| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
HP・ブログのリニューアルと新しい仲間
ブログの更新が久しぶりになってしまいました。

ここしばらく、バタバタとしておりました。
5月13日から今シーズンの営業をスタートしますが
その準備でおおあらわ。

しかも、次男(もうすぐ2歳)もより活発になり、
毎日が大嵐のような日々にかまけておりました。


さて、そんな中、たくさんの方のご協力のもと、
石徹白洋品店のホームページが
ようやくようやく新しくなりました!

これまでHP内容と実情が伴わないような感じで
ジレンマを抱え続けており、
この春、満を持してこうしてリニューアルすることが
でき感無量です!

新しいホームページは、こちらからご覧ください。
 





なかなか素敵な(自分で言っちゃう)
サイトになり、とっても嬉しいです。


そして、そして、念願だった
ECサイトも立ち上がりました!
おめでとう!!!!パチパチパチ!


実は、このネットショップは、
最近、新しい仲間が増えまして、
彼女が作ってくれました。

そう、石徹白のヒロイン(マドンナ?!)
まりっぺこと、加藤万里子氏です。


(写真は、土川商店でのお話会の時のものです)


彼女が合流してくれて、
去年秋から来てくれた仁美ちゃんがいてくれて、
こうして、いろんなことが着々と進んでおります。

本当にありがたいことです!

私の壮大な(!?)夢を叶えるには
まだまだ今はスタートラインに立ったか立っていないか、
という感じの状況ですが、
ぜひともぜひとも、これからさらに、彼女らの力をお借りして
より良い石徹白洋品店にしていきたいと思います。


ちなみに、こちらのブログは、
HPリニューアルに伴い、
一旦お休み(?閉鎖?)となり、
新しいホームページ内の「日々」
というページにて
引き続きブログ的な記事を
アップしていきますので、
そちらをご覧いただければと思います。

ただ、もしかしたら、私は書くことが好きなので
こっそりこちらのブログも個人的なことを
書いたりしているかもしれませんので
このままにしておこうかなと思います。


そう、個人的なことといえば・・・

今年の秋に、3人目を出産予定です!
もう、今年はいろんなものが産まれる年で
驚き慄いております・・・

どうなることか、、、、と心配しつつも、
新しい命の誕生の奇跡に感動さえ覚えている
今日この頃です。

秋まで、のんびりしながらも、走り続けたいと思いますので
みなさま、引き続き、ご愛顧いただければと思います。

では!







流れるままに、動き続ける
主に、二人の息子(4歳と1歳)との
毎日の格闘(?)にかまけて、
あまり具体的な事を
なかなか想像する余裕がなくて、
計画的とは言えない日々なのですが、 

ここ数ヶ月、ものすごいスピードで
様々なことが起こり、
それとなく、形になっていっているように思います。


去年9月に、初めてともに働く仲間(仁美ちゃん)を
迎えてから、
12月には、岐阜市での(石徹白洋品店的には)
大きな展示会をstenportで終え、

1月、3月と地域外で企画展を実施し、
4月には、カンボジアへの研修旅行。

そして、帰国後、次の日に、
石徹白洋品店、会社化へ向けて
登記をいたしました。




4月19日を持って、
石徹白洋品店は株式会社となりました。

登記の日、ちょうど桜が満開で
入学式のようだったので記念撮影を。





会社化することは、
石徹白洋品店を立ち上げた頃から
考えていたわけでもなく、
予定していたことではなかったのですが、
仲間を迎え入れるときに、
きちんと社会的に責任を果たせる
わかりやすい形にしておきたい、という思いがあり、
夫に相談したところ、
法人化しよう(株式会社じゃなくても
よかったんだけど、それが一番、今の
石徹白洋品店に合った形だった)ということになり、
彼と、数ヶ月かけて、準備を進めてきました。

ありがたいことに、応援してくださる方も
いてくださり、心強く、迷いなく、
まっすぐに進むことができました。



会社化したからって、何か劇的に大きな変化が
あるわけではないのですが、
(むしろ、やらなくてはならない事務仕事が
増えちゃって大変なんてことばっかり)
なんとなく背筋が伸び、
少し先のことをきちんと考える心の準備をする、
ということが、これまでの私にとって
できていなかったことだなあ、と
改めて思い、いろんな仕組みづくり等、
整えていこうと考えられるようになりました。


私にとっては、法人化したことよりも、
今年は、藍染や黒染めに挑戦すること
(もうすぐ藍甕を工房横に埋けます)
インターンを迎えることや、
オープンアトリエをやってみることの方が
ずっとチャレンジングで
本当にワクワクしっ放しです。


