美濃仏具 ㈱開成堂代表の煩悩日誌

プロフィール
Nokuさん
岐阜県関市で寺院内陣仏具の製造販売修理をさせていただいております。㈱開成堂、代表のブログです。

主に寺イベントや告知。寺院様の紹介等をボチボチ書いて参ります。



QRコード
アクセスカウンタ
Total:1299831
Today:490
Yesterday:760
| 1 | 2 | 3 | 最初 | next>>
『題名のない文化祭』 大禅寺 関市上大野
急に寒くなりました。そろそろ人類を堕落させる最終兵器。コタツの登場が近くなりました。最終兵器を待ち望む・・・・。開成堂です。


連休の最終日。本日は関市上大野の臨済宗妙心寺派寺院。大禅寺さんで開催されている『題名の無い文化祭』にお邪魔しました。 

秋の空ですねぇ



山門の前は田畑。良い景色です





日が短くなりました



大禅寺さんは中濃八十八ヶ所霊場の札所です



本堂内に入ると不思議なアートが出迎えてくれました。
『静と美の坐禅』と言う作品です。
この中で坐禅を組むんですね



他にも色々と展示されていました
こちらは根本一徹(紹徹)住職の個展





庭園にもアートが。作者のお名前を確認するのを忘れました

何といっても今回はカメラ持って行ったらバッテリーが入って無かったというミスをしでかしまして
すべてiphoneで撮影してます







三日間のスケジュールが貼り出されていました。曜日は間違いかな・・



自由な雰囲気の中で、参加者の皆さんはそれぞれ時間を過ごされていました



こちらは根本住職を交えてのワーク。



テーマは『負の感情客観視ワーク』

それぞれ自己の負の感情を絵で表現し、完成後、発表と参加の皆さんがその絵に対して感想をお話しします。

暫く私も皆さんの発表を聞かせていただいておりました。



私の勝手な思いですが・・・。
人間。自分の中に正義が無いと自己が保てない所があり、その正義が揺るいだり、他人が理解してくれなかったりすると不安定になります。自己を保つ為に他人を攻撃したり、責任を転嫁したりする事はよくある事で。仏教の中ではよく『執着』と言う言葉で表現されています。

今回初めて開催されたこのワークは、その正義を客観的に見る事が出来るという点で非常に良いと思いました。

オーガナイザーの平野さんが最後におっしゃっていましたが、
『自分のネガティブを出すことで価値観が表れる』
というのはとても的を得てると思いました。

根本住職は自死を止める為の活動を長年されておられます。  活動をされておられる中で積み上げられた経験もあるのでしょうね。お話しを聞くのが非常にお上手です。



 様々な活動は海外でも注目されており、前回私がお邪魔した時には海外メディアも取材に訪れていました。講演会の様子と岐阜県の移住PVにも出演されていますので下記のURLから御覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=DSxYI-qK1Pw&feature=youtu.be

https://www.youtube.com/watch?v=wy0SD7oY-Ug

ワーク後には本堂で坐禅。私はここでお暇しましたが、まだまだ続きます。



大禅寺では不定期ですが今回の様な催しを開催しております。
根本住職のfacebookも是非チェックして下さいね。
  https://www.facebook.com/IttetuJyoutetsuNemoto



竹灯籠祭り 大興寺 知多市
お盆です。寺院様は一年で一番お忙しい時期でして。相対的に暇な弊社としては、お預かりしている修理品を気長に治すとしましょうか。
と言いつつオリンピック見てます。開成堂です・・


昨日は知多市落田の臨済宗妙心寺派寺院、大興寺さんで開催された

竹灯籠祭&盆踊り大会

の様子です


スケジュールは聞いておりましたが、少し遅れての到着となりました。既にお寺の周りに車を停める所が無く、指定の駐車場へ入り車を停めたのですが、割と距離があるにも関わらず、盆踊りの音が聞こえてきました

