藤本美貴のブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:43401
Today:1
Yesterday:3
なぜ手と機械によって生成されたものを見るのを好みを説明することは困難である

この同じ論理の使用を選ぶとき、私は少しの特定の日にあることを望む方法を決定するために衣服に大声で何を見た。私は個人的に多くの注意をしたくないので、ロレックスを選びたいかもしれません。腕時計は、私は素晴らしいものについて知っているメッセージを送るが、それは私個人としてはより慎重にそれを特定のメッセージを私についてを提供しないので。また、私はより顕著にしたいとき、私自身についての大量のメッセージだけでなく、私に特有である時計を着用することを選択します(まれなデザイン)が、また大きな設計そのものです。

私の着用の習慣について見て、私が見つけることのような私は、時間の非常に表現力豊かな時計を着用することが多い。ゴヤール バッグスーパーコピーというのは、私のレビューを見に生活のために、右ですか?私は専門領域で加速された関心を持っているという事実を見せてもいいかもしれません。この選択があれば、私は性格と腕時計を探す傾向があって、それは本当に高級時計の楽しみが増加したためである。あなたがそうしないならば、あなたの時計を着て喜びがあり、それから、あなたは間違った理由のためにそれを着ています。

少なくとも私は、アクセス可能な特徴の観察のために腕時計は、私が集める、またはそのような人を賞賛しました。それは「装飾」または「芸術的」と言うだけで腕時計を十分に特定ではありません。私を誤解しないでください、私はどのように重要なグッドデザインと装飾の私にとって非常に明白にしました。しかし、私はちょうどここにありませんが、芸術的な要素が何について話しが、有機応用素子。人間の目で描かれた手とは、コンピュータによって行ったことによるものと大部分の違いを検出することができます。有機的なデザインは常にそれを欠陥の程度を有しており、形状や曲線の特定の種類は、確かにより多くのコンピュータ設計でフィーチャーされます。

腕時計の上の装飾に関しては、状況は有機作品の機械的な作品より多くの魅力を持っているようであれば、同一である。このように、研磨、彫刻、絵画等の手によって常にマシンによって何よりも異なってより魅力的に見えます。クロエ バッグ スーパーコピー手の対に印刷によって描かれた腕時計の文字盤には異なった顔をしていることを意味します、ちょうど運動に手研磨のような機械で応用されている研磨により異なる 。

多くの人々は、なぜ手と機械によって生成されたものを見るのを好みを説明することは困難である。私の理論は上記の会話は、人間の目は、有機物を検出するのが得意であることに関する、そして、我々は親密度を求めるための有機物に引きつけられます。人生は完璧でありませんので、しばしばコンピュータ設計のない感じがします。対称性の小さな欠点や矛盾を皮肉にも訴えています。もちろん、あまりにも多くの不完全性と装飾のずさんな感じがします。喜びの非常に熟練した手と有機応用の非常に微妙な特質のその芸術的なブレンドを見つけることです。

新しい腕時計に使われる大部分のお金の大部分は手で作られた腕時計に費やされます。手作りの人々から年待ってロジャー・スミス―各年の伝統的な時計の小さなひと握りを作成するなどのマスターによって生成されるのを見ます。腕時計のコレクターを置いて10万ドル以上とこれらの作品の1つのために数年を待つ気があるのはなぜですか?答えは、それでもパフォーマンスマシン自作品の魅力であるかもしれません。時計の製造時間がますます困難なまたはより少ないものを助けるために機械に頼ります。それで、はい、スキルと「昔ながらの方法で時計を作るために必要な努力の評価があります。」

ということで、私は実際の人間のタッチの特徴を持つ時計を身に着けているのは、視覚の訴えを割引したくありません。その上、熟練したと横柄な人間のタッチ。コレクターであることの一部は、特定の地域に秀でた者の非常に熟練した人の作品を鑑賞する。ディオール バッグスーパーコピー手で装飾された腕時計を着てちょうど技巧の承認の声と同じである。それを越えて、あなたの体の上にもう一人の人の労働の果実を着て利己的な要素があります。他の誰かの努力を実際に着ることで状態があります。より多くの努力は、地位が高い。

人間の作った飾り付きの腕時計を捜して、明らかに他のより高価である(機械または装飾時計)。ということで、私は時間が過ぎて、私はますます腕時計について、私は他人が私を夢想する、または特定の装飾技法を使用した。私の手首の上で芸術を着ての概念は、説得力のある場合は特に、芸術が私自身について、声明として、着用者と話す時間など、役に立つ何かに起こります。

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=99728