そう、藍甕を持つことになったのも、
ものすごいいろんな偶然のこと
(いいことも悪いことも全部ひっくるめて)が
積み重なって現実化したことで、
不思議でたまらないのですが、
よくよく考えてみると、
いつかは実現したかったことなので
それがちょっと早まっただけなんだな、と
その経験した痛みにさえ、感謝しています。



閉ざしていたら
入ってこなかったこと、
避け続けていたら
避け続けることが
できたかもしれないことに、
私は、ようやく、向き合っていけるような
そんな肝っ玉母さんみたいな心境に、
息子たちのおかげで、なってきました。

それは、やはり、子供たちに接する時に、
まっすぐに、すべてをまっさらな状態にして
向かっていきたいと、長男が生まれた瞬間から
思い、実践して、また、そういう夫の姿を見て
時間を過ごしてきたからなのかもしれなくて、
それは本当に、子供たちの存在に感謝しています。

私自身、大人になるというプロセスの中で
失ってきたもの(失わざるをえなかったもの)を
子供たちによって、取り戻している感覚もあります。


ものすごい個人的な話になってしまいましたが、
今、石徹白洋品店は、そんなわけで
大きな変化の中にいます。


今月末には、ホームページ、ブログも
リニューアルいたします。

ずっと懸念だったけど
私一人ではできなかったことが、
仲間のおかげで実現しつつあることが
本当に嬉しく、ありがたいです。

そう、近々、また新たな仲間も
ご紹介したいと思います。

新生石徹白洋品店にどうぞご期待くださいね。
 
インターン募集します
今年からスタートする新たな取り組み、
「オープンアトリエ」に加え、
さらに、「インターン募集」をいたします。

昨年から本格的に藍畑を始めたこと、
カンボジアに行って、草木染めなどの
糸布仕事は、仲間がやるともっと充実したものに
なるということを知り、
仲間を募集したいと思います。

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせくださいね。



<石徹白洋品店 インターン募集>
 
内容:草木染め・藍畑のお仕事 等
期間:2017年5月〜9月(最低2週間〜)
条件
・健康で畑作業が好きな方
・責任を持ってお仕事ができる方
・子供が好きな方
・草木染めに興味のある方
・できれば、ご自身で乗用車をお持ちで
石徹白まで来られる方(ない場合はご相談ください)
 
 
・住居(一戸建て)をこちらで準備します
(住居費はこちらで負担します)
・2週間につき、25000円(1ヶ月であれば50000円)を
支給します
・就労時間:平日9時半〜16時(土日祝はお休み)
・一度お会いして面談させていただきます。


良いご縁が広がりますように。 
土川商店@池田町、無事終了いたしました!
先週末、3月26日をもちまして、
池田町、土川商店での企画展を
無事に終了いたしました。

足をお運びいただきました皆さま、
本当にありがとうございました。

最終日は、石徹白で去年からスタートした
「いとしろカレッジ」のイベントが
開催されました。

案内人のまりっぺこと、加藤万里子ちゃんによる
企画で、「いとしろカレッジ」を開催するに至った
経緯や彼女が影響を受けてきた
「サティシュ・クマール」の映像上映が
行われました。



10名ほどお集まりいただきました。
ありがとうございました。


石徹白には本当にいろんなアクターがいます。

それぞれが必要と思って
やりたいことを実践しているのが
お互い刺激になって、
私はとても居心地よく思います。

何か目標や、目的をもってとりくんでいる人って
とても素敵。

互いにできることは助け合いながら、
しかし、自分自身のやるべきことに
集中しながら、
自然と高め合っていくような
そんな関係がおのずと築けているように感じています。


いとしろStoriesは、
今後もどこかで開催しながら、
そんな石徹白のさまざまな変化を
伝えていけたらなあと願っています。

さあ、第3回目はどこでできるだろうか。
ワクワク。


今回、お世話になった
土川さんはじめ、
池田町のみなさん、
本当にありがとうございました!!



