした・・・

営業は10時から16時。

冬コートの新作も
間に合うように頑張ってつくっています。



このシーズンもいろいろな出会いがありました。
最後の営業日、
小寒い石徹白ですが、
ぜひ訪ねてくださいね。

お待ちしております。


(ちなみに、このいちょうはもう落葉してはだかんぼうに・・・)
 
安心できること
昨日、2年に一度の石徹白の文化祭が
行われました。

公民館と小学校、地域の皆さんが一体となって
開かれる文化祭は、毎回、本当に素晴らしい内容です。

今回は13回目。年数でいうと26年目だといいます。

この文化祭を始められたのは、前公民館長さん、
故・船戸鉄夫先生です。

船戸先生は、石徹白の小中学校の先生を勤められたのを
きっかけに、石徹白に家を建てられて、
退職後は、石徹白公民館長として長い間
地域の貢献をされました。

私自身も、船戸先生には、石徹白通いを始めた2007年から
亡くなる去年までずっとずっとお世話になってきて
本当のおじいちゃんみたいに、親しくさせてもらっていました。

そんな船戸先生が生みだし、
継ぎ、伝えてきた文化祭。

地域の人の心の中にも、きちんと伝承されています。


文化祭の内容は、というと、
体育館の後ろ半分に
地域の人の
・絵画・書道作品・手芸作品・家のお宝、などなど
あらゆるジャンルの展示物だったり、
石徹白に関わる方の
・写真・手作りの地図・年表などなどの
掲示物が飾られ、
午前中はそれを見て回ります。

飲食の屋台も出ます。
(毎回出されるまいたけご飯とトン汁は絶品!)

後半は、体育館の舞台を囲んで
ステージ発表を見ます。

ステージ発表は、小学生、保育園児、
そして、地域内の女性グループ、
有志の出し物も数々登場します。

どれも手作りの発表なので、
プロっぽさがない分、
観客のみなさんと一体になれるというか、
ほんわかとした空気が流れ、
飽きることのない時間が過ぎていきます。


私が初めて文化祭に参加させてもらったのは
4年前のこと。

発表者皆さんの、本気の演技や歌に圧倒され、
衝撃を受けて帰ったことをよく覚えています。

大人になったら、ダンスやら歌やら、
こんな本気(?)でがんばってやることなんて
ないわー、と思ってきましたが、
いざ、石徹白に移住してみたら、
私もやりたい気持がむくむくむく。


みんな、自分自身で楽しみを見いだして、
さらに、それによって、周りの人を楽しくさせる
という能力に長けてみえます。

私には、それが本当に素敵なことのように
見えました。なかなかできないことだなって。


それで、今年の文化祭では、
開き直って短いスカートを履いて踊ってみたり
三味線に初挑戦してみたりと
かなり頑張ったのです。


他にもやらなくちゃいけない役割が
あったので、正直準備の大変なここ数週間でしたが、
終ってみると、本当に清々しい気持ちで
いい文化祭だったなぁと感慨深く感じています。


たくさんのみなさんの作品や
舞台発表ももちろん素晴らしかった。

小学生・保育園児の発表には涙が出ました。

司会者として上手く進行できないアクシデントが
起きたときには本気で心配したし、
終わったときには嬉しくて心の底から笑顔になれました。


こうして、文化祭、という一つのお祭りが
素晴らしく幕を閉じたというのは事実ですが、
それ以上に、文化祭という一つの象徴から
私は改めて、
石徹白に移住してよかったなぁと思ったのです。



ここに住んでいる人、
ここに関わっている人が
本気でこれだけ関わって
創りだすことができる
何かがある地域って
なかなかないのではないでしょうか。

それは地域性や地域の人の性質も
あるのかもしれないけれど、
最終的には、
この土地に住んでいるということが
人と人の絆や、結束を強くしていて、
それを、みんながまっすぐに受け止めて
暮らしている、という、そんな感じがしています。


ここは、隣の集落からも離れていて
雪も深いところだから、
逃げ場がなくて、
ここにいるしかない、というのも
あるかもしれないけれど、
そうした地域の厳しい部分が
却って、コミュニティとしては
いい作用をしているのかもしれません。

と、そんな小難しいことは、
私自身、良く分からないけれど、

私自身としては、
何よりも、安心して精いっぱい、
何かに取り組んでも大丈夫、
という気持ちを抱くことができるのは、
本当に大きなことだと思っています。


日々の暮らしや
子育てをサポートするような
行政的・民間的施設や仕組みは、
ここにはほとんどないけれど、
それを上回るような
「絶対的な安心感」というのが 
ここにはあります。