どんどんと地元の方が会場に向かって歩かれていたので、一緒について行ったら裏道から入る事が出来ました





境内入口でちょうちんがお出迎え

盆踊り会場は多くの方が踊っていらっしゃいました。郡上おどりに慣れ過ぎているせいか、AKBの曲とかが盆踊りの曲になっているのが新鮮でしたね~





竹とうろう祭りは境内で行われます。入口で出迎えた巨大灯篭




境内に入るとそこはとうろうアートで溢れていました




数名の方が三脚片手に写真を撮っておられました。私も三脚持ち込みで伺いましたが、人も多いので邪魔にならない様に撮影させていただきました。アングル的に無理がある場所はスマホで撮影です


撮影した画像を何枚かご紹介
















大興寺さんの竹灯籠祭。大興寺さんもさることながら、主催団体である山法師の会さん。一寸法師の会さん。また協力団体として多くの子供たちの施設が参加してまいます。子からその子へ。永遠に続く祭りとなる事を願って会場を去りました
きつね稚児行列 笠松 専養寺
珍しく雨が続きそうです。昨日、山の方を見たら黄砂でかすんでました。洗い流してほしいもんです。
花粉よりまだまし。開成堂です


昨日は岐阜県羽島郡笠松町円城寺の西山浄土宗寺院 専養寺さんで行なわれた きつね稚児行列 をお届けします


以前に 地蔵顔拭き祭り 等にお邪魔しましたが、今回のきつね稚児行列は初めてです

確かここ2年程は雨だった様な気がしますが、今回は見事な晴天でした





こちらの泉養稲荷は不思議な言い伝えのあるお稲荷さんです





非常にシュッとしたお狐様です



何かを感じる方は分かる様な気がします・・

境内では稚児の準備でバタバタとしておりました



本堂はまだ静かデス




専養寺さんの稚児行列では、最近ご結婚した。またはされるご夫婦によるキツネの嫁入りを模したお二人が稚児を先導します
(キツネのメイク付き)

今回、許可をいただきましたのでご夫婦を一枚。

供に笑顔の素敵なお二人でした





さて・・・。今回の稚児行列。


写真がありません


何故かと言うと急遽、私も稚児行列に入ってしまったから


太鼓を担ぐと言う大役を仰せつかり、皆さんと同じ様に頬かむりにキツネのお面を付け、法被を着て行列に参加しました


チャンネル長良川さんが取材に来られていたので、13日からのエリアトピックスで放送されます。視聴できる地域の皆さんは是非ご覧下さいませ


そんな訳で行列終了後からの写真デス









専養寺さんは色々な物が本堂内や庫裡にありまして、写真を撮るには困る事がありません。

専養寺さんでは毎年この時期にきつね稚児行列を開催されています。

参加ご希望の方は ↓ のサイトよりFAXか電話でお申込み下さい。

『きつね稚児募集』

気の向くまま撮らせていただいた写真を御覧下さい






ここからは庫裡の中。まるでBABYMETALの館です









こちらの太鼓を担がせていただきました
















このきつね稚児行列は毎年行われています

絵になる事から多くの方が写真を撮りに来られていました

色々と行事のある専養寺です。是非ご参拝下さいませ。
丸根山弘法大師  明鏡寺 岐阜県八百津町
寒いですねぇ。とは言え弊社のある関市南部では道に雪が残っている事も無いので大げさに寒い寒いと言えないのですが・・・。
冬ってこんなに寒いもんでしたっけ?・・開成堂です


本日は岐阜県八百津町の明鏡寺さん別堂

 『根本弘法大師』

をご紹介





画像は夏に撮影したものです

こちらの弘法堂。明治27年頃に建立された物ですが、元々は文化14年(1818)に地元の住人、永田政八さんと言う方が四国八十八箇所霊場を廻った際に背負っておられた石の弘法大師像をこの地にお祀りした事が始まりとされています