 
今年は白山開山1300年記念!絵本の読み聞かせ【3/18@池田町】
今年は白山が泰澄大師によって開山されてから
1300年経つ記念の年だそうです。

昨年、石徹白洋品店から
「泰澄大師、白山への道」という絵本を発刊しました。



石徹白は泰澄が白山へ登るときに
立ち寄った場所で、
泰澄が名付けた地名などがそこここに残っています。

家の身近に、旧跡がたくさん。

地域の方たちもそれを知っていて誇りに思ってみえ、
素晴らしいことだなあと思います。

歴史が紙面上だけではなくて
きちんと暮らしの中に根付いている。

ここで生活してきた人たちの裏付けがなされていて
私はそれはとても大事なことと思います。


私は「歴史」という科目が好きで
日本の歴史も世界の歴史も色々学んだけれど
自分とは切り離されたもの、教科書の中だけのことでした。

けれども、石徹白に来て、縄文遺跡が出た場所だったり、
藤原家が平安時代に奉納した仏像があったり
今住んでいる場所と、教科書の中だけだった内容が
ぴたっと重なって、ああ、こういうことだったんだ、
と初めて、これまで学んできたことの意味が分かったのです。

学校での学び方が足りなかったというか、
もっともっと身近なものと紐付けて学んだら
どんなにわくわくしただろうな、とあの頃の自分の
学び方(主に暗記)を反省したりしています。


さて、回顧はこのくらいにして、
絵本の読み聞かせのお知らせです。

3月18日(土)、土川商店にて
「泰澄大師、白山への道」の読み聞かせを行います。


イベント初日、16時からスタートです。
参加費は500円です。

読み聞かせをしてくれるのは
イラストレータ南景太くんのパートナーでもあり、
女優さんでいらっしゃいます
南早希ちゃんです。

彼女は一昨年、「ねいごのふたまたほおば」のときに
読み聞かせをしてくれて大好評でした。

今から楽しみです。

読み聞かせの前後には、南景太くんから
絵本制作に関するお話を色々と伺う予定ですので
お楽しみに!

その後、17時からは、土川商店さんの土川ガーデンにて
石釜ピザを焼いていただいての交流会を開催します!
あつあつ焼きたてのいろーんな種類のピザをいただけますので
ぜひともご参加くださいね!

交流会の参加費は1200円です。

ご参加をお待ちしております!!


お申込みは、
土川商店 ¦ 揖斐郡池田町宮地930 ¦ 0585-45-2120
石徹白洋品店 ¦ 郡上市白鳥町石徹白65-18 ¦ 
0575-86-3360 ¦ info@itoshiro.org
いずれかにお願い致します。
岐阜新聞 素描 連載第1回「洋服をつくるとゴミが出る」
3月1日に掲載された
岐阜新聞の「素描」の記事です。



私は、小学校・中学校と家庭科の成績はとっても悪くて、
ナップザックやきんちゃく袋を作ることさえ苦痛で、
ミシンも、触ると壊れる、みたいなタイプでした。

そんな私が石徹白に移住するにあたって
一念発起して(29歳から)専門学校に通うのですが、
それはそれは大変な日々でした。

基本的な手縫いも、ミシン縫いも、
私よりずっと若い子たちがものすごく美しく仕上げていくのに
私なんか、本当に劣等生で・・・。

仕事が終わってから、夜間に行くこともありましたが、
泣きそうになりながら、夜、ちくちくと運針を練習したことが
思い出されます。

そんな2年間を経て、何とか、デザインから製図、
裁断、縫製まで、ようやく一通り理解し、実践できるようになって
その喜びはひとしおでした。

そして、ようやく、好きな布で服づくりに取り掛かれる、と
喜んでいた矢先・・・
その選んできた「布」に愛着がありすぎて、
ハサミを入れることに何度も躊躇しました。

なぜなら、一度ハサミを入れたら取り返しがつかない、
しかも、カーブでちょきちょき切り刻んで、
いっぱいハギレがでて、しかも、その形が
あんまりバラバラなもので、再利用もできない!
(するとしたら、布を綿に戻して、また紡ぎなおす、
くらいしかできない!)

私は、本当に頭を悩ませました。

こんな方法で服ってつくられているんだ。
せっかく、手紡ぎ手織りでつくられた
大切な布なのに・・・


服屋をやろうと決めたのに、
洋服をつくれるかしら・・・と
自信をなくしていったのです・・・。

*******************

次の掲載は、3月8日(水)です。
掲載されたらまたご紹介しますね!
 
岐阜新聞「素描」にて3月1日から連載します
雪解けが進み、場所によっては
ふきのとうが顔を出すようになりました。

春もすぐそこです!
(と思うと、結構降ったりするのが
石徹白なのですが・・・)


(長男の登園風景)

さて、今日はお知らせがあります。

岐阜新聞の「素描」というコラムにて
3月1日から毎週水曜日、9回に渡り、
連載をさせていただきます。

早速、明日から!

