藤本美貴のブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:44225
Today:6
Yesterday:9
アジアの市場は常に女性のコレクションの設計における大きな考慮されました

また、smartwatches増殖のハイエンドの腕時計に対するより多くの関心につながるということを、私はしっかりと思っています。なぜですか?さて、それのすべてについての腕時計は再び人々の心にされている。それは、車と同じである。私たちは車を至る所で見ると、定期的に彼らに注意してください。車への我々の注意に一致する基礎とハイエンドの車との差である。彼らはそれほど一般的存在であると人々に非常にハイエンドの車として彼らに注意を払わないすべての場合であったという。腕時計のほとんどの人々の手首に戻るとき、彼らは非常に簡単にすることができるスポット「異なる」もののような贅沢は見ています。このように、smartwatchesの普及に論理的により多くの関心と贅沢な腕時計の認識に至ります。

どのように意識だけでは、高級時計産業を助けますか?よく考えてみると、贅沢な腕時計は誰も必要としません、しかし、我々はまだ彼らが欲しいです。ガガミラノスーパーコピー微細な時計を否定できないという習慣性の品質があります。人々は見ていませんが生まれたのであり、彼らが作った…と見る人の導入についてのすべての彼(または彼女)右事実を設計、材料、物語、機械的に同情心をもつ誰に十分な露光が突然等のようにであれ彼らの脳の化学を変えるのに十分よくngのありふれたとして、急に優れた概念のように聞こえるとして何がカチカチいう音の金属部分に数千ドル。

ビッグな未解決の問題は、伝統的な腕時計が好きな人ができ摩耗への最終的な必要性とその情熱と結婚する方法です。それは本当ですが、今日は数人の人々」を必要とするスマートウォッチ」をつけました、しかし、私は近い将来、我々は多くの人々を必要とする多機能電話と同じようにを必要とすることを予測する。私を信じていませんか?さて、ちょっと待って見ましょう。私が間違っているならば、彼らが提供するものと伝統的な時計愛好家の他の項目がないハイエンドの時計のために予約された彼らの手首の不動産のスペースと競争するのにがあると安心できるのが好きである人々のための家電製品のもう一つのタイプであるだけです。

私の意見では、私はへの伝統的な時計愛好家から見た知覚の敵意の源は、彼らが何をいつの日かを感じる欲求不満によるものである(それは今日でも)は、彼らに彼らが彼らの手首から好きなものを取り除いて、それを入れ替えることを強要します彼らが必要とする何か。パネライ時計スーパーコピー我々は、生命のものを必要とするように、私は私の仲間の時計愛好家の最新のテクノロジーは、このそれ以外は神聖で我々の体の上に着用できる領域を侵害について大事に感じるかもしれない不安に共感することができる。

私は前に起こした問題に戻って、どのように、伝統的な腕時計を楽しむ人々は、彼らが彼らの生活の中で、の主流になると仮定して有用か?いくつかのオプションを含む日着(作業)と夜の伝統的な腕時計(働いていないとき)は、各々の手首に着用のもの(あるいは同一の手首の上で)または単にを着た大部分の時に引き抜くと伝統的な腕時計のための特別なまたは正式な出来事。正直に言って、それはタフに言う人がどのようにこれらの2つのタイプの腕時計のために彼らの感謝の欲望を結合します。と言って…彼らは方法を見つける必要があります。

だから私は今、あなたに質問をしている、観衆。の将来の時計愛好家のためのものなのでしょうか?私は完全に間違っていると、このスマートウォッチものが一時的な流行で、あなたの意見では?伝統的な贅沢な腕時計を追い越して、プロセスに彼らを抹殺するのでしょうか?意志と伝統的な腕時計の存在によって分離を目的とした時代が接続されている製品の2種類としては?どのように両方の製品が好きである人々が彼らを楽しむことができますか?これらの質問をする価値すらないので、未来を予測するのはあまりに難しいですか?私は、共同体の残りのあなたの考えが好きです。
ブライトリングスーパーコピーレディース腕時計のための機械的な運動をすることの点で固有の問題のカップルがあります。サイズの制限のため、非常に数秒手があって、したがって新品は認定されない。それはハードなロングパワーリザーブを得る第2バレル用バレルサイズとスペースの不足のために制限されます。サイズは、女性の市場のために重要であるので、より大きなサイズのために米国の嗜好性にもかかわらず、アジアの市場は常に女性のコレクションの設計における大きな考慮されました、そして、その市場においては、小さいサイズの基準です。運動変化のすべてをいくぶんのティソの新しい家族。

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=103839