手前の石の下に四国八十八箇所霊場の砂が埋めて有り、お砂踏みの石となっています

お堂前に水汲み場があり、湯呑に水を入れてお供えします





毎月21日が並祭りにて朝市等が出ます

他にも星祭り等が行われています

お堂は一本の欅の木から造られたと伝わっています



完成までに十五年の歳月を要したそうです



欅の木は加工するのが堅いわ曲がるわで大変なので、相当な苦労があった事と思います



寄進されている額など時代を感じますね



以前写真を撮って記事にしていなかったので本日ようやく





本堂もすぐ近くにあり、境内には国の重要文化財である室町時代建立の観音堂もあります(こちらは以前ブログにさせていただいてます)

杉原千畝記念館や八百津町の栗きんとん・せんべいなどのお店も近いので是非足を伸ばして下さいね
お寺でJAZZ 心のやすらぎ会 臨川寺
祭日です。と言うか祭日だったんですね・・。社会人になってから旗日が休日になっている会社で働いた事が無いので未だに慣れません。
最近は日曜日すら分からない開成堂です


 今度の日曜日。いよいよ関市小屋名の臨川寺さんで6回目となる心の安らぎ会番外編が開催されます


 今年も昨年に引き続き岐阜大学医学部軽音楽部
 
 【Liebe Parze】(リーベパルツェ)の皆さんです

 今年も楽しみです

 昨年の様子はコチラ


 少し小寒くなってきました。最近観光名所が増えてる関市です

 JAZZを楽しみながら関市も堪能して下さいね











岩屋寺大祭と畑カフェ
晴天が続きますねぇ。流石に今の時期、イベントも多く出かけたい所は多々あるもののお蔭様で納品に追われて有難い限りです。
午後からはひたすら梱包予定。開成堂です


一昨日から色々と予定もあり知多半島へ出向いて参りました

幾つかの寺院様を訪問し布教活動などについて楽しいお話しをさせていただきながら、来年企画しているイベントのお手伝いをお願いしてます

【畑カフェ Rainbow Art】さん

でランチをいただきました。こちらは愛知県知多郡美浜町野間須賀95にあるお店です



お店のエントランスから優しい自然の佇まいがお出迎え

庭先には実が一杯付いたミカン(?)の木



待合室からして癒されます



このセンスは羨ましい



ヘチマのスピーカー



電飾も昔ながらの電球。効率を求めればLED照明なんでしょうけど人間効率だけでは癒されませんね

ランチのカレーをいただきました。調味料もこだわっておられて素材の味がとても良く出ていました。野菜って案外処理大変なんですよね。ハーブも良い感じでとても美味しかったです。お子さん連れのお母さんとか学生さんとかで満席でした。また行きますね



今回途中で立ち寄った弘法大師上陸像
大潮の日は歩いて渡れるそうです



その晩のお宿は南知多町山海橋詰47の八嶋荘さん

好物の蛸飯にテンションが上がりました
ここには少ししか写っていませんがお造りやら貝類やら食べきれないんじゃないかと思ってましたけどすっかり平らげた自分が怖い・・・

