美濃仏具 ㈱開成堂代表の煩悩日誌

プロフィール
Nokuさん
岐阜県関市で寺院内陣仏具の製造販売修理をさせていただいております。㈱開成堂、代表のブログです。

主に寺イベントや告知。寺院様の紹介等をボチボチ書いて参ります。



QRコード
アクセスカウンタ
Total:1340612
Today:351
Yesterday:490
魚供養
12月になりました。とうとう11月は更新しないまま終わってしまいました・・。

最近は寺院様のサイトやfacebookページの管理業務もご依頼いただいておりまして、法要やイベントの写真もかなりの数を撮らせていただいておりますが、寺院様サイトやfacebookページにアップするのに使用してしまう為、ブログ用の画像が無いと言う・・

今回は特に寺院様のサイト制作で文章を打ち込む事や文章を考えたりする事が多かったのでついつい・・・・。

サイト制作しました
岐阜県笠松町の西山浄土宗寺院。専養寺さんのサイトです↓
 専養寺ホームページ

そんな訳で今後も更新が滞りがちになります・・。たまにfacebookは更新してます。開成堂facebookページはコチラ

言い訳はこの辺にしておきまして。


今回は岐阜市石原の西山浄土宗寺院。醍醐寺さんで12月17日に行われる

魚供養

の告知です。


元々鮎釣りグループの方から依頼を受けて25年以上、【魚供養】をされてこられた醍醐寺さんですが、最近は釣りもスポーツ化したり、釣れるからと言って食べきれないほどの数を釣る事で無駄な殺生が増えているのでは無いか?との住職のお考えから、今年からどなたでも参加いただける様になりました。


命をいただいた魚への供養と次からの釣行の安全を願い【魚供養】を行います。


詳しくは醍醐寺ホームページをご覧ください。
(供養料はお志で結構です)



更新が滞りがちですが、今後共開成堂ブログを宜しくお願いします。
彼岸会&落語会  岐阜市石原 醍醐寺
前回ブログを更新してから一ヶ月が過ぎていました・・・。
ブログネタは沢山ありましたが、寺院様よりご依頼を受けているWEB関係の更新を優先している内にブログが放置状態に・・・。
本日はこじらせた風邪が完治しておらず。外に出られないのでブログ書いてます
弊社Facebookページは更新しています。寺院コンサル開成堂です。


 一昨日、岐阜市石原の【往立空中の阿弥陀尊】でお馴染みの西山浄土宗寺院、醍醐寺さんで【彼岸会と第一回落語会】が開催されました。



当日は暑い日だったので、来山される方皆さんが『暑い暑い』とおっしゃってましたが、幸いな事に私は風邪引きで、寒気がちょうど良い具合に暑さを消しておりました







輪袈裟


経本




檀家様もお集まりになり、彼岸会が始まります






法要が終了し、お寺からのお知らせ。


休憩を挟み、岐阜大学落語研究会の皆さんによる落語会が始まります。
最初は、ながら家 走太郎(らんたろう)さん


演目は『権助魚』


お二人目は、ながら家千兵衛(せんべえ)さん


演目は『だくだく』。前から気になっていたんですが、今回初めてどうして演題が『だくだく』なのか調べました(内緒)


3人目は、ながら家吉童(きっど)さん


演目は『転失気』(てんしき)。お寺にはぴったり(?)かも


最後は、ながら家桜太郎(おうたろう)さん


演目は『湯屋番』個人的に好きな落語の一つですね~。
若旦那の一人芝居を上手く演じておられました




醍醐寺さんでは今回が第一回の落語会でした。
法要の後の落語会はどなた様でも参加出来ます。またその他に『お茶にしませんか?』や『みほとけ塗り絵の会』『ゆったりお寺ヨガ♪』も開催しておりますので、醍醐寺さんのホームページFacebookページもチェックしておいて下さいね。



また10月18日(火)には山県市西深瀬の慈明院さんで第六回目となる
『ご縁落語会』
が開催されます。チケットは開成堂でも扱っておりますので気軽にお問い合わせ下さい。


ゆったりお寺ヨガ♪  醍醐寺 岐阜市石原
最近、寺幕・太鼓修理・仏壇お洗濯等々。様々な納品をさせていただいておりますが何一つ写真が無いと言う・・。寺イベントが本業になりつつある(?)
開成堂です