岐阜新聞を購読されている方はぜひお読みくださいね。

テーマは、石徹白の野良着「たつけ」について、
それをつくっている背景にある思いを綴ります。


今回、久しぶりに文章を(紙媒体に)書く
という作業をさせてもらいました。
本当に久しぶり!
やはり、私は、何かを書いて伝えることが好きで、
それが仕事のすべてにならないとしても、
これからも何らかの形で続けていきたいなあ、と
感じさせられる機会をいただきました。

岐阜新聞の担当のSさん、ありがとうございました。


連載は毎週水曜日、3月1日から4月26日まで続きます。
岐阜新聞を購読されていない方のために、
ブログでもご紹介できればと思います!
 
 
座繰りの絹糸で糸かけ曼荼羅
こんにちは。

春になったかな、と思ったら
また凍えるような寒さが戻ってきたり、
春一番を迎えた後でも
まだまだ冬空の石徹白です。

時々見られる快晴の空の青が
白い雪とのコントラストで美しくて、
思わずため息が出るほどです。




さて、先日、友人で現代アーティストである
トザキケイコちゃんに
石徹白まで来てもらって、
糸かけ曼荼羅のワークショップを
お願いしました。 

彼女は、何度か石徹白洋品店で
展示会をしてくれていますが、
糸かけ曼荼羅を始めたのは、
ここ最近のことで
それ以来、私自身とても興味深く感じていました。

糸かけ曼荼羅には、絹糸を使うことが多いということも
聞いていたので、自分たちで育てて、引いた糸で
曼荼羅を作れないものか・・・とも思ってきました。

とにかく、まず一度、経験してみたい!と
今回初めて挑戦してみました。

何人かでワークショップを行いましたが
それぞれ全く表情の異なる作品が完成しました。

これは私の作品です。



白い糸は、昨年、郡上の仲間で育てたお蚕さんを
座繰りして引いた、正真正銘の自家製絹糸です!



この糸を使いたかったので、
素数をかける時はほぼ全て、
この白い糸を使いました。

だから全体的に薄い色になったのでしょう。

既製品の絹糸も使いましたが、
座繰りの糸は、撚りがかかっていないし、
張りがあり、細いので
なんだか背筋が伸びるような思いで
かけて行きました。

今回は、釘が32本で、それほど多いわけでは
なかったようですが、
必死で糸をかけたし、
初めての事だったので、
ちょっとぐったりしてしまいました。

ただ、集中して、とにかく黙々と作業ができて
疲れがあったけれど、頭はすっきり。

シュタイナーが考案したという
糸かけ曼荼羅。
その深さにはまだまだ到達できていませんが、
ただ数を数え、糸に触れ、それをかけていく、
ということに、気持ち良さを感じます。


今年、石徹白洋品店で
自分たちで育てたお蚕さんの糸をいただいて、
こうしたものづくりを行うワークショップを
連続講座として開催できればと考えています。

詳細は近々アップいたしますので
お楽しみに!


春の訪れを待ちわびながらも、
溶けてなくなっていく雪を惜しみながら
一日一日を大切に、過ごしていきたいと思います。
 
このごろのこと
こんにちは。

しばらく家族皆で風邪をひき、
家にこもる日々が続いておりました。

毎年2月は、毒出しの季節ですね。

普段は子供たちだけですが、
今回は私も夫も見事にやられました。

あたたかい陽射しが増えてきて、
心もやわらいできて、
ようやく、身も心も普段通りになってきました。

健康に過ごせることが
いかに大切なことであるかを
こういうことがあると身に沁みます。

そういうわけで、滞っていたお仕事も
ようやく始めることができました。

春の服を、今鋭意制作中です。

みなさんにうきうきした気分で
まとっていただけるような
ふんわり軽やかなシャツや、

ショート丈の「はかま」も
新しく制作中です。


今年は、5月にはホームページリニューアル、
ウェブショップの開設を予定していて、
それに向けて、色々と進めています。

そして!
4月には、石徹白洋品店は株式会社化をして
法人になる予定です!!
(これまではずっと個人事業主で
細々とやってきました。いいや、これからも
細々とはなるでしょうが・・・)


わたくし、実は、数字にとっても弱くて
事業計画なんぞ立てられません。本当に。
小学校のときに、算数ドリルというのがあって
あれが苦痛で苦痛で、
途中で、くじけて答えを写したりしていたからか(告白!?)
計算もままならないし、数字見てるとくらくらするのです。

だから、ちゃんと年度の計画立てれるかな~と
不安でいっぱいだったんですが、
なんと、経営コンサルの経験のあるある人(←夫!)が
お手伝いしてくれることになりまして、
何とか、計画を立てつつあります。