帰りがけにオーナーご夫婦と色々お話しが出来まして楽しい時間を過ごさせていただきました



二日目は岩屋寺さんの17日恒例、大祭へ

天候も良く早くから大勢の人出で賑わっておりました
(写真はまだ少ない時間帯



ここにお店を出して30年のみたらし団子屋さん。参拝者の皆さんと顔なじみの御挨拶をされておられ次から次へと常連さんがお越しになってました

お昼には売り切れてました



本堂下では20日までの期間限定でオリジナル朱印帳つくりなどでお馴染みの二人工房さんが染織展を開催されております



竹の糸などを使っておられた生地で仕立てた着物





同じ糸でも織り方によって肌触りが随分と異なるのが驚きでした

やっぱり自然素材は良いですね



朱印帳や朱印帳入れ等の販売もしてます



定刻となり大祭開始

まずは奥之院での護摩供養から



何故か炎を見るとシャッタースピードを上げたくなる習性・・・



奥の院に芽吹く新たな命



多くの参拝者の皆さんがお参り下さいます





護摩供養が終わり、本堂までの旗行列が始まります
旗行列はどなたでも参加出来ます。先約などもあり人気の行事です







300m位を歩きます



お参りを済ませ本堂でのご祈祷に入ります



最近、若い方の参加が増えつつあり有難い限りです



大祭は毎月17日です

今後も様々なイベントが増えてゆく予定ですので要チェックして下さいね

岩屋寺HP

岩屋寺facebookページ
↑是非ページへの【いいね】お願いします

子安観音 ちょうちん祭り  慈明院
昨日、移動中にラジオで流れていた曲。Siriに聞いて曲名は分かったのですが、覚えたつもりで勘違いしておりまして。どうしても山本リンダが検索されてしまいました・・・。
うろ覚えはダメですね。開成堂です


一昨日の事になりますが、18日に岐阜県山県市西深瀬の慈明院さんで毎年恒例の『子安観音 ちょうちん祭り』が開催されました



盆踊り用の櫓も準備出来ています



私も今回で何度目かのお邪魔ですが、年々屋台が豪華になってます













お手伝い下さる檀信徒の皆さんの腕章。お手伝いの方も年々増えてマス



最後の最後までチェックを怠りません



定刻となり、法要が営まれます。こちらの観音様は高賀の地から縁あって慈明院さんにやってきました。非常に良い観音立像です



当日は比叡山から尊い高僧がお越しくださいました





絵がシュール過ぎる・・・・



残暑の夜。厳かに法要は営まれました



法要後、それぞれお参りした後、ちょうちん祭りの開幕です







大賑わいです



盆踊りも始まります。妖怪体操では多くのちびっこ達が舞台の上で踊りを披露。妖怪ウォッチ恐るべし



室内ではしょうぐうさんも見守る中、読み聞かせが行われています



恒例のじゃんけん大会も

もちろん。しょうぐうさんも参加です



多くの商品に参加されたお子さんたちも大変喜んでおりました



今年で9回目のこのちょうちん祭り。檀信徒さん方とお話しする中で最初は数名のスタッフで始められ、参加されている方も少なかったそうですが回を追う事にお手伝いも参加者も増えてきたそうです。

寺院の皆さんと檀信徒さん達の努力の賜物です

来年は10回目。どんな企画が飛び出すのやら。興味津々です
伝教大師報恩会 法話会 慈明院
本日はお仏壇の引き取りをさせていただきました。少子高齢化に伴いお仏壇のお世話をされる方がいらっしゃらない事が多く弊社へ依頼いただく事も多くなりました。身寄りのない方も多い為に遺影等もお引き取りさせていただいております。しっかりと寺院様にてお焚き上げさせていただきます。
繋ぐ事の大切さ・難しさを本当に感じます。開成堂です

昨日、岐阜県山県市西深瀬の天台宗寺院、慈明院さんで

『伝教大師 報恩会』

が行われました








もちろん 伝教大師=天台宗開祖 最澄上人 でございまして

おまけに報恩とは【 仏・祖師などの 恩に感じて仏事・布施などを行うこと】
となっており(国語辞書)この度は天台宗を開かれた最澄上人に感謝する祭事です

法要の前に茶室にてお茶をいただき(美味しいんです)、これまた絶品の精進料理をいただきます
(間違いなく京都老舗の精進料理店に負けてません)



キュウリとミョウガ美味しすぎ








今年も幸せな時間をいただけました

法要前に境内・堂内をウロウロ

(どうもデジカメは木目が苦手ですね。補正かけても上手くいきません)