本日は岐阜市石原の西山浄土宗寺院 醍醐寺さんで開催された

【ゆったりお寺ヨガ♪】

の様子をお届けします


醍醐寺さんでのゆったりヨガ、今回で二回目の開催です。
お子さん連れのお母さん方が参加して下さり賑やかなヨガ教室となりました





ヨガインストラクター 安藤千恵子先生
ピントが甘すぎて泣きそう
ご自身もお二人のお子さんのママです



体をほぐした後、いよいよヨガが始まります





お子さん達も参加



ちょくちょく色々なお寺さんのヨガを見学しますが最近は男性の参加も増えましたね~



そう言えば普段はあまり体を伸ばす事って無いですね






もちろん御住職も参加デス



とても私には出来ない・・・。



自分なら前転しそうです



心と体を整える。仏教にも通ずる所が多いですね



何度か打ち合わせで安藤先生とはお話しさせていただいていますが、普段は笑顔の絶えない明るい方です



ムリムリムリムリ。見ているだけで体がつりそうでした



しかし体幹が整ってるんでしょうね。なかなかこの姿勢も普段は出来ません



瞑想タイム



お母さんと一緒にヨガを楽しんでいた娘さん。こんな風景が好きです



暑い日でしたが、流石にお寺の本堂です。外の暑さはあまり感じなく、良い空間となっています





終了後は皆さんでお茶を飲みながら歓談。醍醐寺さんの境内には公園もありますのでお子さん達はそれぞれ公園で遊んだり、虫取り等を楽しんでいました

醍醐寺さんでの【ゆったりお寺ヨガ♪】 8月の開催予定は

8月18日(木)
8月26日(金)

それぞれAM9:00からとなっています。皆さん是非ご参加下さい

また9月からは揖斐郡池田町の平安寺さんでも開催致します
お近くの方はお問い合わせ下さいね


御忌法要 醍醐寺 岐阜市石原
暖かいと言うより暑い一日でしたね。春めいてきましたので各地でイベント予定が組まれています。週末は高確率でブッキングしてまして、どうやって乗り切ろうかと考えている・・・。開成堂です


本日は岐阜市石原の西山浄土宗寺院 醍醐寺さんで

御忌法要(ぎょきほうよう)

が営まれました





境内の大イチョウ。まだまだ元気です




御忌法要は浄土宗をおつくりになられた法然上人のご遠忌です





御住職の挨拶の後、法要が始まります








本日は空中三尊像の前に法然上人像をお祀りされています



檀家様方の先祖供養も合わせて行われました



しばしの休憩の後、説教師による法話が始まります

本日の説教師は愛知県常滑市 洞雲寺の磯部順基住職です

私も何度かお邪魔した事がありますが、そう言えばブログで紹介させていただいた事が無い様な・・・



今回は法然上人のお生まれになってから、後年に父君を殺害した相手が訪ねて来る所をお話し下さいました



非常に分かりやすい語り口で物語と、そこにある教を説いて下さいました

『南無阿弥陀仏』に至る経緯と言いますか、意味と言いますか、とても深いものがありますね

当ブログにたまに出てきますが、一切経と言うすべての経典を何度も読み返し、その中から法然上人が選ばれた理由等。個人的にもう少し深く学びたいと思いました



近々洞雲寺さんも当ブログで紹介させていただきたいと思います
涅槃会&小島雅道住職法話会  醍醐寺
とうとう花粉の季節がやって参りました。体調の悪さが風邪なのか花粉なのか、寝不足なのか違う病気なのか・・・・。
栄養だけは十二分に足りている・・開成堂です


一昨日、岐阜市石原の西山浄土宗寺院。醍醐寺さんで

涅槃会及び法話会が行われました







本堂内には涅槃図が掛けられていました





お迎えを案内されているのは、この涅槃図が掛かれた時の醍醐寺住職では無いかと言われています


結構、この場所にその寺院の御住職が描かれています。涅槃図も色々な種類があって、普通集まる動物の中に猫は居ませんが、描かれた時の御住職が猫好きだから猫が描かれているとか、その寺院の御住職がお釈迦さまの脇で嘆いていらっしゃる涅槃図も拝見した事があります