暮らしやすさ、
子育てのしやすさ、
というのは、結局のところ、
自分の気持ちがいかに穏やかでいられて
何かあったときに頼ることのできる人がいるか、
というのが全てなんじゃないかと思います。


地域コミュニティのない街中では
そういったものを補完するために
税金を使って様々な仕組みをつくるけれど
箱モノや制度だけでは、まったく補えない
人と人との温かい関係性というのが
重要になってくる。


文化祭を経て、
私は、よりいっそう、この地域は
子どもが育っていきやすいところだなと思ったし、
私自身も、気持ち良く心地よくいられるところだと
確信しました。

 
冬の道が危ないとか、
スーパーが近くにないとか、
暮らすのに不便な土地じゃないかい、と
聞かれることもあるけれど、
そこが、生活する上での価値観として
最優先なのであれば
残念ながら石徹白に住むことは
難しいと思います。

そういうことではなくて、
もっと違う
価値観を求めている人には
石徹白は本当に住みよい場所だと思います。


何を書きたかったのか、とりとめもない内容に
なってしまいましたが、
文化祭の興奮がさめる前に
思いのまま書き留めてみました。

長文乱文にも関わらず
最後まで読んでくださった方、
どうもありがとうございました。 
お花たちに囲まれて・・・
今日で、6月最初の営業3日間が無事終わりました。

この週末、また新しい出会いに満ち満ちていて
本当に充実した時間を過ごさせていただきました。

ありがとうございました。

普通は、自分が会いたい人に会いに行くことが
多いのですが、お店を開いていると、
お会いしたことのない人が訪ねて来てくださり
(当たり前か・・・)日々、新たな出会いに恵まれますし、
しばらく合っていなかった友人が来てくれたりして
なんて幸運なんだろう!と思っています。

初対面の方でもお話していると、「あぁ、私もこの方に、
お会いしたかったんだ」なんて思ったりして、
私が会いたい方が、来てくださる、と勝手に思って
嬉しくなってしまいます。

来てくださった方みなさんに、本当に、
ありがとうございます、とお伝えしたいです。

せっかくここまで来てくださったのだから
満足していただけるようなもの、
そして石徹白だからこそのものを
これからもますますつくっていきたいと、
お客様にお会いするごとに、
意思を固くしています。


話は変わりますが、石徹白はこれから
様々な花が咲き乱れ、本当に美しい季節に入っていきます。

そんな花にはたくさんの蝶が飛び交い、
楽しそうに遊んでいます。

これまでお花が美しいとは思っても、
それほど眺めることはなかったのですが、
雪の季節が長いからか、最近はお花のことが
とても愛おしく思います。

うちの廊下の突き当たりには
庭でとれたお花を生けています。

(ちなみに、見にくいですが、うしろの掛け軸は
祖母の父が描いた「海老」の絵です。
このおうちの守り神になっています)


先日来てくれた友人からのプレゼント。


最初はつぼみでしたが、すでに咲き始めました。
土とつながっていなくても、
花を咲かせようとする生命力はものすごいですね。


そして、一昨日来てくださった方がくださったお花たち。


セージとカモミール。
乾燥させつつ、カモミールはハーブティにして
いただいています。

カモミールの香りにはとっても癒されます。
ありがとうございます。


石徹白に来て、私はお花などの植物の
生命力にいつも驚かされています。

小さな一つの種から、どうしたらこんなに美しい葉や
花を咲かせてくれるのでしょうか。

私は、長かった冬が明けてから、
植物たちの命の強さをずっと眺めてきましたが、
私もこんなふうにしぶとく生きたいと思うようになりました。

命はいつかはなくなるもの、はかないもの、と
思ってきましたが、そうじゃなくて、
尽きるまでは精いっぱい踏みつけられたって
新芽を出し花を咲かせ種を実らせる草たちのように
生きていかないと命に失礼なんだと感じています。


石徹白の96歳の翁は足が弱くなった今でも
魚釣りに出かけることや
きのこや銀杏をとることを楽しみにされています。

こんなにお年寄りだからじっとしてればいいのに、と
最初は思ったのですが、身の周りにある食べ物を
せっせと拾いそれを楽しみにし、来年も再来年も・・・と
生きていく姿は本当にたくましくて
美しくさえあります。

そんな命の「自然」に従って
強く、したたかに、生きていくことができたら・・・



話がかなりそれてしまいましたが、
お花を見るにつけ、そんなことを考えています。



石徹白洋品店、次の営業日は6月22・23・24日の
第4金土日です。

新しい商品をお作りしてお待ちしておりますので
ぜひお越しくださいませ。