今年はアジサイを撮って無いですね・・



やっぱり密教用具は何か特別です





御詠歌が法要の開始を告げます



法要が始まります







ブレてしまいましたが散華を撒いておられます


皆さんでご焼香をし



和讃ですが天台宗のお唱えは他とは異なりますね
皆さんも色々な宗派の祭事に行かれると違いが分かって楽しいと思います



日本。って感じですね







法要終了後、御受嘱の法話です。優しく丁寧にお説きになります



今回も大変多くの方が来山下さいました





休憩の後、本日特別に法話を下さいます

サンガラトナ・法天・マナケ師

に登壇いただきました



師はインドから仏教研修生としてわずか9歳の時に来日され、その後14年間比叡山で修行を積まれた方です

今回は慈明院の御住職と兄弟弟子の縁と言う事もあり、お忙しい中岐阜までお越し下さいました

マナケ師は現在、インドにある仏教道場、禅林定を起点にし孤児院などを開かれインドにおける仏教再生の活動をされておられます

9歳で日本に渡り25歳でインドに戻られた際は日本語しか話せなくなっていた位の方ですから全く普通の京都弁(?)でお話しになられます

今回は【生きる】をテーマに日本とインドの違い。インドでの生活等を楽しくお話しされました



マナケ師のお住まいになってがいる禅林定では気温が40度を超える事は珍しくないらしいデス

現在インドの仏教徒は全人口の0.8%程だそうで(そもそも戸籍がいい加減で1割位は統計に入っていないそうですが・・)、布教にもご苦労されていると思います

以前にも何度か慈明院さんにお越しになった際にはご挨拶程度はさせていただいておりますが、本当に気さくなお優しい方です



皆さん関心したり笑ったりと、あっと言う間の時間でした



現在は先日起こったネパール大地震からの復興活動もされておられるそうです。多くの学校施設が随分倒壊した為に天台宗として建て替え等の支援をされていおられるそうです



些細ではございますがほんの少しだけご協力させていただきました



いつかインドへ行けたら良いなぁ(ハードルは高い)と考えます

胃にも心にも優しい素晴らしい法要でした
千手院 仏前結婚式
昨日、私用にて特別な車に出会って参りました。元々は50年前に製作された一台ですが、今回復刻されモノクロ写真でしか見た事が無い車を実車で見られて感動しました。機会があればブログに致します。
昨日もこのブログ記事を見て寺院様に来て下さった方がおられました。
有難い限りです。皆さんも是非色々な寺院様にお参り下さいませ。
出会いに感謝。開成堂です


以前、坐禅会の記事を書かせていただた関市日吉町の千手院さんで仏前結婚式が行われるとお聞きしお邪魔して参りました



開始寸前に本堂入りさせていただきまして、すっかり準備は整っておりました



お寺関係者以外の結婚式が行われるのは初めてと言う事で、色々と準備が大変だったそうです



堂内はこんな感じに



今回千手院さんで結婚式を挙げられるのはナント、外国籍の方なんですね

デイビットさんとクレアさん。お二人は関市で英会話教室の講師をされておられます。なんでもアメリカとイタリアの国籍をお持ちだとの事です



お二人共、和装が大変似合ってます



式師である御住職の開式の辞や結婚助言などは全て英語でお話しされます

もちろんお寺ですから全員で般若心経とお唱えします











何気ない事ですが、寺院様の中で色々な書き物を拝見しているせいか横書きの書が凄く新鮮でした





ちなみにこの日は中日新聞社さんも取材にお越しになっておりました。お二人の細かいお話し等は今週の記事(中濃版?)をチェックして下さいね

お二人の誓いの言葉



宣誓書に印鑑を押します



天蓋の下と言うのもなかなか良い感じです



プログラムも勿論英訳付き



指輪の交換を行い



三三九度へ







消災妙吉祥陀羅尼をお唱えします



御住職からお二人に念珠の授与



お二人共姿勢が良いので凄く綺麗です



そしてKiss 末永くお幸せに!!