涅槃会が始まります








普通、御本尊の前にて御住職が読経されますが、醍醐寺さんでは観無量寿経に基づいた御本尊をお参りされる方と対峙していただくべく脇で読経をされておられます














デジカメの悲しさか御住職の法衣が美しい紫なのに青く撮られてしまいます





休憩の後、愛知県岡崎市 円福寺(西山浄土宗深草派)の小島雅道住職の法話が始まります





小島住職の経歴は円福寺さんのホームページにも記載されておられますが、大本山で修行道場であった本堂が老朽化し、取り壊し・規模縮小が本山で決定していた所に異議を唱え、円福寺住職に立候補。当選し、岡崎市に移り住まわれました

本山であるが故に檀家さんも無く、極貧の状態から本堂改修を行い、鐘楼修復、修行道場である円福寺会館建立、最近では東京別院もお造りになられた方です





笑いあり、涙ありの凄い法話でした。凄さが私の文章力の無さで上手くお伝えする事が出来ません

ただ以前聴かせていただいた京都清水寺の森清範貫主の法話を思い出しまして・・。何でしょうね。法話で布教し寺院を護持するとい言う


 覚悟


でしょうか?





今回の法話を拝聴し、落語・講談など日本文化の元が法話にある事や、昔々に僧侶の法話を聞いてその場で弟子入りするお話しを読んだり聞いたりしますが、とても現実味のある話に思えてきました








今回、法話の後に醍醐寺御住職のお計らいで小島御住職とお話しする機会をいただきました
(今回の法要にあたり醍醐寺御住職様には檀家様へ弊社ブログも紹介下さり誠に有難うございました。この場をお借りして御礼申し上げます)


僧侶になったいきさつや本堂改修時・移り住まれた当時の苦労話・お弟子さんの事等、ご多忙にも関わらず多くの話をお聞かせ下さいました


非常に魅力のある方でお弟子さんが殺到するのも納得です


円福寺さんでは定期的に様々なイベントも開催されていますのでチェックして下さいね


近いうちに円福寺さんにもお邪魔して当ブログにてご紹介させていただきたいと思います
第一回 『お茶にしませんか?』 岐阜市 醍醐寺
今日は朝からムッとする暖かさでビックリ。窓の外が結露してました・・。
予報では火曜日の最低気温が氷点下。本日の最高気温との気温差18℃
体が耐えられない様な気がする・・・・。開成堂です


本日は岐阜市石原の醍醐寺さんで、フランス人として初めて『日本茶インストラクター』の資格を取得した

Florent Weugue (フローラン ヴェーグ)さんをお招きして講座が開催されました

講座開催前に本堂にて、国内でも他では見られない御本尊等の解説を御住職からいただきます



フローランさんは2005年から日本に滞在されています
2009年に日本茶インストラクターの資格を取得し日本茶専門店で日本茶の淹れ方セミナー等を担当されました

資格を取得後すぐブログ
 Sommelier-en-the-japonais (日本茶のソムリエ)
を開設。もれなくフランス語です

現在は日本茶や茶器の文化を海外に紹介・販売している
 Thes du Japan
と言う会社で仕入れ・販売・セミナー講師などをされておられます

今回、こちらの会社の社長さんと御住職が、元お勤め先の同僚と言うご縁でセミナー開催の運びとなりました



最初に『日本茶とはなんぞや?』から始まりました

答えは次回の第二回に参加して下さいね

緑茶・烏龍茶・紅茶の違い等、色々勉強になりました

以前、某寺院様で玉露をいただいて余りの美味しさに驚いた事がありますが、今回の講習を受けて凄いお茶をいただいたのだとしみじみ

そして美味しいお茶の淹れ方を実践



お茶の種類によって入れるお湯の温度、お湯を入れてから茶器に注ぐまでの時間が変わります



画像では黄色く普通のお茶の様ですが、どちらかと言えば黄金色っぽいです

有機農法で栽培されているお茶で、香りも味も全然違います

お湯に関しても、沸騰した状態を3~5分程度続けると一番柔らかくなる等教えていただきました

二煎目・三煎目も味が変化してゆき、自分は何杯目が良かったとか色々と盛り上がりました

今回は三種類のお茶をご用意していただき、それぞれの特徴とそれぞれの淹れ方で飲み比べ

何しろ茶葉が綺麗なんですよね





種類が違うと色も香りも違います





お茶以外のお話し等も



今回淹れたお茶



急須についても少しですがお話しをいただきました。急須だけで講習が開けそうな勢いです



言われてみれば急須って他の茶器に比べると安いですね。手間掛かってるのに

最後は皆さんでワイワイと



楽しかったですね~
日本人なのに如何に日本文化を知らないかと言う事を思い知りました

こちらの講習。来月も開催します(以後未定)既に今回定員から溢れた方で半分程埋まってる様ですのでご予約はお早目に!!