世の中の会社さんは、みんなこんなふうに
数字を出しているんだな~、すごいな~なんて
思いながら、戦略会議を進めております。
ありがたや~。


私は、服を、もちろん作りたいのですが、
石徹白という小さな山奥の集落でも、
きちんと経済活動をして、
自分自身も、
そして、何家族かを養っていけるような
お店を目指したいと思っています。

それは簡単なことではないですが、
都会で立身出世することが
社会的に評価されるすべてのことではなく、
どんな地域でも誇りを持ってできる仕事を
創り、自然の中で、家族みなで豊かな気持ちで
生きていける、そんな環境を整えることができたら
と夢見ています。

夢を夢のままとするのではなく、
小さな一歩を踏み出して
現実化できるように、
進んでいければと思っています。

(石徹白のイベント、雪の集いのときの写真 by 近藤佳奈ちゃん)



そうそう、4月には、久しぶり(5年ぶり?!)に
カンボジアに行ってきます。

私の原点でもある、クメール伝統織物研究所の
森本喜久男さんにお会いしてきて、
草木染めや、糸紡ぎなどを学んできます。

長男出産後、ずっと行きたくて行けなかったのですが、
今回、思いきって、石徹白洋品店の原点を
見つめ直すためにも、行ってくることにしました。



子供連れでどうなることか!?




どういう生き方をしていくのか、
こうすればいいという答えはもはやなくて、
それを自分自身で見つければいいし、
子供たちにも、自分で考えられるような人に
なってもらいたいと思います。

いろんな人の生き方や環境、暮らしに触れて
何か学びとってくれればいいな。


さあ、今年も、新しい石徹白洋品店づくりにむけて
邁進していきます!


 
第三者の視点によって気付くこと
この数日、冷え込みますね。

石徹白では昨日の朝は、マイナス15度ほどまで
下がりました。

家の中でも、おそらく氷点下で本当に
凍みる感じがして、
朝トイレに行くのが、長男、猛ダッシュで
かわいらしい。(けど、パジャマで
氷点下の部屋を掛け抜けるの想像するだけで
冷え冷えしますね。。。。)

1歳7カ月の次男は、
よだれなどで、どうしても手が濡れているときが
多くて、その手が真っ赤に腫れてしまいました。
しもやけ状態・・・?!
かわいそうだけど、本人はわりと平気そうです。
幼児は、末端はあまり寒さを感じないのか・・?
 
冷え込んだ日は、だいたい快晴だった日。

青空が澄み渡り、
白い雪と青い空に
本当に吸い込まれて
体という肉体(固形物?)が
感じられないくらい
心身ともに透明感の中に
さらされる気持ちがします。


そろそろ寒さも落ち着くかな。
雪が降るほうが、むしろ温かさを感じるくらい。
しっとりと、冬の乾いた空気が、雪で濡らされて
温もりを含む感覚です。

雪は寒々しいイメージだったのに
石徹白に住むと、温かいものだということを知りました。


さて、今日は、とある打ち合わせがありました。

石徹白洋品店が、これからすこしずつ変わっていくのに
お手伝いをしてくださる方たちと、
2時間ほどお話をしました。

そこで気がついたこと。

石徹白洋品店を外(地域外、あるいは組織外)から
見てくださる方の視点って、とっても学びが多いな、
ということでした。

石徹白洋品店も、早6年目に突入し、
やっている自分自身、なんだか、中にいすぎて
石徹白洋品店がどう見えるか、なんて
客観的に判断できなくなっていました。

私は、これに力を入れているから、
それを中心にして見えているはず・・・と
思っていたことが、
外からの視点だと全然違って、
その自信がガラガラと崩れていったり。
いい意味で。


確かに、ネットでの発信内容に偏りがあるし、
どうしても私自身の得意分野しか
語らなかったりするものだから、
お客さんが、実際に何を求めて、
どこに何を感じて、石徹白まで足を運んできて
くださっているのか、圧倒的な分析不足!
(というか、分析をしようとすらしていなかった。。。)

ということで、これから始まる取り組みは、
石徹白洋品店を省みるとてもよい機会となりそうです。

ありがたや~。


私は、そういう外からの視点や、意見を
柔軟に受け入れて、変容していけるような
心の姿勢を保っておきたいです。

私はこうです、
と決め込むのではなく、
あなたにとっての私はこうだし、
この場にとっての、石徹白洋品店はこうだし・・・と
環境によって変わってもいい、
時代によって、 柔軟でありたい。

今は亡き、石徹白の恩師(?!)
船戸鉄夫先生による冬の石徹白の写真。


ため息が出るほど美しい冬の石徹白に
機会がありましたら、ぜひ足をお運びくださいね。
 
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>