最後は御本尊の前でお参り



今回、結婚式としては非常にシンプルでしたが、一般的な式とは異なりやはりセレモニーと儀式は異なる物だとしみじみ感じました
(訳は同じですが・・)

親しい友人の方々が心から祝福し、厳かな本堂内で誓う。単なるお祭り騒ぎで無い厳粛なる式でした

粛々と進む式でしたが、それだけでも素晴らしい演出となっています


最近、アチコチの寺院様とお話しする中で仏前結婚式の話題も出ますが凝った演出等必要無いですね。

デイビットさん・クレアさんおめでとうございます。また本ブログに登場して下さり有難うございました。

また参列された皆さんも写真の使用を許可いただき有難うございます。

千手院さんでは今後も仏前結婚式をお引き受け下さいます。気軽にご相談下さいね
岩屋寺大祭 毎月17日縁日
今週は様々な地域の御住職様方とお知り合いになる機会を何度もいただきました。江南 永正寺様、京仏具 小堀様、寺院コム様、大変お世話になりました
心より感謝致します の成長も順調。開成堂です


昨日は17日と言う事で

愛知県知多郡南知多町の尾張高野山 岩屋寺さんで月例の岩屋寺大祭が行われましたのでお邪魔しました

以前にも一度伺ったのですが、奥之院での護摩供養の写真が無かったものですからお願いして撮影させていただく事になりました

結構早く着いたので縁日に出店される屋台を見物

お店の方と色々とお話しをさせていただきながらみたらし団子をいただきました。外はカリっと中はフワフワの団子です(美味しかった~)



新鮮野菜のお店。お昼頃には商品ガラガラになってました



こちらはかなり心が揺れました・・・(ダイエット中につき)



もっとお店が出ているのですが、ここで雨が降って来まして撮影出来なかったお店が多かったです

他にも骨董屋さんとか



お店の裏の農園で採れた物とか



境内では・・



アクセサリー作り教室開催中



可愛らしいサイズの雑貨がいっぱい



思わずお腹を撫でたくなります



こう言った色合いのデザインってどうやったらイメージが出てくるんでしょうねぇ







ご祈祷以外にも色々楽しめる縁日となっています^^

そんな朝9時頃の奥之院



お参りされる方の準備も整っています。長野からお越しになった方もおられました



護摩焚きの30分近く前からご祈祷を始められる御住職



今回は(も?)特別に撮影許可をいただきこんなアングルから

定刻となり護摩祈祷が始まります





岩屋寺さんのこのご祈祷。身代わり弘法大師に参拝の方が様々な願い事を書いた護摩木をお焚き上げする物です

護摩祈祷は護摩木一枚一枚に入った因縁を昇天させる儀式(解釈が間違っていたらゴメンナサイ)でして。その為、お焚き上げになる御住職はその因縁を背負い昇天させるだけの力が必要となります。厳しい行を積んだ方で無いと出来ません

この炎はやはり特別ですね。写真も炎を撮った物が多かったです











ちなみに岩屋寺さんでは毎月、このご祈祷で1,000枚以上の護摩木を焚かれるそうです

この炎ですので半端で無く熱いです

護摩士をする際にもなりますが、目も焼けるんですよね。護摩木を焚かれている御住職は更に熱い訳で。眉毛とか焼けて無くなったりします

私はある程度離れていましたが、それでも前日のアルコールと一緒に蒸発するかと思う程でした(そんなワケ無い)



今月も無事法要は終了



その後境内のお堂でお祀り後、本堂内で法要と法話が行われます



岩屋寺さんでは10月の高野山金堂の御開帳に合わせたツアーを企画中。お話しの中で告知をされただけで既に予約が・・・。



参拝の方々も熱心に耳を傾けます。何度か寄らせておりますが若い方が増えつつある気がします



毎月17日、奥之院で9時半頃から法要が始まり、法話を終えて12時頃となります。お斎も出ますので皆さんお誘いあわせの上、是非お参り下さい
| 1 | 2 | 3 | 最初 | next>>