 『お茶にしませんか?』 第二回

 平成28年3月20日(日) 午後1時より

 ご予約 058-229-2635 醍醐寺まで
絵説き 『熊野観心十界曼荼羅』『涅槃図』
本日、先日お見積りさせていただいた十二神将の内、自立が不安定な二体を修復の為にお預かりして参りました。完成の際にはまた当ブログで紹介させていただきたいと思います。開成堂です。

お預かりした後、岐阜市石原の醍醐寺さんにお邪魔しました。

本日醍醐寺さんでは

涅槃絵並びに子安観音御開帳との事で、先祖供養法要が執り行われました。

また笠松の専養寺さんに伝わる


『刺繍の涅槃図』



『熊野観心十界曼荼羅』


の絵説きを専養時ご住職がして下さいました。

私は仏像のお預かりもあり、遅れて醍醐寺さんにお邪魔しました。

ちょうど涅槃図の絵説きが終了し、休憩に入られた時間でしたが、涅槃図の他に『マリア観音』様やキリシタン改めに使われた踏絵等を拝見しました。あまり知られてはいませんが、岐阜はかなりの数の隠れキリシタンがおられたそうです(私も初めて知りました)



ちなみにこの植物。お釈迦様が入滅(死去)した際に臥床(がしょう)の四辺にあったとされる沙羅双樹(さらそうじゅ)で有名なサラノキです。

インドから種を持ち帰った方からご住職が譲っていただき育てておられます。

何にしてもこのサラノキ。葉がデカい ご住職が言われる様に、この葉が全部慶長小判だったら言う事無いですね~。


休憩後は

『熊野観心十界曼荼羅』(くまのかんじんじっかいまんだら)

の絵説きです。





この曼荼羅。平安時代に熊野三山の巫女さん達が庶民への布教と勧進の為に持ち歩いたもののひとつで、明治時代に急速に姿を消すまで絵説きをしていたそうです。

いつも思いますが、やはり日本人の元々の信仰は山岳信仰なんでしょうね。

神仏習合になっても上手に神と仏が同居していた事が伺えます。明治維新時の廃仏毀釈が無ければもう少し日本人が日本人らしく生きていた様な気もします。

さて曼荼羅ですが、人間の一生と極楽浄土・地獄が描かれています。

落語好きとしては

『地獄八景亡者戯』

(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)

を思い出します。桂枝雀さんのこの演目は大好きです。

話しが横にそれました

神仏習合らしく、仏教的な絵に鳥居がいくつも見られます。

専養寺ご住職が絵の内容一つ一つを説明下さいました。



ご住職は自坊の他に色々な寺院様にも行っておられ、貴重なお話しを沢山聞かせて下さいました。(かなりマニアックです^^)

ちなみにこの曼荼羅や涅槃図ですが描く絵師によって細かい所が随分と違うそうで、曼荼羅だと三途の川の話しに登場する奪衣婆と懸衣婆が、川を渡る前に居るパターンと川の向こうに居るパターンがあるとか、涅槃図だと書いてある動物が居たり居なかったりとか。

決していい加減な訳では無く、絵師の解釈の違いによる物だそうです。

とにかく楽しいお話しでした。

専養寺さんでも様々な行事が開催されていますので、またこのブログでも紹介させていただきます。

とりあえず地獄に落ちる事の無いように精進シマス。

動画は桂枝雀さんの『地獄八景亡者戯』です。元々は枝雀さんの師匠で人間国宝の桂米朝師匠の代表的な演目で一時間位ある超大作です。お話しの最期あたりを絵本にした
『地獄のそうべい』
も有名ですね。
謹賀新年 醍醐寺
明けましておめでとうございます。

拙い文章と画像のブログですが本年もボチボチ更新して参ります。
宜しくお付き合いの程、お願い致します。


大晦日から元旦にかけて岐阜市三輪の醍醐寺さんにお邪魔させていただきました。




醍醐寺さんでは毎年、ローソクを並べて参拝される方々をお迎えしています。








御住職が参拝の方々の為に護摩祈祷をされた後に除夜の鐘撞きが始まります。

それにしても最近は若い方が増えましたね。



鐘を撞いた後、本堂内にて法要が行われます。





醍醐寺さんでは新しい仏像をお迎えしたのに伴い、今年からお参りの仕方が変わりました。

若い子達が後から来た人に参拝方法を教えていたのは見ていて微笑ましいですね。

こちらはおみくじ。とっても可愛いお馬さんです。






ちなみに下の画像の三十三観音の石像ですが、非常に貴重な観音様でございまして。



云われから状態までがしっかりしており、造られた当時(幕末期)の地元の方々の祈りが込められた地域の宝です。

また境内の大日堂の大日如来は平安時代の作で数の少ない胎蔵界大日如来です。
こちらの云われも不思議なんです。

今年は寺院様の紹介の他、怒られない程度に仏教のお話しもさせて頂こうかと思っています。

また寺院様の取り組みやイベント等。出来る限り取材に伺いますので、是非お気軽にお声掛け下さいませ。
以應山 醍醐寺 『ぬくもりの布遊び 二人展』

まったくの晴天でしたね~。寒暖の差は半端無いです。お陰様で今日は勝手にクールビスでのお仕事でした。
美濃仏具、開成堂です。

本日は明日からの寺院様イベントの告知です。



 『ぬくもりの布遊び 二人展』


 開催場所: 浄土宗西山派 醍醐寺

 住所:    岐阜県岐阜市石原3-505-25

 期間:    2012年4月29日~5月6日

         入場無料


明日からの開催に備えて準備中のお忙しい中、写真を撮らせていただきました。



山門をくぐると本堂横の庫裏にも案内板が出ています。



玄関に入ると・・・・



素敵な作品達がお出迎え。(まだ途中ですが



立体的な掛軸です



イカさんです。



なんだか反対に注目されている様です



布で作ったお花が迎えてくれます。一輪落ちそうですね。撮影中は気が付きませんでした(泣)
花が活けてある花瓶はウナギ用の網です。これもセンスですよねぇ。



先日、こんな感じのキャンドルを納めさせていただきました。ちなみに器は木彫りです。これもまた雰囲気があって良いです。



奥のギャラリーに入ると可愛い作品がいっぱい。見事なちりめんの古布ですね。



こんな顔で『なんかちょうだい』って言われたら・・・



キツネの嫁入り?



舞っております



小物が実に効いてます



ギャラリーの中にもお爺さんとお婆さん^^










今の時期にぴったりですね~





レイアウトも含め実に素敵な作品揃いです。



出展者の高野さんは絵てがみ作家で教室も開いていらっしゃいます。



これから展示されるお地蔵様達。すごく可愛いです。


作品をお作りになった高橋さんのお話を伺う事が出来ました。と言うより準備中のお忙しい中、無理矢理ですが

作品は昔の布を使用されていまして、布を探して全国あちこち行かれるそうです。お話を聞いてますと単に古い布で作られただけでは無く、古布を探す所から作品作りが始まっているのですが、こう言うのを『手間』って言うのだろうとしみじみ感じる事が出来ました。

高橋さんとのお話しは大変楽しく、貴重な時間をいただきました。

開催は明日からです。

岐阜市にお越しの方から地元の方まで、ブログの写真に載っていない作品も一杯有ります。

皆さん是非、ご来場下さい。

以應山 醍醐寺
昨日はすごい風でしたね。1回だけ地震かと思うくらいの音でビックリしました。
同じムスブロガーのパスケルさんから教えていただいたインターネットラジオ番組。ピアノソロ専門チャンネル。
Whisperings
これからパソコンに向かう際は重宝しそうです。
美濃仏具、開成堂です。

本日紹介させていただくのは岐阜市石原3丁目の

浄土宗西山派 醍醐寺様



山門前に広い駐車場完備です





山門脇の三十三の石仏様達。この年代で全部揃っているのは大変珍しいそうです。



本堂



本堂内



御本尊

さて、こちらの寺院様。境内に大日堂がありまして、

こちらに祀られている大日如来は歴史もあり、大変良い仏像様です。

一本木造りで一部修復はされていますが、顔から胸部は当初制作された平安時代のまま現在に残っています。

像高は135cmですが、寸法より立派に見える仏様です。





なんと、この如来像は、土の中に埋まっていた所を発見され、名古屋の仏師親子によって修復された事が書面として残ってるんですね。

元々は山県郡にあった『醍醐山 安養寺』と言う寺院に応仁年間まであったそうですが、今となってはその場所すら分らないとの事。

真言宗の寺院様だったもしれませんね。

非常に過去へのロマンを駆り立てて下さる仏様です